2019LOVING文字

~ フリーダムジャッジ ~

 

人間が心の平穏を乱される要因の多くとしてshutterstock_245583655
ジャッジするということがあります。


ジャッジとは、何か特定のことが良い、悪い
優れている、劣っていると決めつけ
定義して固定することです。


令和に入ってから、地球のエネルギーは
愛、ニュートラル、ゼロエネルギーに満ちていて


『光だけ見ていたことの闇を知る』
『闇だけだと見ていたことの光を知る』
という現象が起こりやすくなっています。


つまり、個々が定義して固定してしまっていた
ジャッジをわたしたちが外していけるように


それぞれのテーマにおけるジャッジの解放が起こるよう
あらゆる揺さぶりが、個々のテーマに沿って訪れているのです。


今まで固定して定義付けしてしまっていたshutterstock_620769179
固定概念を外すことは、その人の内面的に
起こっているというだけで受け止められると

 

自分自身だけで、その事象を受け止めることができ
静寂な心のままでいられるのですが


自分の中でのジャッジが強力で
外れる際にすべてを受け止め切る事が出来ないと
外側、他者に対しての怒りや否定感を
抱くという現象に陥ってしまいます。


特に、今まで固定されてきた定義の逆の極に
大きく振れた時に、今までのことの全てを否定したり
今まで関わってきた人に対しての否定をしたり
切り離したりという極端な行動をしたりすることに
なってしまう危険性すらあります。


そうして、この現象は、今までのことをすべて無にして
ニュートラルにしたような気分は味わいながら
実は、今までと全く逆の極に位置することになりますから

 

shutterstock_631790483これもまた、実はジャッジであった

ジャッジを生むという悪循環になります。


もう片方の極に位置した場合にも

このジャッジを外される
という現象が、近い未来に起こるのです。


もう少し違う言い方で説明してみます。


左——————-愛——————–右


左であっても、右であっても、終わることがなく
すべてが愛であったという真ん中の中庸
ニュートラルに位置した時だけ
このループから抜け出せることになるのです。


この途方もない繰り返しは
人々が人間で生きてきた中で
固定して定義付けてきてしまったジャッジを解き放ち
すべてが愛であるということがわかるまでずっと続きます。


昨今の、世の中の社会的現象にも現れているように
わたしたちは、自分の中でのジャッジが外れたことを
他者への怒りや攻撃に都合よく変換されてしまうことを

 

shutterstock_699355831地球の真の平和のためにも

早急に終わらせていかなくてはなりません。


ジャッジがあったという自分の内面の事実を


外側の誰かのせいにすることなく
他者や組織団体や社会のせいでもなく
自分に罪悪を抱くこともなく


ただ、自らの内側の概念の変化であるという風に
ニュートラルに捉えていくことは
これからの地上では、必須不可欠なのではないでしょうか?


より高い水準の愛と
自分自身の内面だけで解決していけるように
ジャッジを解放した状態の意識の目覚めが必要なのです。


ジャッジが外れていこうとしている際に
すべてを受け止めきれていない状態だと
相手を責め立てたり攻撃するような意識さえ
発生することがあるからです。shutterstock_1112148770


どうして相手を否定したり、責め立てたり
攻撃するような意識が発生するのでしょうか?


それは、一つには、ジャッジが外れようとする際に
何が起こっているかを自分自身が正しく理解して
受け止めることが出来ないでいるからです。


言わば、混乱の状態です。


もう一つには、新しく宿った自分自身の定義に対して
自分の答えを、ただ答えとして認められず
自分の答えが本当は正しくないことを恐れているから


以前の自分や以前自分が信じていたものや人を
とことん否定することによって
新しい定義を保とうとするからです。


つまり、人々は、ジャッジが外れていく際にshutterstock_1344905753
何が起こっているのかを、理解しておらず


自分自身の新しいポジションの

居心地を収めるために

 

外側への認証を過度に起こして、他者を否定したり
責めたり、攻撃したりしているのです。


そこには、自分の新しい定義や答えに対する恐れがあります。


わたしたちは、自分の答えや選択に対しての
失敗や間違いを過度に恐れています。


失敗や間違いを過度に恐れるあまりに
他者を否定することで、正当性を得ることで
ようやく自分の正解というラインを保っていられるのです。


フリーダムジャッジは
そうしたループを終わらせていけるように
構築したLOVINGです。shutterstock_1420109213


心に生まれた葛藤や摩擦を終わらせていき
他者や世界を責めたり否定せずに
ジャッジを終わらせていくことは


個々のアセンション達成に
非常な重要な要素になっています。


同時に、わたしたち一人一人が
スムーズにジャッジを解放することで
葛藤や摩擦のエネルギーを減少することとなり
結果的に世界の平和につながります。

 

 

フリーダムディスティニー平野あや

~ フリーダムジャッジ 期待される効果 ~

・存在感の肯定が上がります

・ニュートラルな状態になります

・自分らしく生きることに許可が出てきます
・無理したり頑張ったりすることが減少します
・人を自分の定義やルールで縛らなくなります

・定義の殻を破り、ジャッジからの解放を起こします

・許しが起こり、他者や自分自身を許せるようになります

・正しさというところに囚われず誰かを責めなくなります

・ジャッジしていたことに対しての怒りから解き放たれます 
・(心の中でも)他者を攻撃したりすることを辞めて

 失敗や間違いを起こすことを許していきます
・他者へのジャッジだけでなく、自分自身に対しての制限や

 ジャッジも外していきますので、自分自身への優しさが高まります

・人間は弱さや愚かさがある存在であるということを受け止めることができます

・自分の答えを外側で検証せずとも、一つの答えであると受け止められるようになります

~フリーダムジャッジLOVINGを~

~提供したい方へ~

 

フリーダムジャッジの施術が出来る
ヒーラーを育成する講習です。

 
フリーダムジャッジの施術が出来るように
なりたい方はこちらの講習をお受けください。

 

*講 習 費 88,000円

*準備ワーク 3日間

*講 習 時 間 40~50分

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ご自身や二親等以内のご家族に
施術が出来るようになる一般向けと

他者に施術が出来るようになるプロ向けで
受講資格が異なります。

 

*受 講 資 格

■一般向け(ご自身と二親等以内のご家族に施術が出来るようになります)

1.ラブプロテクション講習

2.フリーダムジャッジの施術を受けたことがある方

 

■プロ向け(プロのヒーラーとして他者に提供することが出来るようになります)

・Freedom Destiny World ライトワーカー覚醒プログラム®上級卒業

 

講習のお申し込みはこちら

ご感想

 

ご感想枠2上ブルー

1.受ける前と後を比較して、自分の答えだけが正しいという感覚や、自分の正当性に拘る感覚は、どのように変化しましたか?(例 相手が間違っているという怒りが消えた等)

▶ 以前よりは正義感、正当化とは拘りが減ってはいましたが、自分の思いを押し付けたりが、より少なくなりました。
▶ 自分だけで判断せず、委ねることができた。
▶ 段々と色々な意見があるんだろうな、と思うようになりました。自分の正当性に拘らず、自分の感覚を信じることが、他者の意見も聞けるようになるのだと感じます。
▶ たまたまこの問題に向き合うきっかけがあり、このワークを受けさせていただきました。私は、「自分の判断に対して、間違っていたのではなあいか」と感じるのが怖くて、お相手に対して、自分の正当性を主張したがっていた事にきづきました。「あなたは間違っている」と、いつも言われているような気がして、とても辛かった。本当はそんな事一言も思ってないかもしれないというのに。。「どう思われようが、構わない。いや、そもそも、なんとも思われていない」こう思えました。
▶ 自分の考えを認めてもらいたいという欲求や、人に押し付けようという感情が減少し、どちらもokという感覚がつかめてきた。
▶ 私の場合は、私の母が、いつも自分だけが正しい~という人だったので、正しさは誰にもあるし、正しさは争いを生むので、和やかに過ごすためには自分の想いや意見を抑えて相手に、できるだけ添って常識的に従って他人の為に動くことが、私には当たり前でした。なるべく言葉も良いように受け取って、相手は疲れているのかも~と思いやって、相手のするべき仕事でも、引き受けて、がんばっていたけど、、それを都合良く利用されたりして、私一人だけが走り回って、相手は涼しい顔をして手伝わずに、好き勝手をして帰って行く。ヒーリング後は、最初から、動く気はない~という意図が、はっきりわかるようになり、そういう性質の良くない人に、はっきりと断ることが、できるようになりました。自分は間違っているのかも~という感覚が、ずいぶん減り、客観的に見ることが、できるようになりました。
▶ 以前より気にしなくなっております。
▶ 正しい・正しくない、というジャッジが自分の外側に抜け出たような感じがします。「ああ、この人の宇宙ではこれが真実なんだな」と静観できるというか…。
▶ 8月はずっとジャッジに苦しんでいたのですが、申し込み・入金をしたあたりから、イライラやモヤモヤの感覚が和らぎました。「相手を責めちゃいけないのは分かるけど、私は傷ついたしこんなの不当だ!」という混乱が落ち着いたようにおもいます。
▶ 受ける前と比較して、それぞれの人にその人の正しさがある、とより感じるようになりました。それぞれの心地よさは違い、それぞれが自分の心地よさを実行すればいい、と思えるようになりました。
▶ ワーク前までは自分の絶対的な正当性で、自分を必死に護ってきた部分があります。ワーク後は解放とともに、その硬い甲羅のような部分が、ポロポロと外れてゆくのを感じました。いつのまにか消えていた?そんな感じもします。仕事中の相手の領域が、ワーク後の今は以前より、なぜか全く気になりません。
▶ 元々私は自分に自信がないので、自分の答えだけが正しいとは思いませんが、拘りはゆるくなったように感じました。
▶ 他者の価値観や考え方、生き方、立ち位置を、違う側面性から理解できるように感じました。7月に、義理姉を亡くし、生前は、生き方価値観の違いから、なかなか近寄りがたい存在で怖かったのですが、告別式をとおして、今までとは違う側面性がみえたり、時間が経過するうちに、また、8日と18日の観音様のヒーリング、フリーダムジャッジを受けることで、批判、否定していたエネルギーから、違う側面性への理解が生まれると同時に、感謝のエネルギーに変わり、私自身の中で重たくのしかかっていたものが、とても楽になりました。立場や役割が違うことで、対峙していたエネルギーが理解へと変わることで、闘っているつもりはなかったのですが、耐えることや自分は同じようにはならない、してはいけない!と、私自身が自分の中で、何かと闘っていたのかもしれない・・と、気づいた気がして、一体私は、何と闘い、何を踏ん張っていたのだろう・・と思いました。ちょうどお盆の時期と重なっていたこともあり、先祖供養をする中で、最初は、罪悪感と怖れのようなものがありましたが、愛と感謝のエネルギーへと変化していった気がします。
▶ 自分は正しい相手が間違っていると信じて突き進んでいた感覚が減った。突っ走り過ぎて相手を怒らせていたが、衝突が少なくなった。
▶ 相手が間違っているという怒りがわかなくなりました。
▶ 私も同じだったんだな~と、改めて腑に落ちました。
▶ 自分の正解を押し付けなくなった。
▶ 家族や身近な人に対しては、変わらない気がしています。職場の人など少し距離のある人にはより大らかになった気がする。
▶ 自分の答えも尊重、それぞれの答えも同じだけ尊重することが、自然とできる感覚になりました。
▶ たとえ不快であっても基本的に取り合わず、より自分の必要な今を判断選択する直感を大切に出来る様になりました。
▶ 相手が間違っているという怒りはわかなくなりました。
▶ 受ける前は自分の意見を言った後に「言ってもよかったのだろうか、間違っていたんじゃないか」とモヤモヤしていましたが、受けた後は躊躇いなく意見を言えるようになっており、言った後は相手にどう反応されようと気にならなくなっていました。相手が言うことに対して「まぁそういうこともあるか、そんな受け取り方もあるのか」と、下手に壁を作らずすんなり受け入れたり、また感情に囚われず聞き流すようになってました。
▶ ワーク後の特にここ最近、他者の意見を聞いて考えを受け留めて、他者の考えを知ろうとする感覚が強く芽生えてきています。自分の主張を押し付ける言動や行動は限りなく少なくなっていて、自己正当性に強く拘る場合には直ぐに見直しに入っています。
▶ 受ける数日前からなんとなくジャッジするという事とは?みたいな事が引き寄せられる現実が起き、何か手放す準備みたいな事が出来ていたのかなと感じました。受けた後は尚一層軽い思考になり周りの意見に振り回されるんじゃなく、自分の意見をしっかり受け止めれるようになった気がします。
▶ 人の話に反発することが少なくなった気がします。
▶ 真逆の価値観の相手にも違和感が湧かずに、それがベストなんだと、前よりも自然に感じれるようになった。
▶ そもそも、自分だけが正しいという感覚は無かったのですが、あまりにも理不尽過ぎる事件等、見ているだけで、腹が立ってくるという感覚は有り、ワーク当日よりも今の方が、見ても明らかに客観視しているなーと感じます。
▶ 自分の答えだけが正しいという見方はあまりありませんでしたが、これを受ける数日前に、親兄弟の尺度からの言動が迫ってきた時に、それを跳ね返そうと、正当性を前に出して対抗しかけてしまったことがありました。その時は、拘らずにすぐにその場から引きましたし、本当に有難いことに、見えないところでも見て気にかけてくださっている存在の応援にも気付くことができて、大きな葛藤などにもなりませんでしたが、その後はぐったり疲れていました。今回綾さんがフリーダムジャッジの説明に書いてくださっていた、左——————-愛——————–右の意味が、今ではよくわかる気がします。無理に合わせようとしたり、葛藤や摩擦の世界に入る必要はなく、一つの答えとして、とても静かでニュートラルな世界。お陰様で、昔は全く気がついていなかった家族関係のことも、ここ2~3年で理解や消化ができてきました。大きなところでは今回が1つの区切りで、そのサポートをいただいている気がします。タイミングの良さにも、本当に感謝しています。
▶ 頑なな考えを手放せる。自分の正しさに固着しなくなった。

 

2.受ける前と後を比較して、自分の中で当たり前だった常識やルールが、変化したことは何かありましたか?具体例を教えてください。(例 これでも良いんだと思えた。今までと違う言動や行動が取れた等)

▶ ワーク日に、今まで話の途中から段々と批判や不満をいうことが多く辛くなる為、距離を置いていた友人と会うことになったのですが、いつもの私は少し怒りが出たように抵抗していましたが、何故がその方の話をイライラせずに受け入れ、その方がこれから成長し乗り越えられたら良いと思えた自分がいる事は驚きでした。
▶ 恥ずかしい話ですが、昨年から老眼になりまして、見えにくいとは思いつつ、メガネなんて!と思って頑張っていましたが、何の抵抗もなく、「見えないならメガネを使えばいい」と、普通に思えて、すぐメガネを購入しました。
▶ これまでできなかったことをしてみたいと思うようになりました。不向きだと思っていた車の運転、長距離通勤、公務員になるチャンス、どれも挑戦してみます。
▶ 私の選んだ事に対して罪悪感と、間違っていたのではないか、損したのではないか、という恐れがうずまいておりました。今朝瞑想していた時、「あれはあれで、良かったのだ。そもそも、正解なんてないのだ。正解を求めると、苦しいのだ」と、思えてきました。いつも思い出すと嫌な人や出来事がありました。でも、今は嫌じゃなくなりました。
▶ 営業側のお姉さんによくわからない依頼をされていたので仕方なく資料をつくり、説明するので、同席してほしいむね営業実務担当にお願いしたら、むしろなんでそんなんやってるのといわれ簡単に事情を話したら、汲み取ってくれた。相手側についてる人かと思ったけどそうでもないのかなと感じた。
▶ いつも自分より他人の考え方が正しいと思い込んでいたが少しだけ自分の行動が変わった。
▶ 相手の想いよりも、自分の想いや感覚、感情を大切にできるように変化してきています。母の支配的な環境で育ったので、なかなか自分の感覚を信頼できなかったのですが、権威者や権力者の考えと異なると、なかなか肯定されたり認められることがなく、否定されるばかりで、自信が持ちにくく、自分の感覚を信頼できなかったのですが、自分の感覚を信頼することが出来るように、なってきています。
▶ 役に立たない自分には存在価値がないという意識に苦しんでいましたが、ここにただ在るだけで全てのものは美しいな、とじんわり思えました。
▶ 人に親切にすることは当たり前だと思っていましたが、自分が疲れるなら、無理してやる必要はない!と思えるようになりました。相手に悪いかな?と思うと、自分が我慢すればいいや~と思うことが、かなり多かったのですが、悪い~と決めつけないで、相手は知らないんだと思えるようになり、ちゃんと自分の気持ちを伝えなきゃ!と行動できるようになりました。(今日、それができて嬉しかったです♪)
▶ 上手く行かない原因を探すことに意識の焦点が行きがちだったことが、目標にフォーカスして何が足りないのかを考えるようになりました。病気をしてから、以前の水準で仕事が出来ていないので、仕事への恐怖心やどうせ上手く行かないなどの思い込みを取り払うことを心がけてきました。今は、ただ単にエネルギー不足でそれが補えれば上手く行くと思えています。
▶ 「私は助けてもらえなくても愛される」「か弱いふりをしなくてもいい」「強い意志を持った行動的な女性でいてもいい」と思えるようになりました。いままでは、「守りたいと思われる=愛されている証」と思い込んでいたのですが、その枠が外れました。
▶ 自分自身、ダメなところと感じる部分、大勢の人と接するのが苦痛や、嫁として、などが出来ない、苦痛な部分があるのですが、私は私の出来ることで、楽しいと感じることで、自分を発揮していけばいいのでは…と思えるようになりました。
▶ 長い間ずっと苦しんできた、自分で自分を常に厳しく見張っていたような目から、解放されつつあるのを、たしかに感じています。それとともに、完璧主義から緩やかに解放されつつあります。完璧主義を他人に振りかざしていた過去の、自分の弱さも同時に感じています。
▶ 自分が何もかもやらなくちゃと仕事を抱えがちでしたが、自然と他のスタッフに仕事を頼めるようになりました。
▶ 意地を張って自分のやり方を押し通していたが、相手の話や意見も聞けるようになった。
▶ 相手の要求に無理をしたり頑張って受け入れるということをやめ、断れるようになりました。また、断ることに対して許しが起きています。
▶ 気にしないということ、そして、常識は人によって全く違うということが感覚的にわかった感じです。
▶ マイルールが少し減った。
▶ クラシック音楽の仕事をしているのですが、伝統も含めて、理論的に正しく高いレベルで、演奏しなければならないと思っていた部分が、内から湧き上がる感覚を表現してもよい、どのように表現したとしても、今まで鍛錬してきた基礎があるから崩れないという確信が持てました。
▶ 本来は、こうした方がいいという程度のものが、こうでなければならないと、自分自身への縛りになってしまっていたもの、自分で自分に作ってしまっていた枠や制限のようなものが幾つか消えました。
▶ 無意識に日常でジャッジをしてたようで、ワークの次の日に、朝の家事などのお仕事が終わると、いつもより疲れていなくてスッキリしていました。
▶ 家事に関して、母親がやるべきという基準があったのですが、子どもに洗濯や片付けを手伝って貰うようになりました。
▶ 受ける前と後では、私にも意見や思いがあるんだから当然周りの人達も意見があって当然だなと受け止めれるようになり、他人の意見や思いを否定したり正しいか正しくないかで判断する事が少なくなった気がします。すごく優劣とかつけてた人だったので。
▶ いろいろな事柄に対して固定観念が強い生き方をしてきたので、それは無意識の状態でも自分の行動のベースを占めていました。これまで夫婦や他者との関係で軋轢を起こした時も、自分の主張や行動に因ることが大きいと認識もしてなかったケースが多々あった事を、今は意識化できています。自分の中の固定観念化していた地層のような層をどんどん見直しひっくり返しています。
▶ 前は誰とでも仲良くなろう、仲間はずれは作らないようにしようと躍起になっていたんだなと後日気づきました。下手に気を遣いすぎてそれが相手の為だと思い、空回っていたと思います。今は例えば自分たちは話で盛り上がっていて隣で静かに一人でいる人がいたとしても、前はその方も話に加えた方がいいんじゃないかとそわそわしてましたが、それぞれ過ごしたい様に過ごし、相手の意思を尊重し無駄に干渉しない、という考えに変わった気がします。
▶ 以前だったら凹んでしまうような他人の言動が気にならなくなった。
▶ 不快な現象の様な?や夏の暑さよりも一方で、より風の爽快さや常に光のシャワーの様な本来の心地良さを確信し腹の座りが増しています。
▶ 何でもイイか悪いかで判断していた事がそうではなくなった。怒りが出なくなった。
▶ こうなってもいいんだと思えるようになった。

 

3.受ける前と後を比較して、自分は誰かと比較して出遅れている、他の人間よりも劣っている等、劣等感はどのように変化しましたか?(例 劣等感が減少した、劣っていると思わなくなった等)

▶ 他人を意識したり比べたり、批判的になったりできない自分に対する劣等感が薄れたように思います。
▶ いまは劣等感を味わい尽くした感があります。ただただ、この思いを経験したかった、この先は理解を示す立場へ変わる気がします。
▶ 人とずっと比べる癖がある事に、あらためてきづきました。snsをみると常にとなりの芝生が青い気持ちがしていました。私だけのかけがえのない人生は、素晴らしいのだ、私は素晴らしかったし、今もすばらしいのだ、と思えました。
▶ 劣等感や自己評価が低かったのですが、その裏には自分の良いところがたくさんあるんだという気持ちになってきた。
▶ 劣等感は、減ったと思います。自分らしく、いれば、良いな~と。私は、どちらかというと、元々は、おおらかで、他の人は、あまり気にならないのですが、(父に、もう少し周りを気にするように、よく注意されていたくらいです)気を遣うことが、成人してからは多く疲れていたのですが、いい意味でマイペースに、なってます。
▶ まだ劣等感と焦燥感はゼロにはなっていませんが、比較すること自体に意味がないということに頭ではなくハートで気づけたと思います。
▶ こんなにがんばっているのにわかってもらえないんだ~と嘆くことがあったかと思うと、認められたら認められたで、優越感を抱いて、アップダウンが激しかったです。それだけ、劣等感が強かったのかな~と思います。施術後は、優越感とか劣等感を抱くよりも、「自分がやりたいからやる」を基準に行動できたので、それで満足してるからか、結果があまり気にならなくなったような気がします。
▶ 以前はかなり劣等感があったのですが、この2年間ぐらいで癒しを進めてきて、このワークの時点ではさほどありませんでした。ところが、、、ワークの翌日に、突然仕事の依頼が入りました。私も一応、その仕事に関しては専門家の1人だったのですが、病気で業界との関わりからは距離を置いていました。本来仕事を依頼すべき私に依頼をしなかったお詫びと、突然で申し訳ないが適任者がいないので引き受けてもらえないかという打診がきました。ワークの効果なのかなと思っています。
▶ 2.に書いたことに関係ありますが、お盆などで大勢の人に接することで今回ひどく疲れてしまい、やはり自分が苦痛を感じる場面は避けていこう、とより思えました。そこには、劣等感を受け入れたような、苦手なことも得意なこともみんなある、とより思えたような気持ちです。
▶ 劣等感とジャッジのつながりが、ワーク後、腑に落ちてわかりました。家族や周りのジャッジの影響もあったとは思いますが、、他ならぬ私自身に、私はずっと認められたかったのだと、ずっとずっと愛されたかっのだと、改めて感じます。どんなときも私だけは私自身の味方でいようと、エネルギーレベルの変化で、改めてそう思います。
▶ 後から入ってきた子がどんどん指名を増やしていることに対して劣等感がありました。私は長年やっていても指名があまり増えない事と比較しては落ち込んでいましたが、フリーダムジャッジ後その感情を確認してみましたが、私の中ではどうでもよくなっていました。
▶ 劣等感が減少した。ダメだと自分を責める気持ちが減少した。
▶ 間違えることに対しての恐れ・自信のなさから、自分の正統性を一生懸命主張していたのですが、その必要性を感じなくなりました。
▶ 劣等感は少なくなってます。
▶ 劣等感は、あまり感じなくなった。
▶ 劣っていたとしても、これがわたし、今のわたしの最高を表現するだけ、と肝が座りました。
▶ より減少し無意味だとか感じます。
▶ 劣等感を抱く部分は変わっておりませんが、その駄目なところは「人生へしっかり向き合うきっかけであり挑戦」という受け取り方に変わったと思います。また挑戦という言葉も今までは修行みたいな「辛く苦しいもの」というイメージだったのが、今は「ゲーム」みたいな楽しみを含んでるように感じています。
▶ 些細な事や行動においても、他者を意識する必要が全くない場合でも他者との比較をして優越感を発動しまいがちでした。今までであればそこで終了でしたが、その根っこには自分の中の劣等感が強く影響していることに気付き、劣等感との向き合い方が変化しました。他者と比較したり、劣等感を持つ必要が無いと思うようになり、心が凄く楽になりました。
▶ すごく劣等感を感じる人だったので、今まで本当にしんどかったんです。でも少し楽になりました。他人と違う思いや意見が出たとしても、今は自分の意見思いがそれなんだからそれで完璧だと信じること、そしてそこに何一つ劣る事はないことを思えるようになりました。
▶ 劣等感を基準にしなくなったのか、自分が出遅れてるかどうかより、自分の好みや心地よさを優先できるようになった気がします。
▶ 単純に自分の物差しでは測れない部分があるな~と感じた。皆それぞれの価値観、ベストを生きてるんだな~と、嬉しくなる、それらがナチュラルに感じてる事が増えた。
▶ 不思議と自己肯定感が上がった感じがしています。
▶ 劣等感というか、自分でも気づかないところに深く存在していた今世の自分自身の尊厳のなさや自己評価の低さが改善されてきていて、今回でそれがさらに確実になってきた気がします。
▶ 劣等感を感じる出来事があったが、ひきずらなくなり、再度私を必要としてくれている人の優しさも感じることができた。
▶ 劣等感は減少し困難にも笑えるようになった。

 

4.受ける前と後を比較して、他者に対しての行動を見張っていたり、気になってチェックしてしまう割合はどのように変化しましたか?(例 他人の行動が気にならなくなった等)

▶ 他人の行動をほぼ気にしなくなっています。あぁ、そうなんだぁという感じで見れるようになりました。
▶ 他者へ過度な期待をしなくなりました。これまでは、仕事、勉強を一生懸命に伝えたら、死に物狂いでモノにしてくれるはず、と思ってきました。結果を出せない人を許していませんでした。でもいまは相手にとって重要じゃなかったのか‥と諦められるようになりました。
▶ 子供の良いところが見えるようになりました。みんな、子供に対してよくしてくれてるのに、ありがたいと思えなかったのに、ありがたいと思えました。この子は素晴らしいのだと、またあらためて思えました。
▶ 支配的な環境に育った人や、優しくて自分の意見を譲ってしまう人、真面目で責任感の強い人、我慢強い人や犠牲になりやすい人におススメです。
▶ 少し和らいだ感じがします。
▶ 自分中心に行動できたので、他者のことがあまり気にならなかったな~と思いました。
▶ 「他人は自分の人生に直接関与できないのだから、何を言われてもされても気にしなくていい」と腑に落ちました。特に父親との関係が悪かったのですが、自分の課題と彼の課題を分けて考えることができるようになりました。
▶ いい意味での開き直り、私が出来るのはここまでだから仕方ない、やみんなは楽しくてあの行動をとっているんだ、でも私は違うのだから仕方ない、と思えました。親族のバーベキューに参加しなければならないという縛りをゆるめることができた気がしています。
▶ 自分を常に厳しく見張っていた自分の目から解放されつつあることで、私は私に集中してて、他人の言動が日々、不思議と気にならなくなっています。口に出さずとも、心のなかでウザい!と他人の言動を責めていたのですが、なんだかそういうエネルギーが日々、薄れていっています。
▶ 気になるとずっと長い時間気にしていたけど、全く気にならなくなると言うことはありませんが、そこまで長い時間気にする事はなくなりました。すぐに次の行動に気持ちを切り替えられるようになりました。
▶ 一人一人、自分の魂を輝かせて生きていっていい♡一人一人独自性があっていい♡お互い自分を大切に過ごしましょう♡と同じ言葉でも、以前よりもっと、尊重できるようになった気がします。
▶ 極度に人に合わせないといけないと思い込んで周囲を気にし過ぎていたのが、自分らしくありたいと思えた。
▶ 他者の行動に対し、自分の考えを当てはめ、裁くような言動をとりがちだったのですが、いままでより格段に他者の行動をニュートラルに見ることができるようになりました。また、自分が不快に感じる他者の言動を自分の中にとり込まなくなりました。
▶ 本当に他人事なんだと思える自分になったのは以外でした。
▶ 他人を見る目が柔らかくなった。
▶ 他の人の行動が気になることが減りました。大らかに受け止めている気がします。
▶ もともと、ないほうでしたが、より、自分の今やることに集中している感覚です。見ても、そうなんだ、と思う感じです。
▶ これはもともとあまりないですが、よりなくなったかも。
▶ ワークが始まったと思われる時間に、子どもに夏休みの宿題の事でお小言を言っていたのですが、内心どこかでどうでもいいというか、何で私は注意しているのだろうか?と感じている自分がいて、言い出した割に淡々と必要な事だけを言うという感じで終わりました。何となく、エネルギーワークが作用しているなーと話しながら感じておりました。
▶ 気持ちがそちらに引っ張られることがあまり無くなったように感じます。
▶ 見張ったり、チェックはしてはいけないという制限がなくなったのか、「これはしてほしくない」「こうしてほしい」とストレートに言うようになりました。
▶ 年老いた親と同居の為、いちいち物事に対してチェックしたり前もって用意したり見張ってる事は沢山あったのですが、少しずつ本人達の選択や行動を尊重出来るようになってきています。見張ってる事が愛だと勘違いしてて、でも結局それが自分を苦しめていたんだと感じるようになりました。
▶ 自分の主張を他者に押し付けたり強要することが殆ど無くなり、時折出た場合には、必要のないことと意識しています。見事に少なくなっているのと同時に、他者の行動を見張ることは無くなり、必要な確認以外はありません。パートナーとの場合は中々難しいケースが多いですが、相手の行動を俯瞰する意識が芽生えています。
▶ 人の目は気にならなくなっています。他の人が輪になって話をしていたら、前は仲間はずれにされたと被害者意識も出ていましたが、今は楽しそうでよかったね~と客観的に見られるようになった気がします。
▶ 他人の気配さえ、気にしなくなっているときがありました。
▶ お陰様で、他人よりも気になる面白い事や大切な事に自然と意識が向き向きな感じです∞
▶ また仕事の準備をしてない!と出来ない人を見張っていたけど、全く気にならない。
▶ 他者は他者だと思えるようになった。

 

5.フリーダムジャッジを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶ 批判や不満は皆が大小なり持ち合わせていると思いますが、頭でわかっていても自身だけでは中々変化していくには難しいと思います。攻撃型も内向的も同じにジャッジし責めていると思います。少しでも軽減出来ることで、よりよくなるなら受けられることをお勧めします。
▶ 全ての物事に対してジャッジを自然にしてしまう。ということは、自分が揺らぐ原因になります。ジャッジが無くなると、自分は自分でいいんだ。と思えるようになります。
▶ 他者と自分の境界が分かるようになりました。人間関係で苦しんだり、仕事で責任を抱えている方は、どこまでが自分の範囲なのか?状況をリセットする意味で効果があると思います。
▶ 誰かと比べるのはもうやめたい。自分の人生を、自分自身を、まるごと受け入れられるようになりたい。私には全てが備わっているから、恐れる必要はない、と思いたい。そのような方にいいのでは、と感じます。28日に再度受け取れる事に、深く感謝いたします。私だけの幸せが、またみつかりきづきが、ありました。人をせめたり、比べて優越感を感じる事もなくなり、ありがたく思っています。
▶ 劣等感や自己評価が低い方、他者を責めてしまう方には是非おすすめです。
▶ 自分の芯が、しっかりし、自分が悪いとか、自分が至らないとか、自分を責めずに客観的に物事が見れるように、なります。自分がブレなくなる。周りのみんなに否定されても自分の感覚を信頼することが、できるようになります。
▶ ジャッジしたりされたりがなくなり、誰とのコミュニケーションもスムーズになるよう不要なものを外していきたい方に受けていただきたいです。
▶ 感覚の変化は、感じられると思います。
▶ 1回の施術でもラクになりました。
▶ イライラしている原因は、自分の中にあるということが腑に落ちます!自分が拘っていることが何なのかが、気づきやすいと思います。施術を受けてすぐ、仕事が始まりましたが、かなり人間関係が楽になりました。仕事自体も、楽になったような気がします。本当にありがとうございました‼
▶ 他人をジャッジすることが同時に自分の認識や行動に制限をかけていると、頭では自覚できていても手放せない方にはお勧めではないかと思います。私自身は、頭で理解していてもジャッジしている自分にダメ出し(ジャッジ)するという行動パターンから、自由になるためにかなり時間がかかりました。このパターンを手放せているつもりでいた私にさえ、ワークの後に仕事が舞い込むという状況の変化が起きています。
▶ 思考を使いすぎ、神経を使いすぎで疲れている方にぜひ受けていただきたいです。ご自身がゆるんでいくのを感じられるはずです。
▶ いろいろな方のセッションを受けた私が最も信頼しているのがAyaさんの施術です。金額もビックリするほどリーズナブルです。自分を一番ジャッジしているのは自分と言われます。自分が自分をゆるしていけるといいですよね。ぜひ一度体感されてみてください。
▶ ジャッジは長い間のテーマだと感じており、今回のワークは、自身の大き解放となりました。心より感謝いたします。
▶ ジャッジをする事にエネルギーを使わなくなるので、生きるのが楽になります。
▶ 誰でも、心の中で葛藤したり、どこかで、何かに対して、ジャッジしている自分自身がいるのかもしれませんが、そんな自分でいることから卒業して、少しずつ、よりピュアでライトになれるといいと思います。心を軽くしていきましょう♡
▶ 頑なだった自分をオ―プンに開いてくれました。是非受けてみてもらいたいです。
▶ 思考では気づいていたとしても、体感が伴わず苦しいという状況の方は是非!
▶ 自分一人でなんとかしようとして、たいていは挫折します。1つの選択肢として、このエネルギーワークはとても素晴らしいと思います。今回はこのような機会をありがとうございました。
▶ ついついジャッジしてしまう自分から解放されると、自分の中心に気持ちを持って行きやすくなると思いました。
▶ 中心にいる、あるという感覚が深くなりました。
▶ 心が軽くなります。
▶ aya様の大いなる愛と光の施術に、唯一無二の自分軸がよりスッキリ天地と繋がり喜びと感謝で一杯になります。是非、スッ☆として頂きたいです。
▶ 劣等感や罪悪感に押しつぶされそうになっている方に、少しでも前向きになれるきっかけになるかと思いますので、おすすめです。
▶ 私はワークを受ける前から、潜在意識の中に根深い特別意識がかなり強くあり、折に触れて優越感としてこれまで発動していました。自分では優越感が働いていることの意識化は出来ていましたが、劣等感とは相反する別物との認識でした。ワークを受けてから後、自分の中の優越感が劣等感に起因することに気づき、両者でなく中庸にいる大切さを意識してから体がとても軽くなったのを実感しています。私の大きなターニングポイントになっています。心から感謝しています、ありがとうございました。
▶ その日は本当に眠くて眠くてたまりませんでした。暖かいエネルギーに包まれて心身共に軽くなりました。こうやってアンケート回答させて頂いて尚自分の変化に驚いています。
▶ ジャッジしたくないと思っていてもしてしまうジレンマを抱えている人、ぜひオススメです。
▶ 思った以上に、日常の中で常にジャッジをしながら生活していることに気がつきました。こんなにもジャッジしていたら、疲れるし、エネルギー漏れになるので、減らした方がもっと自分自身に、力を注げます。
▶ 私の経験上、あやさんのワークは顕在意識的にも、大なり小なり変化があります!ジャッジ問題は生きる上で大きな課題でもありますし、金額も手軽という事もありますし、個人的にメリットしか感じません!是非オススメします。
▶ どんな時でも平穏な心で、本当に自分らしくいられるよう、手助けをいただいて良かったです。
▶ 考えが軽くなります。
▶ 私も弟も幼少期より父親の批判的な考えを聞かされて育ちました。じっくり刷り込まれてしまった、こうあらねばならない的なものが沢山ありすぎて。大人になり、自分達姉弟が脱落者のように思えて落ち込みがちな日々。こんな状況を改善したくて申し込みさせていただきました。1週間ほど経ちましたが、「人は人、自分は自分。」「周りの理想とは違うけれど、それなりに幸せ。」「父もあの頃はいっぱいいっぱいだった。」「皆それぞれの歩幅で人生を歩いていい。」と以前より自然にそう思える、腑に落ちているように思います。ありがとうございました。

 

ご感想枠2下ブルー

 

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。


 

HPOW罫線下

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright (C) 2019 Freedom Destiny All Rights Reserved.