===========

【余地を残すな】
 
全部幸せになれないのは
全部幸せになることが恐ろしいからです。
 
何一つ欠けることなく
幸せそのものな時には
世界を憎む余地が存在しなくなります。 
 

つまり、全てにおいての被害者意識から脱却し
他者のせいでも世界のせいでもなく
自分が創造出来るとしないと
全ての幸せは手に入りません。 

 
不幸せな部分を残して
世界を相手取って被害者となるのを
終えていくのです。 
 

余地は存在しない。
世界を憎み、被害者となる余地が無い。
 
それが、全てにおいての幸せを手にする鍵です。

===========

【知れば知るほどわからなくなる】
 
 
ある人のブログで
ライトワーカー育成プログラムを受けたら
この状態になったと書かれていました。
 
 
ワオ〜♡
別に意図はしてなかったけれど
わたしが目指している境地。
 
 
本当の知恵というのは
知れば知るほどわからなくなるものだから。
 
 
知ってわからないことが無くなったら
それはその人が選択肢や可能性が狭まったということ。 
  
 
どんどん知っていっているのに
益々わからなくなった時にこそ
固定的知恵を与えながら
その人の選択肢が増えて
可能性が増していることが伺える。
 
 
可能性を減らす固定的知恵は無意味だ。
その人にその人も知らない知られざる
新たな可能性を与えつつ
自分自身で答えを見出す力を養って
いけるようにサポートしたいと
いつも願っている。
 

こんなレベルのお仕事が
出来るようになったんだなあと
とっても嬉しくなりました。

===========

ライトワーク直後の二人。
いつも優しくて面倒見が良い夫が
ライトワークとなると変貌して
勇ましくなって顔も変わる。

どんどん変わりゆく二人
マンネリという言語が存在しない
いつも新しいあなたと出会っていくわたし。

変わる度に新しい夫に恋をする。
明日は、どんな二人だろう。

 ===========

人々よ、期待は捨て去りながらも
それでいて希望は捨ててはいけません。

期待と希望を一緒にしてはいけない。
あなたの大切な望みまで
一緒に捨ててしなわないで。

どんなに途方も無い
微かな希望しかない望みでも
望み続けて良いのです。

===========

日本に帰ってきて
皆んなのFacebook久しぶりに
チラッと覗いたら『破壊が始まった!』と
皆んなで和気藹々としてて微笑ましかった♡

そういう事を言い合える仲間が居なかったら
どれほど心細かっただろう。

色々な破壊があるから同じじゃ無いけれど
違うという前提で見ていくと
破壊が起こってること自体は同じで
結局同じに辿り着く。

===========

【等身大に向かうという事】

ここへ来て、わたし自身の課題が発生した。

より等身大に向かっていくしかない
事実しか見えてこない世界になった時に
知られてしまうであろう自分の光が怖いのだ。

自分の光を出すことを昔から恐れていた。
嫉妬ややっかみの対象となるけれど
何より恐れていたのは
わたしと同じようになりたいと望む者が
わたしと同じようにはなれないと解り
絶望する様子を観たくないのである。

これは私の弱さであるが
今でもそれは拭い去れない。

『何にでもなれる』
それは本当で、どんな能力も手にする事が出来る。

ただ、唯一変えられないのは
《自分自身である事》
これは変えられない、変える必要も無い。

ある時、外国のマスターに
『皆んなが望むもの(わたし自身)を与えられない』と
嘆いた事がある。

その時に、言われたのは
あなたはその人自身にする
仕事をしているのだから
自分と同じになれなくて当然だと言われた。

それは、最もだと思った。

『全ての人の求める望みを叶えたい』という想いと
『その人自身に成り行くお手伝いをする』という想い
ある意味、両方の使命から湧く矛盾した想いが
交錯していつつ過ごしていたある日

金の雲の錬金術の存在を知って
わたしは小躍りしたものである。
これで、ようやく、わたし自身を与えられる。
わたしのようになりたいと願う人々に
わたし自身を与えられる。

どうして、こんなにアンパンマンみたいな
役割なんだろうと思いながらも
わたし自身を与えられる事に安堵した。

しかし、ここで問題が発生した。
金の雲を使ってわたし自身を渡すと
どうにも出来なかった事が
あっさり出来るようになるのだが
わたしの力を借りているという自覚無しに
本人の力だと思い込むと闇落ちや潰れる
という事が懸念されるというのだ。

つまり、伝授された側が
わたしの光でなく
自分の光と勘違いすると
色々と厄介な自体に陥るようなのだ。

こうなってくると
結局のところ、何処までも隠しておきたかった
わたし自身の光を、知られてしまう事になり
わたし自身の力を借りてわたしのようになれても
自分自身がそうでは無いという事実が現れ
わたしの光が際立ってしまう事になり
それがとても苦手なのだけれど
隠しておけなくなってしまった。

他にも、儀式の時に降りてきたものについて
『他の人は、通常、今度はこういう仕事というのが降りて
くるのだけれど、Ayaさんだけ違っていて、Ayaさんの場合は物凄く大きくて、世界とか愛とか全てが降りてくる』と言われて、事実を受け止められず大抵抗中。

圧倒的なまでのスケールの大きい自分を感じる度に
何処かに隠れたくなるのだけれど
段々、隠せなくなって来てしまった。

等身大に向かうとは
闇だけでなく光も隠しておけないものである。

===========

【太陽の花 ひまわり】

ひまわりは使命のシンボル

『己を生きよ』

世界中の人が
全てのレベルの使命を成就し
自分を輝かせて本当に生き始める事
それが、我が願い。

雷鳴のように轟きながら
太陽の香りを漂わせ
地球と宇宙の全てに届いてゆけ

使命を成就する願いは
天高く駆け巡り
何処までも何処までも
心の奥に貫き続け
全宇宙に響きわたる。

あなたが本当に自分を生きた時
あなたという存在の意味を知るのです。

何故、ここにいるのか
何故、生きているのか
謎の全てが溶け去ります。

全ての問いに対する
全ての答えは
『我、此処に在り』であるのだと。

===========

【アーサー王が眠る場所で】

グランストンベリー修道院での
ライトワークにてのメッセージ

『七名の愛の戦士よ。
宇宙の大地を宿し
霊的使命に目覚め
4つの十字架を創り
人々を解放し目覚めさせるのだ。
その時、人々は鳥になり
宇宙に羽ばたいてゆける。』

七名の愛の戦士のうち
Aya担当 人間的使命 霊的使命
Tsutomu担当 宇宙的使命

アメイジングスピリットの
二人が合わさる事で
全てのレベルの使命に
人々を向かわせる事が出来る。

人々よ、己に回帰せよ。
永遠の安らぎは、己の中にある。

===========

【太陽へ向かう】

太陽へ向かう。

使命という太陽への道を歩む
わたしの後ろ姿が、他の誰かが
自分の使命の道を歩むことへ繋がる。

揺るぎなく真っ直ぐ。
使命を見据えて捉えたら最後
そこに辿り着くまで二度とその手を外さない。
何処までも続く太陽の道へ。

いつの日か、とてもとても
とてつもなく遠いところまで
歩んできたとわかるだろう。

あなたは、あなたが思う以上に
そのままで尊く素晴らしい存在なのです。

===========

ライトワーク仲間と街角で。

シャッターを押すわたしは
企みといたずらで最高潮
みたいな顔してて笑える。

昼食のレストランはハズレだったけれど
皆んなといっぱい笑って楽しかった。

時にマニア過ぎるほど個性集団だけど
お互いに尊重しあって
全力で使命を生きる
尊敬すべき大切な仲間です。

過去生ではリーダー役が多くて
こうしたフェアな関係が
築きにくくて、憧れでした。

びっくりするような壮大な使命も
『まあ、そんなこともあるか』と
この人たちと一緒だと気楽になれる。

いっぱい共に笑って泣いた
人生の冒険の友です。

===========

とても一日とは思えない
長い長い一日の始まり。

グラストンベリーでは
現地に到着して直ぐに
青い光が現れました。

わたしという使命
わたしという愛の現れ

『幸せになりますように』

内側から生まれ
何処までも広がってゆく
人間への愛。

===========

自由と責任は一体である。
不自由を感じており
完全なる自由を味わいたければ
自分の庭で遊び足りないのだから
自分の庭をつくって遊びなさい。

ただし、守ってくれる者は誰も居ない。

そのうち『他人の庭で遊ぶ』事に対しての選択を
自分の選択である事であると認めて
完全なる自己責任を背負った時には
自他関係無く、どの庭で遊んでも自由になる。

どの庭で遊んでも自由である状態が
真の自立に直結する。

自立とは、自分が常に選んでおり
創造している事を完全に認め切ることだ。

嫌な部分があっても
良い部分や利点の方が強いなら
結局の所、それ込みでも選び取ったのは
自分自身なのである。

人でも場所でも団体でも組織でも。
全部同じ事が言える。

不満は光だけ得ようとした時に起こる。
光も闇も両方受け止めた時には
不満という産物は起こらない。
ただ、違いが見えるだけである。

愛とは光も闇も両方抱き抱えた時に
起こる現象である。

======================

【カリスマ性と魅力】

これからのカリスマ性と魅力度合いは
以下の三つになります。

1、ありのままのその人を生きているかどうか

2、人間的、霊的、宇宙的に覚醒しているかどうか

3、愛の絶対温度の高さ、愛の濃度の高さ

これらを踏まえ、8月8日をもって
フリーダムディスティニーが開発した
全てのLoving技術に、この3つが促されるよう
組み込むことに致しました。

今まで技術習得されている方は
自動バージョンアップされるので
新たにお受け頂く必要はございません。

フリーダムディスティニーAyaが開発した
Loving技術は、その時代、時代に合った最新の技術を
常に組み込んで更新する、一生物の技術です。

====================

【責任の範囲について】

以前からお伝えさせて頂いておりますが
フリーダムディスティニーでは
責任の範囲を明記した形での提供するよう
各ワーカーさんに徹底指導しております。

1、開発者
2、伝授者
3、施術者

これらの明記が曖昧なものについて
例えわたしが開発したものであっても
その明記が無い場合には
わたしとの愛の繋がりが無い商品になります。
効果のほどは、提供者の意識レベルが低いので
わかりません。

同様に、《設定を変える錬金術ワーク》など
フリーダムディスティニーのキャッチコピーを
使用しているけれど、わたしが開発したものでは
無いものもございます。知名度が上がれば紛い物も
ある一定数現れるものです。

そうしたワークの効果の責任は一切負いません。
受ける側の皆さまへ開発者と伝授者と施術者が
明記されている出所がはっきりとしてあるものを
お受け頂くよう推奨していきます。

同時に対策としては
こちらの方で、わたしが開発した
オリジナルLovingのうち
ありのままの等身大の姿勢で
提供されているページの紹介設けるなど
クオリティを保つために
それ以外との区別化を図る事も検討します。

名を利用される事は自分の方でも防げる。
という事を体現していきますので
よろしくお願い致します。

正直者が馬鹿を見る。
そんな時代は終わりました。
正直者だけが選ばれていきます。

==============

【ストーンヘンジ ライトワーク】

ルールを打ち破れ。
恐れを解き放ち、瞬間瞬間クリエイトした時
真の調和が現れる。

不調和とは、恐れによって
この瞬間の創造から外れた時に起こる。

外側のルールは、もはや役に立たない。
何が最善か、共にいる人と創るのだ。

その時、王は一人では無く
全員が王となる世界が現れる。

内なる王を解き放て。

==============

【不死身を生きる】

自分自身になるというのは
自分じゃ無いものが剥がれて
アイデンティティーの崩壊
プライドの消失
正しさの主張の終焉

そんなこと、ザラにある。

今まで信じてた真実が
いかに脆く呆気なく崩れるか。
それを思い知らされる。

それでも、幾度となく
壊れては立ち上がる度に
強靭な精神力が鍛えられ
外側でどんな事が起ころうと
生き抜ける強さが身に備わる。

スピリチュアルティーチャーたちよ
目の前の人に、生き抜く強さを宿せ。

子育てしている親鳥が
子供に教えるのは
自分で飛んで自分で餌を
取れるようにすることである。

不死身であること。
それは、即ち《フェニックス》

絶望から立ち上がる度に
養う事が出来るのは
フェニックスのあなた。

==============

【自分の悦びを尊重するライトワーク】

自分の波動を上げていく
ライトワークへの挑戦。

一歩誤ると自己犠牲となりやすい
ライトワーカーだからこそ
自分の喜びから外れない行動を。

喜べば喜ぶほど
遊べば遊ぶほど
周りも幸せになるフリーダムディスティニーの
ライトワーク講習、絶賛構築中。

そんな中、ライトワークの合間に
大好きなリバティのお店に来ました。

可愛い生地がいっぱいで大興奮!
パソコンケースをリニューアル出来て
ご機嫌です♡

==============

ライオンズゲートに向かって
非常に重要な時期が来ています。
 
 
秋までの残り時間で
わたしが何が出来るか。
  

それは、走ることでした。
  

走る。走る。
あなたの願いを叶えるために走る。
  
 
超スーパー強力アイテム
向日葵の花の一斉LOVING。
 
 
瀬戸際で迷っている魂に届きますように
シェア、応援よろしくお願いいたします。

==============

8月に入った。
ここまで来ると、各々の選択が
顕著になって来る。


色々、人と人が離れ離れになる事もあるだろう。

9月まではある程度の調整が効く。
11月になると、場所に定着する。

重要なのは、覚醒する事だけが
その魂の向かう方向性では
必ずしも無い場合があると
知っておくということだ。

魂の道は、大きく分けて四つ存在する。
例外もあるが、殆ど、この四つに分けられる。

1、《覚醒を決めきっている魂で、覚者としか触れ合わない魂》
2、《覚醒しないと決めきっている魂で、覚醒からはフェードアウトする魂》
3、《覚醒すると決めきっている魂で、他者の覚醒を手助けする魂 つまりライトワーカー》
4、《覚醒するかどうか迷っている魂》

つまり、ライトワーカーは3番の道を選ぶ魂が成る者であり、3番を助ける1番の道を選んだ者も
ワンネス的自己実現のレベルでのライトワーカーとなる。

2番の場合は、呆気ないほどに、繋いでいた手を
振り解いてでも、その道を選ぶだろう。
ショックを感じたり、哀しみを感じる人も少なくない。

それでも良い。その魂の選択を尊重しよう。
あなたが、一時触れ合い、愛した事実は変わらない。

ライトワーカーのターゲットは4番。
4、《覚醒するかどうか迷っている魂》である。

相手が迷っている段階なら、ライトワーカー側は
決してその人を諦めるな。
その人の輝きを。
その人が地球での使命を達成出来ることを
願いを叶えるという事を決して諦めちゃいけない。

人と触れ合うことが恐ろしくて
愛し合いたくとも求められずにいる人も
必ずや幸せに愛し合えるように成ると
断じてライトワーカーやスピリチュアル
ティーチャー側が信じ抜くのだ。

不安や迷いもある時は誰だってある事だ。
それを信じ続ける役目なのだ。

黄金の花の錬金術。
これは術をかける側の人間が
どんな人間かで術のレベルが変わる。

わたしの黄金の花の術が圧倒的に効くのは
わたし自身が、他者の願いを叶える事を
誓願としており、決して諦めず他者の幸せを
願い続けながら、自分の使命に圧倒的なスピードで
躍進しているからだと教えてもらった事がある。

2月に薔薇の花のワークを行った者たちを
誓願に向かわせることは一通り終わった。
皆んな一度溶けてぐちゃぐちゃになって
とても手間がかかって大変だったけれど
抵抗していてどうにもならない部分を
推し進めることが出来た。

苦しみを私も共に背負い
痛みを共に感じたとしてでも
この8月を超えるタイミングに
間に合った事はとても大きかった。

次の側面、他の側面の
課題を超えていけるように
サポート出来る。

イギリスに向かう空の上で
そんな事を考えてしまう
覚醒一筋のわたし。

向日葵は使命を現す。
沢山の向日葵の花を渡すのが
わたしの役目。

8月は向日葵の花の一斉ワークを行います。

==============

小学一年生の時
『これ、やりたい人いますか?』の問いに
『はいっっ!!!!!!!』と手を挙げるやりたがり屋であった。
  
 
そして、その気質は、あまり今も変わっていない。

==============

出雲リトリートで
『お二人のツーショット写真を!』と
燃えていた恵さんによる一枚。


撮影者の思いやりと愛を感じる写真で
写真が苦手なわたしと夫の
自然体の後ろ姿が収められている。

夫と出逢って
今までの世界が一体
何だったんだというくらいに
安らぎと幸せに満ちている。

一緒にいて、楽過ぎて
自然と自分への肯定感が出て
どんどんありのままの自分を受け入れ
ただの自分に成り行くことしか起こっていない。

離婚をして、結婚なんか二度とするかと思った。
わたしは、独りが気楽で独りが好きな人間だと
ずっと思っていた。

でも、違った。

一人でいる時より
二人でいる時の方が
安らぎと自由を感じる。

こんな素晴らしいパートナーシップが
有るなんて、知らなかった。

どの映画よりも、どの小説よりも素晴らしい。

世界中の幸せなパートナーシップを望む人の
お手伝いをして、もっと笑顔で溢れる世界にしたい。

ようやく、今世で
待ち焦がれた人に出逢えた幸せを
毎日、毎日噛み締めて生きています。

==============

出雲リトリートで
夫が撮ってくれた一枚。

何時もエネルギーをチャネリングしながら
素晴らしい写真を撮ってくれるので感謝を伝えると
不思議そうな顔をして呆気なく
『そう?普通だけど』と言われてしまう。

こうした写真の中で
最初の時には映ってなかったのに
後から光が出てきたものもあって
それも、びっくりして伝えると
『オレの場合、(後から写真に映るのは)
よく有ることだから、気にしないで』
だそうです。

そう言えば、夫は私よりも
エネルギーを可視化するタイプのサイキッカーで
普段日常から、裸眼で格子状のエネルギーとか
光のスペクトルとかが視えてるから
彼にとっては普通のことなのかもしれない。

チャネリング一つとっても
わたしは、言語解読タイプで
夫はヴィジョンを言語化するタイプ。

彼の眼には、一体、どんな世界が
視えているのだろう。

==============

『こんなに幸せなのに、もっと幸せになっていいの?』
『そんなに素晴らし過ぎることをやっていいの?』

もっと幸せに。
もっと素晴らしくなっていいんだよ。

もぞもぞして、照れ臭くなるほどに
素晴らしい自分にどんどんなるといい。

わたしは、そのあなたを、全身全霊で応援する。
何故なら、それがわたしだからだ。

マイトレーヤーの道へ。

==============

霊的覚醒も重要だが
人間的覚醒、人間意識の覚醒が進まないと
幸せとは不一致になる。 
 
 
人間意識の覚醒を進ませないと
地球にユートピアをつくれない。
   
 
何故、地球人なのだ?
今、地球人である所以を生きよ。
 
 
人間意識覚醒のスペシャリストになる
ライトワーカー覚醒プログラム
残席1名です。

==============

もう、きっと無理だ。
もう、きっとダメだ。

  
それでも、わたしは、諦めない。
あなたの魂があなたになることを諦めないように
わたしは、あなたがあなたになることを決して諦めない。
 
 
出雲の地。宇宙船に囲まれながら
ライトワーカー覚醒プログラム募集開始。

==============

分離の時代における
背中を預けられるレベルの
深い協力と賛美は
お互いにとっての命綱となる。

==============

【保守と生き残り 遊びと非常識】

人間、身が危うくなれば保守に入る。
保守は決して恥ずかしい事では無い。
危機感を持つ事はリアルを直視する事だ。
闇を見つめ明らかにする事だ。
その決断を世界から強いられた時に
選んだ決断に誇りを持て。

ところが、全体が保守に入った時に
最も守りとなる事は
《遊びながら進む事》である。

とても恐ろしくて遊べない。
そうした空気感の中で
冒険心を持って遊べる者の手に
豊かさが巡ってくる。

非常識といえる中に
つまり《前例の無い、自分にとっては得に思えない》
ところに豊かさの源がある。

恐れを手放し、未知なる冒険に出よう。

前例の無い未知さの中
アトランティスの時に起こったのは
前例の無い未知の状態である。

疑いと保守が、人々が各々
本当に向かいたい辿り着きたい場所に
辿り着く事が出来なかった理由である。

未知という時代で生き抜くのは保守では無い。
マインドの損得を超え、非常識と思える冒険に
真実の自分の願いが隠されている。

確かさが無くなった時
己そのものだけが確かとなり
本物の願いは、必ず叶う。

==============

【自分自身になるツール】

一つ、はっきりした事がある。
これからは凄そうなツールは流行らない。

人々が、自分自身に成り行くからだ。

逆に自分自身になる事を
助けるものに脚光が集まる。

いのちそのものになる
真実の自分になる等。

どれも着実で堅実で
画期的に変容を起こし
本当に役立つものしか
取り揃えていなくて本当に良かった。

知名度が高くとも
実力が無ければ淘汰される流れ。

逆に知名度が低くとも
実力があれば流行ってしまう。

完全実力時代の移行まで
もう直ぐ。

==============

ソウルグループ活性化の波が
止まることを知らず続いていく。
 
 
アトランティスの深部のライトワークが
無事に終了して、ほっと一息もつかの間。
  

さあ、いよいよ、明日は
出雲リトリート。
 
 
募集時は知らなかったけれど
龍やスサノオだけではありません。
 
 
蓋を開けたら、星でした、星。
 
 
アトランティス再構築発動後

出雲で宇宙の星種族会議。
  
 
明日も濃そうだ 笑)

==============

絶望的なまでの混沌の中での
閃めきという希望は
本当に何も無い。

極限の 無 に降り立つことだけ。
 
 
存在しうる方法。
なぜ、存在しているか。
その答えが無くなってくる。

つまり、今、我ここに在り。それこそが答えなり。
をリアルに生きなくちゃならない。

==============

出雲初日
アトランティスのライトワーク

アトランティスの時に起こった
《不信》が勃発しています

今まで良いと思っていたものが
わからなくなる等。

不信が横行すればするほど
《理由無く信じる》以外に出来ません。

どうかあなたが信じた通りの世界になる事を
思い出してください。

《救う》が終焉します。

全員が創造していると解ると
波動をわざわざ下げて救う必要など
無いとわかるからです

関わる動機に 救うでは動けなくなります
助けなきゃも同じです。

自分が心から喜びとなる
関係性以外消滅します

無理が出来ない感じが
このところしていましたが
いよいよ、人々がもっと
ただ、自分自身になるのです

他人の分を背負わなくなります。
もっというと、《背負えない》のです

アトランティスの時に起こった
《見捨ててしまった 助けられなかった》

これは、実は
《波動の分離により各々の選択が起こり 誰も止められなかった》

というのが事実でした。

あなたの信じた世界が
目の前に現れます。

どんな人とどんな夢を
紡ぎたいですか?

==============

出雲に入っています。

いつもそうですが
リトリートなどのイベントを行う前に
事前に一番内容が濃いライトワーク部分を
済ましておく形になります。

それで今回は昨今の新しい宇宙における
アトランティスのフェーズ部分を
本日前入りして行いました。

こうした本格的なライトワークの時には
毎回、起こることですが

今回はアトランティス神官としての役目
気が狂いそうになるほどの混沌に堕ちていき
以前、ギリシャで罪を償った時とは
また違う闇にとことん堕ちていきました。

こうした本格的なライトワークを
行いたいと切望する人が多く
例え技術を学び高めていったとしても
同じレベルのことが出来ないのには
理由があります。

こうしたワークを行うには
超人的な強靭な精神力と
圧倒的なまでの魂の光が必要で
闇から脱出する事が出来なくて
精神を壊す可能性があり
危険で危ないからです。

わたしでギリです。

苦しみに興味が無いので
わたしに向かないライトワークもあります。
つまり、もっと闇闇しているものもあります。

ですから、ごくごく一部の人にしか
こうしたレベルのライトワークが出来ないので
他の人に行って頂く事が出来ず
代わりがいないので、自分が行くしかなく
手伝ってもらえないけれど。
そんな実状は何処にも明かされない。

最近流行っている方法は
ある程度、技術のある人に、遠隔で仕事の
一部を手伝ってもらうというもので
例えるなら、人数を沢山募って
500分の10くらい
仕事は少しは楽になるが
自分が結局490行う事には変わりない。

懸念されるのは、ごくごく一部の人しか
そうしたライトワークが出来ない
という乖離の事実は何も変わっていない
ということ。育てようとしているけれど
空いてしまった乖離が埋まる事はあるのだろうか。
気が遠くなるような乖離。

本格的なライトワークって
変態の領域過ぎて
お金にもならないどころか
サポート代金がかかる。
そして超絶闇を味わう。
やはり変態としか思えない。

ライトワークで
色々な場所に出向いていても
内容は全く異なるけれど
トップカリスマライトワーカーと
一緒のレベルの事が出来ていると
思い込んだ時に、自分の実力を
見誤り無理してしまわないか
どうかも懸念材料。

命に関わることだから。

ミーハー的な憧れと
実状の乖離が凄すぎて
それでいてライトワーカーを
増やさなくてはならないので

《ライトワーカー自身が幸せになる》
新しいスタイルのライトワーカーが
これからの希望になるのだと思っています。

現在、絶賛フリーダムディスティニーオリジナル
本格的なライトワークが出来るプログラムを開発中。

==============

ある時、指導者に私はこう言われました。
 

『あなたのテーマは罪と罰ですね』
 

罪と罰。罪悪感と自責。
重い。重いテーマ。
 
 
それでも、どんな重さでも覆す不屈の精神。
それが、本当に体現したかった、私の光。
 
 
もっと、愛したかった。
わたしは、力不足だった。
わたしは、もっと、最高のわたしになって
あなたをもう一度、愛する。
そして、あなたを、幸せにしたい。
 
 
願いが叶っていく。

==============

こないだ、シャイニングソウルスタープログラムの
太陽系ディスク土星と天王星のワーク
《ロータスサタニアン》を
ルミナさんと施術しあいっこして

「このワークは、よりその人自身になるから
隠していた自分が出てきますよ」と話していたら
わたしの場合、もっと男前で堂々としてるのが
出て来ちゃった件(^_^;)

自分で構築したLovingでヤラレるという。。。
しかし、もっと男前って。。。どうしよう?笑)
一体、何処まで男前なんだ?笑)

==============

今日、長い間封印されていた
星の錬金術が解放された。

占星術の真の意味が
解き明かされる時が来たのだ。

その歴史的瞬間の場に立ち会わせ頂き
関わらせて頂いたことに
心からの喜びを感じる。

術が術だけで一人歩きしていたところから
息をして、血が巡り、細胞が動き出す。

今日の1日が終わって
今まで自分がしてきた事の全てが
新たに繋がった。

死んでいる組織を生き返らせ
死んでいる家族関係を生き返らせ
死んでいる女性性を生き返らせ

いつもいつも解き放ち
命を吹きかけ
もう一度生き返るお手伝いをしてきた。

ルミナさんと一緒に
信頼の元に行われる
即興コラボレーション。
魂の融合。

大切な大切な時間。

新しい12星座。
星座の錬金術。

==============

信頼の中で空白から生まれたのは
超意識の目覚め。

月と太陽と地球が一体となる。

新Loving 宇宙に月の花が咲く。

自分自身に成り行き
いのちを生きる。

==============

違いを愛してもらいたい時には反抗となり
違いを愛した時には尊重となる。

これらは、全く似て非なるものである。

==============

【選択】

各々の魂が決断し始めた。
未だ迷う余地があるけれど
秋には迷う余地すら無くなる。

急に来れる人
急にやめる人
この仕事をしている人なら
そういう事象が増えていることだろう。

全ては選択なのだ。
アセンションするしないも
本人の選択なのだ。

迷っている人を引き上げる事は出来ない。
自分で決めてこちらに向かってくる
意志が無い時にはどんな魔法も無効化される。

『万人に』
『多くの人に』
その想いは変わらないが
《心から変わりたいと願っている多くの人》
そこに届けてはじめて意味を成す。

カルマが無くなれば無くなるほど
もっと、ニュートラルに。

情報を与えて
チャンスを与える。

決める事が出来るのは本人だけ。

どんなあなたも愛してる。
会う事は無いけれど
変わらない決断をするあなたも愛してる。

同じ方向に行く人を船に乗せながら
その人たちの中で船に成りたい者を船にする。

船とはスピリチュアルティーチャー。
魂の導き手。

離別を恐れず、自分の行く先を決めなさい。
選択の時に内なる自分の声に耳を澄ませるのです。

==============

【本物の動力】

本物の動力だけが残る。
他の動力ではもはや動けない。

動けないのなら
《動かなくちゃならない》と
何処かで自分を縛ってしまっていないか見てみる。

理想は消え去り
自分だけに成り行き
しなくちゃならない事が無くなるよう
毎瞬、毎瞬、捨て続ける。

捨てても捨てても
それでも、なお浮かび上がるもの
馬鹿にされてもいい。
他人と違ってていい。
世の中的にはちっぽけでも構わない。

決して消えない大切な想い
それだけ手に掴んで
遊ぶように冒険に出る。

そう、人生は冒険なのだ。
今まではシナリオ有り
これからはシナリオ無しの冒険。
自分でつくっていく創作冒険。

遊びと一体化した時には
動力は自然とついてくる。

==============

【愛だけがリアル】

これから世界はもっとリアルになります。
リアルとは、愛です。

愛以外の全てが剥がれ落ちます。
偽物の終焉。

愛し合う事しか興味が無くなってゆき
高級であっても、愛の実態が無いもの。
過剰搾取や利用には、意識が向かなくなります

保守 利用 戦い 被害者意識 見返り 承認欲求

こうした本人の諸問題は全て《愛が欲しい》
と言っている事を現しているだけに過ぎません。

各々、自分の諸問題は、自分で見つめて
意識変容していく以外にありません。
もちろん時間を巻く手段、Lovingという
ツールを使っても構いません。

さあ、《愛》が勝負の時代が来た。
あなたは自分の愛に自信がありますか?

☆☆☆☆☆
新しくなった 新ライトワーカー覚醒プログラムは
愛の絶対温度を上げる事を重要視しています。
お楽しみに!

==============

【浄化と浄化で在ること】
北海道に急遽、ライトワークに来ています。
ありえないほどの圧倒的な濃さと重さの中
浄化と封印を解除していく中でのご神託。

 

『浄化である事。
それは浄化が出来る技術とは異なる。

浄化で在る時とは
周りがどんなに汚れていても
本人が影響を受けず
純粋な真水のままである事だ。

周りが清い時、清く在る事は容易い。
自分の悦びに生きた時
清い触れ合いは癒しと安らぎになる。
そうしたスペースを大切にしなさい。

周りが汚れていればいるほどに
自分自身の純度を保つ事は難しいが
浄化という役目を最も現す事が出来る。

純度が高い水でありながら
影響を受けず、己を見失うな。
己で在る事。
それが浄化で在る事である。
《自分を大切にした上で 浄化となれる》

==============

【いのちを生きると評価が消える】

よく、他者評価を気にせず
自己評価しましょうという
言葉を聞くけれど

いのちを生きると〈評価〉自体が消える。

自分のいのちを最大限生きてる時に
上も下もどちらも無い。

全力で生きてれば
「やれることはやった!後はなるようになる」
と委ねられる。

評価が無くなると
相手への期待も消滅する。

期待が無くなると
一緒にいるかもしれないし
同じ事を続けるかもしれないし
やっぱり辞めるかもしれない。

いつだって、どうなるかわからない
というところで生きるようになる。

見返りが無いと無理が出来ない。
しっくり来なかったら直ぐに辞める
そうしたセンサーが敏感になる。

一体、何がしっくり来てないんだろう。
それを感じて、正直に相手に本音を伝えてみる。

ぶつかり合うのを怖がっている場合じゃない。
失わないようにしてみても無くなる時は無くなる。

失わないようにした時には
恐れが湧いてきている。

失ってしまうのは
『恐れのあまりにやりたく無い事までやって無理してる』
からなのである。

無理が発生すると、表面的にどうであっても
深いレベルで意識の化学反応が起こり
反発作用が発生して、事象が終わる。

無理が発生しないと
関係は長続きする。
本音でぶつかり合うのも時には必要。

全ての評価が終焉していく。

==============

【嬉しかったこと】

嬉しかった事が二つ。
一つ目は、北海道の故郷にいる母から
電話がかかってきたと思ったら

母が〈自分の幸せが何かを考えリスト化して
どういう未来をつくるかに意識を向け出した〉こと。

他者では無くて自分の幸せに意識を向け出した。

ようやく。ようやくだ。

長かった。
果てしないと思えるほど
何年も前から、ずっとずっと
『自分が幸せな事は何か、それを考えて向かうんだよ』
と母にしつこく教えていたけれど、中々出来なかった。

ひとしきり、彼女の幸せの夢を聞いて
今すぐにそれを実行したいか尋ねたら
自分が実行に移すべくタイミングまで
自分で決めれていた。

あの母が。
人の不幸しか願えず
憎しみに満ちていた母が。

ようやく自分で自分の幸せに向かい出した。
電話を切った後に、泣き虫のわたしの目には
大粒の涙が溢れていた。

パーフェクトパートナー
ずっとかけ続けた甲斐があった。
他者へ見返りと期待を無くす事が
自分の幸せは自分でつくる事に繋がる。

もう一つの嬉しかった事がある。
昨日からニュージーランドから帰省している
息子が自然に夫と食事が出来るようになった事。

今年の1月。
母が再婚するという衝撃的な事実を聞かされ
息子は反対はしなかったけれど
心の折り合いをつけられず
夫といる時に無言になっている事が多かった。

前回日本に帰省した時は
少しづつ話し出していたけれど
夫といる時は、無言でいる事の方が多かった。

息子はわたしに似て
とてもお喋りなのである。
わたしよりも話し好きなくらいで
ずっと喋っているくらいなものだから
余計に夫といる時のぎこちない空間が目立った。

ところが、今回は何だか息子と夫の
二人が自然に感じて、会話もスムーズで
笑い声が聞こえてきた。

ご飯を三人で食べた時も
息子がリラックスして
好き放題話している様子に
心を開いたのだとわかった。

夫は短気のわたしと違って
じっと待つ力に長けている。

息子との事もそうで
息子が話したがらないときは
気持ちを尊重して
じっと黙ってそれを受け止め続けていた。

息子が自分から話したくなるまで
その状態の息子ごと受け止め続けた。
決して押し付けない思いやりが
息子の心を開いたのである。

そんな夫をとても尊敬しつつ
わたしは、こっそり内心、こう思った。
『アークトゥールスの愛は忍耐強い』
夫はアークトゥールスとブルーアヴィアンの影響が強い。

病気の母を長年見守り続けている父も
アークトゥールスであり
忍耐強過ぎるほど忍耐強い。

飽きっぽく怠惰の傾向がある
ケンタウロスのわたしとは正反対の特性であり
忍耐、相手を待つという事が
わたし自身はさっぱり出来ないけれど
とても尊敬に値する愛の表現だ。

しかし、わたしは、願う事に関しては
〈決して諦めない〉という能動的な忍耐力
しつこさは兼ね備えている事を思い出し
自分も忍耐を持っているのだと気付く。

同じスピリットの片割れとは
表現が異なるけれど
エッセンスは同じである事を
またまた、教えてもらうのだった。

何故か、途中から星の話と
スピリットレベルの
愛の表現についての話に
逸れてしまったけれど
星の違いを知ると
もっと違いを愛せるようになる。

写真は、新しく買った宇宙色のお茶碗。
同じ種類のお茶碗を三人分買って
新しい家族が認められた日を祝いました。

==============

【豊かさとは愛を巡らすこと】

自分がもらう事に
夢中になってる時は
決して、お金はまわりません

それは宇宙の法則です。

承認欲求が強すぎると
目的がもらうだから循環しません
例えば、凄い自分を欲しているとか。

他の人の技術をタダでもらおうとするひとは
自分の技術もタダ同然です。

お金払って習って無いのに 
無償で聞きたがるとか

技術を習ってないのに
習っている立場や待遇を欲するとか

お得を欲する=(損得でいったら、自分の方が得になる事が
発生している)

それは、過剰に愛を求めている状態。

これらは、全て、〈愛を欲している自分〉
を現しているだけに過ぎません。

与えるということ

実は、もし、あなたが
金銭的に豊かでないなら
今まで、一度もやった事すら
未だ、無いかもしれないのです。

呆然とするくらい
純粋な愛など自分に微塵も無かった。
保身と自己都合と愛を欲してしかいなかった。
それを認める事でしか、次に進まない
そういう事もあるのです。

==============

何だか、スピリチュアルティーチャーの人対象の
濃厚リトリートとかがあった方が
いいような気がしてきた。。。


うちは、スピリチュアルティーチャーが
圧倒的に一番多いから
ライトワーカー用で濃いリトリートがあるなら
スピリチュアルティーチャー用の濃い講習も
あってもいいのかもしれないね。

軽井沢で開催するとか?笑)
皆んな、希望するかなあ?

==============

【霊的指導者の役目】

よく話していることなので
基本だと思うけれど
今一度伝えてみます。

金銭は意識の落差、ギャップによって
はじめて発生するものです。
自分と同じか似たような意識の状態の人は
仲間だけれど、横の繋がりで、友人みたいに
励まし合えるけれど、そこには落差が無いので
お金が生まれる事はありません。

自分と同じ技術を持っている人は
クライアントにはなりません。
全然、相手は持っていない時には
与えるものは沢山あります。

自分とは全然違う。
遠い昔過ぎて、記憶が薄いくらいの
言われてみたら そんな時もあったくらいの状態から
何処まで自分と同じ状態まで引き上げられるか
というところにやり甲斐があります。

ただし、自分と同じレベルの
意識状態に引き上げる事が出来るのは
自分と他者の違い、自分の役割を熟知し
相手の役割を熟知しながら
〈役割の部分は省いた、共通の意識覚醒〉のみを
引き上げなくてはなりません。

そうでないと、相手がどんどん
ありのままの自分から逸脱してくるからです。

ありのままの他者(と自分)を見抜けるか。
本質を見抜けるか。(という事は自分自身がありのままで
生きてるかどうか)
ありのままに他者を受容した上で
それを凌駕する覚醒における共通事項を
総合的に引き上げていくことで

他者は存在としての肯定感を失わずに
向上できる課題を超えられるのです。

==============

秋からの星の活動をすれば
ずっと抱えてきたストレスが
軽減しそうな状況になる事が判明。


わたしはクリエイターであり
プロフェッショナルな心の仕事が出来る
習いっぱなしではなく、実際に活動が出来る
ライトワーカーやスプリチュアルティーチャーを
全身全霊で愛を注ぎ、育成し覚醒に導いてきた。

フリーダムディスティニーの
私が開発したLoving。
高品質のものをクライアントに届けるには
メーカーして、品質の管理と
トレーナーの状態を把握しておく必要がある。
これらの責任は、わたしにあるからだ。

妥協は無く、プロとしての姿勢を貫く事で
自分自身を常に整え続ける事で
二次的に発生する絶望を防ぎ
本当に助けとなる心の仕事が出来る人を
世界に届ける事となる。

それでいて、わたしの元には
これからの新しい世界をつくり、社会を
引っ張っていく世界をつくるトップリーダーが
集まってきている。

これが、秋から始まる
人と社会と星とライトワークの融合性であり
こうしたリーダーが自由に活動する事を
応援出来るように、新しいプロジェクトでの
自分の責任範囲を、講習やLovingや
ライトワーク指導についてのみと
させて頂こうと思っている。

責任の在りかが明確に判明した事で
フリーダムディスティニーで開発した
Lovingの品質管理とトレーナーの管理においては
より、広げても対応出来るようになり

星(組織)の活動の方で
リーダーたちが、各々の考えやアイディアを
自分たちの責任の元に、自主性を持って
活動していって頂けたらと思っている。

地上に楽園をつくる。
1、個を整え 自らが太陽となり
2、他者と愛し合い 誰かの惑星と成りて
3、共同体、同じ使命の人たちと 星をつくる

壮大な全容のプロジェクト。
全ては離れておらず
重なり合っている。

プロフェッショナル品質を保つための統制と管理と
皆んなが自由に活動して頂くことの相反する両方の愛が
何時もわたしの中にあり渦巻いていて
責任が取れない領域まで求められストレスになっていた。

プロフェッショナルな厳しい姿勢と
遊びや喜びであることの両方が
自分の中で渦巻いていたけれど
三本柱の全ての活動を回した時に
全てが実現するとわかった。

社会や世界レベルでは
色々な事が起こるだろうけれど
わたしは、相変わらず、直向きに
地上にアセンション後の地球をつくり
人々が幸せになる景色を眺めていくだけ。

==============

世界との対話で 
新しい仕事のヴィジョンが見えてくる。

9月に大きな切り替えがある。
ライトワーカー覚醒プログラムの内容が
大きくリニューアルされて
新Lovingの展開が始まる。

それに加えて、パートナーシップのセミナーも
開催する流れとなっていて、ツインレイレベル
アメイジングスピリットレベルのパートナーと
結ばれて行く事は、これからの時代の大きな
流れとなる。

更には、ここのところの流れで
スターシードたちと「星」と「銀河」を
地上に形成していく流れとなり
スターシードギャラクシープログラム(仮)
を10月か11月に展開していきそう。

ああ、組織、組織とずっと呟いていて
いつか、手がけるだろうと思っていた事が
実は〈星の形成、星の再生〉だったとは。

そういえば、ライトワークでも
星をつくるのが得意なんだった。
自分のやった事って、最近直ぐに忘れちゃう。

ライトワークでやった儀式は
地上の活動に反映されるのだった。
結構、派手にやってきちゃてるから
地上でも派手になるのは仕方ないか。

点と点、線と線が繋がり
新しい地球でのスターシードたちが
活躍していく様子を眺めていくんだと解る。

スターシード研究所(仮)
スターシードギャラクシープログラム(仮)

どうやら、出雲は龍やスサノオだけの話じゃ無くて
思いっきり宇宙のライトワークになり
秋から行う活動の雛形が出来そう。。。
来られる方、ガチ宇宙ライトワークになりそうですが
お手柔らかによろしくお願い致します 笑)

==============

続々、新LOVING開発が続いています!
第二弾は、諸問題の根源、罪悪感の解放。
  

★新★【Freedom Destiny】「アークレジェンド講習」
 

伝説の箱舟に乗る切符。
 

幸せと覚醒の方向へ向かう船に乗るには
先ずは、罪悪感と自責の解放が必要です。
 

あらゆるネガティブ事象の根源は罪悪感と自責によるもの。
 

幸せを望めないことによって
幸せを実現できないことによって
どれだけの人が、被害者のままで、いることでしょう。
 

人は、自分が本当に幸せであった時に
初めて、他の誰かの幸せを
心底願えるゆとりが生まれるのです。
 

妬みや僻みに苛まされているのを終わりにし
人間レベル、霊的レベル、宇宙的レベルにおいて
全てが叶う幸せと覚醒の方向へ向かうには
人間が人間に貼ってしまった
罪というレッテルを剥がすことが必要なのです。
 

Ayaが最も得意とすることの一つに罪悪感の解放があります。
深い、深い、暗い海溝まで手を届かせて
罪を拾い、消化していきます。
 

『もう、幸せになっていいんだよ。』
 

多くの人へ、幸せの許可が届きますように、願いを込めて。

==============

【楽な方を選ぶ】

楽な方を選びましょう。
こういう言葉をよく聞きますが
楽にも種類がありますので
混同しない事。

〈今までと同じだから楽〉
これは、選んじゃいけない楽です。
この楽は楽というより、抵抗や停滞です。

〈居心地が良い 波動が高いので楽〉
居心地が良く 愛がいっぱいで、波動が高い
これが、選びとっていく楽です。
この楽ばかりにしていきましょう。

自分という光がもっともっと光るように
するという事が、9月からの愛の定義になります。

わたしは、今、どんな状態の人であっても幸せになれる。
この役目をしている時に、最も光の数値が高くなります。

しかし、その役目が出来るのは
前述したように、家やパートナー
そして、仲間たちの波動が高く
自分が安らげる環境を持っているから
出来る事です。

環境を整えましょう。
楽を選び取っていくのです。

==============

7月7日。七夕。
ご縁結びの織姫神社にて
ライトワークと本日これから行う
ゾロ目一斉Lovingの叡智を
受け取りにいきました。

天御鉾命(あめのみほこのみこと)と
天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)
の愛と叡智を入れて、プレアデスの祝福を
送らせていただきます。

プレアデス星団の方々が
超絶物凄くやる気満々で
張り切っておりますので
皆さま楽しみにされていてください♡

==============

【等身大】

等身大の話は
事実か嘘かという話でもあります。

純度の高い事実は
偽りのエネルギーを
発していないので
それが波動で伝わるのです。

嘘が混ざっているものは
これから商品として
売れなくなります。

便乗や利用などのエネルギーも
綺麗事を書いてあっても
嘘を発していますから
人は全く来ません。

特に、エネルギーを取り扱う人は
充分に気をつけると良いでしょう。
クライアントさんは、嘘にとっても敏感です。
関係ないものには、責任が取れないもの。
責任が取れない。だから人が来ません。

沢山出来るように見せなくとも
等身大で偽りのない事実が載っていた時
エネルギーにも事実が載りますから
その事実のエネルギーが人を呼ぶのです。

==============

【フリーダムディスティニーの責任の範囲】

フリーダムディスティニーでは
以下の事が責任の範囲です。

1、フリーダムディスティニーの名称で開発した
フリーダムディスティニーの独自技術によるLovingの品質。

2、フリーダムディスティニーAyaが開発者であると
表記、明記されている実際にAyaが開発したLovingの品質。

3、フリーダムディスティニーで開かれている講習において
フリーダムディスティニー以外の開発元で教えたLovingについては、〈指導においての範囲〉の責任があり、品質の責任は、開発元にあります。

4、全くフリーダムディスティニーにて、スーパービジョンなどの指導を受けていない人が提供する技術には、責任を持てません。ご本人の状態を整える事をしない方針に賛同出来ません。そのため、スーパーバイザーから指導を受けられている人から受ける事を推奨致します。

5、フリーダムディスティニーで学ばれた方々であっても
フリーダムディスティニーとは、全く関係ないものを
ご自身で提供されている場合がございます。
これも、当方の方では、全く関係ありません。

例え、トレーナーであっても、フリーダムディスティニー
以外の技術につきましては、ご本人に確認してクライアントさん自身の責任の元、受けられてください。当方では全く責任を持てません。

フリーダムディスティニーと関係があるような
明記をされていても、全く関係無い場合もございます。
フリーダムディスティニーのLovingであるかどうか
確認されてから、受けられてください。

以上、広がっていく中で、責任の範囲をより明らかにし
多くの方に高品質の画期的で革命的なLovingを届けていけるように、これから益々精進して参ります。

==============

【フリーダムディスティニー開発Lovingと好転反応】

フリーダムディスティニーが開発したLovingは
すべて好転反応が出ないように創られています。
通常、ヒーリングにおいては好転反応が起こり得る
という前提がございますが、フリーダムディスティニー
のLovingでは、一切それが起こらないように技術開発
しております。

そうした開発になっておりますので
好転反応は絶対に起こらないのですが
稀に好転反応があったと
仰ってくる方がいらっしゃいました。

それは、以下のケースでした。

1、Lovingを受け終わった後に
ご自身が進みたい方向に進み出した際に
そこではじめて生じてきた葛藤
進み出したから発生する自分の抵抗によって
苦しいと感じること。

Lovingを受け終わった後も、人生は続いており
その人が進んでいく時に発生する葛藤や抵抗は
こちらでは責任取れません。

2、アセンションにおける地球の影響により
Lovingを施術した時とは、別のものが浮上して
きている場合においての症状。

あらゆる課題が一気に降ってきている今
全く別のことが次々に浮上する事もあります。
これについても、責任の取りようがありません。

以上、フリーダムディスティニーのLovingにおいては
自己責任が取れる人、自分の問題や責任を
Lovingのせいにしない人が
受けて頂く対象となります。

==============

【ライトワークと承認欲求の関係性】

大きなライトワークを出来るようになって
何処までも何処までも際限なく出来る事は
人間という限界を超えた自分を
感じる事であるから、幸せな事だと思います。

しかし、その時に気を付けなくてはならないのは
〈自分を犠牲にしない〉という絶対的スタンスで
被害者にならないように、自分を自分で守れるように
ならないとなりません。

特に、人間レベルで、社会的に活躍していない
ライトワーカーさんであればあるほど
〈活躍していない自分〉
〈愛を広げられていない自分〉
〈未だ出来ていない自分〉があり
充分にやれていない自分を責めていますから
それが、ライトワークと自分の関係性に
そのまま反映されるのです。

そうなると、具合悪くなってでも
大きな仕事をせずにはいられないような
状態に追い込まれるのです。

何の事は無い。
『社会的に得られていない承認欲求を
ライトワークで満たしているだけ』

そういう状態の時は
〈どれほど、自分自身に承認欲求が内在しているか〉
よく見る事です。

承認欲求が悪者だと
思っているから問題なのです。

充分に社会的に認められていれば
欲しいとは思わなくなるから
社会的にも認められて
活躍してしまえば良いのです。

精神世界、スピリチュアルを学んで
いる人が陥りやすいのがここであり
満たされていない承認欲求の行き場が
〈誰かよりも精神性に優れている自分〉
というところに立って、心の中で誰かを見下します。

社会的に活躍していなければいないほど
これが発生しますので、自分は人間であり
社会的にも認められた方が嬉しいという事を
認める事が、ライトワークを自分の喜びに反して
行わなくなる事に繋がるのです。

そして、承認欲求とは〈愛を欲している自分〉の
現れであり、愛を欲している自分に気付いて
《ありのままの自分を愛してくれる人》から
充分に愛されましょう。

自分の存在を丸ごと愛してくれる愛で
いっぱいになった時には
苦しみのライトワークから
喜びのライトワークに変わります。

その時に〈大きなライトワークも、小さなライトワークも存在しない〉〈人間一人の中にも宇宙は存在している〉
ということがわかり

〈どれも等しく愛であるけれど、自分は世界にとって、どんな愛を広げるのが自分らしいか〉

という、【自分という存在の愛の回帰】が
起こります。

多くの人間に広げる愛も
たった一人の人を愛する愛も
等しく素晴らしい。

自分という存在の愛に回帰しましょう。
そうした時に、全ての承認欲求は消え去り
喜びの中、世界に愛を広げていくのです。

==============

【救われたい】

自分が苦しくなるまで寄り添うのは
何処かで助けたいと思っているからです。

自分の振動数が下がってしまうような事は
自分への愛がなされている人は行わないのです。

助ける人などいるのでしょうか?
いいえ。助けたい人は、何の事はない
自分を助けたがっているのです。
自分が救われたがっているのです。

救われる必要などない。
その時に救う行為が無くなり
過度な寄り添いが無くなるのです。

ライトワーカーや
スピリチュアルティーチャーのような
光の仕事をする人であればあるほど
プライベートや仕事仲間などは
自分と同じような高波動の環境にして
そうした基盤を持ちながら

振動を上げる、覚醒に促すという
これからの主役となるであろう〈愛〉を
世界に拡げていくのです。

==============

【愛の定義が変わる】

今まで、愛の定義とされていた事が
9月に大きく変わります。

8月に大きな変動があるからです。
わたしも8月に集合無意識における
大きなライトワークに携わります。

どう変わっていくのか。

1、集合無意識レベルにおいての影響を受けずに
自分と他者を見るようになってくる。もっとリアルな
そのままの自分と他者が見えるようになる。

2、自分の波動を落としてまで行う寄り添う愛の終焉。
愛の定義が、今でいうところの光の定義に近くなり
「波動を上げる」という事をしているだけになる。

波動を上げる行為だけに興味が出てきて
自分の波動自体を重要視するようになる。
今よりも他者に対してドライな感じがしたり
周波数が違う者と離れる事に躊躇いが無くなる。

3、これらが、分離の加速であるが
嘆く事は無く、それぞれがそれぞれのしたい事が出来て
関わりたい人たちと関わり幸せになるだけである。

同じ夢を見たい人と見ていくだけ。

何が喜びで幸せか、共通の人とはずっと一緒にいるが
一人で独立して自立した上での、共に在る関係性。

==============

全ては愛だから
多くの人を愛する愛も愛だし
たった一人の人を愛する愛も愛。


全ては愛だから
闇の中で息を潜めてる光も光だし
その光を輝かせていくのも光。

何をするのも
どんな事をするのも
全ては自由だけれど

『もう、充分だ』
とやり切ると、次へ行く。

何処にも、愛しか無いけれど
どの人とも、愛でしか無いけれど

話しても話しても
何処まで言っても、通じ合えない人たちと
分かり合えない哀しみと孤独を味わい尽くしたら

『言葉も無く、ただ、分かり合える』
そんな風な、安らぎと純愛の人が現れる。

苦しみが多い学びを選んでしまうのは
罪悪感とカルマが多いからです。

罪悪感とカルマから解き放たれた時には
苦しむ事に興味が無くなります。

なんで、あんな風に苦しみながら
当時とても、頑張っていたのか
とても不思議になるくらいに。

そして、思っていたよりも遥かに
分かり合えぬ相手を愛そうとしていた時に
〈自分が傷ついていた事を知ります〉

自分を大切にする。
その事が出来るようになった時に
人は、自分を傷つける相手や
あまりにも分かり合えない相手とは
近い距離で一緒には居なくなります。

相変わらず、離れてても、愛している。

素晴らしい環境や
分かり合える仲間や
大切にしてくれるパートナー。
それは『自分を愛する』という事を
最重要にした時にしか
手に入らないものなのです。

そして、そうした環境に身を置く時には
〈世界に不満を言う自分を終わらせる〉
事になり、世界に対しての被害者を
終わらせる事でもあるのです。

そうした事に気付いた人々は
〈自分を大切にしてくれる人同士〉
で、集まり出します。

これからの世界は
同じ振動数同志の者しか
一緒に居られなくなる。

自分の振動数を高めて
〈自分を大切にしてくれる〉
場所に導かれましょう。

いつでも、扉は、開かれています。

==============

【楽な方を選ぶ】

楽な方を選びましょう。
こういう言葉をよく聞きますが
楽にも種類がありますので
混同しない事。

〈今までと同じだから楽〉
これは、選んじゃいけない楽です。
この楽は楽というより、抵抗や停滞です。

〈居心地が良い 波動が高いので楽〉
居心地が良く 愛がいっぱいで、波動が高い
これが、選びとっていく楽です。
この楽ばかりにしていきましょう。

自分という光がもっともっと光るように
するという事が、9月からの愛の定義になります。

わたしは、今、どんな状態の人であっても幸せになれる。
この役目をしている時に、最も光の数値が高くなります。

しかし、その役目が出来るのは
前述したように、家やパートナー
そして、仲間たちの波動が高く
自分が安らげる環境を持っているから
出来る事です。

環境を整えましょう。
楽を選び取っていくのです。

 

============== 
【栄光に向かって突き進め!】
 
久しぶりに、全体的にライトワーカーや
スピリチュアルティーチャー
世界に愛を広げる者にとって
良い波が来てる。
 
昨年末から、起伏が激しい波の中
みんなよく頑張った。
本当に。
 
今は、とても進みやすい。
新しいことを始めやすい。
どんな形になるか囚われずに
本当に掴みたい栄光に向かって進め!
 
進める時に、どんどん、進んでおこう!
 
今、出雲のリトリート最終詰め中。
こういうモードの時に聴く、大好きな曲。
 
それぞれの最大値で行こう!

==============

【形に囚われない】

7月が開け
9月に向かう大移動が始まりました。

愛し合う。
それが見えた時に、形に囚われず
お互いにとって、最も最高の形に
治っていくもの。

執着せず、手放しながらも
愛し合うという望みだけが
お互いに残った時。

新たな創造性が生まれてくるのです。

==============

【愛という自信】

素晴らしい能力もスキルも高まる際に
とても重要になってくるのは
〈愛の絶対温度を高め、愛である自分に自信を持つこと〉
である。

能力だけでは、どんなに求められても
能力だけ得るだけ得たら
去って行く人しか現れない。

道具のように、使ってもらう
という事しか出来ない。

これは、わたしは過去生で
王という立場や霊的指導者の際に
自分のサイキック能力を
欲しがる人々に、散々利用されて
痛い目にあっている。

愛と利用はまったく持って不一致だから
哀しみと孤独にさいなまされ
愛とは程遠い。

ところが、能力だけでなく
自分の〈愛〉というところに
惹かれてきた人は、愛し合う事が
したい人だから、利用はしない。

そうすると、愛し合う人同士で
愛し合う事が起こり出す。

だから、幸せなスピリチュアルティーチャーに
なりたかったら、愛の絶対温度を上げること。
自らも愛される側に立つ指導者になる事。

これが、幸せの秘訣。

==============

【幸せな人に続け】

あーん。。。もう、以前の自分とは
信じられないくらいに幸せ♡
となっている人に続け。

こういう人に習う利点は
被害者意識を持っておらず
全身全霊で心から応援してもらえる
〈絶対的な味方〉が手に入るという事だ。

霊的にとても覚醒していても
自分らしく表現出来ておらず
幸せじゃ無い人で停滞している人であれば
何処かで被害者意識を抱えており
自分のポジションを守ろうとするために
杭を打たれるような事にもなり兼ねない。

以前、わたしは痛い思いをした事がある。
そこで学んだことは、その時には私自身が
両親との関係性を世界に表し続けていたので
〈困っていて、助けなくちゃと感じる指導者〉
に惹かれていたのが原因だった。

助けなくちゃ。
苦しそう。大変そう。
というところに惹かれていて
それは、わたしの母に対する関係性を
そのままそっくり、指導者にかけていた
だけだったんだ。

もっとも味方と信じていた人が
裏切り、敵となるなんて。。。
信じ難いけれど、そんな事もあった。

そういう時期もあって
フリーダムディスティニーのLovingを
つくる事が出来て、今のわたしがいる。

スキルが高くて
霊的に覚醒しているだけでは
導く者としては不完全。

自分の課題を自覚し
表現者として満たされ
仕事でもプライベートでも
幸せな人を選んだ時には
心底、応援してくれる。

人生における〈絶対的味方〉
を手に入れよ。

いかに、それが貴重な存在か
計り知れないという事が
わかるだろう。

==============

昨日今日は久しぶりの休日。
薔薇園のホテルに泊まり
天空のカフェで一休み。


と思ったら
薔薇園で休んでいる時に
太陽神界が総出で来たので

急遽、熊野皇大神社に出向き
人々の邪心を浄化する
ライトワークを行わせて頂きました。

家に帰ったら
Lovingフェアの報告と
7月7日の男女の恋愛をテーマにした一斉ワークと
これからの太陽神界のライトワークを共にしていく
仲間が集うであろう、7月27〜29日の
出雲ライトワークリトリートの企画詰めにかかります。

==============

【遠慮しない】

どこまでも相手に合わせる事が出来る
大きな大海のような二人が出逢ったら

合わせ愛が続いてしまい
合わせられるんだけど
合わせないでみる事でしか
路は開けないのかもしれない。

もっともっと
遠慮しないという事への挑戦。

もっともっと
お互いが幸せになる愛の育み。

==============

昨日のLovingフェアでの
出展者のライトワーカーさんや
スピリチュアルティーチャーさんとの一枚。


皆さまと共に今を生き
愛を繋いでゆける事に
ただただ感謝です。

ここからの半年、わたしは
フリーダムディスティニー開発の
Lovingを広めるいうところに
全意識とエネルギーを
集中して行こうと思います。

それが、結果的には
全体の幸せと繁栄に繋がると
確信しています。

半年のターンが終わり
ここから、後半戦。

それぞれの立ち位置での
最善を尽くして参りましょう!

ありがとうございました!

==============

【ただ、愛であるという集団】

通常、集団となると
意見があって、それに対する反対意見があって
意見を持たない人たちが、意見に賛成するか
反対するか、合わせていく流れとなって
対立や闘い様子が高くなる。

更には、腹の中では本音では何言ってるか
わからない上辺だけのやり取り。

策略や計略や思惑が飛び交いながらも
思うように口にしないでおいて
後から被害者的に、陰口を言う。

他者の幸せを素直に喜べず
嫉妬の槍が刺さってくる。

何かしてもらったと思ったら
実は見返り意識で、もらったなら返せ!
という矢が飛んでくる。

集団が苦手です。
集団が嫌いです。

あ た り ま え!

だと思うけれど、皆んなどうかな?
嫌な方が、むしろ、まともだと思うんだよね。

わたしが嫌いだったのは、集団そのものじゃなくて
癒されてない満たされてない自分を生きてない
不幸せな状態の意識が開いてないひとで
構成されてる集団だから
大大大嫌いだったんだ。集団が。

フリーダムディスティニーの組織
これも、集団なわけだけれど
こういった事をクリアしていってる人が
多く存在している集団だから

Lovingフェアとかを見てても
〈目立つ〉ね。この集団。

何で目立つのか。
それは、〈ただ、純粋に愛する〉事しか
してない集団だから。

ただ、愛し合う。
とてもとてもシンプルな状態なんだけど
世の中見渡して、探して見ても
この状態になっている人間が少な過ぎて
びっくりするくらいに、目立ってしまう。

この状態になりたくて
本当は手を伸ばしたくて
憧れながらも、未だ体験出来てない人たちに
もっともっと、大きな輪が広がって
こういう世界もあるんだよと伝えたい。

アセンション後の地球。
ただ、愛で完結している人間の在り方を。

==============

第一回目のラジオの収録が終わりました!

ラジオ局「レインボータウンFM 79.2MHz」
http://792fm.com/
毎週第2、第4木曜日 22:00~22:30放送

番組名 「逆転ラジオ~虹の架け橋』
パーソナリティー スピリチュアルマスター Aya

第1回 放送日 7月12日(木)
第2回 放送日 7月26日(木)

今、どんな状況であったとしても
人生は逆転出来る。

皆んなと共に
世界に虹の架け橋を架ける。

Lovingという見えないものの提供だから
フリーダムディスティニーの開発者の私が
どんな人間であるか、等身大のわたしを
知って頂くきっかけとなればと思います。

第2回目の放送は、ゲストで
ルミナさんに来ていただきました!

お楽しみに〜♡

==============

【与えてくれる人は、余っている人】

経営者は、お金が余っているので
社員にお金を与えられます。

主婦の人は、時間が余っているので
夫に時間を使って世話が出来ます。

本当の等分っていうのが、一体何なのか。
見せかけだけでは、わからないと思うのです。

偽物の平等を求めている時
人は、真実が見えてないから
感謝を忘れて、相手に同じを強いたり
妬んだり、僻んだりします。

とっても不思議ですよね。
同じじゃ無いから、与えてくれているのに。

世界から、どれほど与えられているか。
それに気付いた時に、感謝のスパイラルが
巡り出します。

(追記)この文章を書いている時に
私より時間にゆとりがある夫が手作りゼリーを
作ってお部屋に持ってきてくれました♡幸せ。

==============

【失敗を活かす】

失敗した時に
失敗を劣等感の積み上げにするか
それとも成長に向かうきっかけに出来るかどうか。

成長に向かうリターンポイントは
〈全てを受け入れること〉
自分の愚かさも何もかも
かっこ悪い自分を丸ごと受け容れること。

多くの人は、劣等感の積み上げにするので
失敗を成長に活かせないのです。

失敗を完全に受け容れる時には
今の自分の実力をそのまま受け止めるので
劣等感にはなり得ません。

劣等感になるという事は
自分の力量を見誤り買い被って
いるという事なのです。

全てを受け容れる。
それが、失敗した時に
失敗を学びとして
成長に覆せる力となるのです。

==============

【みんなが幸せになる世界】
 
みんなが幸せになる世界を
いつも、心に描いてきました。
 
みんなが幸せになる方法は
きっと、何処かにあるはずだ。
 
簡単に諦めたくなくて。
自分がやり遂げたい、その夢を叶えるべく
人間における、どの人生でも、その思いは
変わらず、生きてきました。

みんなが幸せになる世界を
もう、綺麗事だなんて言わせない。
 
それくらい、リアルに、生々しく
みんなが幸せになる世界を創ることに
全身全霊で愛を注いでいる。
 
幸せの形は、様々で
人が幸せを望めるタイミングも様々だから
最初から、愛し合うという答えを望めなくて
自分が認められることや、自分が活躍することだけしか
考えられなかったりすることもあるのだと思います。
   
世界には色々な役目があって
ライトワーカーやスピリチュアルティーチャーといった
活動をしない人もいます。
 
だから、皆んなで愛し合うことを望む人たちの中で
役割や役目が同じ人たちとしか
ずっと一緒にはいられないのだけれど
『愛し合うという、幸せを望む人』を
導くことは出来て、同じ思いを持っている人たちと
世界を紡ぐことは出来るのです。
  
共に、この世界で、同じ夢を見よう。
現実という夢の中で、かつてないほどまでに
最高に幸せな愛の夢を。

==============

【愛は繋がる】
 
昨年のLovingフェアでは
わたしは、出展者全員に
全身全霊の愛とは何か。
それを体現して見せる事が役目でした。

今年のLovingフェアでの
わたしの役割は
「愛を広げられる場をつくる事」
にシフトした感じがあります。

昨年出展経験のある
チーフトレーナーさんを中心に
全身全霊の愛と賛美が広がっている。

愛を広げて行く様子を
見守り眺めるのが
わたしの役目。

愛は、繋がった。
バトンは、繋がった。

わたしは、わたしの方法で
皆んなを全身全霊で応援している。

わたしは、このイベントの成功なんて
ちっぽけなものは、目指していない。

ビジネス目線でいったら
赤字覚悟でやらないと
到底、開催出来ない。

それほどまでに、スタッフを雇い
エネルギーを注いでいる。

じゃあ、どうして開催するのか。
それが『わたしが、場を提供する』事で
関わる出展者やスタッフに多くの気づきと
学びが起こり、覚醒すると知っているからだ。

だから、年に一度。
奉仕の思いで、場をつくる。

場をつくること。
それが『世界』をつくる事に繋がる。

このイベントがきっかけで
関わる全ての人が
愛に開いていきますように。

==============

人間的覚醒
霊的覚醒
宇宙的覚醒


このどれもが重要で
どれもが大切なことだけれど

霊的レベルで著しく覚醒しても
人間的レベルが全く追いついてないと
ただ、混乱状態で苦しいということに
なり兼ねないと、様々な実例を見て
つくづく感じています。

フリーダムディスティニーでは
人間的覚醒という土台の部分を
丁寧に育て上げ

総合的覚醒によって
どのレイアーの覚醒も
手がけているから

幸せ度の高い覚醒を
行き進んで行く事が可能なのです。

どれも切り捨てない。
その全てが自分という
存在をつくっているのだから。

==============

シャインニングソウルスタープログラム
アルケミーコース 始まりました!
 
壮大な宇宙のプログラムで
『人間を生きる』ことが
出来るようになる<いのち>の講習。
  
新たなる宇宙において
わたしたちは、自分を生きることで
宇宙に愛を届けていく、人間として
生きていくのです。
 
太陽系ディスクのLOVINGが
一つ、一つ、超濃厚過ぎて
生きにくくなっている
人間のあらゆる課題を
超えられるようになっており
 
太陽系ディスクを受講するだけで
一体、どんな変化が起こってしまうのか。
  
ここから、先が益々楽しみになってきました。
  
ご参加くださった、皆さま
ルミナさん、ありがとうございました!

==============

明日の講習が楽しみ過ぎて仕方ない。
 
 
ムーンドロップはもちろん。
太陽系ディスクの、8つの星の一つ一つのLOVINGは
どれもが、最高傑作といえるクオリティで
  

地上で生きる、全ての人間に
とても必要な、生きる力を与えてくれるものだ。
  
ムーンドロップを中心に<いのち>を展開する
シャインニングソウルスタープログラム
アルケミーコースは
  

太陽系ディスクで
更に、生きる力と命の躍動を
劇的に高めてくれるものとなる。
  

いのちを、輝かせ、生きよ。

==============

【出来てない事実を突きつける】

先ほどの弁護の記事と連動していますが
出来てない事実を突きつける場合
自分のために突きつけるのと
他者のために突きつける
2つのパターンがあります。

自分のために他者に出来てないを
突きつける時には、自分が出来てないのを
責めてるから、他者にも強いるのです。

出来ない出来るに囚われてない人は
他者のために、出来ないを突き付けます。
それは、出来ないことを悪いと思っておらず
出来ないを知らないと出来るようにならないので
それは、その人にとって、幸せでは無い事の場合
本人の魂が出来る事を望んでいる時に伝えます。
こちらは、前述の人とはむしろ対極的な意識状態
であり、全てのその人を許しているので
(つまり、自分を許せているので)
だからこそ、出来ないを突き付けられるのです。

罪悪感が高いか、全く無いか
他責と強制か、ただ愛しているだけか。

言葉じりだけでは
判断出来ないのです。

==============

【弁護というメカニズム】

誰かが出来ないでいる事を
弁護しようとするのは
罪悪感と劣等感が強くて
自分の出来ない所を
責めているからです。

出来たり、出来なかったりして当たり前。
出来ないなら、出来ないという事実を
受け止めきれないからです。

他者について、弁護する人は
自分の弱さや出来ない事実も
弁護するので、言い訳という
状態になりやすい。

これを脱却するには
先ずは、〈出来ない事がある
未熟な自分ということ〉と
〈自分という存在そのもの〉を
分けて捉える事です。

出来ようが出来なかろうが
自分という存在そのものは
全く犯される事なく
常にありのままで完璧だからです。

罪悪感と自責と
弁護と言い訳は
全て繋がっている。

愚かな自分であっても
出来ない自分であっても
その自分を愛される事で
存在自体の肯定が養われるのです。

罪悪感は、とても多くの
ネガティブ事象の引き金と
なっているのです。

==============

【失敗を活かす】

失敗した時に
失敗を劣等感の積み上げにするか
それとも成長に向かうきっかけに出来るかどうか。

成長に向かうリターンポイントは
〈全てを受け入れること〉
自分の愚かさも何もかも
かっこ悪い自分を丸ごと受け容れること。

多くの人は、劣等感の積み上げにするので
失敗を成長に活かせないのです。

失敗を完全に受け容れる時には
今の自分の実力をそのまま受け止めるので
劣等感にはなり得ません。

劣等感になるという事は
自分の力量を見誤り買い被って
いるという事なのです。

全てを受け容れる。
それが、失敗した時に
失敗を学びとして
成長に覆せる力となるのです。

==============

薔薇園に来たら
空に大きな虹の不死鳥が現れました。
『人々の創造性を蘇らせなさい。
絶望を転じて光と成りた
ライトワーカーを
世界へ羽ばたかせるのです。』

==============

【賛美すること】 
 
フリーダムディスティニーの方針の一つとして
賛美がある。
 

賛美は、一歩間違うと
『貰うために、与える行為』となりやすい。 
そうならないためには、『見返り』を終えることだ。 
  
見返りを終えていくためには
パーフェクトパートナーのLOVINGを
終わるまで、かけていくといい。 
 
そうして、見返りが終わった後の協力と賛美は
ただ、相手を賛美するだけで完結する。  
 
ただ、愛するだけで、完結するこの賛美は
とても心地良くて、幸せな気持ちになる。 
 
実は、それだけじゃない。
ただ、愛するだけで、完結する賛美は
他者を賛美している間に
他者を知り尽くしていくので
自分という人間をもっと確立することが出来る。 
  
更には、応援する幸せを感じられるので
他者が沢山応援してくれることに罪悪感を感じず
感謝で受け取ることが出来るようになるのだ。 
 
見返りの意識のままでは、賛美が出来ない。
ただ、愛であることで完結することで
全てが巡りだすのである。

==============

【孤独であること】

どうせ、わたしは独りなんだもの。
仲間に入れなくて、馴染めなくて
どこか浮いてる。

誰も自分を仲間に入れてくれない。
もし、そうだとしたら
自分の内側に潜む〈拒絶〉に
気付いてみるといい。

何のことは無い。
外側になど、壁は存在せず
自分の内側の拒絶が姿を現して
いるだけだったのだ。

もう一度、開いてゆこう。
自分の中で、硬く閉ざして
しまったこころを。

愛され、触れられ
傷が癒えていくまで。

==============

【休むこと】

休むって、何だろう。
身体を休めてみて
何もしないでみても
気持ち的に楽じゃ無ければ
さっぱり休んだ気にはならない。

充分に充たされて
お金も充分にあって
時間も充分にあったら
今度は暇を持て余して
何をしようか探し出すかもしれない。

身体を休める事を本当はやりたいのに
やらずに無理して働き過ぎていたら
身体を休める、所謂世間一般の休みが
この人にとっての休みと一致する。

本当は動きたいのに、動けなくて
ようやく動き出せる喜びを感じるなら
この人によっては、動く事自体が
長い事自分を責めていた事から解放され
心の休みになっているのだ。

人間は、身体だけ休めてみても休めない。
引きこもりの状態の人の殆どが
自分を責めている。

心と身体の両方の〈休み〉
それは、今、やりたい事を
やり続ける事で、ずっと得られる。

制限する事なく、思う存分
全部やりたい事をやってみると良い。
自分を責め始めたら、今の状況を
心が辞めたがってきたサイン

思う存分、独りきりで誰とも交流
しないで引きこもってみたら
3日で飽きる。

海外に毎月出かけていたら
二年で飽きる。

もし、飽きないなら
自分が好きなだけやる事を
自分に許してあげるといい。

人間、やり尽くしたら
自然と次に行く。

仕事を沢山行って
愛する人と沢山遊んで
時々独りの静かな時を持って
良く寝ること。

これらの時間の全てが
わたしの休み。

==============

〈光の戦士の人へ〉

光の戦士の伝授受けてる人
世の中、色々な種類の宇宙人が
大勢来ちゃってるから
普段は意識しないで行う
形でのライトワークだけれど

意図しても宇宙船呼べるから
宇宙連合の船をご自身が住んでる街中に
宇宙人の統制してもらうように呼んでください。

それだけでも、結構、空気感スッキリして
変わってくると思います。

やってみて。

==============

ライトワークに来ています。

近所からして何時もと全く違う
空気感で驚きを隠せませんでした。

世の中の煮詰めたような
重さと濃さを感じながら
地層のワークを推し進め

縄文のミュージアムにて
宇宙の情報を得ながら
地層に影響が出ている
太陽系の封印の一つを解くべく
足を進めています。

==============

誰かが幸せな時に
あなたが絶望していた側の時もあった。

それぞれ、その時々に
自分の感じたい世界を感じている。

外側に影響され過ぎると
幸せや喜びを抱く事さえ
罪に感じてしまうもの。

そうじゃ無いんだ。
あなたが幸せな気持ちでいる事が
これからの未来を創り、彩ることになる。

平穏で安心で心地良い意識でいる事は
あなただけじゃ無くて
皆んなの幸せに繋がる。

意識の全体反映が
世界に現われる。

寄り添う事だけが愛じゃ無い。
平穏と安らぎを貫く事だって
立派な愛だよ。

あなたの幸せが
世界平和に繋がるのだから。

==============

与えているようで
欲しがっていないか
よく見てみること。


ライトワークは
地球や宇宙といった
壮大な仕事であり
それは、事実だ。

しかし『壮大な仕事をしている
私って凄いでしょ!』
となってる時は、自分の劣等感を
そこで、埋めたがってるんだよ。

だから、一つ前の投稿の状態まで
落とし込む必要がある。

どんなに壮大な事であっても
全てが自分の望みだとなった時には
そこには〈自分の望み〉を叶えてる
という基準しか存在しない。

凄い事をやってる自分という
高揚感は得られない。

それでも、自分がやりたいなら
自分がやりたいから、やってるんだ。

願いに対しての責任を取る
ということは、そういう事だ。

凄い事やってる自分が消え失せるまで
自分の望みだという事を落とし込め。

==============

いいかい?
『全ては自分のため』ってところまで
落とし込んで進んでいくんだ。


他者のため?
地球のため?
宇宙のため?

そんなところで、止まってるな。

他者に愛を届けたがっている自分を
地球や宇宙に貢献したがっている自分を
受け止め切るんだ。

他の誰のためでもない
愛したいという願いを
叶えたがってる自分の願いに
アンカリングを刺した時

宇宙は最も絶大な力をあなたに与える。

自分が自分のために行うこと。
その時、全ての歯車が回り出す。

『他者を幸せにしたい自分の願いを叶える』んだよ

==============

【愛を見出せない】

今、この瞬間に愛を見出す。

とても簡単なことのようにも思えるけれど
かつてのわたしは、見出すことなんて
とてもじゃ無いけれど出来なかった。

現状を変えないままで
幸せを感じてみようとしても
さっぱり無理なことだってある。

世の中で人気がある需要性のある言葉は
変われない現状の中、生き続けられるように
気が楽になるように、ほんの一言の
励ましや勇気といったものが大半だけれど
わたしが行なっている分野は、むしろ全く
真逆といっても良い類のものだと思う。

気休めの安堵や
薄ら寒い幸せ風を辞めて
今のままじゃ、さっぱり幸せとか
愛とか感謝とか、頑張ってみたって
感じられないのが自分だって認めて。

誤魔化し誤魔化し
騙し騙し生きてきた自分を終わらせて
〈自分が不幸せであることを認めて〉

皆んなとは自分は違うんだ。
自分は、変わらないと愛を見出せない。

そんなシンプルなまでの
事実というリアルな絶望に
泣き叫びたいほどの情けなさと
取り替えられない自分自身を
嘆き終わった後に向かう

自分自身で掴み取る幸せへ
向かわせるのが、Lovingの
サポートだからだ。

本当は、もっと、シンプルだ。
感謝が湧かないなら湧かないのが事実。
泣く場面なのに涙が流れないのが事実。
今の現状が苦しくて愛を見出せないならそれが事実。
不幸せだと感じるならそれが事実。

もう、取り繕えない。
世界は、もっと、あなたにリアルを見せてくる。

それは、あなたが本当の幸せに向かうための
そのために起こる、愛の奇跡。

==============

【夫への感謝】 
 
今日、思っていた以上に
この半年、彼に支えられていたことに気付いて
今まで以上に感謝の思いでいっぱいになりました。 
 
決して、威張ったりしない謙虚な人なのだけれど
とても男らしくて、頼り甲斐があるところも
今まで以上に感じています。 
 
恋愛面に関しては、成功体験が無いわたしが
不安になった時に、何時も、大丈夫だよと
支えてくれたのは、彼でした。  
 
今日も、ニュージーランドに留学に行っている息子に
食料を送ってあげることになって、お仕事をしている
わたしの代わりに、段ボールに荷物を詰めてくれて
それに対して、わたしが『息子への荷物まで詰めて
くれて、ありがとう』と言うと 
 
『何言ってんだ。当たり前じゃないか。俺の息子でもあるんだからさ』 
って、即答。 
 
ああ、どうしよう。
わたしの丸ごと、愛してくれる人を求めていたけれど
そんなこと、即答されたら、泣いちゃうじゃないか。 
 
とっても泣き虫で、やりたいこと盛り沢山の
欲張りさんで、我儘なわたしを、黙って
支えてくれているそんな彼の優しさが
心に染み渡ります。 
 
支えられることで
わたしは、もっと、多くの人に愛を届けることが出来る。 
 
一人では、出来なかったことが
ワンネス的な愛の回りの中で
叶えられていく、喜び。

==============

【今の自分の栄光を探せ】  
 
成長したり、学んでいく際に見るのは、未来の自分。
向かっていく先。指導者や尊敬する人のことを見る。 
 
提供する際に見るのは、今の自分と過去の自分。
そうすると、今まで辿ってきた道の中に
自分の超えてきた栄光があることがわかる。 
 
ちっぽけって思えることかもしれない。
誰かと比較したら、こんなくだらないことって。 
 
くだらないって思ってるのは誰でしょう?
それは、今の自分がそう判断してるのです。 
 
でも、その当時の自分は
確かにそれで苦しんでいた。
それを忘れないで。 
 
他者に光を届ける人というのは
過去の自分に、今の自分の最善を届けられる人なのです。

==============

今までとは違う
未知に向かう際に
自分の足を引っ張り
阻める何かが出没する。 
 
わたしたちは、最高の幸せという
未知に向かうのが、怖いのだ。 
 
見たことが無いところに行くのが、怖いのだ。 
 
壮大すぎて、素晴らしすぎて
期待した未来が訪れないかもしれない
失望を味わうくらいだったら
最初から、無いことにしておいた方が
安心で、自分をなだめることが出来るから。 
 
光よりも、闇に慣れてしまっている
暗がりの目を解き放ち
眩しくても、自分の幸せを見続けよ。 
 
慣れないから、目が痛く感じることもあるけれど
まさかと思っていたほどの境地の幸せに
いつかの今、自分が立っていることを思い描いて。

==============

恐れが無い人などいない。

 

恐れがあるからこそ
人に勇気を与えることが出来る。  
 
誰もが怖いんだ。
ありのままの自分を表現していくことで
受け入れられなかった、あまりにも多くの経験が
本当に望んではいない方のストーリーを感じさせるから。 
 
全く、新しい未知へ行こう。
本当へ、あなたが望む未来へ行こう。 
 
恐れと共に。
それでも、一歩一歩。
その姿が、人に勇気と感動を与えるのだから。

==============

【混沌の中の煌めき】

決まっている世界から
決まっていない世界になり
自由になるのと同時に
外側に何も掴めない時

頼りになるもの。
それは、いのちだ。

いのちは、他の言い方をすれば
その人のエッセンスであり
スピリットの性質でもあるといえる。

そうした、いのちの在りようは
後に、後天的に手に入れた
能力や経験といったものの
あらゆるものを凌駕する。

混沌に打ち勝つには
いのち自体の覚醒を起こし
確かさを内側に宿らせるのだ。

その時、混沌の中に一筋の光が射し
煌めきが起こる。

ムーンドロップ いのちの覚醒。
永遠性から生まれた
新たなる動機の確立。

いのちは、あなたの中で
覚醒するのを待っている。

==============

宇宙が再編され
ブループリントまで再構築されている今
人間の根源的闇の統合の時代が訪れています。
 
闇を光に覆し、愛に統合するLOVINGを
今までも構築してきました。
  
闇の代表例である恨みや憎しみを
愛に帰還する フリーダムディスティニー
  
孤独の統合を起こし
愛に帰還する パーフェクトパートナー
 
そして、今度は、虚無と狂気を愛へ。

==============

ライトワーカー育成プログラムは
何時も、その時々に応じて
最善の内容でお伝えして来ましたが
ここへ来て、また大きくリニューアル
する流れになりました。

新しいLoving構築もどんどん進んでいて
孤独の統合をテーマにした
パーフェクトパートナーの次は
虚無の統合に手掛けようと思います。

闇は闇のまま終わらせず
統合することで、今ここに
人間として生きているという
感謝が目覚めて来るのです。

ライトワークも、今年の秋からは
もっと人間にフォーカスされていく
その前準備が着々と進んでいます。

宇宙も地球も人間も離れてはいない。
どんなに高次な存在として活動しても
この地上で人間である使命を忘れてはならない。

人間であることの
全人類共通使命。

それは、幸せになる事です。

==============

【緑が見える窓】

軽井沢に帰って来ました。

東京の拠点の北参道も
東京の中では、とても落ち着いていて
静かで良いところなのだけれど

軽井沢に帰って来ると
自分がとても疲れていた事に気付きます。

安らぎの中に身を委ねると
自分の心が本当は一体
何を求めていたのか

東京の齷齪した波動の中では
浮かび上がって来なかった
大切な想い。

研ぎ澄まされた空気の中でしか
文章が書けなくなっていた事に
愕然としながら、場所における
波動の差異が更に進んでいる事を
肌で感じずにはいられません。

わたしたちは、選んでいる。
どんな場所で、どこに住んで
どんな人と触れ合って行くか。
どんな人と愛し合って行くか。

どの窓からも緑が見える森の家。
愛と安らぎが、わたしの中心。

==============

濃ゆい濃ゆい
フラワーオブライフ
スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム。


3日間、終わると共に倒れるように
眠る日々が続いていました。

各々にとっての真実を語れるように
全身全霊でサポートをして支えるって
物凄いエネルギーを使います。

それでも、わたしは、この濃ゆい講習が
世界で一番大好きで、それは、この講習が
最もわたしらしい講習だからで、全てが
結集しているからなのだと思います。

人間って。
いのちって。
愛って。

平和や調和など、何処にも探しても無いと
泣き叫んでいるなら、ここに来るといい。

本当に見たかった世界が
ここには広がっている。

人生は続いていくけれど
こんな世界があるんだというのを
リアルに体験する場所。

世界は、本当はこんなにも優しい。

==============

フリーダムディスティニーでは
自分自身がご家族に対して
二親等の権限を活かして無償の範囲で
ヒーリングやLovingの施術をする事は
どんどん行って頂けたらと思っておりますが

セッションに関しては
全く推奨しておりません。
そもそも、家族に対しては
セッションは出来ません。

家族にセッションを行いたい場合は
自分自身がいかに素晴らしい
ライトワーカーであったとしても
他のライトワーカーに任せるべきである。
というのは、フリーダムディスティニーの
教えの鉄則です。関係性が壊れるからです。

家族に対して行っているケースは
あくまで参考程度に
とらえると良いかと思います。

最も効果を発揮するのは
全くの他者に対して行う
金銭を伴ったバウンダリーと
確実な権限のあるものです。

==============

能登半島のライトワーク続いています。
神社を巡り、封印を解きつつ進んでおります。

ここからは、海。
海中の封印を解いてまいりますが
時間がかかるため、泊まりがけで
ライトワークです。

窓からの景色は最高。
ワークの量も超大容量。
最高潮 笑)。
しかも、出産系のワーク。。。

実は、こうしたパターンは
珍しいわけではなく
目標物の直ぐ側に泊まりがけで
準備をしてゆき、次の日に
封印を解く流れは
良くあることなのです。

昨年、北海道の然別湖のワークが
そのパターンでした。

引き続き、御心を合わせてください。
明日いっぱいまで、休み無しで
行わせて頂いております。

==============

太陽神界のお仕事で
能登半島に来ています。

封印解除のお仕事で
未だ、現れていない神々の封印を
解いて回ってます。封印もさることながら
この地域全域が、凄く閉ざされていて
浄化が大容量必要で、結構キツイです。

ライトワーカーの皆さま
どうか、御心をAyaの能登半島の
ライトワークに合わせて祈ってください。

龍とか飛ばせる人は
浄化の黒龍あたりを
飛ばしてくださると助かります

==============

【知るより 許す】

どうしてだったのか。
知るよりも許しましょう。

納得がいくことよりも
大事な事があります。

許すことと、終わらせらることは
根本的に、とても良く似ています。

「ただ、そうであったから」

理由など見つけようとしても
見つからないか、付け加えたような
理由しか出て来ません。

許す。それは、勝ち負けを超えて
ただ、愛であったという完璧性の中から
生まれてくるものなのです。

==============

最近、新規のクライアントさんで
開始5分でわたしの方から
セッション打ち切りするケースが
増えてきました。(もちろん、同意の元です)

何故って、話しても解決しない。
原因を知ってもどうにもならない。
打ち切りして、本当に解消するような
Lovingを遠隔ワークで提供する方に
変えた方がお金と時間をお互いに浪費しない。

散々、色々原因を探して
求め歩いてみても
あれだのこれだのと予測しても
あまり、意味は無い事もあります。

そうじゃなくて、わたしにその人たちが
求めているものは、頭で答えを知る事ではなく
原因を解消する事です。

歩けない人が歩けるようになったり
体調不良とか、病気が治ったり
ずっと抱えてきた思考が消えたりするのは
理屈的解決とは、全く無縁の場所にあるのだから。

奇跡的に治癒したり
解消することは
実は、今までも頻繁に良くありましたが
目立つのが嫌で、何処にも出さずに
ひっそりと求められた時にやっていました。

でも、時代がわたしに求めることは
奇跡的な変容であり、それを求めて
くる人しか、余り、やって来なくなったので
メニューをオープンにしても良いのかなと
ようやく、そう、思えて来ました。

5月の一斉ワークが大反響で
あんなに良かったのなら
家族にも受けさせれば良かった
また、開催してくださいと言われ

もう、皆んな、原因追求は飽きて
さっさと変わりたいし
さっさと楽になりたいんだな
時代に求められているんだなと
そう、感じています。

==============

【トップリーダー】

トップリーダーって
パーフェクトというイメージがあって
何でも出来るというイメージがあって
与える側であるというイメージがあって。

そんな、何処かで息が詰まりそうな
リーダーを過去生で飽きるほど散々やって
今世は、いっぱい愛されるリーダーの見本
に成ろうと思って、ここまで進んで来た。

その甲斐があって
育てて来た人は皆んな
リーダーであっても弱さも脆さも
全部ありのままを出せて
強さだけを見せていないと
リーダーを保てないという幻想を
超えている人たちばかり。

リーダーであるからこそ発生する課題。
それは、皆んなから求められる理想を
突きつけられて、自分じゃ無いものを
着せられてくる時に、どうするか。

リーダーであることを失わずにいるために
道化のように、求められた事に
応えすぎてしまい、どんどんありのままの
自分と掛け離れてしまった時には
リーダーという役割に自分が呑まれてしまう。

自分が自分の口を使って語っている時は
他者の評価さえ気にしていなければ
問題は生じなく、自分のままで居られる。

他人が他人の口を介して
自分のことを語り出したとき
自分の実体と乖離があったとしても
等身大を捉えて、在り続けることが出来るか。

その解決方法は、愛されることだ。
愛される側に立つ、助けられる側に立つ
そうした隙を自分に与えて生きることで
現実レベルで乖離を修正しつつ
自分自身のままで、生きることが出来る。

自分自身は、いつも変わらず自分自身のままで
リーダーである役割をしているだけ。

愛されリーダーたちが人間であることの
不完全性と完全性の肯定を体現しながら
今日も愛されてゆく

==============

恋愛観って、人それぞれで
どんな恋愛の形があっても
その人が幸せならば
それで、正解なのだと思います。

それでいて、恋愛における
自分自身に関する答えは

《特別など存在しない中での特別》

たった一人の男の人を求めていて
信じ難いほどに、一途で健気に
愛し抜くのが、わたしという女性
なのだと思います。

もう、次を探さなくていい。
探求を他に求めなくていい。

沢山の人を愛する愛も
たった一人の人を愛する愛も
同じだけ尊い。

同じひとなのに、お互いに成長していって
幾度も、新しく生まれ変わる、そのひとに
その度に出逢っていって
その度に愛が深まってゆく。

わたしが心の奥で求めていた
愛が、今、ここにある。

どんな小説や映画にも
載っていなかった
《最後の答え》

パーフェクトパートナーという
Lovingの名前は、当初
ファイナルパートナーという
名前にするか、迷っていました。

答えに辿り着いたならば
最後のひとになるだろうと思って。

今日は、夜まで久しぶりのデート。
近場のデートなんだけれど
どんなところでも、彼といる事に
特別を感じる幸せを感じています。

==============

【愛が咲く】

今年から、クリエイターとして
アートの活動も、行っていこうと
思っています。

生命の錬金術で、命をつくり
絵に命を入れこんで提供します。

〈アルケミー アート〉

第1作目は、愛が咲く。
この作品は、孤独と哀しみを超えて
愛が広がるような作用を、絵を観る度に
観たものに与えるようにつくってあります。

孤独や哀しみは、他の誰かの愛によって
解けてゆき、自分の愛の木が育ち
広がっていくのです。

絵を観るたびに、愛に開いてゆく

エネルギーが解る人は
この画像を観たり観なかったりすると
ハートが熱くなって愛が溢れてくるのが
わかりやすく感じます

7月1日、第二回Lovingフェアでお披露目です。

==============

【アカシックレコード】

皆んなから、最近、質問責めに
なっているのが出身星の質問。

お金や仕事の話となると
現実に直面しないとだから
私から切り込んで話をしないとだけど

出身星の話となると、途端に皆んなから
質問が増えるものなんだとしみじみ。

出身星や関わっていた星を知る事は
自分の使命や、人との違いや
自分が何者かに繋がることでもあるので
そういった側面においては、とても
重要だと思うけれど

それに固執したりはしないように
その情報を扱ってほしいと
思わずにはいられません。

何でもそうだけれど
ツインソウルも
スターシードも
囚われて固執するためじゃなく
自由になるためにあるのだから。

「ツインソウルだから」
「スターシードだから」
という風にすり変わらないように。

アカシックレコードは
唯一、一個なのでは無く
実は、パラレル的に
幾つも存在していて

どのアカシックを読んで
どの次元で解釈するかで
情報は変わるわけで

あらゆるものが観えれば観えるほど
唯一絶対のことなど存在せず
唯一絶対は矛盾を超えたエッセンスだけ
であり、愛だけである。

というシンプルな事実に
気付いていくことが
同時に起こってくる。

==============

【全員が全員成功する】

誰かが、成功して
誰かは、成功しない。

それは、限られた市場での話。

覚醒の仕事は、それが当て嵌まらない。
どんどん増える一方の市場だ。
つまり、地球の半分以上の人口が
覚醒するまでは、誰もが全員成功する。

わたしは、ビジネスのために
仕事をしているわけでは無いので
あんまり、成功とかビジネスの話はしないけれど
ビジネス目線においても、こんなに
確実な仕事は無いのになと思います。

スピリチュアルみたいなもので
仕事が成り立つか、不安だというのは
わたしは、全く思っていません。

逆に、こんなに堅実で
確実に伸び続ける
市場は存在しないけれど。

お金やビジネスの話をすると
嫌がる人もいるかもしれないけれど
まあ、それはそれで仕方ないか。

お金無しで生きてるひとで無い限り
今のところ、お金をエネルギー対価
として使って暮らしているひとが
殆どだと思います。

全員が全員成功する
全員が全員幸せを手に入れる
そういう世界を創り上げていきたい

==============

どんなに素晴らしいライトワーカーや
スピリチュアルティーチャーであっても
人間ですからね。


人間だから、時間的制約は発生します。
〈見れる人数には限りがある〉のです。

思っていた通り
予測していた通りの流れになっていて
素晴らしいライトワーカーや
スピリチュアルティーチャー
能力者の方々は仕事がいっぱいいっぱい。
皆んな、売り切れ御免、店仕舞い。

増やせるのは、完全遠隔の仕事など
自分の時間を使わない仕事ばかり。

触れ合える仕事には
人間であれば、誰もに限度がある。

これから覚醒してゆく人たち
これからエネルギーレベルで整える人たち
これから本質的な変容に入る人たち
一体、どうなるの?

大丈夫。その為に、目一杯愛して
育ててきたトレーナーたちが
スタンバイして待っている。

でも、人気のあるトレーナーさんは
そろそろ、時間的制約問題が発生
しつつあるから、数年後の光景としては
トレーナー全体レベルで、売り切れ御免に
なっているだろうと予測する。

だから、もう少しトレーナーの人数を
倍くらいにしておかないとと思い描く。

等身大で、自分の真実を語れて
愛の絶対温度が高く、能力が高くて
弱さも脆さも抱きしめられつつ
自分の役割を生きて、賛美と協力に
真に立てる人間が、求められないわけが無い。

手間暇かけて、育成しているのには理由がある。
世の中に求められる人間を先取りして
絶対的にこの先必要になる人材のレイアー、層を
世界に作っているんだ。

自分が選ばれるかどうかなんて
ちっぽけなスケールだけで
物事を判断するのはナンセンス。

そうじゃ無くて、時代を先読みすれば
必要な人材全体が、確実に繁栄する事がわかる。
闇堕ちさえ、しなければ。

==============

【何にでもなれる】

二つ前の投稿とは真逆の方向から。
わたしの言葉は、時に矛盾して
いるように見えます。

先ほどのは〈今〉にフォーカスをおいて
今の自分のままで、現状のままで
活動していけるように行動やアクションを
おこしたいひとに向けて。

今度は、〈未来〉にフォーカスして
制限を外して、最高を望めるように。

本当は不可能など存在しないのです。
奇跡は、あなたが本当の力を発揮した時に
自然に現れてくるもの。

どんな風にもなれるし
どんな事も出来るようになります。

あなたが許可さえすれば。

このように真実とは、対極に存在しており
どちらもが、愛です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

わたしの言葉に共感するかどうかは
その時々のその人のプロセス次第。

共感に重きを置いて話をしてはいません。
目の前の人に向けてに愛によって
二元性を超えた真実を語っているからです。

同じかどうかでは
人間の価値は判断出来ません。

正しいか間違っているかという
目線で見るのはもっとナンセンス。

そもそもが矛盾している
立体的な視座から愛を描いているからです。

==============

【一貫する】

一貫するとは、一点に留まる事とは違います。
自分にとっての真実であれば
様々な事を成すことが自分にとっての
一貫する事かもしれないからです。

誰かから見たらパズルのようで
一貫していなかったとしても
自分にとって一貫しているなら
それを失ってはなりません。

一貫している時は
大いなる愛の流れに
沿っているのです。

==============

【間を埋める】

誰かと同じ事が出来なくて当たり前。
指導者と同じになれなくて当たり前。
指導者と同じじゃ無いから
指導者で居てくれる。

ある時、わたしは、指導者と同じ土俵に
登ろうとする事を完全に辞めました。
同じ立ち位置になる事は、絶対不可能だ
そう悟ったからです。

しかし、そこから、わたし自身の道が
開けていきました。

指導者が大学院レベルだったら
自分は中学生や高校生や大学生に解るように
伝える努力をしました。

出来る事をしよう。
目の前の人を愛する事に
いつも一生懸命だっただけでしたが
結果的に、わたしは、何時も
〈意識差を埋める〉仕事を
していた事になります。

間を埋める。
実はそれは、ビジネス的にも
成功する方法です。

競う目線からは、生まれず
共存によって生まれる間。

分離が進んで、間がどんどん開けば開くほど
何とか、様々な次元において間を埋めようと
必死に取り組んでいますが、わたしの力だけ
では埋まりません。

皆んなの力が必要です。
間を埋める。
そこには、豊かさが同居しています。

今、わたしは、自分という人間において
先陣としんがりの両方にチャレンジしようと
しています。

本質的な変容をサポート出来る
真実を語り、等身大を生きる
世界における、トップリーダー
スピリチュアルティーチャーを育てる一方で

ラジオ等一般層に語りかけ
多くの人にチャンスを
与えていく次第です。

高次元と三次元を行き来して
その意識差に、朦朧としながらも
使命と誓願を貫き、進んでゆきます。

分離が進めば進むほど
乖離が生まれれば生まれるほど
協力して、手を繋ぎあい
間を共に埋めてゆくのです。

わたしには出来ないことが
あなたなら出来る。

愛は【間】にあるのです。

==============

ルミナ山下さんの出版パーティーにて。
『星座別 運を呼び込む幸せレシピ』

星の流れを感じながら食を楽しめます。
作らずとも星座のページを開くだけでも
必要なエネルギーが受け取れるんですよと
ルミナさん。

なるほど〜と思いながら
ただ、眺めるだけでは物足りず
面倒臭がりなので、自分で作る気にもなれず。

結局、わたしは、夫に作って
もらうことにしました!(笑)

料理男子になりつつある夫に手渡したら
早速、帰りの新幹線で読んでくれるとか。
何から作ってくれるだろう〜。

パートナーとお互いの星座の味を味わって
味でお互いの違いを感じてみるのも
新鮮で楽しいかもしれない。

料理男子パートナー募集中の人は
諦めてはいけません!

以前のパートナー募集中の頃のわたしなら
こういう本を一冊買っておいて
「ねえ、これ、作ってくれる?」
とおねだりするイメトレをしていたに違いない。

妄想と言われようが、諦めない。
それが、現実化のコツ。

==============

純粋な愛になればなるほどに
傷付くことが終わってゆく。

自分と他者は違う。
それを真に受け止めた時
同じを強いなくなるのだ。

どんなに力が強く
どんなに権限が高く
どんなに世界に影響を与えようとも

ただ、純粋な愛であった時には
それらは、恐るに足らぬ。

時は来た。
新しい宇宙と共に。

愛が中心の世界が訪れた時に
古の封印が解ける。

それは、素盞嗚尊であり
火と力であり
善悪を超えた人間の創造性である。

==============

【どんなアドバイスに耳を傾けるか】

最近、わたしが指導している
ライトワーカーさんから

指導者でも無い、知り合いレベルの人が
むやみやたらアドバイスしてくるので
困っているという相談を受けました。

はっきり言って、これは
バウンダリーが無い状態ですよね。

目立った活動をしていると
粗探しのような上から目線で
アドバイス(という名の自己満足)
される事もあるかもしれません。

経験上、そうしたアドバイスは
全く役に立ちませんから
アドバイス受けた側の人も
人目を気にするのを辞めて
自分自身の活動に専念することです。

他には、実際にはセッション等
一度も体験した事の無い人から
想像や空想的な、自分とは一致
していない事実や、心無い言葉を
言われる事もあるかもしれません。

自分の世界にあるものからしか
世界は見えません。
その人にとっては、それが真実であり
各々の真実を尊重する事です。

自分の愛を見つめましょう。
どれほどの愛かを見つめましょう。

自分が自分に胸を張って生きられれば
世界に現れる、一部の心無い言葉に
囚われる事なく、前を向いてゆけるのです。

==============

幾度も幾度も
達成しても達成しても
感無量の想いで一杯でも
それでも続く命ならば

未だ、生きているなら
成すべき事がある。
待っている人がいる。

もっと、人々が幸せになるように
地球も宇宙も愛に満ちていくように
目の前の人を、愛してゆくだけ。

==============

明日のワークを控えて
夜中に起きたら
ワークに通じる
様々な想いが駆け巡り
眠れなくなりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
これからの時代
全てが自由になり
全ての能力を開き
全ての富と力を得た時
各々が最も気を付ける事は
闇堕ちしないようにすること。

逆に言うと、それ以外は、何とかなる。
能力と自分自身の内面の身の丈が
合っていない時に、劣等感故に力を誇示し
傲慢に転じて、自分の力に自ら支配されて
しまわないよう、目的を見失わないことだ。

どんな思いで、始めたのか。
大いなる目的は、何であるのか。
純粋な願いと己の愛を
決して見失わないことだ。

外側に支配を与えている支配者は
一見強そうに見えるけれど
その時、同時に、本人が
己の力に支配されて
囚われている状態なのである。

これからの時代
闇堕ちしていく人間を
止める覚者は居なくなる。

堕ちるナイフは止め処なく
鋭く突き刺さり、止めようとした手を貫く。
こうして突き刺される体験を幾度となく
自分で体験した者は、自分を守り大切にするため
堕ちるナイフの状態の者との関わりを断つか
黙って見守り、闇堕ちしている事を教えない。

だから、各々、自分自身で見極めるのだ。
今の自分の思いは、愛から発生しているか
常に問いかけるのだ。

どんな思いで、始めたのか。
大いなる目的は、何であるのか。
純粋な願いと己の愛を
決して見失わないことだ。

そして、力を上回る愛の拡大に
全身全霊で取り組んでいくこと。

それ以外に、闇堕ちを防ぐ方法は存在しない。

最も恐ろしいのは、外側には存在しない。
人間の内側にある、誰もが抱えている傷が
闇となり、自らが傷から生まれた闇に屈して
愛から離れることなのである。

愛から離れた時にしか、虚無は存在せず
幻である故に、愛という実体から物事を
観た時には、虚無という幻は消え去る。

==============

【純粋なひと】
愛と感謝で生きている人は
皆んなそうだろうと思っていて
利用とか裏切りなんて
想像もつかなくて

実際に利用や裏切りに会う度に
ショック過ぎて、衝撃を受ける
こともあるかもしれません。

圧倒的に、お人好しの自分が
時に嫌いになったり
凄く愚かに見えたり
する事もあるかもしれません。

『正直者は馬鹿を見る』
そんな時代は、終わりました。

同じ波動の引き付け合いが加速し
純粋な人は、純粋な人が周りにいて
愛し合いたい同士が惹かれあい
賛美と協力、愛を繋ぐ人が仲間となりました。

『目の前は、自分』
今までもそうだったけれど
これからは、自分の濃度が、濃くなります。

諦めていた、自分自身に
出会っていける時代にて
あなたと触れ合える喜び。

純粋なままで、それが世界の価値となる。

==============

人は、相反する矛盾した両方の感情の
どちらが、自分にとっての本物だろうと
考えてしまうことがあるように思います。


そうした時に
両方の気持ちをそのまま観てあげると
どちらも正解であった事がわかり
どちらも愛から発生していた事がわかるのです。

本物は、一つじゃ無いこともある。

その時、自分に対しての
ジャッジも否定も消え失せ
愛である自分にもっと気付いていくのです。

==============

急に明日から出雲にライトワークに
出向くことになりました。 

奥津島比売命に導かれ、海を渡ります。  

そこで行うことは
『国産み』
『成功と、社会、世界進出』に関係するライトワーク。 

新しい世界、新しい社会をつくる!

新しい<愛が中心の>覚醒した成功者が
これからの、世界で、活躍していくために。 

世界の中心は、愛となったのだ。
愛が、全ての価値になる世界。 

長期プロジェクトの予感に満ちた
幾つもの章がまたがる大冒険の幕開け。

==============

ライトワーカーよ!
暗い夜は明けた。
準備が終わり、ここからは進んでいくだけ。 
 
自分が選びとった
自分の手で掴み取った
たった一人の自分にとっての栄光を
手に入れる時が来た。 
 
それは、光だけの光ではなく
光と闇の両方を抱えている
あなただけの栄光。 
 
他者に罵倒されようと
他者に理解されなかろうと
根元が愛から生まれていて
己自身を現してさえいれば 
 
必ずや、それは、苦楽を超越した喜びを
あなたに与えるだろう。

==============

うちは、トレーナーを中心に泣き虫が非常に多いです 笑)  

でも、実は、わたしは、泣き虫が多い実状を
とても誇りに思っています。
  
何故なら、泣き虫な人は、皆んな
『愛を感じる能力が高い』から泣いているからです。 
 
愛を感じる能力が高い。
それは、愛を広げる能力が高いというところに
直結していきます。 
 
愛されることによって、強くなる。
その秘訣は、愛されれば愛されるほど
自然にもっと愛を広げていきたいと
願う力になるからです。 
 
愛を感じて流す涙は美しい。
そして、その涙は、きっと情熱に変わるんだ。 
 
同じく、泣き虫のわたし。
感謝や愛を感じてしまい
泣き出したら、止まらず。 
 
長年、会いたかった夫にようやく逢えて
フリーダムディスティニーの仲間と愛し合うことが嬉しくて
ずっと望んでいた、安らぎと安住の地が心地よくて
幾度も望んだ今が、あまりにも愛おしすぎて
嬉しくて、そのことで、時々、泣いてしまいます。 
 
お外でも、ご飯屋さんでも、何処でも泣いてしまうから
しかも、泣き出したら、止まらなくて、目が赤くなるまで泣いてしまいます。
  

そうすると、夫は、ちょっとあたふたしながら
それでも、持っているハンカチで、涙を拭いてくれます。

そんな日常の優しさに、また、泣いてしまい(笑)
涙、エンドレス。

もっと、いっぱい皆んなと愛し合って
もっと多くの人に、愛を届けていきたいな。

==============

個性溢れる人間であればあるほどに
個性を欲しがりません。

生き様、在り方、その人そのものが
何をしていても、個性に満ちているからです。

ですから、結局のところ
等身大のその人自身に成り行く事が
個性も秀でてくるし、霊力も高まります。

オリジナリティを生きる事は大切ですが
個性を得たいために、自分自身では無いものに
すり替わってしまっては本末転倒です。

自分自身では無いものを削ぎ落とし
自分のかけらを統合していきましょう。

そして、生き様全てに
どの瞬間の自分にも、個性が滲み出ている
変わらないエッセンスを発見していくのです。

 ==========

 【優しさは愛で出来ている】

本当に優しいというのと
優しそうというのは違います。

実は、本当の優しさというのは
〈ただ、他者への愛と思いやり〉
から成り立っているものです。

世間一般の優しさとは
寄り添うことであると思われがちですが
他者の愛と思いやりからの寄り添いと
自分の保守のために、合わせているだけの
両方のケースが発生しています。

厳しさも同じで
ただ、他者への愛と思いやりで
厳しさが大事と思って厳しくしている時と
自分自身の弱さを許せないから、他者にも
厳しさを強いるという両方のケースが
発生しています。

自分と同じ意見であるか
どうかは関係ありません。

YesとNoのどちらも優しさになり得ます。

大事なのは、そのもっと奥なのです。
もう、二元性を超えた優しさを
見抜いていこう。

そして、自分も、本当の優しさを養っていこう。

そして、それは
ただ、目の前の人への
愛から成り立っているのだと。

==========

今日から、フリーダムディスティニー新会場
東京北参道拠点にて、講習がスタートします。

ここから、この場所で、どんな思い出が
出来ていくのだろう。

沢山の方たちが、幸せになって
いかれることを願って。

講習が開けるように
短期間で、会場が使えるように
整えてくださったスタッフの皆さまに
感謝です。

=================

【わたしは、今、何処にいるでしょう?】

ライトワーカーあるある。
のんびり自宅で執筆のはずが
昨日、急に呼ばれて、日本アルプスにいます。

一面、雪景色。
ホワイトアウトの中で
宇宙のお仕事、寒いけど、頑張り中。

何故、アルプスで宇宙会議が行われているかは
全くわかりませんが、しばらく、参加してみます。

白い。それにしても。笑)

=================

【今の自分に見合ったツールを選ぶ】

ツールを選ぶ時、そのツールの質が良いのは
もちろんのこと《提供する際に、今の自分の
クライアント層に、見合っているか》
という事を意識がけるのは、ビジネス目線で
いったら当然の事ですよね。

よく、クライアントさんが来ない。
ビジネスが上手くいかないと言っている人。
このビジネス目線が無いんですよ。

ツール選びは、覚醒目線とビジネス目線
どちらで選んでも良いのです。
自分が取得したいものと、自分の提供路線に
合っているものは、違って当然です。

稼ぎたいと言いながら、覚醒目線
のもの、例えば、効果が具体的に
わかりにくいものばかりを選んでいるなら
そこには明らかな矛盾が生じます。

当たり前の事ですが
《自分と同じくらい人間的に覚醒している人は
自分のクライアントにはなりにくい》のです。

それは、友人ですよね。
友人受けしたとしても
自分のクライアント層に見合って無ければ
クライアントは増えません。

もっと欲を言うなら、自分のところで
色々な段階、様々なステージの人に
対応出来るツールを取り揃えて
流れを生み出せたら最高です。

ビジネスの基本は流れです。

それが出来ないなら、先ずは自分の
クライアント層が一体
何処の辺りがヒットするのか
見極めていかなくてはなりません

自分が一番熱いものより
自分が通り過ぎたくらいのものが
自分のクライアントに対しては
ベストだったりするわけです。

よほど、語る力に自信があって
ムーブメントの一つや二つは起こせる。 
こう言う人は、どんなツールでも
何でもクライアントは来ます。

でも、未だ、そうでは無い段階で
ビジネス的に、上手くいって無いなら
自分のクライアント層に見合ったツールも
取り入れて、両方バランス良く選んで
豊かになっていきたいものです。

=================

宇宙には様々な星があって
銀河がつくられている。

家族の中で、言葉が通じない理由が
星と星の違いにあったなんて
一体、誰が想像出来ただろう。

真実は、何時もファンタジーのようで
信じがたいもの。

幾多の星の願いが
地球に集まっている。

===========

【夢のような夢】

朝、起きてみると
目の前の現実が幸せ過ぎて
何だか泣けてきてしまいました。

〈これほどまでに、世界に愛されている〉

愛されること ー それが、わたしの力。
愛されて、沢山の人に応援してもらって
一人では、決して、超えられない壁を超えられた。

世界の愛を感じると、自然と感謝が湧いてきて
自分に、出来る事をしてみようと思えて。

ちっぽけな自分を何時も感じながら
出来ることを全力でやってきた積み重ねで
今が出来ている。

『幸せになるために、人は生きているんだよ』

願いを叶えるまで、何度でも生まれ変わって。
何千年、何万年もの想いが、実る時が来たんだ。

愛する人たちと
愛を紡いで、幸せを広げていきたい。
今が、どんなに絶望的でも
必ず、人は幸せになることが出来る。

それを、夢のような現実という夢の中で
伝え続けていくのでしょう。

===========

リーブストレーナーとして
兼ねてから、多数のイニシエーターや
カリスマシャーマン育成を手掛けてきましたが
  

今年は、育成だけでなく、クリエイションに
エネルギーを集中していくため
  
無理なく負担のない日々の生活を送るため
   
また、世界としての役割、立ち位置的に
フリーダムディスティニー自体に
エネルギーを注いでいくため
 

リーブストレーナーとしては
以前と全く同じ方法ではなく
別アプローチにて、貢献し愛を注いで
いきたいと思っております。
  
先ず、手掛けておりますのが、一般層に向けて
わかりやすく言語化した各講習の案内ページです。 
  
試行錯誤、デザインから何から一から起こして
何ヶ月も練った末に出来上がったのは
サイキックプロテクションプレミアム講習。
  
境界線という言語が流行り出して
多くの方が、その素晴らしさを伝えられるように
なったと思いますが、伝えてきたものを言語化して集約し
どの方でも、見られるような形にページ化しました。
    
施術者の皆さま
私が教えた教えていないに限らず
リンクを貼っていただければ、私が書いた
案内文章をお使いいただくことができます。
  
何度も講習を開いて、その都度、伝えてきた
とてもとても大切だという思い。
  
私自身も講習自体は、今後も教えていきますが
伝えて広げていく役目に関しては
皆さんに、バトンを手渡します。
  
愛を繋いでください。
 

サイキックプロテクション説明文、全文です。

http://freedom-destiny-world.link/psychic-protection-pk/

=============

【恐れを手放す】

恐れを手放すという言葉を
よく聞くけれど

それを実行しようとして
自分の気持ちを切り捨てようと
頑張っている人は意外と多いものです。

実は、手放すというのは
『抱きしめて、愛する』に近い。

無くそうとするのではなくて
『それほどまでに傷付いていたんだね。』
『怖かったんだね。』

そうして、愛を持って
寄り添ってあげるのです。

切り捨てることと
愛して寄り添うエネルギーは
むしろ、真逆ですから
『手放す』という言葉面だけで
捉えて実行してみても
上手くいかない理由は
そこにあります。

もっと言うと、恐れなんか
無くなっちゃえと思うのは
マインド、思考レベル。

痛みは、癒す事で、和らぎを得られ
自覚して愛する事で、許しを得られ
根源的な痛みの部分にまで愛が届いた時
痛みが愛に帰還し、全てが終わります。

構築した全てのLOVINGは
全ては愛であったというように
愛に帰還するように
つくってあります。

『ありがとう』
と自然に湧いてくるのは
全ては愛であったということが
理解を超えてわかるからです。

=======

【愛し合うことしか興味無い】 
 
戦いとか争いとか
正直、全く、興味無いです。  
 
誰かを押しのけて
一番にのし上がろうとかも
正直、全く、興味無いです。  
 
自己実現も、個人レベルの自己実現には
正直、全く、興味無いです。
ワンネス的自己実現しか頭にありません。  
 
愛し合うことの方が
よっぽど、楽しくって
愛し合うことに忙しくって
他のことしている暇がありません。  
 
戦いとか争いとか
辞めさせようとする必要などなくて  
 
本当の愛を知っていけば
くだらなくて、辞めるんじゃ無いかと思うんです。    
  
愛にフォーカスしよう。
愛に意識を向けよう。  
 
自分がそれで生きていたら
気がついたら、周りも
そんな人たちが増えているものだから。 

=============

【不可能そうに思えるときほど、変態笑いで進んでゆけ】  

どうしてAyaさんは
どんどん、不可能そうなことを
超えていって、どんどん願いを
実際に具現化されていらっしゃるんですか?  
 
これ、よく聞かれます。
それは。。。
それはですね。  
 
もちろん、エネルギーレベルで
カルマを相当昇華しているので
カルマによる影響を受けないこともあるでしょう。   
  
実際に、具現化の経験を幾度もしているため
何でも、出来るという可能な方が
当たり前になっていることもあるでしょう。   
  
でも、もう一つ、わたしの特徴があります。
それは。。。
それはですね。
『不可能なときほど、不敵な笑いを浮かべて
変態笑いをしている』
ということ。  
 
実は、銀行の口座に350円しかなかった
人生で最もお金がなかった頃。
息子に、ケーキ屋のお菓子を1つしか
買ってあげられませんでした。  
 
うわ〜切ない〜。と思いますよね。通常。
その時、わたしは、実は、不敵に笑っていて
目をキラキラさせながら、息子にこう言ってました。 
  
『さあ、見て起きな。今が、ママが人生で
最もお金が無いという経験をしている時だよ。
ほら、ケーキすら、2つ買えない。
今が、一番、底だ。〜くんにとってもね。』  
 
そう言って、息子にきっちり、良いアファメーション
(ここが底で、これ以下が無いをインプット)が
できたとすら思っていて、面白がっていました。
いつもそうですが、わたしは、本当に
絶望的な状況になると、変に面白くなる傾向にあります。   
  
ある一定の領域を振り切って
何にも無くしてみると
振り切ったところで、面白くなる。
これは、魂の創造出来る喜びが
湧いてきている時です。   
  
これが、結構、何にでも応用できる優れもので。
本当に絶望的な状況で、超える要素になったりするんです。  
 
不可能そうに思えることに挑戦していく人
ここから、多いはず。  
 
一緒に、変態笑いをして
不敵に笑ってみませんか?

=============

【内なる願いに気付く】
   
使命や誓願は
指導者や自分以外の誰かから
『あなたは、こういう役目ですよ。』
と耳にすることがあります。
   
あんまりにも、耳にしすぎて
耳にタコができるほど耳にしすぎて
半ば嫌になってしまったり
うんざりしてしまったり
他者から言われたことであって
自分の内側から湧いていないとか
色々抵抗することもあります。
   
自分が最終的に決断することは大切だけれど
自分が知らないレベルの自分の声が
他者の口を通して聞こえて来ることは
よくあることなのです。
    
その言葉が、最初に
自分の内側から湧いてきたか
外側の声が自分の内側の声を知らせてくれたか
それは、どちらでも構いません。
   
本当に大切なことは
『それは、わたしの、魂の願いだ。』
と言うことに気付いて
願いを自分のものにしていくこと。
   
断定するには、魂とマインドの願いが
一致している必要があるから
マインドが折り合わなくて
はっきり解らない段階もあるかもしれません。
   
そういう時は
わたしは、自分に、こう語りかけることにしています。
『じゃあ、やらなくていいよ。』
本当にその道に進むのは辞める道を進むことに
意識を向けてみるのです。
  

そうすると、魂からの願いであれば
辞めてみるのは、嫌な気持ちになります。
一体、どっちだよ。と自分に突っ込みたく
なりますが、そういう時は、やりたくないのか
恐れと抵抗から出来ないと思っているのか
よく見てみましょう。
   
全ては、愛ですし
何をしても、しなくても良いのですが
結局のところ、未だ生きているのであれば
その命を輝かして生きていきたいものです。

=============

【祝 フリーダムディスティニー東京会場決定】
   
兼ねてから探していた
東京での新しい拠点が決定しました。
   
2月から探していたのだけれど
中々、思った感じのところが無くて
何件も物件を探して行った先に
辿り着いた場所です。
   
北参道の駅から、とても近くて
それでいて、とても静かで
窓がお部屋一面にあるので
光が差し込みます。
   
明治神宮からも近くて
昨年末から始まった
太陽神界のお仕事や
ライトワークの報告も
直ぐにできます。
   
この場所は、これから
わたし自身が講習で使用する他
フリーダムディスティニーの講習を
東京で行う際に、トレーナーや
ファシリテーターが安価で使用できるような
システムに徐々に整えていこうと思っています。
   
5月の始まりの前に
新しいステージへ行く準備が
徐々に整ってきていて
同時に、そこへ向かうことへの
努力の成果が実ってきており
後は、進んでいくだけとなりました。
   
わたしは、この道を行く。
   
同じ道を行く人たちと
同じ場所で集って
愛し合いながら
幸せを広げていきたいです。

=============

【自分にとっての大切なもの】

自分にとって、大切なものは
人からみたら、くだらないものかもしれない。

そんなの辞めちゃいなよ。
そう言われてみても
全然、辞める気など
一向に起こらないこともある。

何億円もするダイヤモンドと
ガラスで出来た美しい飾り。

大人だったら、迷いなく
ダイヤモンドを取るかもしれないけれど
小さな子どもに、好きな方を取っていいと
言ったら、自分が美しいと思ったガラスを
選ぶかもしれない。

 

覚醒とは、どんどん幸せになること。

そして、幸せとは、未だ眼に見えぬ
望みの中にあることもあるし
既に自分が、幸せを手にしていた事に気付き
ガラスが、自分が得たかったものであったと
発見することでもあるのです。

そのどちらであるかを
決めるのは、あなた。

あなたの大切なものは、何ですか?

*********

【本当に大切なものは残る】
 
人は、大切なものを守ろうとして
大事なことを失わないようにして
何も無い、ただの身一つの自分に
なることを恐れているけれど
 
恐ることはありません。
 

心の中で、全てを捨て去っても
何もかも手放しても
大切なものは、消えません。
 
捨て去って、捨てされるようなものであれば
そんなに大切ではなかったということなのだから
心配することはありません。
 
本当に大切なものは残ります。