潜在意識系だけで、何とか
乗り切ろうとしている人の
(マインドレベルでの理解)
 

体調不良や、 
現実的、心境的な乱れによる
困惑の案件の相談が増えています。
   

ある意味、当然というか必然。
自分で自分に、 
自分の本当の状態を教える 
ためには、 
何でも、何処までも容赦なく 
起こすものね。
 

よくあるケースは次の3つ
☆体調的に、どうにもならなくなる
 

☆金銭的に(又は仕事) 
 どうにもならなくなる
 

☆人間関係、家族や 
 パートナーシップがどうにも 
 ならなくなる。
 

又は、これらの複合。
 

こういったことは、ある意味
自分が自分の真実に 
気付けるようにするサイン。
こういったことが、きっかけで、 
自分のエネルギーに取り組める 
ようになるケースはとても多いです。
 

人間とは、事象に起こさないと 
中々納得しない生き物。
 

わたしは、 
事象に起こし尽くして飽きたので、 
予防が好きです。 

 
未来を先取りした提案を 
よくするけれど、 
それでも、事象に起こさないと 
納得しない場合ってけっこう 
ありますね。
 

そういった意味では、 
同じく飽きて懲り懲り。 
という人は、そういう事象を 
起こす前に対処します。
 

飽きる。やり尽くす。 
って大事ですね。

===================================

【一言メッセージ】
 

覚者って 
凄くなることじゃないよ
 

むしろ、どちらかというと、 
とってもふつうになっていきます。
 

その人らしく、 
等身大で生きるから
力抜けてて、とってもふつう。 
 

ふつうなんだけど、 
その人らしさが滲み出てるから、 

 
個性的で輝いてる。

===================================

【一言メッセージ】 
 

己という愛を貫く時、 
絶対的な孤独と共にある。 
 

しかし、その孤独さえ、 
祝福である。 
 

唯一無二である己を 
「わたし」を 
 

感じられるからこそ 
生まれるものだから。

===================================

【ウサギとカメ】
 

ウサギとカメ。 
というお話があります。
 

ウサギは、足が速いのですが、 
途中お昼寝をしてしまいます。
カメは、足が遅いけれど、  
休まなかったので 
ウサギに勝ちました。
 

一般的なウサギとカメのお話は 
こんな感じですが
 

わたしは、 
時々自分のことを例える際に
『走り続けるウサギ』と 
称しています。
 

走り続けるウサギは、 
本当にひたすら走り続ける 
のです。 
 

覚醒や進化においても、 
現実創造においても、 
止まらないウサギは 
止まらないのです。 
 

決して歩みを止めないし、 
正確にいうと 
止めることができない。
という感じがわたしです。 
 

だからわたしというのは、 
ただ、在るだけで、 
周りの人の速度も上げてしまうし、 
 

止まっていた人がいたら 
動きだすことができるのだと 
思います。
  

『ここから、 
 ここまで手を引っ張って』
というように、 
ある一定のところまでのサポートを 
お願いされる場合と
 

『わたしと一緒に走って』
というように、 
生涯の覚醒。 
走り続けること自体のサポートを 
お願いされる場合があります。
 

最近は、それと共に、  
協力しながら一緒に走ったり
『あなたの荷物を持ちますよ』 
といって、わたしの仕事を 
手伝ってくれながら、 
一緒に走ってくれる仲間も 
現れ始めました。
   

走り続けるウサギは。
常に、 
観る景色が変わっていきます。
 

同じ顏の人を見続ける場合は
同じ顏をしている人もまた、 
走っていて、 
変化し覚醒し続けている 
ということです。
 

人間として、 
観る景色が、どんどん変わって 
しまうことに、 
『動』という自分の特性そのものに、 
苦しさや悲しさを覚えたことも 
ありました。
 

走り続けるウサギは、 
時に羨ましいと思われがちですが、 
この役だからこその大変さ 
というのがあるのです。
 

今は、すべては我に在り。 
としながら、 
景色が変わっていくことを 
受け入れたので、 
 

一期一会。 
目の前に現れたわたしに 
出来うる最善を 
ただ、尽くさせていただこうと 
思います。
 

最善を尽くす。ただ、それだけを。

===================================

最善のものを 
与え続けなさい
とかって、 
メッセージを書いてたら
 

何だか強風とかで、 
途中の駅で電車が 
びっくりするほど止まった 汗(^◇^;)

今日は 
ライトワーカー育成プログラム 
初日で、わたし講師だから、 
めっちゃ早く家出たのに。

生きてると、 
そういうことってあるよね。 
最善、ベスト尽くしましょう♡

===================================

【今と未来のわたし】
 

あなたの中の最良のものを、 
この世界に与えなさい 
 

たとえそれが十分でなくても
気にすることなく、 
最良のものをこの世界に 
 

与え続けなさい
  

***************************
 

これは、マザーテレサの 
とても有名なことばです。 
 

人は、未来の自分を想像します。
とっても素晴らしくって、 
こんな風になっている自分。 
 

色々なことができている自分。 
こんな風になっている自分。
 

そうして、未来を観たとき、 
急に自信がなくなります。
未来と比べたら、 
なんて、ちっぽけなことしか 
出来ないのだろうかと。
 

成長、進化という性質をもつ 
わたしたちは
未来の自分をみて、 
今の自分が小さく思える時が 
あるのです。
 

そうして、 
今の自分を疎かにしてしまう。
 

ここから脱却するには、 
『今』の自分が出来る最善を
実際に世界に対して行っていく 
ことです。
 

何処かに到達したらやる。
 

到達って、 
意外としませんよ(笑) 
何処までいっても
もっと素晴らしい可能性は 
存在します。
 

何処までいっても、 
未熟さや愚かさはあります。
 

未熟さがあるから、 
更に成長していけるのです。
何処までいっても、 
無限に広がっていけるとは、 
そういうことです。
 

ある程度のところまで、 
自らの使命。
それを見定めるのは大切なこと 
でしょう。
 

しかし、何時までも何時までも  
未来の自分ばかりみていたら
今という時を、 
今の自分の出来うる最善という 
チャンスを逃してしまいます。
 

『自分を見つめながら、 
 同時に与え続ける』というのが、 
最も難しいことです。 
 

もっと凄い自分になったら与える。 
と人は考えがちだし
逆に、凄い自分だから  
与えてるんだという傲慢さにたちます。
 

謙虚さを伴いながら、 
それは、 
己の未熟さや愚かさや弱さを 
見つめながら、 
それでいて世界に 
自分という存在を現していく。
 

与えているとき、 
既に同時に与えられてもいる 
ことを知ることです。
 

未来のあなたには出来ない。
今のあなたにしか出来ない 
素晴らしさを見出すことです。
 

そうして、生きるということは、 
 

『わたし』を現しながら 
生きている 
ということなのです。
 

**************************
 

このアングルの蓮って 
あまり観たことないけど好き。
 

正面だけでなく、 
色々な角度から観ることで
物事は、もっと立体的に 
観ることができます。
 

そして、平面的ではなく、 
立体的に観ることができれば 
できるほどに 
 

事実が観えてくるのです。

===================================

【状態とは】
 

よく、 
『マインドの理解ではなくて、  
 実際にその状態になる 
 ことが大事』
という風にお話したりします。
 

どういう風に見分けるか?
実はとても簡単です。
 

マインドの理解だけのときは、 
まだそのことで悩んでいます。
 

実際にその状態になったときは、 
何で悩んでいたかも忘れています。
 

あっ、そんなこともあった 
かもしれない。。。くらいな感じ?
 

状態になってしまうと、 
もう、その課題について
考えることもないし、 
 

出来ているか出来ていないか。
そんなことも考えません。
忘れてしまうほど、 
ふつうのことになってしまう。
 

そのことを、 
実際に状態になっている。 
という言語でお伝えしています。

===================================

【解放と受容】
 

わたしの中では、 
解放と受容は同義語。
 

解放というと、 
汚いものを無くそうとする
感じの人がいるけれど 
それじゃなくならないよ。
 

むしろ、受け止めて、 
大切に抱きしめて
これはわたしだ!って
わたしの痛みだ!って。
 

自覚し、受け止める。
 

そうしたときに、  
もう、いいね。って 
許せていくことで、 
最終的にエネルギー的に 
終わりにできるし
 

そうして、 
エネルギー的に癒したり、 
受け入れていったときに、 
 

あっても無くてもどっちでも 
どうでもよくなってる。
 

とても自然にそうなってる状態。

===================================

【目の前の景色】
 

目の前の景色。
それは何時も自分。
 

だから、誰かのこと 
現実化に追い込んで 
やっちゃおうよ!って
言ったんだったら、 
 

一番自分がやらなくっちゃね。
 

公言して、 
適度に追い込んだほうが、 
調子が出るタイプなので
自分を追い込むべく、  
 

通常のお仕事とか、 
育成ばかりしちゃってて 
手つかずになってる、 
 

自分のブログおよび
HP一つを今月中に
形にして、世の中に出す!
と、ここで公言してみた。
 

思ってることと、 
言ってることと、 
やってること。
全部一致してるのが、 
 

一番 現実化がはやい。

===================================

【辛口トーク 激辛につき注意!】
 

あれだね。世の中で溢れてる
『変わります』っていってる、 
うたい文句のものは
ある意味、自分から 
他の何かになろうとするものが 
大多数で 
 

そういう講座とかセミナーとか、 
受ければ受けるほど
実は、むしろ 
『ペルソナ』つくってるか、 
強化してるだけだね。
 

本当のありのままの自分 
というのは、 
ダメな自分から良い自分に
変わることじゃない。 
 

ダメな自分をむしろ受け入れて
受容していって、 
統合していってこそ得られる。 
 

ネガティブに潜む、 
ありのままの美しさもみえて 
くるから、 
すべてを受けいれる受容を 
育んでこそ、得られるものだ。
 

自分以外の何かになって、 
もしくは、 
自分の一部として生きて 
 

そこで得たものは、例えば、 
他者の賞賛や評価が伴っていた 
としても、 
結局のところ、 
自分を切り捨てていたり
 

心の何処かで、 
これは自分じゃない。 
という虚しさを感じることに 
なるから、 
 

賞賛や評価を得ても 
空虚なものだし 
本質的な自信からは、むしろ 
遠ざかる。
 

変わるというのは、 
付け加えることでもなくて
むしろ、 
今まで付け加えていたものが 
あればあるほど剥がすことだし、 
 

剥がすというのは、 
決して楽しくなくて、 
むしろ苦しいことだ。
 

出来ていない自分から、 
出来る自分になることを  
人は求める。 
 

出来ていた自分から、 
出来ていない自分になるのは 
人は嫌がる。 
 

例え、それが本当の 
自分自身へと還るプロセス 
だとしても。
 

出来てないのに、 
出来たような気になるもの。
ペルソナとしての 
自分の達成感や満足感を 
得られるもの。 
 

こういったものは、 
手軽に満足感を得られるし、 
人を楽しい気持ちにさせるから、 
評価は高くなるかもしれないけれど、 
 

覚醒という視点からみると 
むしろ進化を阻めているだけに 
過ぎない。
 

よって、 
覚醒に導くサポートとは、 
他者を満足させることではない。 
 

出来てないのに、出来てるね。 
と思わせることは、 
 

最も危険な行為。
 

ただし、出来てないのに、 
出来てるね。と思わせている人は
 

自分自身も 
出来ていないこと自体に 
気付いていないだけの場合が 
多いので、悪気はない。

===================================

【一言メッセージ】
 

理解だけでは、始まってない
理解だけでは、終わってない
 

体得だけが、幻想を超えて
自分自身へ到達する 
唯一の道標となる。

===================================

【真夜中の独り言】
 

真夜中に起きちゃったので、 
呟いて寝ようかと思ってます(笑)
 

人を育てるのって、 
とても面白く
そしてとても難しいと思う 
今日この頃。
 

要するに 
わたし自身が来るから、 
基本自由人が来ます。 
 

だから、自由主体は必須だし、 
そうして自由というスタイルを 
貫きながらも 
 

本人が気付けていない、 
その人の未来とか 
魂の誓願が観えるから 
 

個性を見出して、 
特性を活かして、 
もっと才能を開かせて 
生きられるように、 
サポートをしていきます。
 

それだけだったら、 
いいのだけど、 
覚醒や統合のサポートが
色々入ってくるから、 
色々複雑です。
 

最も問題となるケースは、 
わたしがおすすめ、 
アドバイスしたことを 
アドバイスではなくて。 

 
やらなくちゃいけない。 
という風になるケース。 
しっかりと断れない場合が 
ある場合、 
 

これは、『断れない』という 
課題があるわけですが、 
こういった場合は、 
極わずかな不満だったとしても 
不満が長期的に、 
蓄積していくと致命的になります。
 

最近は、これが、極わずかでも 
見抜けるようになったから、 
そういうのがチラッとでも 
垣間見えたら、 
 

もう一度、『選び直す』 
ということをしてもらいます。
 

それでも、難しそうな場合は、 
『自分のことに関しては、 
 自分で決める』という 
スタイルや方針に変えてもらう。 
という感じで、 
 

わたしは色々観えていたとしても、 
本人が決めたことに対して、 
フォローすることや、  
メンテナンスのみに停める 
というスタイルに切り替えます。
 

そういった意味では、 
わたしのところって、 
人によってはとても厳しいのは 
『自己責任での選択』 
というところです。 
 

わたしは、必ず 
『自分で選んでもらう』という 
ポジションに立つから 
わたしのせいには出来にくく 
なります。 
 

それって 
自分の人生や不幸を 
誰かのせいにして、 
依存して生きてきた人には、 
実はとても苦しいことなのです。
 

『されちゃった』って本当は 
無いことに気付くから。
 

どんな関係性であっても 
『断る』というのは
とても重要で、 
恩人であろうが、指導者であろうが、 
上司であろうが断れないと苦しいです。
 

これは、とても難しいですね。 
わたしも経験済み。
難関ですが、それでも、 
これが出来るようにならないと 
 

自立にはならないです。
 

断れる関係性。
つまりは、 
言いたいことが言える関係性。
 

これが自立の目安で、
一緒に仕事が出来るかどうかの 
目安でもあります。

===================================

【どっちも♡】
 

人生には、 
自力ゾーンと他力ゾーンが
存在します。
 

他力ゾーン。
自力で幾ら努力しても、 
どうにも進めないところ 
というのがあるのです。 
 

例えば、 
サイキック能力開くとか、 
カルマ解放とか、癒しとかね。
 

自力ゾーン。
逆に、自分で自分がやるしかない。 
ところもあるのです。 
 

例えば、 
仕事を形にしていくとかね。
  

これらが、織りなしながら 
人生は彩られています。

===================================

朝から
『これから、 
 会社辞めてきまっっす!!!』
という、熱いメールが。
 

ああ、わたしと出逢って、 
一体何人の方が会社 
辞めちゃっただろうか?(;゚∇゚)
(そして、何時も
 勝手に決めて辞めてくる  
 電撃事後報告系 笑)
 

けっこう多いような気が 
しています。
やりたくないことが、 
やれなくなるので。
 

でもさ。辞めちゃっても、 
別に何だか人生って続くし。
どうにかなっちゃうのよね。
 

こういう、 
『全人生をかけた決断』して
自分の本当にやりたい 
お仕事に向かう方
 

もう〜〜ついつい、 
全力で応援しちゃうわけです。
時に、松岡修造にもなっちゃう 
わけです。
 

だって、わたしってば 
『出来ない』ってのが
存在しないから。
 

実現するもの。としか 
思ってないから。
 

そのためには、 
ありとあらゆるサポート 
しちゃうわ♡
 

実現する。創るってのは、 
ふわふわ夢観てるだけじゃ、 
 

出来ないよ。
 

ある意味、戦略的で、 
形式的で、現実的な側面。
 

その側面も受け入れ、 
愛していくことで、
はじめて出来ることだから。
 

すべては、愛。

===================================

【さあ、9月最終日】
  

さあ、9月最終日。
この9月に決めたこと 
沢山あります。
後は実行して、 
行っていくだけなのだけれど
 

ここからの2年。
わたしは、わたしの決意を 
生きられるだろうか。
わたしは、わたしの決意を 
貫けるだろうか。
 

わたしの願いは、 
1人でも多くの方に
チャンスという切符を 
お渡しすること。
 

誰にでも、幸せに。 
自由になれるチャンスは 
あるのだと。
 

そのためには、 
一般の方が興味をもって 
もらえるように
様々なレイアーの方が 
興味をもってもらえるように
色々なアプローチをしていく 
のだろうと思うのです。
 

一般の方が、 
興味を持つところ。
というところから 
アプローチするから
いきなり覚醒というよりは、 
願望達成するほうが
入りやすい人もいるかも 
しれないし 
 

自分を愛する。大切さを 
語られても 
響かない方には
他者から愛される。 
ということの方が響くかも 
しれません。
 

時に 
寄り添った書き方を 
する時もあれば
 

時に 
今のわたし自身のことを 
書くときもあるでしょう。
 

だから、 
言い方や表現というのは、 
様々な層の方に語りかけて 
いるような感じなので、 
響いたり響かなかったり
するかもしれません。
 

また、1人でも多くの方に 
チャンスを届けるために
広げていこうと思っているので、 
  

お金というツールを嫌わずに、 
新しい形。 
レムリアの 
フラワーオブライフの組織形成を 
つくっていくかと思います。
 

そうしたことを行っていく 
ということは
わたしのそうした思いや 
真意というところとは
全然関係ないところで、 
物事を観て批評されることも
時には起こりうるということも、 
受け入れるということ。
 

わたしは、とても弱いです。
規模が大きくなればなるほど、 
相対的にその声も 
強くなるであろうことに 
わたしは耐えられるだろうかと、 
とても心細いです。
 

すごくデリケートなわたしは、 
わたしの真実という孤独だけを
揺るぎなく見続けて、 
進んでいけるだろうか。
 

わたしは、わたしを  
愛を 貫けるだろうか。
 

それでも、やる。 
という以外の選択肢が
魂レベルでは存在してはいない 
ことを感じながら。
 

多くのサポートしてくださる 
存在の応援を感じながら。
 

そして、今朝。 
フラワーオブライフの動画を 
見つけました。 

無条件の愛。 

本当だね。 
わたしは無条件の愛の組織。
 

人が輝ける組織を 
つくりたかったんだ。

===================================

【安心していいよ その3】
 

今以上に素晴らしい貴方には、 
絶対になれないから。 
 

なぜなら、 
その時その時の素晴らしさが、 
何時もそこに
完璧に既に存在しているからです。
 

例えば、知る。ということ。
 

知っている人は、 
すべてを知れるかというと 
そうではなく
『皆が何を知らないかが 
 わからない』のです。
 

例えば、欲。ということ。
 

欲が無い人は、 
すべてに対して欲がないか 
というとそうではなく
『皆と同じように、 
 欲を抱けない、欲を欲する』 
のです。
 

劣って下にあるものは、 
優れて上にあるものと同じ 
 

同じだとわかりながら、 
自分がどう在り、 
何を現したいか。
 
 
その前提がありながら、 
生きていくことは
戦いを終わらして生きて
 

今という不完全なる完全性を 
楽しみながら生きることです。

===================================

【これから、起こること】
 

これは、わたしには無い  
と切り捨てれば切り捨てるほど
威力を増して、 
目の前に現れる感じに 
なってきます。
    

逆に、これは、 
わたしだ。として 
受け入れれば受け入れるほどに
それにどのように取り組み、 
協力するかという感じに 
なってきます。
 

要するに、 
敵をつくるか。味方とするか。
 

すべての目に見えるものに 
対しての 
1つ1つへの対応が
 

すべての目に見える 
わたしへの対応がより、 
問われていくのです。

===================================

これは、善悪 とか
これは、光闇 とか
これは、白黒 とか
 

どちらか一方に決めつける 
世界が
さっぱりわかりません。
 

誰かにとっての、光は闇で
 

誰かにとっての、闇は 
光でもある。
 

むしろ、 
唯一絶対の正解と正義が
 

世界に犠牲を生み出している 
ように感じてしまうのですが
 

そういう世界も 
それもまた、ありなのでしょう。 
 

わたしとは観ている景色が違う 
というだけで。

===================================

【師として惹かれる人】
 

わたしを魅了する人。
 

惹かれることに、理由などなく
強烈に惹かれる。
 

その人が、 
何を教えてくれるのか
何をしてくれるのか、 
よく知らないし。
よくわからない。
 

多分、何時までも 
全てはわからないだろうけど、 
それでいい。
内容は、後から付いてくる。
 

わたしにとって重要なのは
【惹かれているその人から学ぶ】
という行為そのものだ。
 

学びたいのは内容だけでなく
【その人のエッセンス】
だから。
 

そして、 
そういう選び方をした時
 

わたしがわたしを裏切ったことは
一度もない。
 

思いが現実を動かす。
学びの機会が訪れる。
 

師として惹かれる人が、 
世界に存在することに感謝して。

===================================

【才能】
 

個々の才能が 
花開いていくのを 
眺めるのは最高の至福です。
 

才能というと、 
どのようなことを  
思い浮かべるでしょうか?
 

才能について考えるとき、 
大抵の場合は
今まで使ってきたことや 
世間にあるもの。
というところの範囲で考える 
ものです。
 

脳でいったら、 
3%〜5%の範囲での
顕在意識内での才能を 
思い浮かべるのですね。
 

3%の範囲で 
一生懸命努力しても、 
限界があります。 
 

幾ら頑張って 
才能を伸ばしたとしても
3%内での才能を 
伸ばしていることには 
変わりありません。
 

そうではなく、その範囲を 
脱していったときに、 
残りの97%に着目していった 
ときに、 
新たな可能性が開かれています。 
 

それは、全く新しい世界に 
突入していくともいえます。
 

天才と呼ばれる人は、 
3%ではないところの才能が 
最初から開かれていた人
または、開いていった人なのでは 
ないでしょうか。
 

どうやったら、 
3%内ではなく、 
残りの97%の才能を
開いていくことが出来るのか。
 

サイキック能力ともいえる、  
その能力は間違った方法では 
幾らやってもひらきませんが
方法さえ間違わなければ、 
自然と開いていきます。
 

例えば、 
チャネリングスクール 
というのは、 
色々なところで教えている 
ところがあるようですが、 
 

さっぱりチャネリングが
出来るようにはならなかった。 
という話けっこうききます。
 

それは、要するに単純に、 
わたしからしてみたら
ただ、高次元意識開発を 
行っていないから。 
というだけなのです。
 

非常に、シンプルなのです。
受講されている方が、 
自分が才能がないからだ。
とか、そういうのは全く 
関係ありません。
 

わたしは、今 
チャネリングもリーディングも 
行いながら 
お仕事をしていますが、 
 

高次元意識開発していなかったら
今の状態になれていたか?  
 

否ですね。 
 

わたしは、後天的に才能が 
開いていったタイプなので。
 

今まで、 
わたしが観てきた方の中では、  
高次元意識開発が入っている 
伝授を行わせていただいた 
方の中で、 
能力が全く開いていかなかった 
人はみたことがありません。
 

とても不思議なのは、 
『サイキック能力、開きたいのです』
と仰るけれど、 
高次元意識開発を伴ったものは、 
絶対に断固として受けない。
 

これは、私にはどうにも出来ません。
 

サイキック能力は、今や、 
特別な人だけが持てるもの。
という認識ではなくなっています。 
 

そんな特別意識は、 
さっぱり必要なくて、誰もが
才能を開いていく時だと感じています。
 

言語が通じ合える人を 
いっぱい増やしちゃお〜♡
幸せな人をいっぱい 
増やしちゃお〜♡
才能を開かせていく人を 
眺めちゃお〜♡
 

とか、思っております。

===================================

【結婚 これからの 
 パートナーシップ】
 

これほど、朝 
(正確には夜中 笑) 
からずっと  
 

パートナーシップモードで、 
過去に例をみないくらい 
パートナーシップに向き合う 
1日となりました。
 

そして、 
自分が人々に何を提供して 
いくのか。というのが 
より観えた1日でもありました。
 

先ず、夜中から朝にかけては、 
自分自身のヴィジョンの 
欠片を捉えて
それをフェイスブックに投稿。
 

その後、  
セッションにて、 
わたしが指導させていただいて 
いる方から
 

『カルマからの関係性による 
 パートナーシップ』 
の人と別れた後 
 

電撃的な出逢いによって、 
つき合っている方がいて
その関係性が実は 
『スピリットメイト』 
であることを伝えられます。
 

わたしも確認させて 
いただきましたが、 
確かにカルマがない関係性を
築かれているようです。
 

その方から。
その時しかスピリットメイトと 
出逢うチャンスがなかったから、 
 

急いでわたしにサポートしてもらって、 
自分自身を整えなくちゃ 
間に合わなかった。 
と感謝されてしまいました。
 

わたしって、 
何気にスピリットメイトと 
出逢えるように 
サポートしていたと判明。 
知らなかった。(^▽^;)
 

スピリットメイト。 
という言語がはじめての方へ。
要するに、言いたいのは 
『カルマからの 
 重い関係性ではない』
ものであり、 
ツインソウルやソウルメイト 
ではない感じです。
 

というか、 
夢を壊して申し訳ないけど、 
ツインソウルという言語が 
流行すぎてしまったために、 
 

ただの、カルマが濃い関係性を 
『ツインソウルだ!』と
勘違いするケースって 
結構見かけるような気がします。
(わたしも、随分昔に 
 勘違いしたことあり)
 

カルマも、ぐっっっっと 
引きつけられるものがあるから、 
ふつうは、本人  
気付きにくかったりするよね。
 

そんなこんなで、驚いていたら、 
次のセッションでもまたまた
パートナーシップに関すること。
 

ご結婚されている案件で、 
自分との意識の格差や関係性に 
悩まれている様子。
 

ということで、結局 
フリーダムディスティニーを 
別日程で、行うことになりました。
 

何だか、疲れちゃったので、 
お昼寝をしたら仕舞いには、 
元夫との夢を観るし(笑)
 

でもって、起きてみたら、 
福山さんとかジュニアさんとかが
結婚結婚って騒いでるし。
 

起きても、寝てても、 
『パートナーシップ、結婚』 
って感じなのよぉ〜 
勢いでスピリットメイト。 
これ、アマゾンで 
頼んじゃったわよぉ〜(笑)
 

これからのわたしの役割。 
(パートナーシップ編)
 

1、離婚、または、
 おつきあいしていた方と 
 別れたり、離れたりした場合の 
 癒し。  
 

 本人が過去から解放され、 
 望んでいるような良好な 
 パートナーシップを築けるように、 
 カルマの解放、 
 両親との関係性の修復。 
 更に統合を促進。
 

2、現在結婚している、 
  もしくはつき合っている方の、 
  覚醒における様々な 
  パートナーシップのフォロー。 
   

  色々しがらみが出来ちゃって
  やり直したいけど、 
  どうにもならない状態の方でも、 
  今直ぐにゼロから
  関係性を築いていけるように
 

3、現在フリーの方において、 
  自己の統合を促進し、 
  霊性を高め
  カルマの解放と封印解除を行い、 
  新しいパートナーシップ。
  スピリットメイトとの出逢いを 
  応援。
 

どれについても、かなり 
フリーダムディスティニーの 
ワークは外せない感じ。 
 

スピリットメイト、 
カルマからの引きつけ合いを 
終わらせないと、 
出逢えない相手だから。
 

そんなこんなで、 
全く予想できなかったけど
パートナーシップと結婚一色で、 
スーパームーンの夜長が 
更けていきます。
 

参考文献
スピリットメイト

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51918517.html

===================================

おはようございます♡
気持ちの良い爽やかな朝ですね♪
 

昨夜、夜中に 
『アマフィー、トロフィー』とか、 
外国語の発音で自然と浮かんできて 
(こういう、 
 謎の単語が意識の狭間で 
 浮かぶこと、よくあります) 
 

いつも、 
大抵寝落ちしてしまうんですけど、 
今回は起きていられたから、 
検索してみました。
 

そうしたら、 
アマルフィという地中海の街が 
あるのですね。
しかも、 
サンタトロフィメナ教会というのも 
あるらしい。 
 

何だか、このアマルフィという街、 
とっても素敵だわ〜♡
教会も、素敵ぃ♪
 

これは、 
ずっとあるヴィジョンなのですが、 
何時か外国の何処かの
海辺の街に住むようなのです。 
住むのか、バケーションなのか
それは良くわからないのですが、 
 

そこで、パートナーと一緒にいて 
本を書いています。
 

海辺といっても、ハワイとか。 
そういう南国ではないと
思っていたのですが、 
ここも、1つ候補地なのかしら?
などと、遊んでおります。
 

基本、覚醒マニアのわたしですが、 
人間なので人並みに、 
人間的な願望もあります。
 

お仕事以外のことで、 
人生で体験しておきたいことは
最高のパートナーと出逢い、 
共に生きることです。
 

最高の。というのは、 
わたしにとって最高であれば 
よいので
そういった意味では、 
他のことに関しては、達成し
満足しています。
 

最高の子ども。最高の両親。 
最高の指導者たち。最高の親友。
最高の仕事仲間 
(これは、昨年から今年にかけて 
 現れはじめていますし、 
 ここからも出逢うでしょう。)
すべてに恵まれているので、 
 

後 残すところは 
パートナーだけです。
 

この次元で体験し尽くせる 
全てを体験して、 
人間を終えていきたいと思って 
います。 
 

今まで望んで 
得られなかったものは 
何一つないので、後はこれだけ。
 

わたしが望んでいる 
パートナーシップはカルマからの
引きつけ合いのようなものではなく、 
投影的な要素が強いものでもなく、 
依存し合う関係性でもなく
 

『共に、在れる』人で、 
そういった 
パートナーシップを築けるように、 
自らが変容し、統合して、 
血のにじむような努力を 
してきました。 
それで、準備が整ったのも、 
知っています。
 

今日は、スーパームーン。
その日に、 
こんな素敵な地中海の街と 
素敵な教会が浮かぶなんて、  
 

すっかり忘れていた、 
女性という自分を思い出し
そろそろ仕事人間をやめて、 
プライベートも1人で頑張るのを 
終わりにして、幸せになっていい。
ということかしら?
 

わたしと同じ思いの人は 
たくさんいます。
 

わたしも含め、 
多くの魂が、人間の女性としての 
喜びに満ちあふれる世界に 
なりますように。

===================================

表現について。
 

わたしの文章。
実は悪評も沢山あります。
 

響かない。
綺麗事。
文章が長すぎる。
美しく飾り立てているだけ。
口調が、一定一貫していない
 

全部人生で言われてきたこと。
 

とても 
気にしたこともありました。
文章が書けなくなったことも 
あります。
 

色々な評価があること。
それは、とても正常なことです。
 

人それぞれ、人生が違う。
経験が違う。
学びが違う。
伝えたいことも違う。
 

同じエッセンスがある人は
共鳴してくださるし
そうじゃない人には、  
何時までも響きません。
 

自分の意図とは、全く違って 
受け取られることもあるのが、 
普通で、むしろそこに 
面白さを感じて 
生きていくと楽です。

===================================

【信じる ということ】
 

信じるということは、 
疑いが湧かなくなることでは 
ありません。 
 

疑っても疑っても、 
疑いきれないくらいに
 

否定しても否定しても、 
否定する術をもたないくらいに
 

消しても消しても、 
消えない何かが。
 

消えない灯火が何処かに 
心に在り続け
確信の欠片が光続けること 
なのです。
 

そして、すべてが 
確信に変わったときには
 

信じるということ 
そのものが消え去ります。
 

人は、 
完全に疑いがなくなったとき
信じよう。 
とは思わなくなるからです。
 

決して消えない灯火。
 

それが あなた。

===================================

【素直なわたしと反発なわたし】
 

素直さというのは、  
最大の武器である。
と、多くの方をみてきて、 
そう思います。
 

素直さというのは、 
ある意味純粋で傷つきやすく
騙されやすかったりもする傾向も 
ありますが
 

良い指導者にさえ恵まれれば、 
どんどん
受け取って吸収していきます。
 

逆に、反発したり、反抗したり。
そういう側面の割合が多い方は
指導していくのがとても 
難しいです。
 

どちらか一方ではなく、 
誰もがこの2つを内在して 
いますが、 
割合は人によって様々。
 

反発している場合、 
まず、『反発している』
ということ自体に 
気付けなかったりします。
 

だから、 
自覚していただけるように 
指導しますが
そのこと自体に『反発』 
してしまったら、 
どうにもなりません。
 

『反抗、反発』は、 
親に対するものだったりする 
ことが多いのですが
要するに 
『人を信用出来ない』のです。
怒りに満ちていて、 
ガードしている。
 

とても自分を守っているのです。
 

それくらい、 
人を信じられないくらいに。
とてもとても傷ついているだけ。
 

わたしは、 
両極を持ち合わせていました。
 

とても素直なわたし。
そして、とても反発的なわたし。
 

わたしを指導する人は、 
それはそれは大変だと思います。
指導する側。 
同じ立場になって、 
その難しさがわかります。
 

わたしは、 
とてもとても手強かった。
   

傲慢で、人を信用できず、 
抗っていて、 
心を閉じていて
劣等感 故の優越感から 
人を見下していて、 
自分は出来ていると過信していて
 

愛を欲している 
ということを認められず、 
平気なふりをして
 

自分をよく見せようとしていて、 
わたしを認めない世界を 
憎んでいました。 
 

耳を傾ける。ということさえ、 
最初は難しかった。
聞く。という姿勢が 
存在しなかったからです。
 

傷ついて、捨てられた、 
子猫みたいだったのです。
 

そんなわたしが、 
今のわたしに辿り着けたのは
何故だろう。と 
世界七不思議並みに 
自分でも不思議で奇跡としか 
思えません。
 

奇跡とは、愛です。
こんなわたしでしたけれど
わたしは奇跡的なほどに、 
ただ、ひたすらに愛されたのです。
 

自分では、 
もはやどうにもできない状況に、 
自分を追い込んで
エネルギー的なサポートを 
してもらったときに。 
 

『絶対的な真実と愛』を 
確信したことで、 
それを全て否定することが
不可能になったことが、 
一方通行の道を歩む鍵となりました。
 

凍り付いたこころは、 
愛によってしか、溶けない。

===================================

本日はトークLIVEに 
お越しくださり
ありがとうございます。
 

生きるということは、 
死を受け入れ、 
活きた時に感じられるもの 
なのだと思います。
 

自分を活きているか、 
活きていないか。 
1番よく知っているのは 
自分なのです。
 

もし、 
本来の自分とのギャップが 
感じられるとするならば、  

 
それは既に 
活きている自分が内在している 
ことを知っているからこそ、 
感じられるのです。
 

【ある】からこそ。
 
 

ありがとうございました。
深謝。

===================================

【わたしの今の課題】
 

もっと、頼ること。
もっと、人任せにすること。
 

何でも自分でするんじゃなくて
色々手伝ってもらうこと。
協力してもらうこと。
 

もっと頼れる私で在れますように。

===================================

トークライブイベント  
気がついたら
もう、今日になってました。
 

時節的に
『生と死』
『癌。心と身体。病気とは』
 

なども、交えて 
話していこうと思います。
 

って、時節的に何かが起こる 
まえから、ある方に
 

『今回は、癌について話します。』 
って前振りしちゃってたけど。。。(^▽^;)(汗)
 

そうした  
『生と死』というところから
『今、わたしたちが出来ること』
として、 
 

世界にとっての 
自分の立ち位置や役割を
みていこうと思います。
 

ご必要な方に届きますように♡

===================================

【目黒の秋刀魚】
 

貴方がいらないものは、 
誰かが欲しいものかもしれない。
貴方が欲しいものは、 
誰かがいらないものかもしれない。
 

何がスペシャルで
何を望んでいるのか
 

それは、 
貴方にしかわからない魂声
 

逆の経験をしていれば、 
欲しいものは逆のもの。
 

鯛ばかりを食べていた、殿様が 
秋刀魚というスペシャルを
知ったように。
 

スペシャルをスペシャルと 
体感するのは
 

☆最初は、無くて 
 後から得たもの 
 

☆最初からあったけれど、 
 失ってから気付くもの
 

この2つなのです。
『無い』という時があるからこそ
『有る』というスペシャルを 
体感できるのです。
 

命も、そうです。
他の人を通して、 
命の尊さを知ることができます。
 

今、生きている。という事実。
 

そして、在る。というのは、 
生と死。 
有と無を超越したところに
存在しています。
 

***************************
 

参考文献 目黒の秋刀魚
http://ginjo.fc2web.com/003meguro/meguro.htm

===================================

【安心していいよ その2】
 

安心していいよ。
あなたが、わかってもらいたい。 
と思ってる相手から
 

本当にあなたのことを 
心底わかってもらえる。  
という日はこの先も、 
一生訪れないから。
 

わかってもらおうとする努力が 
いかに無駄なことで
いかに無意味なのか、 
それを知るためにするのなら 
いいのかもしれない。
 

言葉が伝わる相手には、 
全く努力なしで伝わる。 
 

でも、どんなに努力しても 
伝わらない相手には、 
何時までも伝わりません。
 

根本的な 世界観が、違う。
観ている景色が、違う。
 

覚醒してしていっている人 
同士なら言語が通じる。 
というのも幻想に過ぎないのです。
 

すべてをわかってくれるのは 
自分自身だけです。
 

その事実と孤独を受け止めてこそ  
新たな一歩が踏み出せます。 
 

『何時か、わかってくれる 
 のではないか』という、 
囁かな淡い期待を抱きながら 
生きるより、 
ずっと自分らしく生きられます。 
 

『わかってもらうための、 
 認めてもらう自分の生き方』を 
終わりにして、前に踏み出そう。
  

他の誰かにとっての真実を、 
あなたの真実にする必要はなく
 

あなたは、 
あなたにとっての真実を生きて 
よいのです。
 

もう、自らの美しさを 
否定しなくて、よいのです。

===================================

【安心していいよ その1】
 

安心していいよ
今までも、これからも 
幾ら期待して、    
世界を彷徨い歩いてみても、 
 

時と場所と顔を変えても
貴方の役割を。使命を辞めていい。
という言葉は 
永遠に世界から聞くことは 
できないから
 

絶対的に聞けない言葉。
 

それは、 
貴方が貴方であることを 
失う言葉。
 

逆に、時と場所と 
顔と言い方を変えて
貴方の役割はこれなのだと 
世界が貴方に指し示す言葉は、 
永遠に訪れる。
 

しつこくしつこく訪れる。
 

何故なら、わたしが、 
わたしを諦めるなんてこと 
絶対的にしないのだから
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

人には、様々な役割があります。
 

個々に個性を持ちながら、 
人に協力したり、 
サポートするのが喜びの人もいます。
 

右腕のように、華やかに 
誰かをサポートしたり、 
もっと下支え的な 
見えない土台の部分を 
担当する人もいます。
 

役割は1つに限定されておらず 
自分で立つのと、 
右腕の両方をする役割の人もいます。
 

例えば、 
映画がつくられる際に、 
音声スタッフや、監督や、 
助監督、女優、男優、 
スタントマン、 
舞台の小道具を作る人、 
メイクさん。 
 

色々な人がいて、成り立つように。
 

わたしは、ずっと
「あなたは、1人でやっていく人です」
と随分前から言われていました。
 

貴方は1人でやっていくとか
 

貴方は、貴方の世界を 
つくっていくとか
 

貴方は貴方にしかできないことを
地上につくっていくとか
 

貴方は、花に例えると、 
葉や根や茎など色々あるけれど、 
花の人だとか。
 

顔を変え、時を変えても、 
皆言い方を変えて同じことを 
言います。
 

わたしは完全に1人で立つのが 
嫌でした。 
誰かの右腕をやってるくらいで 
居たかった。
 

何故なら、わたしは 
とてつもなく自分に 
自信がなかったからです。
 

今年に入ってからは、私も薄々 
1人で立たねばならない時期に 
入ったとわかっていましたが、 
頭では散々わかってるのに 
動けませんでした。
 

事あるごとに、 
まだ時期が早いとか、 
1人だと闇に溺れてしまうから 
「私には出来ないのです」と 
言い訳してもしても、 
 

世界は、「そうだね。」と 
返してくれません。
 

終いには、 
モタモタしてしまったわたしは 
わたしを、ほとんど突き飛ばす 
方法で、その位置に立たせました。
 

このように
世界は、限りなくいつも
貴方が貴方の役割を 
全うできるように
動いているのです。

===================================

【リーディングメッセージ】 
 

覚醒のプロセスにおいて 
愛する人と離れざろえなく離れた 
全ての魂へ 
 

今回、貴方は目の前の人に 
一生懸命愛を与えました。
 

本人が、覚醒を望まない場合、 
その愛は愛として受け取ることが 
出来ないかもしれません。
 

今までも、これからも。
 

それは、その人との間に 
起こった時のように 
これからも起こることです。
 

私たちは、 
誰も助けられません。
助かる気がある人の 
サポートをする以外には。
 

私たちは、 
誰も幸せに出来ません
幸せになる気がある人の 
サポートをする以外には。
 

相手がどうするかによって、 
結果はわからないけれど、 
それでも愛の体現者として 
愛を表現し続けることは出来ます。
 

それが、ライトワーカーです。
 

ちょうど分かれ目。別れ目。
昨日の秋分の日を超えて。
 

貴方は、 
過去起こった離別において、 
彼らを幸せに出来なかったといって 
 

遠慮や罪悪感を 
抱く必要はありません。
 

それは貴方のせいでは 
ないからです。
 

あなたは、 
もっと幸せになっていいのです。

===================================

【いい親になろうとしなくていい】
  

幼少期に両親から、 
制限されたり否定されたり 
していればいるほど
 

自由を求めます。
 

そういう人が、 
大人になって親になった時に 
陥りやすいのは 
 

子供に対して 
【自由に育てる】ということ。
 

子供に対して 
自由にさせるというのは、 
とっても聞こえが良さそうだけれど、
この実態をよく見てみると
 

自由に育てる を通り越して
【親が自分の子供に 
 気を使っていたり、 
 親が自分の気持ちよりも 
 絶対的に子供を優先させてしまう】
ことがあるのです。
 

そうして 
【自分を犠牲にする】のです。
 

不幸せな人が、 
誰かを幸せにすることなど、 
出来ないのに。
 

子供に対して気を使って 
しまっているように  
一見見えるこの事象は
 

【実は、自分自身に気を使ってます】
 

親が 自分自身という子供に 
気を使うということは、 
ニートとか引きこもりにを生む 
要因の一つとしても 
捉えることができます。
 

自分が、 
子供の時にそうして欲しかった。 
それが過剰になった時
それは、不自由だと気づくことです。
 

親と同じことをしてしまうのも
親と逆ばかりをしてしまうのも
どちらも、 
同じ鎖から発生している事実に 
気づくことです。
 

この辺りのベクトル形成 
逆ベクトル形成については 
講習などで詳しく話していきますが
 

気付いて自覚した後は
知るだけでは、 
どうにもなりませんから、 
 

その時の自分を 
エネルギー的に癒したり 
受容し統合して 
新しい視座形成を築いていきます。
 

全てが愛だという 
フラットな視座形成の中で、 
自然と愛を表現する。
 

その時、人は 
過去から自由になるのです。

===================================

その場から 
逃げ出したくなるような
穴があったら、 
隠れてしまいたくなるほどに
情けない自分を体験したこと、 
人生で幾度かあります。
 

情けないし、 
どうして?って思うし
色々葛藤もあったりはするけれど
 

でも、 
どんなに頑張ってみても  
自分を庇ってみても
抵抗してみても、 
正当化してみても、 
突っ張ってみても 
 

その 
とてつもなく情けない自分は  
まさしく自分で。
 

その 
とてつもなく苦しい状況は  
自分が創りだした世界という 
以外に存在しなくて
 

どうしようもない、 
ダメダメな自分は
言い逃れできないほどに、 
ダメダメなままで。
 

だったら、 
どうしようもない  
ダメダメごと受け入れる 
しかない。 
 

そうして、腹を決めて、 
ダメダメごと受け入れれば 
受け入れるほどに自然と 
誰かに優しくなれるのです。
 

そして、人は知っていきます。
 

自分の愚かさを。 
自分の弱さを。 
受け入れるということは、 

 
強さなのだと。

===================================

甘やかしを 
愛だと思っている人は
厳しさとしての愛を拒絶する。
 

拒絶して
『ほら、あなたも、わたしを 
 愛してくれはしなかったのね』
と叫ぶ。

その時、愛してくれた証拠が 
何十個もあったとしても
たった一つの 
愛してくれなかったように見えた 
証拠が、その人の真実となる。

甘やかしの愛だけが欲しい人も、 
世の中にはいっぱいいるだろう。 

とても弱っている時は、 
それだけが、必要な時も 
あるのだと思う。 

でも、何時までも何時までも 
それだけではいられなくて

いいよいいよ。 
今のあなたのままでいいよ。
という 
現状肯定と見せかけた、 
その人にとっての逃げを 
促進する気はわたしにはない。

どちらか一方としての愛を 
表現する気はない。
その人に対しての、
今の最善の愛を表現することしか 
今は出来ない。

わたしは、 
わたしでしかいられない。

真実の愛とは、 
優しく包むだけでなく、 
時に痛いものだ。

真実は、時に過酷だ。

太陽の光を当てられたとき、 
眩しくて 
その眩しさに耐えきれなく 
なるように。

===================================

昨日、久しぶりに会った友人が
「実は、離婚したんだよね」
と言ったので、 
そっか〜。うんうん、色々考えて 
色々精一杯頑張ったねって 
語りました。
 

それで、意見が一致したのは
「今、意識の変容によって、 
 世の中のパートナーシップ 
 6割くらいが、 
 結構な悩みを抱えている」
 

というところで、 
(わたしは個人的には 
8割超だと思ってるけど)
 

覚醒に意識が向いてる人と、 
現状維持のパートナーとの間の 
意思疎通が上手くいかなくなって、 
多くの人が悩んでいるようです。
 

離婚しちゃったらしちゃったで、 
楽にはなるけど 
傷ついちゃったりするから、 
ケアも大事だし、 
 

もっとも混沌としている層は 
「別れたいけど、別れられていない」
という層が、ドロンドロンになってる。 
 

上手くいっていたとしても、 
将来的にもっと覚醒していった際に 
どうなっちゃうだろうか。 
とか、色々悩みあります。
 

離婚という方法も一つの手段です。
 

または、カルマからの関係性で、 
色々濃くなっちゃってる場合は、 
糸の関係性の修復ワークをさせて 
いただければ、劇的に変わります。
 

フリーダムディスティニーを1回、 
行わせて頂いた方で、 
 

夫とやり直したいんだけど、 
愛を感じられないといった方が 
その後、 
もう一度夫とゼロから愛し合う 
方向性に向いて、 
とてもポジティブな状態になりました。
 

付き合ってた人と別れた後に 
これを受けて、復縁した人もいます。
 

かなりの効果にビックリしております。
 

離婚するにしても、 
離婚しないにしてみても、 
どちらにしても、 
ご自身ではどうにも出来ない状態 
(カルマなので)を変える 
という選択肢も、あります。

===================================

【やりたいことをやっていれば自由?】
 

やりたいことを 
やっていれば自由。
そんな風に思って生きる 
こともあるかもしれません。
 

しかし、そのやりたい 
【動機】自体を
疑うということを、 
ほとんどの人は行っていません。
 

わたしたちの動機には、 
様々なものが隠されています。 
 

頭では理解できないし、 
自分では中々見破れません。
 

だから、 
他の人に言われて気付くしか 
ないんだけど、それも、 
他者の助言を受け入れられる 
器がないと受け取れない。
 

わたしは、傲慢だったので、 
受け取るのがとても苦手でした。
 

やりたいことをやっている 
ようにしかみえなかったと 
しても 実は、 
やりたいことなど、さっぱり 
出来ていない可能性があるのです。
 

すなわち、それは、 
カルマや封印や傷といった 
ところからの動機なのです。 
 

景色は変わっているように思えても、
何も変わっていません。 
 

ぐるぐる回っているループの中に 
いることに、 
気付いていないのです。
 

つまり、それは究極の不自由です。

===================================

自分が、自分のことを
全てわかっている
 

そう思い込むことほど
傲慢なことはない。

===================================

はあ〜。。。(⌒-⌒; )
言語が通じないことを実感。
 

通じる人はどんどん通じる。
通じない人はどんどん通じない。
 

厚い壁が間にあって閉ざされ
ほとんど、外国語同士で 
話しているかのようだ。
 

開いていってしまう。 
 

手を差しのばしたとしても
掴む気がない場合、 
虚しさだけが響く
 

導く役というのは、 
一緒に来る人の光景を眺めると 
同時に、 
通じなくなり離れていく人の 
光景。 
それを眺めなくてはならない。
 

わたしは、とても弱い人間だ。
愛する人と、開いていってしまう 
光景を受け入れ続けられるだろうか。
 

まだ、始まったばかりだというのに。

===================================

今月は、 
未来と過去が交錯している。
 

過去との決着。
自らの心残りとの対峙。
想いの欠片を昇華させて
それぞれがそれぞれの門出を 
祝えるように。
 

そうしながら、同時平行で 
未来を共につくっていく人と、 
一歩を踏み出していっている。
 

ゆっくりと、とても丁寧な一歩。
 

目の前のわたしとわたしは出逢い
お互いを知り、愛を重ねる。
 

愛している。
その想いがわたしを動かす。

===================================

冒険っていうのは
何時も「プロセス」そのものが
面白いよね♪
 

色々なことが起こる。
色々な出逢いと別れがある。
 

そうして、主人公は何時しか
成長していって、 
自分の目的を達成する。
 

達成はするけど、冒険は 
その前のプロセスこそが面白い。
 

人間である醍醐味だよね。
 

戦士
賢者
魔法使い
武闘家
踊り子
遊び人
吟遊詩人
 

色々なメンバーと協力していくのも
人間の醍醐味。
 

協力って、 
ある程度分離していないと
味わえなさそうだもの。
 

全部自分でやってる感が 
強過ぎると協力にならないものね。
 

わたしは、人間は今回で最後と 
決めています。 
だから、人間を満喫して、 
人間を終えていきたいな♡
 

やり切りたい。後悔のないように。
今までの全てを最後に出し切りたい。
 

他者と愛しあえるというキセキを
感じながら。

===================================

【やる気 あれこれ】
 

様々な才能を引き出したり
才能やライフワークや 
誓願を自覚するサポートを 
したりするわたしですが 
ひとつだけ、 
どうにもならないことがあります。
 

それは。。。。。
『やる気』です。
こればっかりは、 
どうにもならないです。
 

逆に『やる気』さえあれば、 
どうにでもなる。何とかなる。
というのが、 
わたしの持論です。 
 

何をやりたいか。というのは、 
見つかってなくてかまわない。
見つかるように、サポートすれば 
いいのだから。
 

やる気自体。これは、 
どうすることもできません。
 

やる気を他者が引き出すというのは、 
非常に困難なのです。
 

例えば、こちらからみて 
『こういうのがいいんじゃない』
と良かれと思って、 
アドバイスしたとしても、 
 

本人がしたいかどうか。
というところが重要だから、 
本人から沸き起こらないものは
後から崩れます。
 

ビリギャルを見た方なら、 
わかるかな。
『誰かから、やらされて』いる 
場合というのは ニセモノだから、 
何処かで崩れるのです。
 

やりたいという気持ちは、 
自分から沸き起こることが重要です。
 

相手の期待に答えようとか、 
すごい人がそう言ってるから。
そういうのが、 
やる動機に含まれていれば 
いるほどに、 
途中までは形になったとしても、 
必ず後で崩れます。
 

だから、わたしは人に 
『これをしなさい』とは
言いません。 
『こういう方法、 
 こういう道もあるよ』と  
提示するだけです。
 

自分の責任で選んでいく 
主体性を育てることを大事に 
しています。
 

やりたいのに、やれない。 
というのは、実は 
存在しないと思っていいです。
 

『今のところ、 
 本当は、やりたくないから、 
 そのままでいい』 
というのが結論です。
大抵の人は、 
えっ、そのままでいいの?と 
思えないところに苦があるのです。
 

放っておいても、 
やる気のある人もいるし
いくら言っても、 
やる気のない人もいます。
 

やる気のない人を動かさせようと 
することほど、 
無駄なことはありません。 
 

動いたとしても、 
それはニセモノのやる気ですから 
後から崩れます。
そのまま このまま  
ただ、それだけのことなのです。
 

わたし自身、  
動けなくなったときがありますが、 
やりたいのにやれないと 
罪悪感が湧いたり、色々します。 
そういった時は、 
やりたくないを受け入れることです。 
 

むしろ、やらなくていいや。 
と割り切って、やらないを 
しばらく過ごしていた方が、 
本当のやりたいことがみえたり、 
やりたい気持ちが 
内側から沸き起こるものです。
 

本当にやる!と内側から 
沸き起こる時というのは
いてもたってもいられず、 
勝手にやってしまう感じだからです。
 

やりたいのに、やれない。
もう1つやれない理由としては、 
 

凄くやる気があるのに、
何をやりたいかがみえない。 
やり方がわからない。
 

この場合は、何がしたいのか 
自分でわかるようにサポートしたり
やり方を教えれば 
どんどんやっていきますから 
それを教えればいいです。
 

あくまで『やる気』自体は、 
その人から沸き起こってることが 
重要です。
 

問題は 
『実は、やりたくないのに、
 やらなくてはいけないという
 強迫観念で動く』時です。 
 

これは、『無理』です。 
 

何処かで(これはやりたくない) 
ということを知っていますから、 
必ず後で崩れます。
 

本人がこれがやりたいことだ! 
と見つけて、自分で自覚して
沸き起こった状態まで待つことが 
重要です。 
 

待っていると 
『これが、 
 わたしがやりたいことです!』と
目をキラキラさせて、 
鼻息荒くしてやってきます。
 

それは、疑いようもなく 
自分で確信したことなので
どんどん現実化するようなサポートや 
フォローを入れてあげると
波に乗って、どんどん進んでいきます。
 

本当にやりたいことは、 
勝手に既にやってくる。
と思っています。
 

やりたい動機にカルマとか 
焦燥感とか罪悪感とか
承認欲求とか、そういうのが 
混ざっていたりすると苦しいから
 

それを解消するようにサポート 
させていただければ、 
どんどん純粋な動機から、 
やる気が起こります。
 

わたしは何もしていないのです。 
という人に一言。
 

『やらないということを、 
 既にやっているではありませんか』 
 

『生きているということを、 
 既にやっているではありませんか』
 

大丈夫。 
生きて望んでいれば、 
何とかなります。

===================================

【マニアック記事  
 エネルギーワーカー雑談】
 

同じ感じで、 
現場で取り組んでる友人の 
エネルギーワーカーさんと
お話していたときに思ったこと。
 

先日こんなことを書きました。  
 

************************
 

多くの 
スピリチュアルリーダーが
今、最も懸念しているのは
 

スピリチュアルを 
学んで来なかった層では 
ありません。
 

むしろ、 
潜在意識とかマインド、
もしくは、チラッと 
ヒーリングを含めた 
テクニックを学んできていれば 
いるほどに、難しいのです。 
 

************************
 

覚醒していく際に、 
幾つか、弁みたいなものが 
存在します。
弁は一方通行なのですが、 
弁を超えてないと、 
その手前のレイアーで留まる。 
といったような。
 

どうやら、わたしは、 
これを打開するものを提供したい 
ようです。 
 

つまり、 
今起こっている世界事象に対する 
先取り、予防策です。 
 

打開策とは、 
わけがわからないうちに、 
かなり一気にあるところまで 
進んでしまうようなサポートです。
 

今、これを求めている人が 
多いんじゃないかな〜。
と思っております。
 

ゆっくり納得して、 
じっくりと覚醒していく 
良さもあります。 
 

ところが、 
じっくり覚醒していく 
デメリットもあって、 
それがまさに先述したような 
『弁』でストップしてしまう 
ケースです。 
 

これは、アセンションという 
ところから観ると
致命的になりうるケースも 
見受けられます。
  

覚醒はどこまでもしていき 
ますが、弁を幾つか超えて 
ある一定のところまで超えると、 
覚醒のロードを踏み外す 
といった割合が、 
減っていくように思います。
 

ある程度のところまで 
進んでしまうと、本人が、
覚醒を捉えてくるというか 
覚醒していくっていうのは、 
こんな感じなんだと 
 

体得していきますし 
確信している感じになってきます。 
 

体得しはじめると、 
わたしが何言ってるのかが 
本当の意味で通じだしますから、 
 

適度なメンテナンスや 
適切なサポートを入れていれば、 
以前のゾーンには戻らない 
(正確にいうと、戻れない)し、 
覚醒の矢印の方向に進んでいきます。
 

何事も、メリットと共に 
デメリットも存在していて
一気に進めるデメリットとしては 
『お金も一気にかかる』 
というところでしょうか。 
 

時間を短縮している分、 
アフターフォローが重要に 
なってくるかと思います。
 

実はこんな感じで、 
寝ても冷めても、 
どうやったら、多くの人が
覚醒していくか。というように、 
覚醒のことしか考えていない
覚醒マニア。みたいな人です。 
わたし(笑)
 

だってさぁ〜〜〜!  
せっかく、この時代に 
生まれて来たのよ! 

そりゃあ、もう、 
1大チャンスなわけだから!
 

と意気込んでおります。
ま、全部なるようにしか 
ならないのだけども。
(o ̄∇ ̄)
 

そんなこんなで、  
覚醒マニアの 
秋の夜長が更けていきます。

===================================

【真面目な人に 
 起こりがちなこと】
 

真面目という性格は、 
時に素晴らしい才能を 
発揮しますが、 
時に自分に厳しすぎる 
側面があります。
 

先ほど、打ち合わせの件で 
メールをやり取りしていた時に 
気づいたこと。
 

その方は、とても真面目で 
責任感が強く 
とてもよく気が効く人なのですね。 
 

真面目で向上心溢れているゆえに、 
「もっとこうすれば」
というのが見えるのです。 
 

だからこそ、 
もっとこうすればと気づいた 
時にしていなかった〜と、 
反省するのです。
 

実は、これは、私自身も 
そういう傾向が強いのです。 
真面目で向上心溢れて
もっと何をすれば良いのかが 
みえるから沸き起こる感情。 
というのがあるのですね。
 

ここで、反省を通り越して、 
自己批判になる必要性はありません。 
反省とは
「素晴らしい自分」が存在する 
ということを既に知っているから 
こそ起こる感情ですし、 
 

もっと良い方向性を 
教えてくれているものだから、 
上手く付き合ってあげれば 
良いのです。
 

自己否定が、とても強い場合は
「もっと素晴らしい自分の存在に 
 気づけた自分」 
を褒めてあげるとよいです。
 

まだまだな自分を感じられる喜び。
それは、成長という側面そのものの 
喜びを感じて生きるということです。
成長できるって、凄くない?笑)
 

その為には、 
「普遍的で、変わらない 
 何者でもない」 

 
ただ、在るだけの自分の 
素晴らしさを感じていくことが
鍵になります。

===================================

【愛するということ】
 

わたし自身の 
覚醒や進化の度合いによって
目の前の方に行えることは 
増えていくし、スタンスも
その時々で変わっていったり 
しますが、 
決して変わらないことがあります。
 

それは 
『目の前の方を全力で愛する』 
ということです。
 

愛。それはその人自身の覚醒、 
受容や統合によって
表現できる幅が広がっていきます。
 

寄り添うことだったり、 
優しくすることだったり
教えてあげることだけが愛 
というわけではないのです。
 

時に厳しい言葉をかけることも愛。
見たい部分だけ見せて  
満足させるのではなく、 
観たくない自分と向き合うことを 
サポートするのも愛。 
 

教えることだけじゃなくて、
教えないで自分の力を養えるように
サポートするのも愛。
手を出すことだけでじゃなくて、 
見守るのも愛。
 

こうしたことも、 
愛である以外にはないのですが
受け取る側が、限定した愛を 
欲していればいるほどに
それを愛と受け取るのは 
難しいように思います。
 

それでも、 
愛を表現し続けていれば
すべてが愛であったことに、 
何時か気付くかもしれない。
 

わたしが、そうであったように。
 

全ては 愛なのです。

===================================

【コミット】
 

何時も思うのですが
コミットされている方というのは 
受け取って変化していくのが 
速いなあと思います。
 

コミットというのは、今の世界に 
おいては、お金だったりします。
 

お金と言っただけで、 
胡散臭く感じたり、自分と無縁 
と感じているようなら 
 

お金を嫌っていたり、 
お金を使って幸せを得ることを許可 
していない可能性がありますから、 
見てみるのも良いですね。
 

エネルギーワークに関しては 
目に見えない人がほとんどです。 
それゆえ、 
有料では、まだ信用出来なくて 
受け取れない人もいますから、 
 

無料の一斉ワークも行ったりして 
いますが、 
権限がないので、無料の範囲内 
という感じになります。
 

それは、例えるなら、 
シャワーでジャブジャブ 
エネルギーをかけても、 
権限がないので、 
ビニールシートをご自身がかけて 
シャットアウトする場合がある 
ような感じです。 
 

無料でも、受け取れる人は 
けっこう受け取れたりします。
 

このように、無料と有料では、 
入り具合が全く違います。 
これは、施術する側の人なら 
よくよくわかっていることです。
 

わたしは、 
無駄なことに興味がないので、 
変化するといっても、 
気休めのインスタントを 
提供する気はありません。
 

例え1回のセッションであっても、 
今の最善、出来る限り
本質的な変化が起こるように
色々行わせていただきますが、 
 

初回は特に 
「これから、何をしたらいいか」 
という指針とか方向性をお伝えする 
ことになることが多いです。
   

本気でコミットしている人は
「これをしたほうがいいですよ」 
というものを、素直にやります。
 

そうすると、 
その人に必要なことを払った分 
確実に受け取っていきますから、 
着実に変化していきます。
 

わたしがサポートしていて、 
変化に時間がかかるとしたら、 
それは次の2つです。 
(続けていれば、 
これらも解決していきます)
 

1、素直にオススメしたことを 
 やれない。 
  

 (わたしを信用しない。 
 人を信用出来ない。 
 両親の影響でアドバイスを 
 きくこと自体に抵抗がある。 
 潜在意識化に変化に対する 
 抵抗がある)
 

2、お金がないので 
 オススメしたことをやれない。 
 

 (やりたいことをやれる自由 
 幸せを許可出来ない。 
 潜在意識化に変化に対する 
 抵抗がある)
 

この2つですね。
この2つに全て集約されています。
 

これに当てはまらない場合は、 
最速でどんどん変化していきます。 
 

当てはまる場合は、 
その課題と向き合いながらなので、 
スローペースになります。 
これ、重要なので書いておこうかな〜。 
新しいホームページに。
 

個人的には、 
「もう、皆ハッピーを 
 許可しちゃおうよーo(^▽^)o」 
と思いますが、 
何時も決めるのは受ける側の方です。
 

ですから、やる人はやるし
やらない人はやらない。
という、とてもシンプルな結論が
ある中で、
 

わたしが出来ることといったら 
「これは、こうしたらいいですよ」 
と、観えてるところからアドバイス 
したり、 
体験をお伝えしたり、 
色々なことを教えたり、 
エネルギーワークをすることだけです。
 

今日も、一日 
わたしの出来うる最善を
尽くさせていただきます。

===================================

【波】
 

いつも、世界には波があります。
人それぞれの波があり、 
そしてもっと多きな波が 
存在しています。
 

それを感じて生きることは 
天文道を習得しているからでも 
あるけれど、 
もともと、実社会においての
何かを先取り予測して、 
全体の波の流れを観るのを
得意としています。
 

それを感じながら、 
生きるというのは
世界と呼応して生きる 
ということ。
 

海の満ち引きであれば、 
潮が引いているときには
我武者らに頑張っても 
どうにもならなかったことが
反転し、 
 

潮が満ちていく流れになった 
ときには
ありとあらゆることが、
簡単に上手くいくのです。
 

ずっと力を入れている必要は 
ありません。
力の入れ時。というものが 
存在するのです。
 

逆風に立ち向かっても 
どうにもならないのです。
そういう時は、 
エネルギーを使わないに尽きます。 
 

追い風が吹いているときにこそ、 
波に乗っていくように
波を最大限に活かしていけるように、 
自らのエネルギーを使い、 
行動を起こしていきます。
 

そういった意味では、 
全体的な波としては
9月9日、9月13日あたりから 
波が反転していますから
『今は乗るとき』 
『今はやる時』です。 
 

個々の波の状態によっては、 
まだ休むことも必要ですが
整っている状態の人は、 
時間をかけて待ってみたり、
のんびりしてみたり、 
止まっているのは実に勿体ない。
ここは、スピードアップして吉の時。
 

今こそ、 
『GO!』のタイミングだから。
ここで、GO!したものというのは、 
波に乗っているから 
とてもスムーズに展開していく 
でしょう。
 

最も暗そうな時にこそ、 
既に反転の兆しがあるのです。 
 

社会的な問題として、 
何かが浮上するくらいになっている 
というのは景色的に、 
 

個人の問題や課題として、 
散々先に現れていた問題が 
(例えば、今回であれば、 
 戦いや争い) 
集合的に観えているだけなのです。
 

全体レベルで観えたとき 
というのは、 
問題が明らかになっていますし  
明らかになった分、 
今まで無関心を装っていたり、 
上辺だけで誤摩化してきた人が 
真剣に自分と向き合うチャンス 
にもなります。
 

そうして、 
自分と向き合いたいという 
方たちが現れますから、
 

今まで向き合ってきた人が、 
自分の超えたところ、 
自分の体験からの真実を語り、 
連鎖的に導いていくのです。
 

ありとあらゆる存在が、 
全面的に応援してくれています。
自分を整えるのが急務な人は 
整えてください。 
 

自分を整えてきた人は、 
引き続き整えながら 
出来ることを行っていきましょう。
 

ライトワーカーが 
世界に光をもたらして行く時です。

===================================

オリジナルワークの名称。
決まっていなかったものに 
関しても、ようやく
すべて、決まりました〜〜♡  
\(^▽^)/ わーい♪
 

オリジナルワークは、 
全部で4つです。
 

☆Freedom Destiny
フリーダム ディスティニー 
自由解放宣言 運命を革命する
新世界への切符を手に入れ  
最速で幸せになりたい人へ
 

わたしの、 
全人生を通してつくられた 
集大成のワーク。
 

感情の原点解放から性格が変わります。
(幸せを阻害するありとあらゆる 
 苦しみの原因、重い感情。 
 罪、罰、絶望、恥
 劣等感、否定、執着、 
 依存、所有、憎悪、世界への怒り、 
 自責、孤独の解放)

関係性の糸の修復により 
人間関係が変わります。
(人間関係の糸のしがらみを解放し、 
 関係性の糸の質を変えていきます。
綾。という わたしの名前 
そのもののワークです)
 

= 自分自身の鎖を解き放ち、 
自由という運命を生きる
 

☆Cosmo Direction
コスモ ディレクション
  

人は今すぐに、全く理由なく 
幸せになっていい。
誰にでも、 
幸せになるチャンスがある。
というわたしの誓願と、 
 

地球神界の宇宙的 
レムリアの女神の愛によって 
構築されているワーク。
神聖な神器のエネルギーによって 
洗い流され変化をもたらします。
 

宇宙の愛と神の愛、 
スピリットの願いによって
恐れが解放され、 
浄化と覚醒が起こり、 
 

持ち合わせていなかった 
運やチャンスを、 
今までどうであったかという
過去生や今世の経験に全く関係なく 
与えていきます。
 

未来のために、魂の望みによって、 
その人の歴史を変えていきます。
宇宙の叡智と祝福が降り注ぎ、 
宇宙的な愛の方向性に導かれ
魂の誓願を見出し、 
実現するように促します。
 

☆Paradigm Shift  Paradise
パラダイムシフト パラダイス
 

地球に来る以前にいた、 
星の記憶から構築したワーク。
二元性を超えた平和視座、 
善悪を超えた宇宙視座の形成。
 

人がそれぞれかけている、 
枠やフィルターを外して
全てが愛であるという真実に 
気付いて生きられるように。 
 

ジャッジや争いを終わらせ、 
優劣から解放されて
全ては愛であると観ながら、 
個を喜びで生きられるように。
 

真の平和は、 
内なる平和によって創られる。
楽園を地球に創るという、 
地球に来たわたしの使命
そのもののワーク。
 

その使命は、222を超えてゆけ。 
という 
わたしの誕生日に記されている。
 

☆Gioria Universe
グローリア ユニバース
 

わたしたちは  
自らの弱さや脆さや 
力のなさや醜さを恐れることが 
あります。 
そうした自らの闇に対する 
恐れを乗り越え、 
超えて受容していった際に  
時に最も受け入れがたいもの。
 

それは、 
【闇ではなく自らの光】なのです。 
ネガティブではなく、ポジティブが 
受け入れられないのです。 
  
 
自分の使命や今行うべき
自分の役割が観えてきたとしても 
自らの美しさや素晴らしさは、 
人間のわたしたちからすると 
あまりにも途方もないほどに 
凄過ぎてしまって 
受け入れられなかったり、 
見出せなかったりします。 
 

そうして、 
次の一歩を踏み出せなかったり 
することがあります。
 

恐れを超えて、光の存在として
普遍的真実の自分を生きられる 
ように。
ネガティブな側面を見がちで、 
自信がない人が光を見出す、 
勇気のワーク
その時々の最高の使命。 
最高の自分を現して 
生きていけるように促します。
 

***********************
 

近日公開と受け付け予定。
お楽しみに♡

===================================

幸せを許可する
 

幸せを許可して、 
幸せを生きるためには
実現力と、許しが必要です。
 

許しとは、 
頭で思うLevelではなくて
「罪と罰」を 
エネルギーLevelで 
解放することです。
 

望んでも、望んでも 
上手くいかない場合は、 
自分の望みを 
 

罪と罰が留めているのです。
 

自分を愛そうと思っても、 
愛せないのにも、 
同じように 
罪と罰が関係しています。
 

他ならぬ、自分自身の遺跡が
自分の幸せを阻害しているのです。

===================================

【わからないという利点】
 

わかっている。と、 
わからない。だったら
わからない。ということの方が 
良い気がするのが一般的です。
 

わからない方が劣っている気がして
わかる方が勝っている気がします。
 

ところが、 
わからない利点というのは
沢山あります。
 

先ず、第一の利点としては
『わからない 
 というところから始められる』 
という利点です。
 

わたしは、 
多くの方に教えてきましたが、 
教える側の素質もあるけど
【学ぶ側の素質】もあるよなあ。。。 
と常々思います。
 

学ぶ側で素質がある方というのは、 
『素直』さを持っている人です。 
 

素直という特性は、 
デメリットとしては 
騙されやすかったり
人を信じやすかったりします。
 

でも、いつも、 
こういった側面なのではなくて、 
素直さは
良い指導者に恵まれさえすれば、 
もの凄い力を発揮します。
 

『わからないんです。 
 だから教えてください』 
という姿勢だから 
教えたことを、どんどん吸収して
いきます。
 

わからない。 
という自覚があるから、 
わかるように学んだり、 
努力します。
 

これは、 
『わたしは、もう充分知っている』 
とか
『わたしは、もう充分出来ている』 
という感じの人では
絶対に得られない吸収力です。
 

第二の利点とは
『わからないからこそ、 
 出来ることがある』
ということです。
 

例えば、スピリチュアルの用語。
わたしなどは、 
自然と使ってしまうことがあります。
 

ところが、 
スピリチュアルの用語がわからない。 
という場合
一般の人にわかるように、 
その用語の説明を工夫しはじめます。
 

難しい言語を噛み砕いて、 
説明することができるのです。
 

つまり、 
『わからないということが、 
 既にわかりやすく、 
 一般の人に伝える
 宝となっている』ということです。
 

第三の利点とは
『わからないからこそ、共感できる』
ということです。
 

覚醒していけばいくほどに、 
以前の感情の状態とは 
かけ離れた意識になっていきます。
段々、一般の方が抱く問題の感情に、 
共感をしにくくなるのです。
 

ところが、 
自分も出来ていないところがあれば
それは、とても共感できることである。 
として、寄り添うことができます。
 

人は、時に 
寄り添ってもらうことでしか 
癒されないことがありますから、 
まだそこまで覚醒していない 
状態だからこそ、出来ること。
というのがあるのです。
 

このように、何時も何時も 
【その時でしか、成し得ないこと】
というのは、必ず存在します。 
 

何事も、ネガティブな側面だけ 
ということはあり得えないのです。
 

何時も何時も、 
不完全なる完全性があると解ったとき
 

わたしたちが『今』出来ること。 
が観えてきます。 
 

目の前の、 
今出来る精一杯を喜びに生きたとき
そこには、 
苦楽を超えた喜びしかなかった 
ということになるのです。
 

表面だけを切り取って見るのではなく
そのものを丸ごとを観る視座形成を 
することは大切です。
  

『わからない』ということ、 
 そのものに誇りを。

===================================

多くのスピリチュアルリーダーが
今、最も懸念しているのは
スピリチュアルを学んで来なかった 
層ではありません。
 

むしろ、潜在意識とかマインド、 
もしくは、チラッと 
ヒーリングを含めたテクニックを 
学んできていればいるほどに、 
難しいのです。

わたしは、 
潜在意識のティーチャーとして、 
教える側をやっていたから、 
「わたしはわかってる」という抵抗と 
プライドが半端なかったから、 
とても大変でした。

自分の今までの全てが無駄だった。
というくらいに、 
降参して、あけ渡せるというのは、 
屈辱でした。

競争意識が強かったから 
「下に見やがって!アイツ何様だ!」 
と怒ってばかりいました。

外に神を求めて、 
メンターに完全を求めていたから、 
何時もメンターの粗探しをしていました。 
自分だって出来てないじゃーんって。

最悪の性格でしょ?笑)
でも、そういう風にしか 
思えないほど 
当時の私は傷ついていたのです。

性格は激変しますよ♪
癒されれば自然と。
そして、感情が湧く原因から 
解放されれば。

唯一良かったことは
それでも、続けた。のです。
なんだかんだいって、続けたから
今の私があります。

学び続けながら、 
自分のやれることやる。 
提供するってとても難しいことかも 
しれないけど、 

それが一番最速で 
覚醒していく方法です。

===================================

いつも
「綾さんが、 
 あの時は何言ってるか 
 わからなかったけど、 
 (適切なエネルギーワークを 
 伴うことで) 
 言ってる意味がわかりました」
と言われます。  
 

なんと、これを言われる
確率は100パーセント!
つまり。 
私が詐欺師っぽいわあ(~_~;)
と思う所以は、ここにあります。

誰も、 
「やるまでは、わからない」
のだから。

私自身も、メンターが 
何言ってるかわからなかったです。 

それは、 
本当に体得して解るようになって 
から、わかってなかったことが 
わかるのです。

覚醒は勉強しても 
どうにもなりません。

体得以外にありません。

その人の波動は、 
勉強しても上がりません。

===================================

【世界事象に関する対応】

最近、自然現象においても、 
政治においても、 
不安定な感じになっていますね。
 

そうすると、 
「何だか怖いです(~_~;)」
という感じになることがあります。

こういったことを気にしないで、 
フォーカスしないでいられたら、 
良いのでしょうけれど、 
そういった気休めが効かなく 
気になってしまう。という方へ。

全ては「引き付け合い」で、 
自分が決めていることしか 
起こらないことを 
思い出してください。

何処に住んでいても、 
生きると決めていると生きるし、 
何処にいようと、丁度 
災害に巻き込まれません。

自分以外の何かが、決めていて、 
アンラッキーがある。 
と思うと恐怖が生まれます。

自分以外の 
「外」に決定権があると思うと 
怖くなります。

アンラッキーなど、 
存在しないのです。

自分に決定権があることを 
思い出してください。 

軸を自分に返してください。

そうすると、 
恐怖は消え去ります。

===================================

【依存に対する誤解】
 

依存と聞くと、 
皆さんあまり良い印象を
もたない方が多いかと思います。
 

覚醒において、 
自分の心と向きあった際には
依存している自分と 
向き合うということが
出てくるかと思います。
 

ところが、 
依存感情が生まれるような 
自分を見た際に 
 

『依存感情を抱いてしまう 
 ような人と離れる』とか
『依存感情を抱かないで 
 済むように、距離をとる』
といった方法をとる人がいますが、 
これでは覚醒していきません。
 

実のところ、これは 
『対処』とか『処置』であり、 
解決ではないのです。
 

わたしの例でいうと 
『自立』1人で何でも出来る。 
頑張ってるという自分が好きでした。 
 

つまり、 
誰かに頼るということを 
極端に嫌っていました。
 

誰かに心を開くことが 
恐かったから、 
人とも距離をおいていました。
 

そうして、嫌っていたのは 
『依存的な人』です。
そういう人は、見ているだけで、 
イライラしてきます。
そういう人にはならない 
ようにしよう。 
と見る度にそれを禁じます。
 

なぜなら、 
『自分が禁じているから、 
 そういう人をみると 
 イライラするのです』
 

覚醒していく最中、 
ある局面においては、 
とても依存的な自分を
見せつけられることが 
多々ありました。 
 

そういう時、 
そんな自分を恥じます。
それでも、 
そこと向き合い続けなければ、 
依存は終わらなかったのです。
 

こういったケースの場合
 

隠しているだけで。 
普段出さないように 
しているだけで。
 

実は、依存的な自分を 
『出すか、出さないか』の 
違いがあるだけで根本的に、 
何かが変わっているわけでは 
ありません。
 

強がりな自分と、 
弱い自分がいるのは、 
変わらないのです。
 

それを表に出すか出さないか。 
だけのことなのです。
元は、変わっていなくて、 
覆うか覆わないか。の違い 
というような。
 

本当に、依存が終わる 
というのは、むしろ 
『依存的な自分』を直視し、 
そこと向き合う必要があります。
 

対処を繰り返してみても、 
何かが変わるわけではありません。
 

エネルギー的に、パッと観れる人は、
『胸の奥から、手が出るほど、 
 愛がほしい』と 
言っている状態なのか、 
どうなのかがわかります。
 

それは、 
隠してみても、観えます。
 

隠していない人は、 
自覚しているから、素直になり 
表現します。
 

一番やっかいなのは、 
『胸の奥から、手が出るほど、 
 愛がほしい』
という状態の自分を認めることが、 
出来ないパターンです。 
 

弱さを、認め続けるというのは、 
とても難しいことですが
認め続けることによって、 
超えていきます。
 

超えたときには、 
完全に終わっています。
 

終わるためには、 
終わってないのに、 
終わったようにするのではなく。 
 

終わってない。ということを 
認め続けなくてはいけません。
それが例え、 
何年もかかったとしても。
 

弱さを認められる強さが 
鍵です。

===================================

【記憶】
 

何時も 星がすべて 
無くなってしまうほど
壊滅的に壊れてしまうほどの 
破壊が起こるのは
 

自然によってじゃない。
戦争によってだ。
 

星が破壊された記憶の欠片をもつ 
わたしは
 

『どうして、争いが起こるのか』
 

ということを、 
ずっとずっと研究してきた。
 

『どちらも、素晴らしい』
『これも、あれも、 
 どちらもあっていい』
 

そんな思いを伝えようとしても、 
誰にも伝わらない。
 

きっと私の話し方が 
下手くそなんだと思って
一生懸命伝える練習をした。
 

そして、ある時、 
伝え方が問題なのではない 
のだと知った。つまり、 
そのエッセンスを持っている人
(同じ星の記憶を持つ人)は
 

地球ではごく少数で、 
皆が同じ視座を持っているわけでは 
なかったからなのだと。
 

世界が、騒いでいる。
まただ。この景色は前にもみた。 
 

戦争を起こそうとしている人がいて
戦争をやめさせようとして、 
その戦争を起こそうとしている人と 
戦う人がいる。
 

そのやり方ばかりしていても、 
また繰り返されるだけなのに。
 

逆なのだ。
 

外に見えるのは、映っているもの。
わたしたちの意識が先だから
 

わたしたちが 
内なる争いを終わらせないと 
終わらない。
 

何と戦いたがっている?  
外に見えるのは、自分であるのに。
 

内なる争いがなくなるためには、 
個々の統合と完成。
そして、 
平和の視座が必要となってくる。
 

これから、益々 
個と個が際立ってくればくるほどに 
 

『すべては、愛である』という視座と 
 

『その中で、わたしの表現したい 
 愛はこれだ』という視座の
 

両方を培うことが重要になってくる。
 

今の世界をみてみると 
『全ては愛である』というところは
すっ飛ばされ、 
『わたしの表現したい愛はこれだ』が  
歪んでしまい 
 

『唯一の愛はこれだ。 
 唯一の正義はこれだ』   
 

という感じの主張が多い。
 

全ては愛であることを 
感じられますように。 
 

内なる平穏と共に在りますように。

===================================

ヒーラーやセラピスト
カウンセラーの人の中で
 

「全ては同時創造」
ということを、 
真に抱きとめて活動してる人って、 
一体どれくらいいるんだろう。
 

相手を生み出しているのは、 
自分だという創造を 
受け容れることが出来る 
ということは、 

自分に起こったどの体験も、 
全ては愛であるとして 
受け止められているということ。

一方的に 
「相手にしてあげている」 
という傲慢な妄想から抜け出すには
受容し尽くすしかない。

===================================

『ライクワークと 
 ライフワークの違い』
 

ライスワーク
ライクワーク
ライフワーク
ライトワーク
 

これらの中で、 
最も見分けがつきにくいのが
ライク(LIke)ワークと、 
ライフ(Life)ワークです。
 

ライフワークを 
まだ体験したことの無い人は
ライクワークをライフワークだと 
勘違いすることがあります。
 

ライフワークとか、 
ライトワークとか。
深いレベルの喜びが発動する 
仕事まで辿り着くように一気に、 
サポートするのがわたしの役割ですが 
 

『ライク』で留まりたい人も、 
けっこういます。 
 

そういう人は、 
わたしのところに居続けると、 
ライフまで持ってかれちゃうから、 
途中でやめて、 
自分の好きなことをやりだします。
 

ライクをまだ、体験したい 
経験したいゾーンもあって、
それはそれで素敵ですよね。 
遊んでいられる。というか。
 

ライフワークやライトワークに 
なってくると
『いよいよ、これしか、ない』 
という感じになってきます。
 

つまり、 
他の選択肢がない状態です。
全てが色あせてみえます。
 

すなわち、 
他に選択肢があるとか、 
探しているとか
そういう状態である 
ということは、それは、
ライフワークではありません。
 

『これしか、ない』というのは、 
感覚でわかります。
 

そこからは、 
人はもう探さなくなります。
変動や展開はしていくけれど、 
深く広くなっていくだけです。
 

これしかない。 
とわかっているのに、 
わかろうとしたり
探そうという風には 
思わないからです。

===================================

幸せは、形を求めても 
一時的にしか得られない。 

 
その時々の大変さ。 
その役の大変さが存在するから
   

唯一絶対、 
得られ続ける幸せとは
ありのままの自分自身を受け止め、 
苦楽を超えた喜びを見つけ
それを生きることだ。
 

その時、人は光を思い出す。
 

自らが、既に光であり、愛であると。
 

光としての自分自身を思い出し
生きる時、 
かけがえのない喜びと共にある。
 

それぞれの神聖を 
見せていただくことが 
わたしの喜び。

===================================

【形だけでは、成功しない】
 

さっきと真逆の話になって 
しまうけれど
ビジネスで言われているような 
<形>を散々学ばれた方が
成功しているか。 
というとそうではありません。
 

金銭面では、 
成功していたとしても、 
凄く苦しかったりする場合が 
あります。
 

形というのは、あくまで 
活用するためであって
形に支配されるものでは 
ありません。
 

形を活用するのが、 
良いときもあるけれど
そうではなくて、 
よほど直感の方が上手くいく 
ケースもいっぱいあります。
 

ですから、 
とてもバランスが重要です。
 

それと、エネルギー的に 
人を引きつけるような流れを
つくっちゃえばいいので、 
そういった波動も活用しながら
喜びに沿いながら、 
目の前のことを喜びで生きて 
いけるといいですよね♪
 

さっきとは、 
言ってることが真逆だけど
これも、重要。

===================================

【ヒーラー、カウンセラー、 
 セラピストの実状】
 

覚醒していっていったら、 
仕事で活躍できるわけじゃないし
仕事として活躍しているから、 
覚醒が伴っているわけじゃない。
 

この2つは、全くの別物です。
別物だから、 
仕事で活躍してるからって、 
覚醒していることとは別だと 
捉えておくと、活躍していても、 
傲慢さに立たずにいられますね。
 

今日は、 
逆の話をしていきましょう。
『覚醒していったからといって、 
 仕事で活躍できるわけじゃない』 
というところ。
 

まあ、この手の、ご相談はよく 
受けます。
実はとても多いです。
 

色々覚醒をサポートされて 
いらっしゃる方が 
サポートするのは『覚醒』 
だったりします。 
 
 
そうすると、 
仕事として、実際に活動できる 
ようにサポートするのを 
お願いされたり、 
 

もう少し趣味レベルから仕事レベルに 
変えたい。といったことだったり、 
 

覚醒だけでなく 
仕事として実現していくサポートに 
関して受けられる方はとても多いです。
 

これは、わたしが 
起業スクールで働いていた時に 
立ち上げるのをサポートしていたり
 
 
わたし自身も幾つか事業を立ち上げて 
運営する経験を持っていたり 
 

覚醒の仕事に携わる前から、
その方のライフワークを 
実際に形にして、仕事にする。 
ということを行ってきたところから
ビジネス的な目線を 
持ち合わせているからである。 
と思います。
 

仕事としての成功は、 
人それぞれ、環境や異なります。
 

家族と過ごす時間を真っ先に 
優先したくて、 
月に数万円稼ぐのがその人にとっては、 
とても成功である場合もあるから
一概に、何が成功か。 
という形は存在しません。 
 

ヒーラーやライトワーカー気質が 
ある方は、 
無料で何かを提供するのが喜び 
だったりもするから、 
それで満足していれば何の問題も 
ありません。
 

しかし、蓋をあけてみると、 
けっこう現状に不満を抱いている人は 
とても、多いのです。 
 

色々募集をかけたりしていたとしても 
実は人が来ていない。 
 

フロントエンドの仕事に関しては 
人が来ていたとしても
 

(フロントエンド商材というのは、 
 ビジネス用語で、 
 その販売者が持っている商品に
 興味を持ってくれるような人、 
 つまり「見込み客」を 
 集めるためのものです。
  

 そして、そのフロントエンド 
 商材を使ってもらって、
 気に入ってくれた人に 
 「さらにこういうものがありますよ」
 という形で 
  

 バックエンド商材を提案していきます。
 ですのでフロントエンド商材 
 というのは無料だったり、 
 有料の場合も、安価なものとなります。)
 

実際の仕事の部分には、 
実はさっぱり人が来ていない。とか。
 

アルバイトと、ヒーラーを 
掛け持ちしていて、 
本当はアルバイトを辞めたい
のだけれど、 
ヒーラーとしてだけで稼いで 
暮らしていくほど、
稼げていない。とか。
 

主婦だから、 
そんなに稼がなくても大丈夫だけれど、 
色々習いたいことがあったり、 
覚醒のサポートしていくのに 
月々お金がかかるから
せめて、それを循環させたい 
と願ってる。とか。etc….
 

『自分がしたい仕事で、 
 食べていく』ということを 
実際に実行するというのは、 
表現や実現、 
形にするといったところが、 
重要になってきます。
 

わたしは、 
そのエッセンスを提供するのを 
得意としています。
 

仕事としてみたときには、 
独りよがりなものを出してみても、 
さっぱり人は来ません。 
 

自分の喜びに叶っていて、 
かつ、世間が求めているニーズと 
一致していることが重要です。 
 

中には、天才の人がいて、 
そんなことは気にせずとも 
仕事になっちゃう人もいるけど、 
それはイレギュラーなケースです。
 

購入者目線や、これはいける! 
というような 
プロデュース目線をもつことは
とても重要ですが、 
皆が皆、その目線を持ち合わせて 
いるわけではないです。
 

また、 
趣味と仕事の境界線みたいなものも、 
色々みてきましたが 
 

趣味レベルじゃなくて、 
これを仕事にしたい!と 
望まれていたとしても 
(趣味を否定しているわけではなく、 
 趣味は趣味で素晴らしいのですよ♡)
言ってることが、 
完全に矛盾しているケースもあります。
 

例えば、その人に、 
幾ら月々収入を得たいですか? 
と尋ねると 
60万円。だったとします。
 

そして、好きなことは、 
例えば何か小物をつくること 
だったとします。 
 

ところが、それは、 
1点あたり1,500円のもので、 
手作りでかつ時間がかかること 
だったりすると仮定します。
 

もう、その時点で、 
60万円を達成することが不可能だ。
いうのが、わたしには観えます。 
 

これは、極端な例ですが、 
つまり、多くの場合、 
ビジネスモデルとして最初から 
崩壊しているのです。
 

かなり多くの方が、 
自分の好きを仕事にする。 
となった場合に
 

得たい収入は、絶対に得られない 
ような、無理なビジネスモデルを 
たてています。 
 

つまり、それだと、 
最初から不可能ですから、 
努力とか、いかに頑張ったとか 
とは全くもって、無関係なのです。
 

夢は、夢で終わりにするのではなく、 
現実化する際に
実際にそれが出来るような 
ビジネスモデルをたてることは 
とても重要です。
 

そして、フロントにはくるけど、 
そこから来ない場合には
そこにも、色々な 
<理由>がありますから、 
それと取り組んでいくことも 
重要ですね。
 

良い商材をいっぱい持ってれば、 
売れるか。というと
そうではなくて、 
良い商材やツールをもっていても
売れない人は売れません。
 

変えるのは、商材ではありません。
その人自身です。その人自身。
 

宝の持ち腐れ状態の人、 
いっぱいいます。
宝は、宝として、発揮されて、 
はじめて宝としての価値をもつ。
 

わたしは、そんな風に考えています。
 

今度、発表させていただく、 
ヒーラー、カウンセラー、
セラピスト育成のオリジナル講習では
『実際に活かせる』 
ということを重要視して、 
サポートさせていただこうと 
思っています。

===================================

【丁寧に。大切に。】
 

最近、何人かの方に 
オリジナルワークをつくる 
お手伝いをさせていただきました。
 

そして、 
どんな効果があるとか、 
どんな名前にするとか
どんな説明文を書くとか。 
 

そういうのを 
次のセッションの際に
拝見させていただく機会が 
あったのですね。
 

こうしてみると、 
自覚なかったけれど、 
わたしって
もの凄く丁寧なところが 
あるのかもしれない。
 

通常わたしが、 
オリジナルワークを 
つくってもらう時は
『これね。できたよ』って 
渡される感じだったり
『こういう効果があります』って 
いう感じだったり。
 

その人が、 
自分のオリジナルのタイトルを 
生み出していくまで
根気よくみる人って、 
いないのかもしれない。
 

何でもそうだけど、 
今、あるツールを大切に 
するって大事。
 

特に、オリジナルワークの場合、 
その人のエッセンスを元に  
構築されているから、 
その人自身が自分の内側から 
生み出した自分の言葉の時に、 
一番光るのです。
 

そこも、一切の妥協なし!
タイトルが、妥協とかありえない。
妥協っていうのは、 
クリエイター目線でいったら 
不正解ってこと。
 

タイトル1つにしても、 
本当に、これだ!
となった時には、 
その人自身が光の柱を立てる。
 

わたしは、 
その光の柱がたつようなタイトルが
自力で生み出せるように 
エネルギー的なフォローをさせて 
いただくだけ。
 

言語化って難しいかもしれないけれど 
これだ! 
というタイトルが生まれたときの
喜びといったら、 
表現しようがないくらいに 
嬉しいものです。
 

そんな光景を今日も拝見できて、 
とっても幸せ♡
はやく、発表しないかな〜 ワクワク♡

===================================

言葉が通じないことを 
怖がっていては何もできない
だから、伝えるしかない。
例え、虚しく 
鳴り響くだけであったとしても。
 

言語が通じない苦しさを 
抱えて癒し、超えた後に 
 

待っていたのは、やはり 
言語が通じないことが起こる、 
景色。
 

覚醒について語るとき
受け取り方は、 
個々の状態によって異なる
 

同じように言葉を発していても
響く人と響かない人がいる。
 

幾度も幾度も、 
大切なことを繰り返し伝えていく
 

わたしが、かつて 
幾度も繰り返し言われないと
わからなかったように
 

出逢った人に、切符を渡す。 
 

それが、切符であるかどうかを、 
見定めるのも 
切符をつかって、乗車するのも
 

受け取った人が決めること。
 

わたしが行えることは、 
チャンスを、切符を配ることだけ。

===================================

自分自身を受け入れ、 
統合していき
世界にとっての 
自分の役割を創造して 
活きる時、
世界中の誰のことも、 
一切羨ましくありません
 

わたしは、 
わたしで良かったという
喜びを心から感じて 
日々を生きるということ 
なのです。
 

言い変えるなら、 
羨ましさがあるのであれば
自分を受け入れ終わっていない。 
統合が終わっていないか、 
世界にとっての役割に 
立っていない。 
という指針にもなるという 
ことです。
 

わたしが、あなたが。という 
『が』『我』が消え去り 
 

わたしも、あなたも。という 
『も』『母』となります。
 

『母』『も』は『元』
 

わたしも、素晴らしい
あなたも、素晴らしい

===================================

【一枚板】
 

昨今思うのは、 
『覚醒は、大逆転要素が 
 満載である。』
ということです。
 

ある一定のところまで、 
振り切ったバネが
逆方向に転換する際には、 
もの凄い動力が発生するように。
 

覚醒において致命的なのは
 

『わたしは、もうあの人よりも、 
 進んでるから、もういいわ。 
 わたしは出来た』 
というような、 
【出来ちゃった感】です。
 

出来ちゃった。終わっちゃった。 
となった場合。
そこで、ストップします。
 

つまり、覚醒において 
あまりにも安定感を得てしまう 
ことは致命的なのです。 
 

でも、出来ていないという 
不安定感や否定感だけでも 
生きるのが苦しいし 
表現に問題が出てくるから、 
このあたりは、絶妙。
 

だから、超一流の、 
覚醒においての指導者であれば
『苦しいほどの、否定感には 
 ならないように 
 自信を取り戻すような 
 サポートをする。 
  

 でも 
 覚醒がストップしないように、 
 現時点での課題も与えて、 
 適度に成長も促す』
 

という姿勢であるはずだ。 
とわたしは考えます。
 

覚醒とは、無関係に、 
『その人のマインドを 
 満たしてあげる』ことをする 
お仕事の方もいらっしゃいますが、 
役割が違う。
 

覚醒をサポートする人というのは、 
その人のマインドが満足すること 
だけを言ってればいいってもの 
じゃない。 
 

だから、時に嫌われます。
それを覚悟していないと、 
覚醒のサポートは出来ない。
 

だから 
『出来てる。と本人が思ってる 
 時ほどに、 
 出来てないところを言うし
 出来てない。と思ってるときは、 
 出来てることを言う』ことは 
多いです。
 

これは、個々で受け取り方が 
異なったりするから、 
1人1人に合わせなくてはならず。 
難しい。
 

わたし自身は 
『一瞬先は、闇』 
『一瞬先は、光』
といったように、 
いつも一枚板の上に立っている 
ような心地でいます。
 

自分が見れる自分自身の限界も 
よく知ってる。
だから、自分ひとりで 
自分のことをどうにかしよう 
などという風には、 
とてもじゃないけれど、 
思えないです。 
 

これは、 
自分ひとりで何とかしようとして、 
超絶失敗して
どうにもならない。 
という経験をしているので、 
もうしなくていいから。
 

何時も、一枚板の上に立ちながら。

===================================

おはようございます♪
 

自分の感覚を感じるって 
大切なことですね。
有名だから。有名じゃないから。
人気だから。人気じゃないから。
 

そういったことから、 
リサーチして決定するのも 
いいですが
そうじゃない選び方をしてみる 
のもいいものです。
 

例えば、 
美味しいお店を選ぶ際に、 
多くの方が
『良いと思った』という 
『評判』から選ぶことがあります。
 

確かにいいな。と思ったり。 
そうでもなかったり。
『自分にとってどうか』 
というのは、 
評判とは違っている
こともあります。
 

逆に何も調べないで、 
ふらっと入ったお店が
とっても素敵なお店で 
居心地がよかったりする 
こともあります。
 

お店だけじゃなくて、 
例えばこれは、
セミナーや講習といった 
ものにも共通して言える 
ことです。
 

わたしが行っている、 
選び方は。
『人』で選ぶことです。
 

どんなテクニックか。 
どんな内容か。
それも、大切ですが、 
 

やってるのは『人』だから。
 

評判も、参考適度で、 
さほど気にしません。
評判は、必ず良い評判と、 
悪い評判があるものだから。
 

評判だけで、判断する。 
といったことは絶対にしません。
 

皆がやってるから。 
というところでも、選びません。
 

自分の目で観て、 
自分の耳で聴いたもの以外は
信じません。
 

何事も、実際に会って 
(遠方ならば、実際に話して)
自分の目で確かめるのが、 
一番です。
 

そういったやり方をしていると、 
自分に観る目がないと
失敗というか『違った。。。』 
ということも多いものです。
 

それでも、そうしながら 
観る目を養っていけるし
何より、『これだ!』 
というものに辿り着けます。
 

【多くのチャンスを得られる人 
 というのは、多くの失敗を 
 得ることを恐れない人】
ですね♡
 

気持ちの良い 秋を 
お過ごしください♪ 

===================================

生きていれば、 
課題っていうのは
いつも、あるよね。
 

わたしたちは、 
不完全なる完全性の生き物。
つまり、一側面においては 
成長する生き物ですから
その時々の課題というのが 
あるのです。
 

でも、本質的な変容、 
エネルギー的な変容と
取り組んでいけばいくほどに、 
同じ課題をずっと行ってる 
ということはなくなっていきます。
 

中には、同じ課題が、 
しつこくかかっている場合も 
あるけれど、それも、 
解放のタイミングに来たら
一気に終わりにしていけます。
 

軽くなる事が、急務だからです。
 

課題は嫌う必要はありません。
なくそうとする必要も 
ありません。
 

嫌ったり、なくそうとしたら、 
苦しいだけです。
 

でも、 
同じことをぐるぐる行って 
いるよりは、
どんどん課題を超えていって、 
ステージが変わっていき
 

新たな課題と取り組んでいける 
ことは幸せですよね♪
どんどん、自分の本当の喜びを 
生きられるわけだから。 
 

何て、濃厚でジューシーな 
時代に生きてるんでしょう!
 

この時代を選んできて、 
生きている全ての人と乾杯♡

===================================

オリジナリティとは
 

自分の体験
自分のエッセンス
自分の言葉で語るということ
 

どれか一つでも、 
他者のものや他者の言葉を、 
そのまま借りたものは
 

「借りた」だけに過ぎない。
 

そして、 
オリジナリティからは 
遠ざかる。

===================================

一言メッセージ 
『覚醒は インスタントじゃない』

===================================

【雑感】
 

いよいよ、 
気休めのテクニックでは 
どうにもならないのだ。
ということが解る人が 
増えてきました。 
 

今日も、目の前に現れて、 
『〜というテクニックでは
 さっぱり変わらないのです』 
と、仰るのです。
 

そういった人は、 
結構途方にくれています。
何故なら
 

『根本から変わるものです』
『あなたを変えられるのはこれです』
『本質的に変化するのはこれです』
というように 
世の中のありとあらゆるものが、 
そのようなうたい文句をしていて、 
 

それで、藁をつかむように
必死にそれを掴み、 
それでも変わらない。。。。
お金も時間もかけて。 
それでも変わらない。。。
 

ということを 
繰り替えしてきていて
絶望しているから。
 

幾度も、『今度こそ!』 
として行ったものが
効果がなければ、 
それは確かに絶望するだろう。 
と思います。
かつての私のように。
 

こういったことが起こること 
には幾つか原因がありますが
 

確信犯的に、 
本質的に変化なんてしないよ。
と思いながら、 
それを提供している人は
実は、ほぼいない。 
ということです。
 

コマーシャル的に誇張している 
場合はあるかもしれないけど。
 

『本質的に変化するのはこれだ』 
と「本当に思ってる」可能性が高い。
 

それは、その人たちにとっての 
真実なわけだから仕方ないのです。
 

だから、こちら側の目を養うしか 
ないわけだけど
ここでパラドックス! 
 

本質的な変化を求める人は、  
何が本質的なものか。を
見極める目を 
まだもっていないことが多い 
ということ。
 

だから、色々、色々巡って。
『根本から変わるものです』
という、 
うたい文句からの誘いを幾度も 
繰り返すうちに、信じられなく 
なってきてしまう。
 

だから、結局は 
ご縁とか。辿り着く。とか
それしかないかな。。。 
と思います。
 
 
でもって、訳も解らずに
『やったほうがいいよ!』とか
ほとんど詐欺師みたいな感じの私に 
言われて
 

(だってね。怪しいし、
 訳が解らないわけだから
 詐欺師っぽいよね  
 そう思わない?笑)
 

やってみる。を選んだ人が、 
切符を手に入れる。
 

そう言ってる、 
わたし自身だって
同じ言葉、同じ言い方で 
募集していたとしても。
 
 
わたし自身の覚醒してきた 
ところがあるから
1年前と提供しているものは
全く別ものかと思うほどに 
効力が違うしね。
 

仕方ないよね。わたし自身も 
別人になってるんだから。
全然出来ることも変わっている。
 

今、目の前にいる方に、 
今のわたしの最善を
お届けしていく以外にないのです。
 

話は変わって、 
三匹のこぶた  
というお話がありますね。
 

藁の家。
木の家。
レンガの家。
 

藁の家も、木の家も。
いくら作り続けても、壊れるだけ。
 

『素材』が違うのです。 
『素材』が。
 

素材から変えないと、 
何も変わらない。
 

『レンガ』を体験した時に、 
全ては変わっていくのです。
 

レンガを手にしても、 
まだ木に戻ることもある人もいます。
それは、木とか藁を 
やり切っていないからです。
 

もっと言うと 
『木とか藁を 
 捨てきれないから』です。
 

レンガの家はね。 
藁や木と比べると、 
時間がかかります。
丁寧に、丁寧に 
積んでいかないとだから。
 

本当の覚醒は、 
インスタントじゃないからね。
 

でも、絶対に壊れない家を 
つくりたいなら。
 

失わない『人間力』を 
培いたいなら。
それは、統合ってことだけども。
 

レンガでつくるしかない。
 

木や藁は、捨てないと、 
手に持っていては
むしろ、邪魔なのです。
 

わたしは、 
『レンガ』の最初の1つを、 
お渡しする人かな。
もちろん、今は、 
色んなレンガを取り揃えているから、 
何処までもやろうと思ったら 
色々やれるけども。
 

そんなことを思った、今日でした♪

===================================

もうね。
出来る「フリ」 
しなくていいよ
 

もうね。 
「わかるふり」して、 
誰かと同じとか、 
正解探しとか 
しなくていいよ
 

本当に自分をわかってる 
ということは 
 

「出来ることと 
 出来ないことがわかってる」
ということが 
わかってるということだし 
 

「わかることと 
 わからないこととがある」
と知ってるということなんだから
 

いっぱい出来ないことが 
あるとわかると
 

いっぱい愛され 
助けられてるとわかり
 

感謝とともに 
人と協力していくことが出来る
 

弱さを言えるのは、 
強さなのだと知る。

=======================

もう。。。『遺跡』みたいのを 
抱えて生きるの
終わりでよくない?♡
 

今となっては、解決しているけど
過去にあった許せなかったこと。
 

今となっては、納得しているけど
過去にあった悲しいこと。
 

今となっては、許しているけど
過去にあった腹がたつこと。
 

こうした、一見『解決している』
と思えるところに、当時の感情が 
遺跡として残っているケース。 
多いです。 
 

なんで、解決してるのに 
上手くいかないのぉ〜〜!
という場合は、 
この『遺跡』が原因かもですね。
 

それは、方法を間違えなければ、 
すんなり解決していくのです。
方法とは、エネルギー的に、 
遺跡を解放か統合して終わりに 
することです。
 

その時、人は『今』を生きられます。
 

今を生きている。と思っていても
気がつかないうちに、わたしたちは
『過去』を生きているのです。

=======================

おはようございます♪
ポカポカして、 
気持ちいいですね♡
 

足りないという意識だと    
足りないという現実が生まれる
 

満ち足りているという意識だと  
満ち足りている現実が生まれる
 

これは、本当にそうなのです。
ところが、充足って、 
頑張ってそう思おうとしても
出来ることじゃないのですね。
 

満ち足りてる心境になれないと、 
『どうして。。。?』って。
 

自分が悪いのかな。 
自分っていけないのかしら。
 

感謝出来ないわたしは、 
ダメな人なのかしら。
 

そんな風に自分を責めてしまう方、 
多いです。
昨日も、セッションでね。  
そういうご相談ありました。
 

それは、自分がいけないんじゃなくて
思考で何とか出来るものでもなくて
ただただ、 
エネルギー的な原因があるのです。
 

気休めではない、根本的解決とは
エネルギー的な変容をして
満たされた<状態>になっちゃう。 
ことなのですね。
 

『なっちゃう』のだから、 
思考でどうにかなるものでは 
ないのです。
 

根本的解決で 
エネルギー的変容をしていった時。
同じような、 
思考や感情の状態になることは、 
もうありません。
 

なぜなら、終わったから。
終わったものは、終わったので。
 

どんなに、行動してみても、 
意識が変わっていない状態で
進んでみても。 
 

ぐるぐる。。。 
同じところを回るだけ。
 

どんな体験、どんな経験していても、 
苦しくても辛くても
それも、経験だからいいよね。
 

でも、終わりにしたいと思ったら、 
終わらせることが出来る。
すべての人生の重荷をおろして。
 

満ち足りた、毎日。
こころも。身体も。魂も。現実も。
 

幸せが、更なる幸せを呼んできます。
 

ありがとう♡
Thank Universe ♡

=======================

【今、わたしたちが出来ること】
 

世界にとっての自分の役割  
立ち位置を知る 
 

当初自分自身からの自由。 
ということについて 
お話しようと思っておりましたが、 
ここのところ各地で続いている 
災害などを目にして、 
内容を急遽変更することに 
致しました。
 

こういった事象が起こると 
『自分も何かできたら』とか
『わたしにも何か 
 出来るならしたい』 
そんな思いが湧く方は
とても多いものです。
  

ところが、
『何をしたらよいのだろう』とか
『自分はたいしたことは 
 何もできない』とか
 

『他の誰かが頑張ってるのをみて、 
 負い目に感じることがある』とか 
『他の誰かみたいな 
 凄いことは出来ない』とか 
 

出来ていないと思う方は 
とても多いように思います。
 

そしてやってみようと 
思い立っても
『実際に何をしたら良いのか』が  
具体性に欠けていて
わからなかったりする場合も 
あるように思います。
 

こんな風に 
話しているわたし自身も、 
とても劣等感が強く
そんな葛藤を抱いていたことが 
あります。
 

わたしは長いこと、とても 
『地球のライトワーカー』に 
憧れていました。 
周りには、何時も 
地球のライトワーカーの方が 
いらっしゃって 
会話についていけないのです。
 

例えば 
『いまは、水脈をやっている。。。 
 ああ。そうですよね。
 あの辺りは、濃いですよね』とか。
『地核とつながってると、 
 身体きついよね』とか。
 

そういう会話についていけず、 
そういったお仕事が出来ない私は 
ダメなんだとか劣っていると 
思っていました。 
 

そういった 
地球のライトワーカー的な役割は、 
いつか行うかもしれないけれど、 
『今、わたしに出来ること』は  
人なんだ。
 

そのように、今のわたしの役割を 
受け止められたことで 
私は変わりました。
 

未来の自分をみて、成長するのも
素晴らしいことですが
わたしたちは、時にこうして、 
今の自分が出来ること、
今の自分の素晴らしさを観ることを 
疎かにしてしまうことがあるような 
気がいたします。
 

当日は、 
今世界に起こっている状況や、 
善悪を超えたところからの視座に
おいての、これから起こりうること。
 

そして、 
どの役割も素晴らしいと受け止めて
いけること。
『今』の自分の役割に、使命を見出し、 
立ち位置に立っていけるよう 
サポートさせていただきます。
 

【今、わたしたちが 出来ること】 
世界にとっての自分の役割 
立ち位置を知る  
 

AyaトークLIVE
 

【日時】2015/09/26(土) 
    14時30分〜16時00分 
    ☆14時15分会場
 

【場所】品川駅から徒歩8分  
    フクラシア 品川  
    クリスタルスクエア

【代金】3,000円(当日、お持ちください)

=======================

一生懸命頑張って 
汗水垂らして
休み無しで働いている時は
 

お金も心も豊かさとは 
ほど遠く
 

のんびりと自分ペースで心地よく
遊んでるように 
表現して行った時には
 

お金も心も 
すべての豊かさが何時もある
 

休めるって才能。
 

遊んでる感じが
さらなる創造性をつくるから。
 

力を抜くって、とっても大事。

=======================

【呼吸】
 

吸って 吐いて
吐いて 吸って
 

吸うと吐くの間には
拍が存在する
 

その一拍がゼロに還って  
新たな命を生む
 

動ではなく 静の中に
 

見えるところではなく  
見えない中に
 

有ではなく 無の中に
 




 

聞こえない 音を聴きながら
 

空と呼応しよう
 

世界は 今日も優しく Yesと囁く

=======================

感謝とは、何時も 
自然と沸き起こるもの。
 

満たされていけばいくほど
感謝は自然と湧いてきて
 

本当は
わたし『が』していることなど、 
何一つないと
わかっていけばいくほどに
 

ただ、与えてもらっているのだと
わかっていけばいくほどに
 

『が』 『我』から
『かげ』『陰』を 
感じて生きることになります。
 

お陰さま
おかげさま
 

今のわたしがあるのは  
全ての貴方と出逢ったから
 

花が花開くのは
太陽と大地と水の恵みが 
あったから
 

有り難う
ありがとう

=======================

昨日、 
驚愕だったことがありました。 
それは。
 

『アセンションによる影響、覚醒は
 2012年からの2年間がピークで
 そこからは、ゆっくりになります。
 だから、この2年間さえ頑張って 
 れば大丈夫。』
 

という感じのお話を、 
とあるセミナーできいて
それを信じて、 
ここからゆっくりなんだと
信じている人がいた。という事実。
 
( ̄ロ ̄lll)( ̄ロ ̄lll)( ̄ロ ̄lll)( ̄ロ ̄lll)( ̄ロ ̄lll)
 

何が真実か。 
誰かの真実を否定する気は 
ないけれど
わたしにとっての真実は、
むしろ、画像にのせた 
加速グラフのイメージなんだけど!
 

それでもって、 
何処かの時点で 
量子物理学でいう臨海質量、 
クリティカルマスの感じで 
一定数に達したら反転する 
イメージなんだけど!
 

ふぅ〜。。。 
自分の中じゃ、当たり前すぎて
言う必要もないと思ってたんだけど、 
必要な時もあると教わりました。
 

さてさて、本日12時からは  
99ゾロ目一斉ヒーリングが
開催されます。
 

今日は、 
地球のエネルギーがとても強く。
朝から、かなり地球のハードな 
エネルギーを感じて
うぅ〜〜。。。とか 
いっておりましたが、 
 

皆様はいかがお過ごしですか? 
わたしは、大分楽になったので、 
これから瞑想して
心を整えさせていただきます。
 

過去最大のお申し込みを 
いただいております。
多くの皆様がシェアをして 
いただいたおかげさまです。 
 

ありがとうございます。感謝♡
 

12時より、 
ワークを行わせていただきます。
 

=======================

すべてが 許されていく
 

『幸せに なっていいよ』
『もう  全部許していいよ』
 

そんな声が、こだましている。
 

***************
 

全ての わたしよ。
幸せでありますように。
 

今までの全てが 
幸せであったことを 
気付けるほどの幸せを  
全ての わたしに お与えください。
 

全ての わたしの
幾千年、幾万年の満たされぬ 思いを
満たしてください。
 

今までの 全ての 絶望の分だけの  希望を
今までの 全ての 悲しみの分だけの 笑顔を
今までの 全ての 苦しみの分だけの 歓喜を
 

今となっては、不必要な 
想いの欠片昇華され
大切な全ての想いが 
遂げられますように。
 

どうか 全ての わたしに。

=======================

案の定、今日になってからの  
申し込みがめっちゃあるぅ〜!
 

GOGO!
走らしたら、速いぜよ!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ━( ^O^)━ 
 

無料も、有料も、 
どちらでもせっかく 
お申し込みいただいたんだもの!
 

この絶好調なGOGO!な感じを 
是非ともお届けしなくっちゃね!
皆、楽しみにしててくれてるんだ。
 

顏も見た事のない方が、 
いっぱい申し込んでくれてる。
そうして、信頼してくれてる思い、 
しっかり受け取ってるよ!
 

誰でも、素晴らしいんだ。
本人が、それに気付かなかったり
受け止められなかったりするだけで。
 

強さは弱さ。
弱さはむしろ強さなのだということが
もっと、明らかになっていく。
 

今、停滞して、 
ストップしちゃってる方とか。
動きたいのに、 
動けなくなってる人とか。
ぐるぐる同じところ回ってて 
いい加減やめたい!って人とか。
 

『加速』を求める方にも、おすすめ。
 

しつこいけど、 
もうこうなったら、 
しつこくったって
宣伝ばっかりって思われたって、 
書いちゃうわ!
 

<しつこさってのは、 
『諦めない強さ』 
『やり遂げる強さ』> 
でもあるから、 
もういいわ しつこくても。

=======================

これは。。。
来た来た。
 

明日大きなビッグウェーブが 
起こるんだわ!
9/9のタイミングは 
バッチリだったんだ!
 

明日の9/9の一斉ワーク。
「グローリアミッション」
 

今まで、動けなかった人。
今まで、アクションを起こせなくって
申し込み出来なかった人も、 
ここからなら
ギリギリ申し込み出来るのかも?
 

特にグローリアコースは、 
私そのもののワーク。 
このタイミングで受けたら流れ始める。
 

「99」
ライトワーカーよ、 
行動して下さい。 
 

あなたの聖なる使命は 
今まで以上に必要とされ、 
世界に更にもっと多くの 
光と 愛をもたらすよう、 
できる事はどんなことでも 
しなければなりません。
 

「今すぐ、人生の聖なる目的に 
 取り組んで下さい」
 

今日の流れといい、 
完璧!最高! 
(と 1人納得 ですいません 笑)
有料無料、どちらもまだ、間に合うよ〜♡

=======================

全体レベルの波。
止まっていた波が、 
動き出した。 

=======================

【お金がないから 
 やりたいことが出来ない 
 という人へ】
 

お金の悩みって色々あると 
思います。
 

でも、よくよく辿ってみると 
「お金がない」
ことが問題なのではなく 
「やりたいことが出来ない」 
ということが問題なのだ。 
という人はいっぱいいます。
 

以前、とってもお金がなかった時
銀行の口座に「350円」しかなくて
スタバのカプチーノが飲めないぃ(⌒-⌒; )
 

という、 
壮絶な経験をしたわたしは
お金がないから、出来ない。 
っていう気持ち
とってもよくわかります。
 

でも、段々と 
「先にやりたいことをやると
 決めると入ってくる」
ということを繰り返していくと、 
お金がないから。という 
言い訳を自分にしなくなります。
 

「やりたいことを、 
 許可出来ない自分がいる」 
 

「幸せになりたいのに、 
 何処かでなれない自分がいる」 
 

「お金を生み出す価値が 
 ない存在だと決めている 
 愛に値しない。自信がない」
 

そんなことに気付けていけて、 
癒しに取り組んだり、 
抱きしめてあげられたらいいよね♡
 

貯金額が、350円の時も、 
10万の時も、100万の時も、 
1000万の時も、 
何時でも不安な時は不安です。
 

やりたかったら、先に決める。 
(頭だけでなく、 
腹で モゾモゾしてたら 
決まってないです。)
 

決めると、動き出します。
 

お金の流れは、他でもなく 
自分がつくっているのだから。

=======================

おはようございます♡
静かな朝ですね。
 

最近、 
『夢をよく見ます 
(覚えています)』
というお話をきくことが  
あります。
 

夢は、無理に意味付けする 
必要はありませんが 
普段、認識できる自分を 
超えた領域の自分を感じる 
ことが出来ることがあります。
 

予知夢や、過去生のこと。
そういったことも 
含んでいたりしますから
未来や、過去も捉えることが 
できたりすることもあるのです。
 

それと、 
最近多くあると感じるのは
『感情の解放』です。
そういった場合、 
その感情があると認識できると 
同時に夢が癒しとなっています。
 

よく夢。というと、 
一般的には、こういったことが
起こるのではないか。 
という予知夢的な捉え方が
多いように思いますが、 
 

それ以外にも 
様々な役割があると知って 
おくと、便利かもしれませんね♪
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

画像は、 
雨に濡れると透明になるお花
サンカヨウ 

雨だからこそ、観れる 
美しい光景です♪
 

先日、 
80gの傘を買ったばかりなので
使うのが楽しみ♡
 

傘って、 
進化しない形状の1つだけど
こんなに軽ーくしてくれるって、 
とっても嬉しい♪

=======================

材料は全て揃った。
 
沢山の応援とサポートと 
愛をいただき
家族はみんながいい感じで 
幸せ 
 

これから立ち上げる 
オリジナル講習も 
オリジナルワークも 
多くの喜びと驚き声の 
ご感想を頂いてる。 
 

体調も精神状態も凄ぶる万全。 
しかも 
ご飯食べる時間さえいらない。
 

後は、やるだけ。。。
。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。
 

っていうか、整い過ぎて 
一つの問題もないから 
ただ「やる」以外ないよぉ〜(⌒-⌒; )
でも、 
構想的にやることが莫大だよぉ〜
 

講習以外にも、 
オリジナルワークの説明も 
つくらないとだし、 
blogもつくらないとだし、 
感想もまとめないとだし。 
HPは全部で3個必要。
 

さっき、 
スーパービジョンを受けたら
フリーダム ディスティニー。
あっさり「5万円って安いですね」
って言われた(^^;;
 

自分のオリジナルワーク 
つくれるだけじゃなくて、 
他の誰かのワークつくれる 
ようになっちゃったのも、 
なんの問題もないらしい。 
 

ここでもまた、 
一個も問題がないので
目の前のことにひたすら 
取り組むしかない。
 

世界の全てが、GO!!! 
って言ってる。
 

この状況は、物凄い幸せで 
感謝しかない状況なんだけど、 
人間とは贅沢な生き物で、 
やる事が山積み!うぅ〜(⌒-⌒; )と 
なってるわけです。 
前ほどドーパミン優勢では 
動けないし。
 

よく言われるのが、 
「綾さんって物凄い行動力で、 
 どんどん色々つくっちゃって 
 凄いですよね!」 
って言われるけど、 
 

機械みたいにね、 
サクサク出来ちゃうわけじゃ 
なくって、 
ゼロから1は何度も 
生み出してきたけれども、 
それでも立ち上げる時ってのは、 
すっごく馬力いるよぉ〜。。。
 

自転車の漕ぎ始めみたいに。
 

なんと言うか、 
クリエイトってさ、 
楽しいだけじゃなくて、 
苦楽を超越している喜びって 
感じよね!
 

しかも、 
アイディア湧く時は 
ぶっ通しで何時間もやれるけど、 
ぱたっと電池切れになったら
出来ないから、 
まさに 「お任せ」の世界。
 

今は、電池切れ。
チーン φ( ̄ー ̄ )
 

こうして、幾度も 
電池切れを起こしながらも
立ち上がっていく 
起き上がりこぼし。
それがクリエイト。だっ!

=======================

おはようございます♪
優しい朝♡ 
(でも、辛口なのは許して♡笑)
 

昨夜は、夜中に目が覚めて
感謝に溢れながら 
決意を感じていました。
 

この数年、 
日々細胞の1つ1つが 
解放されていってるのを 
感じていますが、 
今日は深淵な部分。 
骨の細胞が解放されているのを 
感じています。
 

様々なメソッドが 
世に溢れているけれど
頭の中で、幾ら解放しても 
それは頭の中で綺麗にまとめて 
解決したと思い込んでいるだけ。
 

それもまた、 
無意味なわけではないけれど、 
頭の中で、綺麗にまとまることと、 
根本的な解放とは全く違うのです。
 

かつて私は 
潜在意識のメソッドを作成し 
多くの方に教えていました。
 

その私が、 
危機感を持っているのは
 

わたしと同じように、 
マインドの理解から入った人が、 
自分の状態に気付けず 
動けないでいること。
 

潜在意識とか自己啓発とか
それを学ぶのも 
素敵なことだけれど
頭だけでの理解を、出来た! 
と勘違いしてしまうのは危険。
 

だから、伝え続けよう。
 

腑に落ちる。 
という言葉には
「頭」に落ちる。 
とは書かれていません。
 

でも、 
頭でしか理解したことが 
ない人が、どうして、 
それ以外の理解を知ることが 
出来るのでしょうか。
 

つまり、多くの人は、 
頭での理解しか知らないから、 
腑に落ちるということも、 
頭と心でとてもしっかりと 
わかるということだ。
 

と、わかっていないのに、 
わかったと
勘違いしてしまうのです。
 

これまた、 
日本人気質の弱点として
周りの人が、わかった! 
とか言い出したり
腑に落ちました!とか 
多用し始めると 
 

自分だけわかってないのは 
嫌だから、自分も 
「腑に落ちた」ことにしちゃう。
 

本当に腑に落ちるというのは
感覚。体感を伴うのです。
頭で理解することとは、別なの!
 

問題なのはむしろ 
「わからないのは、悪いこと」 
と思っていたり、 
「皆と違ってていい」って 
思えないことなのかもしれません。
 

わかってないというところから、 
本当に解るようになるのは、 
スムーズ。
 

わかった。出来てる。 
自分は全てを知っている 
と思ってれば思ってるほど、 
困難。 
 

何故なら今までの全ての 
プライドを捨て去る勇気が 
必要だから。
 
 
裸一貫になれるか? 
が別れどころ。

=======================

【伝わる 伝わらない】
 

皆それぞれ、 
自分のフィルターを通して
現実を見ています。
  

フィルターが外れれば 
外れるほど
事実が観えてくるのです。
 

例え、どんな愛を伴った 
ものであっても
フィルターが、厚いと 
愛が届きません。
 

違った認識と 違った言語に 
自動的に変換されてしまう 
からです。
 

特に、ひどい場合は 
霊障を伴っている場合。
これは、もはや言葉が通じません。
 

小さい頃、 
母と会話にならなかったのは
実はこれによるもので、 
価値観の違いとか 
そういう以前の問題だったのです。
 

トランスなどで、霊障を実際に 
その状態を体験してみると 
わかるのですが、 
まるで水の中にいるような感じで、 
くぐもった感じで聴こえないのです。
 

他には、 
自分が感じたいことを再体験する 
ためにシナリオをつくることが 
あります。
 

何かに対して可哀想なわたし
何かに対して怒りを感じたり
 

幾度も幾度も、 
人を変え場所を変え
再体験しています。
 

苦しいよね。
 

そんな感情の原因にアプローチして
自分が守っていた自分を
もう終わりでいいよ
解き放っていける時ですね♪
 

伝わらないことがあっても、 
自分を責めたりしなくて 
いいんですよ。
 

このように、 
自分の説明が下手とか 
とは無関係に、 
 

伝わらないということは、 
起こるのだから。

=======================

【感情に責任をとる】 
 

感情に責任をとるって大事よね
自分から沸き起こったものだもの
 

それは、誰のせいでもなくて
自分から沸き起こったもの。
 

それを受け止めていけたら
変化していける。
 

自分の感情を受け止めることは
変化するチャンス

=======================

日々、変化し、進化して、  
変わりゆくものもあるけれど
何一つ変わらないものもあって。
 

変わらないものは、 
時に執着やカルマの場合も 
多々あるけれど
そういったものを解放しても、 
まだ、尚   
変わらないものがあって。
 

いくら、断ち切っても 
切れないもの。
揺るぎなく変化しない思い。
それが、信念と呼ばれるもの 
なのだろう。
 

そして、それこそが
己の進む道、 
 

『マイ ロード』を 
指し示している。
 

****************************
 

そんな風に、感じています。
でもって、感じたら、 
書きたくなって書いちゃう 
ものだから、さっぱり、 
オリジナル講習構築まとめが 
進まない(笑)
 

8日にまでには形にしないとなのに。
それとも、8日説明しているうちに、 
浮かぶのかなあ?
対象者が居た方が、相手がいた方が、 
湯水のように沸き出してくるから。
 

あれも、これも。 
オリジナルワークの方のこととか?
そのうちつくるHPの文章のこととか?
あれも。これも。状態になっちゃうし。
色々、湧いて来ちゃって。
 

まあ、それもまたよし。

=======================

【夢や目標に関して 
 陥りやすい罠】
 

多くの人が お仕事に関して  
自分の夢や目標を叶えたいと 
思っています。
 

でも、その夢や 
目標自体がわからない。
自分が本当にしたいことが 
何なのかわからない。
わかっていたとしても、 
漠然としている。
 

こういった場合、 
内側から探していくことに 
なりますが、それも、 
その時々のご自身の覚醒の 
プロセスによって異なります。 
 

もっと、内側から 
大切な思いが見つかったり、 
実はもっと自分は
壮大と思えるようなことが 
したかったと気付くことに 
なったり 
 

創造的になってきて、 
段々と決めた何かを達成する。 
ということ自体に 
そこまで執着しなくなってくる 
からです。
 

自分のやりたいことがはっきり 
しない人は
はっきりしていて、 
実現していく人が羨ましくも 
あったりしますが
 

叶えていたとしても、 
本当にその人にとってそれが 
やりたいことであるかは 
その人自身が変化していかないと 
観えてこないものです。
 

今日は、わからなかったり、 
はっきりしない場合ではなくて
むしろ実際に 
夢に取り組んでいっている人に 
関してのお話をします。
 

ライスワークからライクワーク、 
ライフワーク、ライトワーク。
 

実現していくということに関して、 
様々な方のありとあらゆる夢を見て 
きましたが、夢と思い込んでいた 
けれど、それが本筋ではない場合 
 

1つには、それは 
【今生での思い残し】 
だったりします。 
 

これは、多くの人が 
陥りやすいケースであるのに 
自分では気付けないし、 
そういったことが観れる目を 
もった人でないと指摘もされません。
 

そもそも、自分が 
『これが夢だ』と 
思っていることについては 
大抵の場合は応援するのが 
通常であり、 
 

わからないならまだしも
『本人が夢』 
と思ってることに関しては 
疑うということはしません。 
応援するのが普通だからです。
 

【今生での思い残し】でいうと
いつか、やろうと思っていたのに、 
叶えられなかった。
 

その叶えられなかったことに 
対しての自分への罪悪感や 
思い残しや後悔が 
積み重なっているものを 
夢と思っていたりします。
 

例えば、1つ例を出すと
わたしは、大学を音大に 
進学しようと思っていました。
練習は嫌いでしたが、 
音楽は好きだったからです。
 

でも、音大に入らず、 
違う学校にいったことで
わたしは音楽から逃げた。 
音楽と向き合えなかった。と
その自分にずっと後悔していたのです。 
 

唯一 
わたしが愛した音楽だったのに。と。
わたしの進む道は、音楽だ。 
と決めつけていました。 
 

これも、親のせいとか 
お金のせいとかにしている時期も 
あったから 
罪悪感や思い残しや 
後悔とは気付くのは遅かったです。
 

結局、夢と信じていましたので、 
大人になってからも
ずっとその思いは捨てきれ 
ませんでした。
 

そして、作曲の専門学校に入ります。
そこで、音楽を学びました。
 

すごく楽しくて、 
夢中になりましたが、 
専門学校が終わって
曲がつくれるようになったとき、 
『音楽を学べた』ことで
思い残しや罪悪感や後悔から、 
ようやく解放されました。
 

でも、追求すればするほどに、 
自分が本当に追求したいことは
【今は】音楽ではなかった。 
ということもわかってしまいました。
 

もっと、心や真理に興味があるのだ。 
というのが【今のわたし】なのだ。 
とわかったのです。
 

わたしは、 
過去を生きていたのです。
その時のわたしは、 
わからなかったけれど。
 

もう1つ例を出します。
これは、クライアントさんの 
例なのですが、 
 

もう、今既にやりたいお仕事を 
されていらっしゃるのに、 
【あの時に 
 演劇を続けられなかった自分】
ということに罪悪感や後悔や 
思い残しがありました。
 

この場合は、 
もう見つかっているのに、 
まだそれが重荷になっている 
ケースで、遺跡のように 
ただ重荷として存在しているだけ 
なのです。 
 

この罪悪感が、焦りや焦燥感を 
つくりだしていたのでした。
 

フリーダム ディスティニーの 
ワークを行わせていただいたところ
焦燥感や焦りや自責や罪悪感から 
行動しなくなってきたようです。
 

思い残しがあればあるほど、 
【本当に自分がしたいこと】に
制限をかけます。 

 
そして、そのプレッシャーは 
エネルギー的にとっても重いです。 
力が入ってる感じ。
 

思い残しがあったと気付けるのは、 
解放された時ですから
人は知らず知らずのうちに 
制限をかけているのですね。
 

まだまだ、世間一般では 
『夢を叶える』 
ということにフォーカスされて 
いるものがほとんどで、 
 

多くの場合
『自分の感情』 
『自分の思考』を見る 
ということだけに留まり
 

それが、一体 
どこから来ているものなのか。 
というところまでは
見ないものなんでしょうね。 
見ないというよりも、正確にいうと
気付けていない。 
という表現のほうがあってるのかな。
 

動機がどこから来ているか 
観れる人じゃないと観えない 
わけだから。
 

ちなみに、 
動機はどんなものであっても、 
お金は稼ごうと思えば稼げますよ。
我欲や怒りも、稼ぐ活力には 
充分なり得ます。 
 

故に、稼げているから。 
ということでは判断できません。
たいしたことない動機でも、 
商売になることってあるから。 
 

でも、わたしもそうだったけど、 
自分が思いついたことで稼いでみる。 
っていう経験をしたかったりもするし、 
そのうちそれに飽きたりもするから、 
どのプロセスも、 
全ては無駄じゃないんだけどね。
 

もっと根源の、もっと本質的な 
動機から生まれているものだと 
人は探さなくなります。
 

もっと中心に誘われ、 
更に深淵に追求されていくだけ 
だから。 
 

そういったライフワークを 
生きる時、 
オリジナリティ性が高く
全てを凌駕した喜びと共にある 
日々です。

=======================

柔らかい一日のはじまり。
 

内側に柔らかいけれど、 
力強さを感じる。
こういう日は、 
クリエイティブな活動が  
向いているのを知っている。 
 

もしかすると、 
ずっと素材だけが集まっていて 
バラバラのままになっている 
オリジナル講習の内容が 
煮詰まって形になってくるの 
だろうか。
それとも、ブログの方だろうか。
 

振り返ると、あっと言う間に、 
こんな所に来てしまった。
はやかったのか。遅かったのか。 
 

あれほどまでに、 
はやくここに立ちたいと 
望んでいたところに立っているのに 
 

実際立ってみると、 
自由や居心地の良さが得られるだけ 
ではなくて孤独は増していた。 
 

オリジナリティは 
絶対的な孤独からしか生まれない。
これからより際立っていくと 
予想される孤独。
 

極だった弱さをもつわたしは、 
孤独とうまくつき合っていける 
だろうか。
 

今年は、 
うだるような怠さを感じるほどに、 
嫌気がさすほどに止まっていた時が 
幾度もあった気もする。
それでいて、通り過ぎてみると 
あっと言う間だった。
 

止まっていたのは、 
わたし自身が、わたしという存在を 
ある一定の完成まで進める為に 
止まっていたので 
 

もはや、 
何も止める要素がなくなったのを 
確認した 今
どれくらいのスピードで事が 
進んでいくのか
わたし自身も想像がつかない。 
 

わたしが、わたしを止めなくなった。
世界から止められると、 
苛つくことさえあったのに
 

止められなくなると、 
途端に不安になる。
止めないわたしに、 
わたしはついていけるだろうか。
 

まだ、始まってもいない未来が、 
わたしを呼んでいる。
 

また、ここから先へ。

=======================

【自己価値と価格設定】
 

通常、自己価値が高くなると 
価格は高くなり、 
低い価格しかつけられないのは 
自己価値が低いからだと 
言われています。
これは、確かにそうなのです。
 

自己価値が低いために 
正当な価格をつけられない 
ことがあります。
 

自信がない。 
自己価値が低い理由で
価格を低くつけてしまう時は、 
それと向き合う必要があります。 
 

つまり、立ち上げる時とか、 
やり始めた時とか、 
自信のなさから低くしている 
価格を高くしてみることの方が 
重要な時があります。
 

ところが、 
ヒーラーやライトワーカーや 
カウンセラーの場合。 
長期的に活動していって、 
満たされて我欲が消失して 
いけばいくほどに、 
 

少しでも安価で良いものを
届けたい。 
愛に見合った額を提供したい。 
と思い出しますので、
工夫して、
低い価格で多くのことを 
提供出来るようになります。
 

こういった工夫をしている 
フェーズに入ってくると、 
愛に見合ってるかどうか。 
で価格を決めますから、 
安価で高品質なものを 
提供することになります。
 

ですから、一概に 
世の中のものの価格が高いから 
良いものとは限りません。 
 

世の中には高く設定することで、 
良いものと見せて 
ブランド化しているものも 
ありますが、 
 

これからは、 
観る目がある人が増えて 
より愛に基づいた 
価格設定のものに着目が 
集まるのではないでしょうか。
 

それと共に、「誰が」 
というのはとても重要です。 
価格の限界に挑戦して 
良質のものを提供している人は、 
観察するとわかりますから
観察してみてください。 
 

そういう人の提供するものは、 
安価でも高価でも、 
物凄く愛が含まれています。
 

高価なものは、 
そういう人が頭を散々悩ませて、 
この金額にしなければ受け取れない 
と考えたものですから、 
かなり良いものだったりします。
 

それと共に、 
エネルギーワークに関しては
構築する際にしみじみ感じたことは 
「受け取れる適切な価格」 
にすることで、 
物凄く受け取りやすかったりします。 
 

モニターで不十分な価格設定では、 
受け取れる範囲が限られてしまう 
ので、個人的な好みとしては、 
受け取る側の時はなるべく、 
通常価格で受けることを心掛けて 
います。
 

エネルギーやヒーリングに関して
こういった品質を見極めるのが 
難しい。 
という声を頻繁にききますが、 
それにはやはり波動が感じられる 
ようになることです。
 

例えば、波動は  
Facebookの個人ページを開くと 
確認できます。 
 

よくわからない人でも
Facebookの個人ページを開いて、 
目を閉じます。  
そこから感じるのが心地良いか 
心地良くないか。 
もしくは、軽くなるか 
重くなるかを感じてみてください。
 

ヒーラーさんと名乗っていても、 
ご自身を整えられていない人は、 
物凄く重かったりしますから、 
安易にネーミングだけで 
判断しないことです。
 

価格について。 
色々書いてみました。
何かの参考になれば幸いです。

=======================

スピリチュアルって、 
何も知らないんです!という人は、 
素直に感覚で 
すんなり掴んでいくんだけど、 
マインドから入ってきた人。 
特にガッツリやってれば 
やってるほどに (私もそう)は、  
 

知ってるのを出来てるって 
思ってるから、 
出来てるのを捨てるっていうのが、 
プライドが邪魔をしたりして 
難しかったりします。
知らないことの利というのも 
あるのです。
 

わたしなどは、 
プライド大王&傲慢の極致 
だったから(笑) 
観える方にアドバイスされても、 
わたしは大丈夫なのだと 
鼻で笑ってました(凄すぎ (~_~;)) 
 

結局、 
カルマが発動していたわけだけど
それを観て心配してアドバイス 
してくれても、 
困ってる状況とかになってきても、 
プライドが邪魔をして、 
結局どうしようもないところまで 
行き着いた上に、 
 

最終的に 
10人くらいの地球連合系の 
チャネラーが集まる場に何故か 
行ってしまい、 
総出でプライドを壊す言葉を 
口を揃えて言ってもらって 
 

(頭だけでしかわかってない。とか、 
プライドが高いとか) 
ようやくノックアウトしたのです。
 

流石に、私みたいな人は居ないと 
思うけど
皆、抵抗ってあるよね。
 

さっきの私の場合。
2から進まなく、というか 
始まってもいなくて 
ずっと止まっていたことになります。 
これも観る人が観れば 
一発でバレるんだけどね。。。
 

ある一定のところで、 
ストップしやすい壁みたいなものを 
まとめてみました♡
 

1、マインドの抵抗が強く、 
覚醒に抵抗が出てきて、 
顕在意識で理解しようとしたり、 
頭で解決しようとして、 
エネルギーに拒否反応を示しだす。 
 
 
エネルギーを拒否しはじめる。 
エネルギーワークから遠ざかる。 
こうなるとエネルギーが 
入りにくくなったりもする。
 

2、知識として知っていることと、 
実際出来ていることの差がわからず、 
『もう自分は出来た』と勘違いする。 
 

特に活躍しはじめたり、 
出来ることへの自信がついてきた 
ときに起こりやすい。 
(もしくは、スタートがその状態で 
始まってない) 
 

本人は出来ていると思っているので、 
綺麗な言葉で語れて自分自身も
騙せる。 
 

無意識レベルで 
誰かに自分を良く見せたい人に 
起こりがち。 
成功と覚醒は全くの別物。
 

3、両親の問題が強く、 
アドバイスをきけなくなる。 
 

反抗的になるなど、  
トランスファレンスである 
ことなどを自覚しておらず、 
 

セラピストとの間で 
出てきてしまった自分の感情を、 
セラピスト側の問題だと思ってしまう。 
 

(例えば、依存させられた。とか  
 支配された などと思い込む等) 
 

両親が言ったことの逆。 
つまりセラピストの言った逆を 
自動的に反応から選ぶ。
 

4、自分にとっての真実 
ということを、 
都合の良い言い訳としての 
言葉として使う。 
 

特にカルマは、自分では見極め 
られないため、そこからの行動を 
存分に行うはめになる。
 

5、楽しいふわふわスピリチュアル 
から抜け出せない。 
(真実を見れない。 
 自分の闇が見られない。 
 そのため、適度に楽しい 
 スピリチュアルに戻る)
 

6、弱い自分を見たくないので、 
仮面を被っていた場合、 
 

仮面を剥がしていくと、 
依存的な弱い自分が出てくるが、 
それを見続けるのは苦しい。 
強い自分でいた方がマシな気がして 
きて仮面を被り直す。
 

7、エネルギーが感じられないため、 
本当か嘘なのか、疑っていて 
エネルギーというものに疑惑と 
抵抗がある。
 

。。。。。。。。。。。。。。。。
 

5と7以外、 
漏れなく激しく全部やりました
本当に激しく。
(−_−;)
 

ははは。。。(⌒-⌒; )
未だにスピリチュアルは、 
知れば知るほど 
さっぱりわからない 
ということがわかるだけですが
自分に出来ることはやろうと思ってます。

=======================

【グルって。。。】
 

独り言。
グルってさあ。。。 
ほんっっっと大変よね。
(とある宗教とは 
全く無関係です。 
スピリチュアルの 
指導者スタイルの1つ。)
 

その人にとっての真実を 
明らかにする仕事。 
物凄い大変。
 

だって、 
明らかになるってことは
接することによって
観たくない自分を見せられるか
これがある。と 
闇を突きつけられるか
学びとなる役を演じてしまうか
 

相手にとっての真実と逆を 
何故か自然と言ってたりして、 
自分の真実はこれなんだと 
際立たせるようにするとか
 

炙り出しだね、炙り出し。
完全に嫌われ役〜(−_−;)
  

ずっと大変そうって 
思ってたから、嫌で、 
ティーチャーにはなりたいけど
グルになんてなりたいとは、 
一言も言ったことないのに、 
 

勘違いされてて
私はグルになりたいと 
思われていたり
グルを学んでるんですね♪ 
と言われたりしたけど、 
 

嫌がりながらも、結局、 
それなりに少しグル要素も 
学んじゃったし、 
取り入れてしまったようです。
 

確かに、わたしは、 
自然に居るだけでその人は 
自分の真実を見出していくけど。。。
はあ〜。。。(~_~;)

=======================

【愛されているということ】
 

愛されていると感じると 
感謝が自ずと湧きます
 

難しいのは 
「愛されているとは 
 感じられない」 
ことがあることです。
 

感じられないのですから、 
感じられない。が
答えなのであり、 
そこで無理に思い込もうとしても、 
そういう時は無駄です。
 

愛されていないと感じない時。
 

一体何なら愛と感じるか。
どんな愛なら欲しいのか
どんな愛を求めているのか
正直に自分に問いかけてみて 
ください。
 

そうして、 
その答えが見えてくると
そういった愛の形を得たこともあるし
得なかったこともあるかと思います。
 

では、得なかった時は、 
一体何を「得て」いたのでしょうか?
そこにヒントがあります。
 

「愛」という概念が 
偏っていたことに気付いた時、 
 

愛されていたことに気付き
愛されていたことがわかるのです。

=======================

光は  
闇を照らすことで  
闇を際立たせ  
真実を観せる。 
 

つまり、 
本人がまだ直視したくない 
闇を観せる。
 

闇は  
自らが超えた闇であれば  
同じ闇を包むことで 
希望や赦しを与え、 
 

闇から解放し、 
その人の光を思い出させる。
 

相手に与えたときは、 
むしろ逆の要素を与える 
こととなる。
つまり、本人とは逆の要素。
役割が違う。
 

これが、本当に解るまでに 
随分時間がかかった (;´Д`
わたしがわたしの役割を 
ようやく受け入れたからだけれど
長かった。。。

=======================

【平等】

最初の平等は、 
求めるための平等。 
 

不平等を際立たせるための 
平等。 
 

次の不平等を直視し、 
受け入れれば受け入れるほどに
 

自らを受け入れれば 
受け入れるほどに
 

真の絶対的な 平等が現れる
 

平等以外に 存在しないのだと。

=======================

【決まらない】
 

決まらないときは、 
決まらないので
決めようともがくことを、手放し
終わりにしたように思います。
 

決まるときは、 
決めようとしなくても、 
決まってきます。 
 

その決まる感じのスピード感が、 
最近半端ないです。
一切の無駄がなく、 
それでいて、 
パーフェクトなものが現れます。
 

妥協という言葉が存在しなく、 
ひたすらにパーフェクト。
 

決まらないときは、 
大切なエッセンスや、 
決め手に欠けているのだから。 

 
まだ宇宙からの素材が 
集まっていない、訪れきって 
いないだけなのだから、 
大切に過ごしていればよいのです。
 

決まらないことを、 
嫌わなくて良いのですね♡
 

今日も、9/9のイベントを 
作成しようと思っておりましたら
2極、二元性を超えるワークを 
行うのだ。とぼんやりわかりました。
 

わたし=2/22
222を超えてゆけ。 
二元性を超えてゆくための
ワークを行うのだとわかりました。
 

「善と悪」「光と闇」 
といった概念ではなく
宇宙視座として 
わたしが言葉で伝えてきたこと
 

わたし自身そのものを 
ワークにしたようなもので 
 

『わたしが』『あなたが』 
というポイント目線の 
スタイルではなく 
   

『わたしもすばらしい  
 あなたもすばらしい』という
宇宙の視座を培うことで、 
内なる争いが終わっていくのです。
 

そうしていたら、 
『平等』のメッセージが 
舞い込みました。これが、決め手。
 

さて、どんなワーク案内を 
書こうかしら〜♪
 

*************************** 

【追記】 
平等、二元性を超えるワークも、 
つくって提供するんだけど
9/9の一斉ワークで行うのは、 
光を見出すワークだということが 
わかりました。
 

自らの素晴らしさを 
受け入れることができるワーク。
自らの光を受け入れることができる 
ワーク。
 

こっちが先。

=======================

喜びの状態 と  
楽しい感情 というのは
全く別ものです。
 

感情ではなく、 
感じている状態のこと 
だからです。

=======================

【葡萄】
 

8月の終わりトークライブにて
『始まって行く為の 
 終わりの日です』
とお伝えしていたら 
 

その後 
『最後の晩餐』が飾ってある 
お店に導かれて
そして、なぜか一緒にいた人と 
同じ赤の葡萄ジュースを頼んでしまい、 
その上パンがサービスだったらしく
パンまで出てきました。
 

とても美味しい 
葡萄ジュースとパンで、 
今までで飲んだ中で
最も美味しい葡萄ジュース。 
 

芳醇な香りがする、 
葡萄ジュースを飲みながら
ようやく実が実ったことを 
実感していました。
 

人生には、色々な段階や 
色々な経験をする場面があります。 
 

料理も、どんなものを。 
というよりも
パッとつくって、色々つくるという 
自体の経験を増やすときもあるし 
 

つくらないで、 
提供するところの経験を増やす 
ときもあるし 
 

つくらないで、提供することで、 
つくる側の目線を学んでいる 
ときもあるし 
 

つくらないで、 
提供する素材を厳選する目を 
学んでいるときもあるし 
 

つくって、多くを提供することを 
学んでいるときもあるし 
 

つくる素材から拘るときもあります。
 

これらの全ての経験をしてきて、 
多くの人の仕事に関わってきた
わたしですが、 
  

わたしにとっての今年は 
素材から何から全てにおいて
手作りで拘り 
独自性を花開かすときであった 
ように思います。 
 

これは、全員がそうである必要は 
ありません。 
 

人にはそれぞれ最適な時期 
というのがあるからです。
 

最適な時期が訪れたときには、 
世界がそうであることを
しつこいくらいに、 
ちゃんと教えてくれます。
 

パッと早くつくったり、 
つくって提供することは 
とても得意としているわたしですが、 
 

これだけは早さだけでは 
どうにもなりませんでした。
何せ、提供するものが、 
 

わたし自身が 
わたし自身を超えたところ 
 

わたし自身を統合したところ  
からのものだったから 
先にわたしが超えなくては 
なりませんでした。 
 

それ故、想像以上に 
時間と手間がかかりましたが、 
かかっただけ豊かで
美味しい実が実ったように思います。
 

9月 秋のはじまり。
はじまりの年、 
ここから長期に渡って 
実った葡萄を届けていきます。
 

新たな創造を楽しみながら。

=======================

あんなに望んでいたこと 
だったのに
叶って、その状態になると、 
いつの間にか 
当たり前と思ってしまうことが 
あります。
 

エネルギーワークとかもそう。
最初は、その変容に 
驚いたりするのだけれど
何処かで、 
慣れてしまうことがあります。
 

時にそれは、慣れじゃなくて
麻痺なのかもと思うことが 
あります。
 

今のわたしの状態に在るのは
全然当たり前じゃなくて
多くの人や、多くの存在の 
愛によってここまで来れたのだ。 
と感じずにはいられません。
 

沢山エネルギーワークを 
受けて来たけれど
1つ1つのそれは、 
どれほどの困難を超えたところ 
から生まれたものなのか。 
計り知れません。
 

自分が満たされていなければ、 
いないほどに
自分を知らなければいないほどに
 

自分の力。を見たいから。 
自分の力だとしたいから、 
感謝は沸き起こりにくいです。 
 

むしろ、 
満たされないところからの、 
不満不平が湧いてしまったり。
 

満たされていけばいくほどに。
自分を知っていればいるほどに
ただ、感謝が自ずと沸き起こります。
 

感謝は、 
しようと思って出来るものでは 
なくて
何時も自然と沸き起こるもの
 

自分は、自力によって 
構築されているのではないのだ。
ということがわかるからです。
 

導いてくれている方たちに。
サポートしてくれている方たちに。
 

宇宙に。地球に。いのちに。
ありがとうございます。
 

万謝

=======================

「世界の全ては敵だった」
トークライブ 
ありがとうございました♡
 

トーク中は 
写真のことなど眼中になく
終わった後に、 
皆に協力してもらって
撮った写真。 
それっぽく出来ました 笑)
 

ありのままの自分を生きるとか
本当の自分を受け入れるって
 

頭でわかるとか、 
呟くことじゃなくて
リアルにやっていくと、 
けっこう大変。
 

ありとあらゆる統合をしていって
自分の役割や立ち位置を 
受け入れるっていうことは、 
 

「自分じゃない立ち位置を
 降参して手放す」 
ということでもあるからです。
 

それは、 
手に入れたいと思う 
自分じゃない立ち位置や役割は、 
これからもずっと手に入らないと 
受け入れることなのです。
 

競争や比較といったものは
自分自身を受け入れ、統合し 
本当の立ち位置で
自分を生きた時に消え去ります。
 

その時、ようやく 
「共に在れる」関係性が
築いていけるのです。

=======================

混沌の中から煌めきが生まれ
生まれたとき、 
もはやそれは闇でも光でもなく。
 

ただ、そこに存在していた。
宇宙の叡智である それは

何か特別なものが、愛なのだと
その特別さを追い求めて 
いくこと自体が無意味なのだと、 
優しく教えてくれた

掴もうとした瞬間には 
消えてしまう煌めき。
固定出来ないということが、 
唯一固定されている真実。

特別なものが愛 
というわけではない 
ということを知ることが 

すべてが愛である 
ということを知ることなのだと。

**********************

フリーダム ディスティニーの 
ワークを行わせていただいた時に、 
観せていただいた、宇宙。

その人の過去も未来も、 
すべてから生まれたそれは
闇も光もない世界で、 
途方もなく眩いくらいに美しかった。

=======================

【世界のすべては敵だった】
 

案内出してから、違った! 
というのがわかったトークライブ。
 

30日のご案内。 
急遽変更な上に、 
さっきようやくできた〜!
今回は、はじめての挑戦です。 
 

なんと、 
今日ようやく内容が決まりました(汗)
先にお申し込みいただいていた方、 
急な内容変更お手数おかけし、 
すみませんでしたm(_ _)m
 

何が、はじめてかというと
『わたしの人生を通してお話しを 
 していって、わたしが超えてきた 
 ことによって癒す』
という挑戦です。
 

これは、 
わたしの存在感を使った癒しは 
もちろんのことながら
わたしが、わたしを超えてきた  
ところの叡智を使いながら 
 

シャーマンの話術、 
ストーリーテラー的に、 
ストーリーを用いて人を癒したり 
覚醒に導いていくというもので、 
それを行っていきます。
 

そのため、覚醒の段階に関係なく、 
どの人、どの層にとっても
受け取り方によって、 
受け取っていただけるものと 
なっております。
 

一般の人でも、わかる内容ですので、 
お誘いあわせの上、 
遊びにきてみてください。
 

それでは、お楽しみに♡

=======================

今日も、一日濃かったぁ〜。。。
 

ただただ生きて、 
世界というわたしと 
触れ合えることに感謝♡

=======================

緩しは許し。
緩めるということは、 
自分への赦し

=======================

【注 激辛トーク!】
 

あの〜〜。。。同じところ、 
回るのそろそろ良くない?
くるくる。くるくる。
いったり、来たり。
どこまで行っても、 
何しても同じだから。
 

ロールプレイングゲームでさっ
同じフィールドや、 
同じダンジョンを
いくら回っても回っても、 
限界があるよ。

宝箱には、 
そんなに目新しいものは 
無いんじゃないかな?

3%の領域の探求も良いけれど、 
3%の領域内でいくら探求しても、 
3%を超えることはないのです。

新しいステージにこそ、 
残りの97%の可能性が
秘められているのです。

3%のマインドで、 
知ろうとして、 
知ることは限界があります。 

3%のマインドで、 
頑張ろうとして、 
頑張るのにも限界があります。

思考では、計り知れない  
領域がある。

知らないという 
無知の領域に進んだとき、 
謙虚さと共に新しい景色が
観えてくるのです。

=======================

自分にとっての 
真実を生きることは 
大切だけれど、 
 

自分にとっての真実は、 
進化、覚醒によって、 
大きく変化するというのも 
事実です。
 

自分にとっての真実が 
固定された時
他者の声に耳を傾けられなければ、 
覚醒はしていかないです。
 

つまり、成長ストップ。 
覚醒ストップ。 
 

ある一定のところで 
覚醒が止まるケースは 
本当によくあります。 
 

それは、他のことに関しては 
突き詰めるストイックタイプでも 
覚醒だけは、そうはいかないです。
 

自分が自分の抵抗を見抜けるか 
というと、中々難しく 
抵抗の状態が終わってからでないと 
気付けないです。
 

アイデンティティーが崩壊したり、 
ストーリーが崩壊するんだもの、 
マインドは抵抗するよね。
 

それぞれの覚醒の度合いによって
真実は流動性に帯びています。
 

例えば、わたしは 
潜在意識のお仕事を行っていた時の 
真実は、世間一般でいう 
「自立」した自分。 
「出来る自分」の方が好きで、 
 

弱い自分、 
依存の自分を切り捨てていました。 
 

そして、ヒーラーから受け続ける 
依存的な人を弱いと見下していました。 
 

もっというと 
【依存的な要素がある 
 自分自身を見たくない】から、 
【依存にならないようにしよう】と 
思っていました。
 

弱い人が強くなれる
出来ない人が出来るようになる。
ありのまま感情を受け止める。
その時の真実が存在し、 
わたしはその時の
真実を仕事にしていました。
 

ところが、この変化というのは
【移動】しているだけで、 
本質的な変化ではありませんでした。
 

そして、本質的な変化とは
【依存にならないこと】ではなく
【依存の状態が終わること】だと 
いうことです。 
 

本当に依存が終わるとは、 
自分自身を受け入れ統合する 
ということです。 
 

でも、これも終わらないと 
終わったということが 
本当の意味ではわからないという 
パラドックス。
 

更に、 
依存の状態が終わるためには、 
依存している自分を直視して 
認め続けないとならないから、 
 

それは、わたしの場合、 
ほとんど永遠に続くのかという 
くらいに長かったです。
 

さっきと言ってることと、 
矛盾しているかもしれないけど、 
そういった意味では 
 

依存状態にあってでも、 
自分の狭い視座からの真実に 
固定されず、 
 

今の自分より 
本質を見定められる指導者について、 
訳も分からず覚醒に取り組めた方が 
覚醒はしていきますね。 

 
エネルギー的な変容ということ。 
これも、通用するのは、 
ある一定のところまでは。 
ということだけれど。
 

けっこう、覚醒って 
想像を絶するほど長い道のりです。

=======================

自分の体験から生まれたものが
唯一の真実。
 

他の誰かの真実や、 
素晴らしい本も何もかも
誰かにとっての真実でしかない。
 

自分にとっての真実は、 
何ですか?

=======================

自分の体験から生まれたものが
唯一の真実。
 

他の誰かの真実や、 
素晴らしい本も何もかも
誰かにとっての真実でしかない。
 

自分にとっての真実は、 
何ですか?

=======================

オリジナルワークの開発と同時に 
色々なことに対しての集大成が 
一気に来てて
 

あれも、これも。。。 
状態になってます。
あわわわ。。。 
取り組むことがありすぎで
どうしましょう?(笑)
 

というのは、 
わたしはレムリアの時に 
神官の役目をしていて、 
それもちょっと一風変わった 
神官だったようで、 
 

わたししか出来ないことに 
取り組んでいたのですが
(何時の時代も、そういう 
 一風変わったことしてます。 
 良くいうと、個性的?) 
 

それが、何年か前に 
レムリアが融合した際に、
当時行っていた、グリッド形成を 
地上で活かせるようにするのが 
1つ役目だったのです。 
 

「あなたは、それを
 地上に活かせるようにして、 
 日本に創っていきます」
とか言われて、 
 

1年くらいは、時々思い出したり
覚えてたんだけど、 
もうこの1年くらいは、 
そんなライトワークの存在は、 
すっかりさっぱり忘れておりました。
 

時々、意識の狭間で 
観たこともないような 
幾何学模様を観たりするくらいで、 
わたしの役目は 
地上で活かせるように
実際に構築することなんだけど、 
 

何時出来るのか、 
そんなのわからないぃ〜。 
想像もできないぃ〜という 
感じがしていました。
 

ところが、ここへ来て、 
色々なことが繋がってきました。
直線じゃなくて、曲線で、 
フラワーオブライフ。 
 

しかも、それは 
わたしがこれから創って、 
日本に広げていく組織の新しい形 
だということ。
 

考えが逸脱していて、 
常識から外れてしまっているので
組織とはいえないのかもしれません。 
 

新しい集合体。かなあ。
新しいというよりも、 
どちらかというと太古に戻る 
だけかなあ。
 

何よりも 
『自由、大好き♡!!!!』で
一匹オオカミが向いていて、 
群れたり、 
世間一般の組織が苦手なわたし。 
 

年齢序列制度もうんざり。 
なぜ、同じ人と人なのに 
扱いが対等じゃないのか 
意味がわからない。 
 

年上の方を敬うことと、 
扱いが不平等であることは
私の中では、一致しないのです。 
 

むしろ、平等の中でこそ、 
年上だからとか年下だからとか
関係なく沸き起こる尊敬があるし、 
 

最初から優遇されているものが 
あるとすれば  
『身分』とか? 
『種族の違いによる差別』とか?
そういうものに近い。 
 

これからもっと若く生まれてきた 
子たちには、 
もっと才能を発揮しやすいような 
環境があってよいはず。 
 

組織の中にいると、 
若いというだけで、 
出る杭打たれる的なことも、 
多々経験してきました。 
それは、多くの才能が 
潰れているという実体。
 

多数決が当たり前のように 
採用され、 
少数意見は少数というだけで 
消えていく。 
    

けれど、少数意見の中にこそ、 
変化をもたらす宝石が存在するし、 
それは優れた経営者なら知って 
いること。
 

それに、今の1点集中すぎる、 
ピラミッド構造的なスタイルは、 
非常に不平等。 
 

起点である中心に 
ある程度の集中はしないと
組織にならないから 
ある程度は必要だけど、 
利益だけを重んじるんじゃなくて、 
 

今の社会システムのような 
『雇われる側、雇う側』という 
2分化した形じゃなくて、 
もっとフェアで、 
自由なスタイルの組織の形が 
あってもいいよね。
 

昨日、 
電車にのってるサラリーマンの 
人たちを見かけて
ほとんど、死んだような 
目をしていて、 
道具みたいな感じじゃなくて、 
  

もっと、人の尊厳人として扱い、 
大切にする会社が増えていくと 
いいな。って思いました。 
 

自分で色々やるのが得意な人も 
いるけど
『サポート』するのも、 
その人の醍醐味、生き甲斐な人も
いるわけだから。
 

それと、組織のもう1つの難点は 
『人と人との関わりの中で
 無駄なストレスが発生している 
 こと』によります。 
 

どっちが正しいとか? 
どっちが間違ってるとか。
個性が異なるだけで、 
ストレスが莫大にかかると
それに、時間をとられてしまって、 
本来の創造性を発揮するところまで 
いかないから、 
よりストレスフリーの形状をとりたい。
 

人と人が協力し、 
組織だからこそ達成できるものもある。
協力がなければ、 
成し遂げられないことも多いし、 
協力することの醍醐味を味わえる。
 

ああ。。。 
自分はずっと組織研究してきたって
知らなかった(汗)
 

これから、フラワーオブライフ、 
つくっていくようです。
 

先ずは、人に勧める前に、 
自分が体験していくらしく?
ホントかなあ?
物事の展開についていけません。。。

=======================

8月中、ずっと、 
もやもやして決まらなかった
屋号や、ワーク名が、 
決まりそう〜♡♡♡
 

freedom destiny  
フリーダム ディスティニー
運命を解き放て!
 

やりたいことにぴったりぃ〜♪
ワクワク♡ o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

=======================

今、世界から  
求められているのは
 

『自由』と『解放』
 

過去のしがらみ、    
苦しみの原因の糸を解き放って
自由に羽ばたき、  
今を幸せに生きられるように。 
 

わたしが生きてきた、 
人生が全て詰まっている 
このワーク。
沢山の人が、 
待ってくれている人が 
いるのを感じる。
 

公表もしていないのに、 
それを必要としている人が
わたしの元に 訪れている。
 

宇宙が織り成す 奇跡。
必然の計らいと祝福が、 
降り注ぐ。
 

もう少し。
もう少ししたら、 
ワークをまとめて文章を書いて、 
届けられるようになるから
待っててね。
 

もう、終わりでいいんだ。
望むならば、今すぐに、 
苦しみを終わらせても、 
いいんだよ。
 

人は、今すぐに、 
幸せになっていい。
 

それが、わたしの願い。

=======================

自分にとって、 
合わないと感じる人と 
つき合うことは違いを知る 
良い機会となります。 
 

それは、 
全てであるわたしという愛の
概念を広げてくれるものです。 
 

全体的に、この数年間は、 
それが濃く出ていました。
 

それも、 
素晴らしい学びとなりますが、 
これからは、 
少しフェーズが変わってきます。 
 

より個としての自分と 
『合う人』 
『居心地の良い場所』との 
接点が増え自らの素晴らしさを、 
わかち合う日々が繰り広げられて 
いくでしょう。
 

貴方が、 
こんな人になりたいという 
尊敬する人とは 
既に出逢っているかもしれ 
ませんし、 
更に出逢うかもしれません 
 

触れ合える機会は丁度良い感じ 
です。
仕事での関わりも、 
共通する要素が近い人と関わり 
高め合えるでしょう。 
 

パートナーも、 
ストレスの多い関係性から、 
よりストレスフリーの関係性に 
変化していきます。 
 

ストレスが強すぎる関係性は、 
離れるという選択もあり、 
この数年間で達成しているか、 
もしくはまだ今そういう関係性が 
続いている場合は、 
ストレスの問題が解決していく 
でしょう。 
 

これらは、 
自分自身の統合に取り組んで
いたり、
カルマを解消していたり、 
封印を解放していれば 
しているほどに、 
 

そこからの引きつけ合いが 
働かなくなりますから、 
前述した状態になりやすいです。
 

このような環境で過ごすことが 
できる日々は
充実と幸せをもたらし、 
自らの美しさを感じることが 
できる日々なのです。

=======================

答えなど、存在しない中で
答えを決めることができるのは何時も自分自身。

色々な人が色々な答えを主張する時代。
特に、今は個々の主張がより際立ってくる時ですね。

そんな時、それらの主張が織り成しているものが
わたしにはこの動画の振り子のような景色に感じることがあります。

例えば、効率や便利さの社会に偏りすぎた振り子は
その振り幅が大きければ大きいほど、逆の動きも同時に生み出します。
逆の動きとは、スローライフな生き方。
効率や便利さによって失われた丁寧さや、ナチュラルな生き方を主張する人が増えています。
確かに、量や生産性や利益だけを重視したものは、愛が希薄で薄っぺらいのも事実。

ただ、何だかわたしは、効率や便利さ自体を否定する気には、全くなれないのです。
効率や便利さから生まれたものも、振り子が振り切り過ぎてしまっただけであって
最初の振り子の起点はいつも、私利私欲だけではなく、喜びから生まれて
いるような気がしてならないのです。

洗濯機や冷蔵庫も、当たり前のように使っているけれど
それは、誰かが、誰かの笑顔が観たくて生まれたのではないでしょうか。

極端な話、インスタント料理も、毎日ご飯を3食つくり続けるお母さんを
楽させたいというところから生まれているのだとしたら
わたし自身は食べないかもしれないけれど、存在自体を否定する気にはなれません。

どんな主張も、何かを切り捨て、否定から生まれるものは
その逆の動きを同時に創造しているだけなのです。
排除しようと思えば思うほどに、逆の動力も生まれています。

『これも、愛だし、それも愛だ。』と
色々なものに在る愛を観ることができ
それを受け止めていきながら今の自分は
どうしたいかを1人1人が喜びに責任をとって選んでいけたなら

こころに戦いは生まれず
平穏と共にあります。

=======================

今の自分は 
『これが、できる』
『これが、世界にとっての 
 自分の役割だ』ということを 
解ってるということは
 

同時に
 

『これが、できない』とか
『これは、自分の担当じゃない』
『ここは、サポートが必要』
 

ということも、 
解ってるということだ。
 

出来ないことを認めること
自力だけの限界を知ること。
他力を丁度良く活かせること。
 

自力だけで頑張ることが、  
自立ではない。 
 

自立とは、 
どんなサポートが必要で
どんなものを選ぶのか、 
自分で見極めながら
責任をもって、 
選択できる生き方ということ。

=======================

【注 辛口トーク】
 

癒しが必要な人は弱い人だ
という風に言われることがあります。
 

つまり、 
ヒーリングは依存的であり、 
それを受ける人は弱い。 
という概念。
 

そういった場合 
「自分が癒される」必要がない。 
そう思い込んでいるのです。
 

ところが、 
真の強さとは我を知ること
自らの弱さとも対峙出来ること 
から生まれます。
 

弱さを見れない人が、 
どうやって
己を統合するというのだろう。
 

何が偽りの強さで
何が本物の強さなのか。
 

貴方にとっての強さとは、 
何ですか?

=======================

全てが、破壊され尽くして
自分すら見失った時
 

「わたしは在る」
ということだけが、確かさだった。
 

多くの人が
混沌から、我を見出しますように

=======================

世の中を見渡すと 
癒しを仕事にしている人でも 
「セルフヒーリング」
を怠っている人は、 
けっこう多いです。
 

この秋からは、 
「逆転」していくでしょう
 

すなわち、 
今まで自分のケアにひたすら 
向き合ってきた人は 
多くの人に必要とされ羽ばたき、 
 

自分自身と向き合って 
こなかった人は、 
自分と向き合わされる事象を 
自分が起こすのです。  
 

そういった意味では、 
真の意味で
「ヒーリング」ができる人が 
花開くのです。 
 

真の意味でのヒーリングとは
 

「いかに自分自身と 
 (エネルギー、本質と) 
 対峙してきたか」によります。
 

自分自身をケアできず、 
自分を大切に出来ない人が、 
誰かを癒すことなど出来ないのです。
 

わたしが考える 
真の意味でのヒーラーとは、 
 

自分も他者も、 
どちらも癒せる人です。 
 

***********************
 

<追記>
ここで言うヒーラーとは、 
世間一般のヒーラーを 
意味するだけでなく
もっと広い意味の癒し人です。
 

こころや身体に触れる仕事。
潜在意識のお仕事をしている人、 
セラピスト、カウンセラー、 
ボディを触る仕事をしている人。
 

こういった人、 
すべてを指しています。

=======================

あるとき
『奇跡というのは、 
 本来の自分を現しただけのこと。
 本当は、そちらが自分なのですが、 
 それを人が 
 奇跡とよんでいるのです』
という言葉をいただいたことが 
あります。
 

『生命』そのものが既に奇跡で
生命であるわたしたちは、 
奇跡そのもの。 

創造をもつわたしたちが、 
奇跡を起こせないわけが 
ないのです。
 

ところが、 
人間であるわたしたちは、 
くり返し生きているうちに
「不可能」という言葉の方が 
正しいと信じ込んでしまいましたから 
 

人間として、地球に存在している。 
という奇跡を既に達成しているのにも 
関わらず、様々なところに、 
不可能性を感じてしまうのです。
 

人生という生命の活動そのものが、 
それ自体が既に奇跡なのだ 
ということがわかればわかるほど
真の創造性を思い出し、 
発揮していくことができます。

=======================

コスモディレクションの  
ご感想を色々いただいています。
 

受講生向けで、一般には 
まだ出していないのですが
ご感想が揃ってきて 
効果がみえてきたので
近々一般に公開しようと 
思っています。
 

今日は、こんなメールを 
いただきました。 
 

****************** 
 

綾さんに直接会って 
お話ししようと思ってましたが
いま報告します
 

私、来月末で退職することにしました
というのも先週決断したばかりでして… 
 

その日の午前中 
『あぁ、もう限界!』って思った 
破壊的事件があり、 
午後には後先考えず 
直属の上司に退職を伝えている 
自分がいました 
 

そしてその日の帰り道
『あーぁ、言ってはみたものの 
 これから先どうしよう』と 
テンションガタ落ちのところ、 
前職の元上司から連絡があり… 
 

東京で石川県の自然栽培 
アンテナショップを開くから 
そのプロデューサーに 
なってくれないか?と…
(*ノωノ)
コスモディレクションのおかげです♪
まさに『棚ボタ』状態!!!!(笑)
 

近々処遇などの打合せがあります
何だか導かれるように 
グイグイ進んでいます
スピードが速くてついて 
いけてません(笑)
 

綾さんに前回会っていた時は 
あんなに停滞していたのに…決める! 
って凄いことですね
 

長くなりました
綾さんには本当に感謝しています 
 

********************
 

他にも
『やめたいのに、 
 やめられない何かを 
 スムーズにやめられる』 
 

『本当に望んでいる自分の幸せを 
 生きられる』 
 

『幸せな方向に現実的な側面も兼ねて 
 向かってしまう』
 

というご報告などを 
色々いただいています。 
 

『誰でも、理由なく 
 今すぐ幸せになっていい』
というのが、 
わたしの望みなので、幸せな報告に
顏がほころびます♡
 

来月には、一般にご紹介できるかなあ〜♪

=======================

これも愛だ
それも愛だ
あれも愛だ
 

そうして 
どれもが愛である中で
自分にとっての愛はこれだ。

そう、観ることが出来た 
なら幸せ。
何故なら自分の中に 
戦いが生まれないから。

自分以外に 自分と全く同じ 
愛の表現者はいないのだと 
気づくことは 

孤独と 
唯一無二な存在である自分を 
受け入れること。

これだけが愛
それは愛じゃない。

そうして正義となって 
切り取れば切り取るほど 
分離は生まれる。

正義は世界の何処かに 
犠牲を生み出している

「も」なのか 
「だけは」なのか。
どちらの意識で生きているだろう?

=======================

何を選んでもそこには、 
光も影も 
どちらも在ります
 

光だけを見て 
好きになったものは、 
後から影を見ることになるし
 

影だけを見て 嫌っていれば、 
後から光を見ることになるのです
 

光だけを追い求めても、 
何処までいっても 
それは失望しかないのだと 
気づくことで、 
 

全てが何時も既にあったと 
気づくのです
 

何処を切っても 
自分の顔しか出ない千歳飴である 
という真実に気づくことで、 

 
今という素晴らしさに 
感謝が沸き起こり、 
 

人生の選択を 
光も闇も受け止めた上で 
自分はどうしたいのかを 
選ぶことができるのです。

=======================

人の未来がみえるというのは、 
ある意味、過酷なことだ。
 

このまま進むと 
こうなっちゃうから、 
こうしておいた方がいい。
というのを、言うことになるし、  
 

そしてそれは大抵、 
本人は受け入れがたいこと 
だったりするから
決して楽しい気分にはならない 
だろう。ということを 
あえて口にしなければいけない。
 

それは、嫌われ役のようなもの。
不安を煽っていると思う人も 
いるかもしれない。 
 

そうでありながら、 
口にし終わったら、 
何を選択するかを
ただ見守らなくてはいけない。
 

あの時、言っていたことが、 
今になってわかるんです。
という声を幾度きいただろうか。
 

どんな体験、どんな経験も、 
人は体験してみないと 
わからなかったりするもの。
 

見えながら、見守ることというのは
そういうことなのだ。

=======================

着々と
わたし自身が、 
わたし自身を誘っていく
そんな日々が続いています。
 

いつからか、 
世間一般の楽しいことや
以前自分が楽しいと 
思っていたことには
興味を抱かなくなっている 
自分がいました。
 

それは、より、わたしが 
わたしになっていくからで
そうして、少しづつ、 
わたしがわたしとして 
生きられることは
この上ない、喜びです。
 

倒れてしまいそうなくらいの、 
脆さと弱さと
それを、支える強さの両方を 
兼ね備えているわたし。 
 

分離の極限を味わってきました。
 

そのわたしだから、 
できることが、 
きっとあるのだと思います。
 

実りの秋に向けて 一歩一歩。

=======================

15年前の 1日。
今日という1日。
 

時間にすると、 
同じ時間のはずだけれど
同じとは、とても思えない、 
濃厚な1日を生きています。
 

昔は、ただ、流されていました。
上澄み、表層だけ捉えていたので
軽いポップコーン1粒のような一日。
 

今は、何層にも重なった 
重厚な濃厚なバームクーヘンを 
食べているような一日。
お腹いっぱい(笑)
 

同じ一日を過ごしていても、 
味わえるものが全然違う。
 

1日、1日が 
これだけ違ってくると
人生全体だと、 
どれほど違ってくるのだろう。
 

長いようで、 
あっという間の一日を
味わいながら。 
慈しみながら。
 

ボサノバ聴いて、 
くつろぎながら復習。
時々ティータイム。至福。

=======================

【学んだものを活かす】
 

次々に学ぶのも良いですが、 
学んだものを活かすことも、 
とても大切ですね。
 

わたしは、仕事上 
教えるということが多い 
のですが、
 

わたし自身も 
沢山学んできたので、 
今日、明日と 
学んできたことの復習、 
振り返りの時間を設ける 
ことにしました。
 

特に、 
トレーナーとして教える立場の 
ものは
こうしたら、もっとわかりやすい。
とか 
時節的に、この内容も、 
もっと取り込んでみよう。とか
 

定期的に、そういうことと、 
丁寧に向き合うのが好みです。
 

何事もそうですが、 
教える。ということは
教えられるほど、 
相手に伝わるほど
 

自分自身が 
理解していなくてはならず
それくらいに学んでいないと 
教えられないものです。
 

そして、自分にとっての真実。
自分の体験を通したもの 
ということも重要ですね。
 

そういった意味では、教える。 
という行為を通して
わたしは何時も学ばせて 
いただいていると感じています。
 

さて、復習タイム♡

=======================

【総合力】
 

トータル的な視座をもち、 
物事に取り組んでいくことは 
大切です。 
 

何かを極めるのも大切だけれど、 
全体的に取り組まないと進まない 
ことがあります。
 

例えば、スピリット、 
ボディ、マインド。
 

霊的な進歩が必要で、 
マインドでは進めないところが 
あったり
 

逆に、マインドの協力がないと 
進まないところがあったり。
ボディの進歩が必要だったり。
 

すべては歯車のように繋がって 
いて、 
それらは影響を与え合いながら、 
高め合っています。
 

物事がうまくいかないときは、 
どれか1つに偏りすぎていないか、 
総合的に見てみると良いです。
 

世の中全体的な兆候、 
全体的な流れ。
そういう目線でみると、 
今は『ボディ』が遅れています。 
 

ボディに意識を向けて 
いなかった人は、 
意識してみると良いかも 
しれません。
 

*******************************
 

わたし自身も、ボディが 
他よりも遅れていると
今年の春くらいから特に 
自覚していましたら、 
 

ありとあらゆる
ボディに関するものが、 
流れ込んできています。
もちろん、 
ライトボディに関するものも含めて。
 

シャーマンによる、 
ディープなボディメンテナンス。 
 

ボディアプローチからの、 
根本治療。 
 

新マニフェステーション。
フィラメントウェーブ。
他にも色々。更に増えそう。
 

今日からは、 
ファスティング準備中。
酵素ジュースは、 
美味しいものが好き。 
 

手作りまではいかないかも 
しれないけど
美味しいので、 
これしか飲んでません。
 

画像は、優光泉の梅。梅味が好き♡

=======================

今を生きるには 
過去を超えることが必要で 
 

真実を知るために、 
自分を知るために、 
 

忘れていた過去と 
向き合うこともあるのかも 
しれない。 
 

そして、その為には 
どんな真実でも受け止める
勇気と覚悟が必要なのかも 
しれない。

=======================

人生って、 
壮大なリアルファンタジー。
真実とは、実に不思議なもの。
 

一昔前は、 
前世があるのに 
ビックリしていました。 

今は、 
地球に来る前の星や、 
魂が生まれた星のことを 
解き明かしていっている。

真実を知る前に 
現実と呼んでいたものの方が 
夢のようで 

ファンタジーにしか思えない 
ものが 
リアルだったりするもの。

=======================

【鏡で、自分を見てみよう♡】
 

最近、 
肉体的な変容をもたらす 
エネルギーワークなどを
行わせていただく機会が多くて、 
その際に
 

『変化を感じられるように、 
 鏡をみてください』
と鏡をみてもらうのだけれど、 
 

そのときに
皆、普段、全然自分の顏とか、 
見てないぃ〜( ̄Д ̄;;
と感じたので、一言。
 

外側にアクションを起こすのも
内面を見つめるのも、良いけれど
自分の顏。 
見てあげる時間をとって 
あげられるといいね。
 

メイクの時間で鏡みてる。とか
可愛いわあ〜とナルシストになる。
これは、別枠。
 

メイクだと、 
綺麗に見せようとか、 
ここにシミがあるとか、 
しわがあるとか、 
そういうところにフォーカスした 
見方になるし 
 

ナルシストなど、逆になるから。
そんな時間も楽しいけれど
 

そうじゃなくて、 
あれがこうだ。これがああだ。 
とかいうのを外して、 
 

『ただ、自分の顏を見る』の。
じぃ〜っっと、ただ、見る。
 

少しの時間でいいから  
実際ぜひやってみてください♪
ただ、見てると、 
色々な自分が見えますよ♡
 

オススメ٩(๑^o^๑)۶
 

************
 

追記  
鏡も良いのですが、 
わたしの場合パソコンで、 
仕事をし終わった後、 
 

電源を落とすと 
自分の顏がうつるかと 
思いますが
それで、見ることが多いです。

=======================

【波に乗る】
 

人生において
『なぜか上手くいく』
『色々なことがいい感じに 
 周りはじめる』
 

といったことが 
起こってくることがあります。

それは、 
波に乗っている状態です。
自分で我武者らに漕いでいる 
のではなく
まさに 
『乗っている』わけですが

そういう人を見て
どうしたら、そうなれるのか。
不思議ですよね。

波に乗るコツ。 
幾つかありますが
2つほど、紹介します。

1つには、  
【世界と呼応することです】 

世界と呼応するということは、 
世界と対話することでもあります。 

自分だけで我武者らに漕ぐ 
わけでもなく、 
何もしないわけでもなく、 

いい感じで世界と 
呼吸を合わせていくのです。
世界と自分は、協力関係であり、 
間違っても戦ってはいません。

例えば、 
今回は夏らしくサーフィンの 
画像をのせてみましたが
彼が波と戦っていたら、 
上手く波にのれるでしょうか?

もう1つは、 
【自分らしく在ることです】
自分らしく在るためには、 
自分を知ったり、 
自分を受容したり、 
己を愛するということに 
繋がってきます。

ここでいう己を愛する 
ということは、 
全てである我と、 
個としての自分と、 
他者に見る己。

そのすべてです。 

どれを切り離しても、 
上手く行かず、どれか一つでは 
上手くいきません。 
全ては、連動しているからです。

例えば、甲子園の季節ですが、 
自分は守備ではどんな役で
バッターではどんな役か、 
そしてどんなチームなのか、 
皆良く知っていますよね。 

間違っても、チームの内輪もめ 
などをしていたら、 
そのチームは上手くいかない 
でしょう。

このように、 
波に乗っているときというのは、 
全ての歯車が
『Yes』と言って、 
動いているときです。

=======================

依存的な要素がある 
自分を見るのは 
とても苦しいこと。
 

でも、 
依存的な要素がある自分を 
無くして 
強く在ろうとしても、 
根本的解決にはならないのです。
 

特に、 
依存的な要素を 
表面には出さないで
強い自分の方を 
世間に出してきた人は
依存的な自分を観るのが、 
とても恐くて 
変わろうとします。
 

それは同じ状態のまま 
移動しているだけで、 
変わっているわけでは 
ないのです。
 

そのままだと、  
凍えてしまうから 
服を着ているようなもの 
なのです。
 

見たくないから、 
変わろうとするのではなく 
 

そんな弱い自分と対峙して
受け入れて統合していけば 
いくほど
本質的に、状態が変化して 
いきます。
 

その間は、 
ずっと凍えている自分と 
対峙するかもしれない。
依存的な要素がある自分を 
見ることになるかもしれない。
 

それでも、それが、 
最短の近道であり 
 

より己が 
統合していく路です。

=======================

自分の自分に対する姿勢って、 
手厳しい。
 

他の誰かが、 
大丈夫だよ。とか
素敵だよ。とか
素晴らしい。とか
そんな風に、 
賞賛してくれたとしても
 

他ならぬ自分自身が、 
そうでもない。とか
満足出来ないという 
評価のことって
けっこうあったりする。
 

これでは、 
自分に手厳しすぎると思って
 

自己評価を上げようとか
自分にもっと、優しくせねば 
とか思って頭で一生懸命 
大丈夫なことにしようと 
してみても
 

束の間は成功しても、 
上辺で思い込むものは
いつか、また剥がれる。
 

現状肯定とのバランスは、 
とても大切なことだけれど
そういった意味では
自分を誤摩化し続けることなど
誰も出来やしない。
 

そういう仕組みで、 
誤摩化せないからこそ
わたしたちは、 
『本心から、満足する生き方』
に向かえるように、歩めるように、 
なっている。
 

『本心から、満足する生き方』は 
自分らしい愛として 
現すことだったりするけれど 
 

これがまた、 
想像を絶するくらいに
『出来ないことなど、何も無い』
というところにあるものだから
途方も無く、人間の自分には 
高すぎる目標に思える。
 

手厳しすぎる、 
自分の自分に対する姿勢が 
あるのなら
それが出来る自分を既に 
知っているからで
そう成れる自分も同時存在 
している。
 

そうで在りながら、 
完全なものが
その不完全さ自体を味わえる 
キセキを感じ 
プロセスを堪能できる喜びと 
共にあるとき
 

手厳しすぎる、 
自分の自分に対する姿勢が
自己への否定に変わることは 
決してない。
 

厳しさ自体が、 
可能性と向かいたい方向性を
指し示す 
深い愛だと知るからだ。
 

こうして観ていくと、 
自己否定に取り組むには
どれか1つ。を変えればよい 
のではなく 
 

全ては連動していることがわかる。

=======================

欲する対象は 意識によって
異なります
 

満たされれば満たされるほどに
外から、内へ。
探求も、より外から内へと 
変化していきます。
 

他の誰かのことよりも、 
自分自身に興味が増します。
 

自分自身を知っていった時に
いかに、 
自分自身を知ろうとしなかったか
を知るのです。
 

これらのパラドックスは、 
本質的に変化する際に、 
何時も起こる現象です
 

例えば、封印などは 
「外した時に はじめて 
 こんなに重かったのだと知る」のです
 

「自分自身から、 
 目を背けずに向き合った時に
 どれほど自分が 
 傷ついていたかを知る」のです。
 

はじめから重いとはわからない。
はじめから傷ついているとは 
わからない。
 

重いとわかる前に 
外す必要があって
自分自身のことを 
知らなかったとわかる前に 
知ろうとする必要があります。
 

このパラドックスを 
超えるためには
「自覚がなくても、やってみる」
ことです。
 

自分自身が 
自覚出来ている範囲が
全てである。 
という傲慢さを捨てることです。
 

認知を超えた時に 
パラドックスを超えられます。

=======================

欲する対象は 意識によって
異なります
 

満たされれば満たされるほどに
外から、内へ。
探求も、より外から内へと 
変化していきます。
 

他の誰かのことよりも、 
自分自身に興味が増します。
 

自分自身を知っていった時に
いかに、 
自分自身を知ろうとしなかったか
を知るのです。
 

これらのパラドックスは、 
本質的に変化する際に、 
何時も起こる現象です
 

例えば、封印などは 
「外した時に はじめて 
 こんなに重かったのだと知る」のです
 

「自分自身から、 
 目を背けずに向き合った時に
 どれほど自分が 
 傷ついていたかを知る」のです。
 

はじめから重いとはわからない。
はじめから傷ついているとは 
わからない。
 

重いとわかる前に 
外す必要があって
自分自身のことを 
知らなかったとわかる前に 
知ろうとする必要があります。
 

このパラドックスを 
超えるためには
「自覚がなくても、やってみる」
ことです。
 

自分自身が 
自覚出来ている範囲が
全てである。 
という傲慢さを捨てることです。
 

認知を超えた時に 
パラドックスを超えられます。

=======================

これからもっと 多くの人々が
本当に価値があるものが何か
わかってくるでしょう
 

自己投資という言葉で 
掲げられたものの中にも
様々な自己投資が存在するのだ 
ということがわかってきます。
 

お金を得るためのツールか
仮初めの自信を得るための 
ツールか
仮初めの満足を得るための 
テクニックか
 

より、本質的なものに惹かれ
価値自体が変わってくるでしょう
 

そして、 
何を提供しているか。とか
どんな言葉を発しているか
だけに留まらず、 
 

提供している人が
どんな人か。ということが 
見極められるようになって 
くるので、 
 

一段と 
どんな人かということが、 
重要になってきます。
 

誤魔化しが効かない時代。
飾り物や上辺が通用しなく 
なってきます。
 

裸の時代を、 
貴方はどう生きますか?

=======================

統合していけばいくほどに
何かを欲する自分は 
消え去ります。 
 

すべては、自分に在る。 
とわかるからです。

=======================

きっと、誰もが 
愛したがっている。
  

愛されないことより、 
愛せないことのほうが苦しい。
 

愛されなかったことは、 
そのままでも既に
愛されていたことに 
気付いていけるけれど
 

愛せていないことは、 
まだ愛せていないことを
自分自身が誰よりも一番 
よく知っているからだ。
 

それでも、 
その苦しみさえ愛でしかない 
自分を知っているから 
苦しいのであって、 
 

私たちは 
達成出来ていないことを 
既に達成している自分を 
内在している。
 

愛ゆえに。

=======================

多くの人に観てもらいたい動画。

自分自身と向き合っている人は、どれくらいいるでしょうか?
本当に自分自身と向き合ったとき、痛みがある。というのが
わかるのです。

マインド(思考)で、在るか無いかを議論しても
全く意味がありません。
癒しなど、必要のないこと。
必要と思うから、そうなるんだ。と
思考の思い込みで片付けるのは、とても安易な考えです。

痛みがある。と自分の弱さと向き合うことのできるひとは
勇気があるということです。

つまり、弱さと向き合う強さがある。ということなのです。

=======================

自分にとっての 
真実を生きることは
 

孤独である自分を 
受け容れることだ

=======================

第一回 ゾロ目ヒーリング 88
インフィニティ シグナル  
無事に終了いたしました。
 

一斉ヒーリングを通して感じた 
メッセージです。
 

*************************
 

わたしたちは、 
本当はひとつの存在で
例外なく、 
誰もが光であり愛なのです。
 

とても長い間、 
分離を体験するうちに
『自分以外のもの』が 
外側にあると錯覚して
本来の力を失ってしまいました。
 
 

欲して求めて 
手に入れようとするのも
嫌って遠ざけようとするのも、 
同じこと。
 

すべての苦しみは、内に在る。 
我に在り。と思えないところから 
はじまっています。
 

今回 開催した 
インフィニティ シグナル  
ヒーリングでは
分離による苦しみの解放と、 
統合のエッセンスを入れながら
 

真実の自分を感じて生きられるよう 
サポートさせていただきました。
 

ご自身の本来の創造性。
喜びを解き放つ、 
1つのきっかけになれば幸いです。
 

また、余談ではありますが、 
今回の一斉ワークを行わせて 
いただいたことにより、 
このワークの『つづき』を行うことを 
決めました。
 

というのは、 
すべてである自分。 
すべては内にあることを感じられても 
外側のものに、 
過度に意識が向く要因があると、 
それが邪魔をします。 
 

そういった重いエネルギーは、 
これからの地球には重く、 
手放していくことが大切になって 
きます。
 

8/30に、 
『未練、執着、我欲、罪悪感』
これらの、苦しみ。 
重いエネルギーを解放する企画を 
催します。 
 

企画は、 
対面(東京、横浜近郊)と 
遠隔参加、どちらでも
参加できるように、検討中です。

=======================

穏やかな朝。
静けさと共に、 
ただ在るという感覚に
満ち足りながら、 
今を過ごしています。
 

皆様が、 
飾り物ではなく、真実。 
ご自身の誓願に向かわれます 
ように。 
 

皆様が、他の誰でもなく、 
ご自身を信じられますように。
 

皆様が、暗闇の中でも、 
光である自分を見出せますように。
 

今こそ、真の姿を現す時。
 

永遠の あなたから
永遠の あなたへ
 

愛をこめて

=======================

重りを下せば 
下ろすほど
本当の自分が巡り出す
 

血が巡るように

=======================

エネルギーワーク 
(ヒーリング)ってさあ。
お金出すの、勇気いるよね!
 

わたしは、 
エネルギーワークに触れた 
最初の1年間。
一回につき、3,000円までしか 
出せませんでした。
 

それは 
『どれだけ、変化することを 
 許可するか』 
 

『どれだけ、エネルギーワークを 
 信用しているか』
に比例するような気がしています。
 

そのときは、まだ、それくらいが
受け入れたい変化だったんだなあ。
 

けっこう行き詰まって、 
マインドレベルで
『自分で、何でも出来る』 
みたいなのでは
どうにもならない事象が起こって、  
それで本気で取り組むことに  
なったのでした。
 

だから、 
そこそこ上手くいってる時は
『マインドで、どうにかなる』
『自分で、何でもできる』
って思ってるから、そこそこ、  
ある一定のところまでしか 
取り組まないという場合も 
あるのかもしれません。
 

むしろ、どうにもならない! 
ってくらいの状況や状態で 
追い込まれてる人は、  
どうにかしたい!と
思ってくるから、 
 

変わるということを許可する
自分で何でもやる。 
ということを手放せる度合いが、 
大きいので、 
チャンスかもしれません。
 

************************
 

先日、リーディングLIVEに 
お越しくださった方が
 

『外に出れない状態だったんだけど、  
 綾さんの無料のヒーリングを2回 
 くらい受けて、
 ようやく外に出れて、 
 会いに来れました!』 
と仰ってくださって、 
とっても嬉しかったなあ!
 

無料よりも、有料の方が、 
色々受け取っていただけたり
受け取れるエネルギーの質が 
違っていたりするのも事実 
なのだけど、 
(有料じゃないと入らない 
ものも色々あるから) 
 

でも、 
そうして、無料のものも 
利用しながら
ご自身にとって、いい塩梅に 
人生をすすめていって  
いただけたらいいなあと 
思うのでした♡

=======================

【変わる】
 

こんな風に変わりたい。
そんな思いがあったりします。
 

でも、変わるって、 
どんな風に?
 

変わるって、 
そもそもどんなことなのかを
考えたこと、ありますか?
 

こんな風に変わりたいと 
思ってる自分がいたら
それは、 
【今の自分が】変わりたい 
と思ってるわけで
 

そうすると、 
その今の自分がこんな風に 
変わりたいと思ってること 
なのだから、 
 

本当の意味で変化している 
わけではない。のです。
 

出発点が、【今の自分から】 
生まれたものはいつまでたっても、 
今の自分なのです。
 

こんな自分が嫌。というのがあって
そのベクトルの逆を目指そうとして 
いるだけに過ぎません。
 

本当に変わるというのは
それは、自分が居なくなる 
ということです。 
 

自分が何者でもなくなる。 
ということです。
アイデンティティの崩壊。
何者でもない自分。
ただ、在るというだけの自分。
 

そこから、新しく生まれて
幾度も幾度も壊れながら、 
その度に生まれて
そうして、変化していくのです。

=======================

東京に戻ってきました〜♪
暑いですね(^^;; 
今夜から封印解除のお仕事です。
 

さて、明日はいよいよ8/8

 
88ゾロ目一斉ヒーリング。
インフィニティ シグナルが 
開催されます。
 

沢山のお申し込み 
誠にありがとうございます♡
 

ところで、88って
色んなところに使われてる数だって
知っていますか?
 

実は、全天の星座の数も88
ピアノの鍵盤の数も88
 

なんですね!(((o(*゚▽゚*)o)))

 
永遠の自分 感じてみてください♡

=======================

おはようございます♡
 

最近、 
アセンションの影響により
原因不明の体調不良や痛み
頭痛、耳が痛いとか 
首が痛いなどのケースを 
見受けます。
 

その場合
新マニフェステーション
新レムリアンオーロラ
全側面の封印解除
古代文明の封印解除
 

などのワークを 
状態に応じて行わせて 
いただいておりますが、 
症状が大幅に軽減したり、 
嘘のように 
痛みがなくなったりする方が 
いらっしゃいます。
 

その際に、 
「病院で原因不明と言われたので、 
 どうしようもないもの」 
だと諦めてしまっていたり、 
身体の不調が、そこまで 
アセンションの影響を受けるとは、 
知らないケースも多く見かけます。
 

全てに当てはまるわけでは 
ないですが、
アセンションの影響による 
体調不良もけっこうあるのだ。 
と自覚しておくと、
選択肢の1つとして 
自分がどんな行動がとれるか。 
選択肢の幅が広がります。
 

どうしようもないと諦めていたり
この実態を知らないと 
病院ではどうしようもなく、 
長らく痛みに見舞われることに 
なるので
 

「そういうことも、あるんだな」 
という感じで、 
知っておくことは大切だと 
感じています。
もし、周りの人とかが、 
こういう状態だったら 
教えてあげられたりするかも 
しれません。
 

決して恐怖を煽るわけでは 
ありませんが
浮上してくる全体の流れ 
事実をみると
9月以降は、 
もっと増えると予測できます。
 

そういったことにも、 
対応出来る場合がある。 
と知っておくと 
いざという時に便利です。

=======================

朝風呂っていいよね〜♡
海の温泉も素敵だけど
森の中の温泉もいい感じ。
 

*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・*

いつも、全力なので 
やり切ってしまうのが 
はやいのです。

もう、充分だ 
という状態になるまでが、 
はやい。

やり切ってしまうのです。

例えば、1つの靴を 
履き潰すまで履いて
新しいのを買うように。

そうすると 
同じことはしていなかったり
同じ場所にはいられなかったり。

留まることが出来ない自分が
進まずにはいられない自分が
時にとても 
もどかしくもありました。

でも、今は 
「それで、いいよ」

と優しく時が流れています。

=======================

ヒーラーとか、ヒーリング。  
という言葉が
わたしには合わなくて。
セラピストも、カウンセラーも 
合わなくて。
 

ティーチャーというのは、 
やってることにはまだ合ってる 
かな。と思いながらも
それでも、 
完全にはしっくり来ないので
チェンジング アドバイザー  
という感じで活動してきました。
 

でも、これも 
変わるものと、変わらないものの
両方をやっていくから、 
ちょっと名前が違ってきちゃう。
 

今、これから行っていきたいな。 
と薄ぼんやり思っているのは
 

本質的なヒーリングを教えて、 
実際にヒーラーとして 
活躍できるようにする
ヒーラーの育成学校と
 

ヒーラーにはならなくって、 
いいんだけど
自分を愛したい。 
という人たちのための何か。
 

それと、メッセンジャーとして、 
文章を書くこと。
 

どれも、オリジナル色になるのは、 
間違いないかな。
8月中は、何にも考えなくて、 
まとめなくっていい。     
というアドバイスをいただいて 
いるので、 
何にもまとめないようにしてます。 
 

薄ぼんやりのまま。 
実際に形にしようとしたり、 
見えてくるのは9月以降になる感じ。
 

だから、 
まだ今直ぐは色々決めないだろうし
全てが曖昧さやゆとりである 
という流動性を残して
その感じを楽しんでいる 
最中なのですが
 

そんな中で、ひとつ、 
言葉が浮かびました。
 

ヒーリングというのは、 
ヒール heal  
から来ていることば。
 

わたしには、love
loving が 一番しっくりくる。
 

濁を嫌うのではなく 
清濁の全てが愛であると感じながら
濁と共存しながら
濁を終わりにしたい人は、 
それぞれのペースで卒業して
いきながら。
 

それにしても。。。 
お仕事お休みで、 
お家にいるのって、暇だね。
いっぱい呟いてしまった(笑)

=======================

世界から 
こんなにも愛されている
 

そう感じられた時に 
感謝という言葉の意味が
わかるのでしょう
 

世界を 
こんなにも愛している
 

そう感じられた時に 
自分という存在が何者か
わかるのでしょう
 

どちらも 貴方 
 

何時も ただ 角度が違った
貴方を観ているのです。

=======================

どれもこれも愛だったと
わかった時
どうするだろう
  

どれもこれも無駄なことなど
一つもなかったとわかった時 
どうするだろう
 

どれもこれも自分だったと
わかった時
どうするだろう
 

*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・*
 

わたしは様々な世界の極みを
見て回ってきたように思います。
 

ある時、 
自己啓発の物凄く厳しい極みを 
体験したことがありました
 

それは、ほとんど 
「出来ないやつは心が弱い。 
 だから心を鍛える」 
みたいな世界でした。 
声も大きく発言したり、 
体育会系の極み。
 

カリキュラムの中にも、 
想像を絶するものがありました。
 

どんなものだったかというと
「自分はこれがしたいんです( ´ ▽ ` )」 
と自分の夢を語ります。 
 

そうしたら 
「絶対無理だ」と言う人たちに 
囲まれるんです。 
 

押し問答のように、 
「やります!」「絶対無理」 
と行っていくのですが、 
10回くらいの 
押し問答とかではないんです。 
 

なんとほとんど一晩中続きます。
相手が 
「どんなに言っても  
 この人はやり遂げそうだな」 
と本心から諦めるまでほとんど、 
永遠に続くと感じるくらいに 
続くのです。
 

エネルギーワークを学んで、 
様々な人間に起こっていること 
感情や思考や性格さえ選んでいる 
という本質的なところ 
 

原因は何か 
というところを知れば知るほど
その時のことを思う出すと、 
なんて無駄なことをしたもの 
だろうか
 

感情という粗い次元で 
書き換えられるのは
本当に微々たるもの。 
と思ってきました
 

ところが、ここにきて 
全くもって無駄だったと 
思っていたその経験が、 
自分にとっては
とても必要だったこと気づき、 
色々繋がってきました
 

今年に入って、  
様々なメンターから言われる
一番のアドバイスの肝。 
大切なこととして言われることは、 
ほとんど同じで
「諦めないこと。自分を信じること。」
なのです。
 

それは、何年も前から 
自分で知っていた答えで
わたしは当時のノートに 
「諦めないこと
 信じること 」 
と書いていました。
 

そういった意味では 
もう自分では知っている答えを 
外側にも聞いて回っていた 
ような感じでしたが、 
 

自己啓発のカリキュラムでは、
その部分を高めていたのでした。
 

諦めないというのは、 
究極的にいうと
何かに縛られることではなく
生き抜くことを諦めない 
ということに繋がっているような 
気がします。
 

また一つ 
あの体験も愛だったということが 
深いレベルで感じられたこと
新たな発見です
 

とても不器用で、 
本質的なところからの 
変容は望めなくて 
原始的に感じるのも事実だけど、  
 

それでも強烈な体験とか経験は 
その人に残るのです。
わたしの大切なキーワードは 
磨かれていたのです。
 

全ては、愛だったと知る旅路にて

=======================

自分にとって
とても居心地の良い場所。
 

自分にとって
あまり居心地の良くない場所。
 

この数年間。 
わたしは、自分の選択で
どちらの場所にも訪れるように 
していました。

なぜなら、 
『違いを愛する』ということに
本気で取り組みたかったから。

居心地の良い場所は、 
自分にとって癒しとなり
居心地の良くない場所は、 
自分にとって学びとなります。 

まだ愛せていない自分を愛する。 
違いを知るということだから。

色々あって、葛藤もしました。 
色々な違いも体験しました。 

それでも、目の前に映るものは  
いつもいつも全部自分で
ただわたしを愛していくだけ。

全力で駆け抜け終えて、  
合わない自分、 
受け入れていない自分と 
濃く向き合うフェーズが終わり、 

今、新たな形で 
また新たに出逢っていく 
人たちを感じています。 
友人から、楽しい予定や 
楽しい企画が色々 
舞い込んできました♡

終わるとはじまる。 
呼吸のように。

=======================

優しさは 時に 
甘やかしになる
 

厳しさは 長期的にみたら
物凄い深い愛だったりする
 

色々な立場をやって
色々な気持ちを 
知っていくんだね

=======================

外側の景色にしても
何に自分のエネルギーを 
使うかは重要だ 
 

被害者意識に注ぐことは 
しない

=======================

8/8 に 第一回 無料一斉  
ゾロ目ヒーリング 88
インフィニティシグナル  
を行います♪
 

こちらでご案内する前から、 
多くの方に参加表明をいただき
また、ご紹介もいただいている 
ようです。
誠にありがとうございます♡
 

招待数に限りがあったようで、 
招待したいのにできない人が 
いましたので、 
こちらを見ていただけたら 
いいなあと思っています
 

今回、この企画を開催しようと 
思ったきっかけは、 
わたし自身が、 
自分の行っていることや、 
自分自身にとても自信がなく 
なってしまって、 
 

そこから自信を取り戻して
超えていくプロセスが 
あったからです。
 

そんな風には観えないよう 
なのですが、 
わたしには弱い側面も沢山あり
進化のプロセスの中で 
自信がもてない時も沢山あって、 
何だか、もうわたしってダメかも。。。 
としか思えないときもあります。
 

今回特に、少数であること。とか
その場で、自分と同じ意見の人が、 
自分以外いない。誰も味方がいない
というような、 
【少数とか孤独】と向き合ってきました。
 

色々変わった人が集まる中でも、 
特殊だと言われ
少数の中でも特に少数民族のような、 
そんなわたしですが
 

大多数と意見が例え異なっていても、 
それも個性として自由に主張できて、 
それも1つの意見として、尊重され、 
個々が個々で輝いていける世界に 
なっていけたらと願っています。
 

それには、 
自分の闇だけを見つめていては、 
苦しいだけなのです。 
 

闇を見つめることだけでなく、 
【その闇に取り組んでいる自分】
という姿そのものをみないと、 
自分の素晴らしさは観えてきません。
 

無限の存在で、無限に豊かで、 
無限の可能性に満ちている
自分を感じていただけたら 幸いです。
 

インフィニティ シグナル 
無限の存在であるわたしを知り、 
その自分を生きる合図。

=======================

何時も自分の思い通りに 
なることが
愛というわけじゃないんだよ
 

何時も一緒にいることが
愛というわけじゃないんだよ

=======================

【ビュッフェスタイル人間万歳!】
 

ビュッフェスタイル人間とは 
わたしが 
たった今つくった造語で 笑) 
 

わたしのように、色々なことを
地球で体験しに来た人のことです。
 

飽きやすく、 
一つのことが長続きしない
一つのことを極めない 
(ように見える)ことは、 
 

世間一般には 
「ダメな人」と言われて 
レッテルを貼られてしまいますが、
 

例えば、ごはんを食べる際に 
レストランを選ぶとき、 
ラーメン屋とか丼物といった 
「同じ味を食べ続けて 
 お腹を満たす」のと、 
 

ビュッフェレストランのように 
「様々な味を色々楽しみながら 
 お腹を満たす」こと、 
 

これらに優劣は発生しませんよね
 

他には、 
地球というディズニーランドで 
フリーパスをもって、 
「ゆっくりとパレードを見る」
遊び方も出来るし 
 

ファストパス取りまくって 
「全乗り物 制覇!」を 
しても良いのです 
 

これも、どっちの遊び方が 
エライってことにはならない。
 

でも、人生となると、 
急に変わっちゃうんです。 
それで、自分はダメだと 
思い込んでる人いっぱいいます
 

コロコロ変わっても いいんです♡
それがその時の自分らしく 
自分の喜びに叶ってるなら 
それでいいんです。
 

ビュッフェスタイル人間 万歳!
少数派だからって 
ダメってことはない
 

ビュッフェはビュッフェの
良さがあるのだー*\(^o^)/*

=======================

最近 多くの人が
ホントの気持ちに気付き 
始めています
 

例えば、 
「他者に素敵な人って思われたい
 ために 
 ある意味見せるために」
行動、アクションしてた人は
 

そこのウェイトが大きければ 
大きいほど
「自分って、何してるんだろう」
と自分を見失いはじめる 
ということです
 

失えないとホントの自分を 
生きられないから、 
失っていいんだけど 
「これが正解だ」ということを 
決めつけていた人は、 
訳がわからないだろうと思います。
 

真理に関しても、 
潜在意識に関しても知ってるし 
色々お勉強したけど、理屈、 
頭だけでエネルギーに触れて 
来なかった人たちは
 

「こんなに色々頑張ったのに 
 どうして?」と 
「自分はちゃんと取り組んで 
 きたから大丈夫」  
と思い込んるほどに、 
 

それを捨てられず
心身に色々現れたり、 
事象として現したりするまで、 
ホントの自分に向き合おうと 
しないかもしれません
 

わたしもそうだったので、 
その気持ちもとてもよくわかります。
 

但し、けっこう、それらの波は 
今すでに訪れているけどこの秋、 
一気に来る予感。

=======================

【アイツが〜わたしがへの 
 変換早見表】
 

誰かへのせいにしてたら、 
物事は永遠に解決せず 
不自由なままです。 
 

他責から自己責任へと  
変えた時に解決策が見えて 
きます。  
 

そこで、多くの人が 
よく陥りがちなパターンの 
変換表を幾つか書いてみます
 

☆アイツがわたしを無理矢理 
 言いくるめた。

わたしが自分に自信がないので、 
自分の意見を貫き通すことが 
できずに、言いなりになって 
しまった
 

☆アイツがわたしを 
支配コントロールした

わたしが自分の真実を行動して 
責任をとるのが嫌だった。 
 

嫌われるのが怖かった。
誰かの意見に同意して 
依存してしまう方が楽だった
 

☆アイツがわたしに酷いことをした

わたしが被害者意識が強く、 
攻撃されるという恐怖を 
抱いている。 
大切にしてくれなかった 
愛されなかったと思い込んでいる。 
 

「酷いことをされたわたし」 
を持っていると
ヨシヨシと慰められるという 
メリットがあるので中々 
捨てられない。
 

☆アイツがわたしが嫌なのに  
物事を推し進めた

嫌だったのに弱いから断れなかった
断る勇気がなかった。 
自分より他者を優先し過ぎて 
犠牲を選んでしまった。
 

どうでしたでしょうか? (^^;;
自分に置き換えてみると、 
これをいちいち他者のせいに 
してるんだから
もはや凄いなあと思いますね。。。

=======================

とても信じがたいことだけど
どんな状態も 
自分で選んでいるのです。
 

小さい頃からの性格。
ほとんどの人が 
「これが、自分だ」
と、自分を疑おうとしません
 

自分自身の 
アイデンティティーは 
揺るぎなく
 

性格を「変えようと」 
することにしか着目しません
 

それが、その自分が 
自分だと思ってる性格ごと、 
実はありとあらゆる人生 
(とか前いた星の影響)で 
作られた糸が大いに関係して 
いるとしたら?
 

「最初と思い込んでいたけど、 
 続きの状態になっていたとしたら」
どうでしょうか?
 

そんなはずない。 
と思うならそれが今の真実です。
 

受け入れがたい自分。
自分(と思ってるマインド)では 
どうにもできない。 
 

未知の自分がいることを 
認めた時に 
新たな扉は開かれます。

=======================

ハッピーなご報告
相次ぐ〜(((o(*゚▽゚*)o)))
皆 今すぐ 幸せになっちゃって 
いいんじゃん♪
 

コスモディレクションという
オリジナルワークのご感想を 
色々頂いているのですが
けっこう衝撃的(@_@) な感じです。

今まで、 
辞めようと思ってたのに 
辞めれなかったことが、 
辞められたり、 

サイキック能力が開いちゃって 
色々受け取るようになっちゃったり 

家族の進路がいい感じに 
変わっちゃったり、 

頭で考える前に身体が 
やりたいことに動いちゃったり、 

求めてた人が自分だった 
ということに気付いて 
外側に求めなくなったり。。。etc

そのうちの一つをご紹介します♪

☆綾さん
おはようございます。
コスモディレクションの感想です。

ワークを行って頂いた、 
まさにその日に、 
私は以前からの夢であった、 
南の島に住みたい、ということを 
主人に話したところ、 

私自身がビックリするくらい 
主人がそのことを真剣に考えてくれ、 
移住先を決める旅に出よう、 
ということになり、 

次の日には旅行会社に出向き、 
一気に宮古島と石垣島への 
旅行が決まりました。

そして台風が接近する中、 
奇跡的に宮古島に辿り着き、 
宮古島と石垣島の不動産屋さんに行き、 
情報を集め、 
石垣島に移住することを決めました。

今は移住に向けての準備を 
始めているところです。

移住は今すぐ、 
というわけではありませんが、 
こんなことになるとは 
私自身思ってもいませんでした。
コスモディレクションの効果だと 
確信しています。

本当にありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

みんなが状態的にも、精神的にも
現実的にも、全部の側面で 
ハッピーになっていくのを 
応援させていただくのが喜びっ♪( ´▽`)

今日は、1日 
オリジナル講習のリクエスト
が入ってて 

久しぶりに言葉が出なくなるほど
やり尽くしました。 
本当に限界だと声が出なくなるのよね

そこまでやってでも、全力出し切って
やってる甲斐があるわあ〜♡

自分にもご褒美パンケーキ♪

=======================

解り合えるときもある
解り合えないときもある
 

それで、いい。
 

わたしは、 
ずっと何処かで
『わたしを』 
求めていたのだ。
 

それを認めると
孤独かもしれない。
 

それでも
自分と同じ人間は
自分しかいない  
ということは
喜びでもあるのだから。

=======================

傷つく。
ということがあるなら
それは、 
本当の自分じゃないと
既に知っているということだ。

=======================

登山家に
『どうして、山を登るのですか?』
と尋ねたら 
 

『山があるからです』
と答えました。
 

ダイバーに
『どうして、海を潜るのですか?』
と尋ねたら 
 

『海があるからです』
と答えました。
 

漆黒の闇の羽衣をまとった 
わたしはわたしに
 

『どうして、闇の羽衣を 
 纏っているのですか?』
と尋ねたら 
 

『闇を纏いたかったからです。』
と答えました。
 

闇を知り尽くし、 
自らが超えて、同じような人を 
導けるように。
 

いつもいつも、答えはシンプル。

=======================

理不尽や不平等と 
感じることがあるならば
その待遇を甘んじて 
受けているのは自分だ。

=======================

世界には  
目移りしそうなくらいに
色々なものがある。
まやかしもいっぱいある。
 

何を体験するのも 
何を得るのも 自由だけれど
 

もっていけるのは
身一つ。
 

ずっと 一緒なのは 
唯一 己自身。

=======================

ゼロからイチ
何かを生み出すとしたら
 

みんなは、何をつくりたい?
どんなセカイをつくりたい?
 

息吹が吹き込まれ
命が芽生える
 

誕生するまでのプロセスを
旅しよう
 

ゆらゆら揺らめきの中で。

=======================

人間って
もう、自分ではもう 
知ってる使命
 
 
もう、自分ではもう知ってる 
自分の光が
 

余りにも凄すぎちゃって
受け入れられないんだなあ。。。
 

解らないんじゃなくて
解ってるんだけど
 

受け入れ難いほど凄いから 
抵抗する。 
 

違うよって、変更可能だよって
気休めでも、 
誰かに言ってほしいのかも 
しれません
 

(誰も、言ってくれないけど 笑)
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

汚れなき 太陽は
ただ、光溢れることで
全てが在ることを
 

それが真実なのだ 
ということを
 

本来の自分を教えてくれる
 

漆黒の闇に煌めく星は
深い闇に包まれながらも
決して光を失わないことで
 

自分だって 
出来るんじゃないか
という希望という道標を 
教えてくれる
 

闇をかき消してしまう 
太陽も
闇があっても 
光を失わない星も 
 

どちらも、 
光を表していることには
変わらない。
 

ただ、表し方が違うだけで。
 

わたしは、星なのです。
 

深い深い闇に 
負けないほどの輝きは
深い闇と同じだけの光は
原理的に在るのだと思います。
(光が同量在るという 
ところに抵抗中(^^;;)
 

ずっとずっと知っていたけど
それは、 
誇りでもあると同時に
ずっとその役というのが嫌に 
なったり
何もここまで、 
極端に極めなくても(>_<)
とも思ったりするのです。
 

だってぇ〜 
大変そうじゃないかあ。。。
星役。
 

太陽は太陽で大変なの 
知ってるけどさ〜
 

そういった意味では
全部 自分で知ってる答えを 
受け止めきれずに
右往左往してきたんだなあ。。。
 

希望ということは
絶望がセットというところが
受け入れ難いところかなあ。。。

(´-`).。oO
 

一歩一歩 自分の光を 
受け入れていきます

=======================

本日は、リーディングLIVE、
二部のクラスにご参加いただき、 
ありがとうございました♡
 

いや〜。。。もうね
私にとっても、 
初挑戦盛り沢山の企画でした。
 

先ず、対面での無料イベント。
無料で何処までリーディング 
出来るのか。
正直、やってみるまで 
わかりませんでした。
 

実際にやってみたら
「こちらが、一方的に  
 リーディングする感じで、 
 3分くらいなら、出来る( ´ ▽ ` )」
っていうことがわかりました♡
 

しかも、3分って 
濃縮された感じでいいかも♪
 

終了時間も、 
何時も伸びちゃうことが 
多かったのですが、 
なんと時間通りに終わりました!
 

それと、 
ホワイトボード無しに挑戦したこと
 

これも未知の世界で、 
時々もどかしさを感じながらも、 
無しでもやり通せました♪
 

本当に、皆様から頂く声に
ただただ、 
「やってみて、チャレンジ 
 してみて本当に良かった*\(^o^)/*」です。
 

開催まで、数日しか日にちがなく 
募集期間も短い中で、 
見つけていただき、 
触れ合えたことに心からの感謝です♡
 

それにしても、 
仕事中って、なんで私
こんな 男前の顔になってるんだろ?
(^_^;)
 

カメラを完全に忘れて素で 
仕事してると、 
こんな顔なんだって、 
初めて知りました( ̄。 ̄ノ)ノ 
(ねえ、私って何時も 
こんな怖い顔なの? 笑)
 

無料でも、対面で出来る領域がある!
って確信したから、また来月も
3分間リーディング 企画しますね!
 

皆様、メールで早速 
ご感想やお問い合わせを
送ってくださり 
ありがとうございます♡
 

エネルギー切れなので、 
返信は明日しますが
有難く拝見させていただいて 
おります。
 

本日は、暑い中、 
お時間をとっていただき
誠にありがとうございました☆

=======================

あの人は、こんな人
この人は、こんな人
自分は、こんな人
 

そんな風に 
カテゴライズしたら
今は、あっという間に 
洗い流されちゃうね
 

自分にはない。 
と思ってるものを
見せつけられる。
 

全部ある中で
今は、これが好みだから
チョイスしてるの〜♡♪( ´▽`)
 

っていうくらいのニュアンスで
丁度良いのかもしれません♪
 

何者でもない自分に
何時でもかえれるように。

=======================

あなたの目の前に 
現れる人 
 

以前とは、 
全く別人のようになっている 
かもしれませんよ
 

なぜなら、 
あなた自身が、 
毎日目まぐるしく
変化しているのだから
 

だから
同じ人でも、 
新しくはじまるのです

=======================

【ライフワーク 仕事について】
 

様々な仕事を体験してきました。
OL、コンビニの店員、 
喫茶店のカウンター
レストランのウェイトレス、 
保育士、
社員食堂の盛りつけ、 
テニススクールの受け付け
レンタルビデオ屋屋さんの店員。。。
 

この頃は、雇われている時で
どれだけ、手を抜くか。とか
どれだけ、楽に出来るか。   
ということばかり
考えていたような気がします。
 

世間一般でいう、 
仕事をすぐに辞めてしまう。
仕事がころころ変わって 
ダメな人? の見本ですね(笑)
 

喫茶店のカウンターだけは、 
けっこう長続きしました。
食器を洗っている時は 
つまらなかったけれど
カウンターごしに、 
来られる常連さんと 
話しているのが楽しくて、 
 

いつか、 
お話しているだけで  
人を癒すことが
出来たらいいな。と 
そんな風に思っていました。
 

その後、雇わられずに、 
自営で仕事をするように 
なってからは
どれも夢中でエンジョイ 
しました。
 

海外のベビーカー輸入の 
仕事も楽しかったし
アクセサリーや、 
革小物のオリジナルブランドを 
立ち上げたりするのも、 
凄く楽しかったです。
 

こころのお仕事になってからは、 
楽しい。という感覚を超えて、 
深い喜び。
わたしの生きがいとなって 
いきました。
 

今では。。。
わたしにとっての、仕事とは
わたしが生きているという 
そのもの。
 

わたし そのもの 
なのだと思います。
 

だから、 
お金があるとか無いとかは
関係なくて、 
有り余るほどのお金があったと 
しても、規模を変えて、 
同じことをしていると思います。
 

のんびりしたり、 
遊んだりするのは好きですが
ずっとそうしていると、 
すぐに飽きるタイプなので
不労所得を得て、遊んでるとか
ずっと南の島で遊んでるとかは 
性に合わないですね。
 

お仕事に関して、 
合わなくなってきているとか
自分の本心を偽れなくなって 
きていて
 

本当に心が喜ぶ仕事をしたい人が 
増えてきているように思います。
 

仕事のことで、悩んでいた頃の 
わたしが今のわたしをみたら、 
あんな風になれたらどれほど 
素敵だろう。
 

そう感じたはずです。
 

あの頃のわたしでは、 
とても手が届きそうにない
想像を絶するほどの 
夢を叶えた状態になっています。
 

そんなわたしに、今のわたしが 
何かを言うとしたら
『今のわたしも、素晴らしいけれど、 
 あの時にいるわたしも素晴らしい』
 

あんな風に、 
何も先が見えなくても  
一生懸命ひたむきに向かう姿自体が 
美しく感じます。
 

途中で、 
カウンセラーみたいな仕事をするなら
資格を得なくちゃダメだ。 
と思い込んで、 
大学の心理学部に入り直して、 
つまらなさ過ぎで中退したことも
 

お金の課題と向き合いながら
腹を決めて、 
なけなしのお金をはたいて  
ヒーリングとか
自分の癒しに投資したことも
 

何だか、失敗と思える出来事も
 

今となっては、 
全部愛おしい経験です。
 

お仕事の悩みで来られる方も 
多くいらっしゃいますが
どんな経験も、 
必ず、全てが活かされて、 
結集する時が来る。
とお伝えしています。
 

大丈夫。大丈夫。
必ず、すべて上手くいきます。
例え、いまはそうは思えなくとも。
 

さて、今日は 時間のない日。 
リーディングLIVEの日だあ。
どんな出逢いが待ってて、 
何が起こるのかしら〜♡

=======================

今や、世の中には 
様々なモノが溢れています。
 

モノだけでなく、 
ツールや資格など 
何でもあります。
 

色々なツールや手法。
そういったもので 
幸せになれたり、 
人生が好転したり。
 

どんなものであっても、 
その人が心から幸せなら
それはとっても素敵なこと。
そう思います。
 

今、わたしが 
このお仕事をしているのは
わたし自身が、
とっても人生の劣等生だった 
からです。
 

本を読んでも、 
セミナーにいっても
資格やツールがあっても、 
根本的に変われない何か。
心理学を学んでみても 
そうでした。
 

潜在意識に関しては、 
メソッドをつくって 
教える立場までやったけれど
6〜7割の人は、 
変わりたい現実に変化して 
いったけれど、残りの人たちは 
変わらずでした。
 

当時の相方は 
『変われない人は、弱いから。 
 本気じゃないから』だと 
言っていました。 
 

わたしは 
『変われない人は、 
 どうして変われないんだろう』 
ということを模索しはじめました。
 

模索している途中で、 
わたし自身が 
『本当に、何もする気が 
 起こらない。何も出来ない』
状態になって、 
 

家事も、掃除も、 
何もかもが出来なくなって、 
ただうずくまっている日々が 
数ヶ月続きました。
 

その時、 
『したくても、出来ない』 
というのを体験したのです。
 

そうして、色々なことを  
学んでいくうちに
わたしも含めて、ほとんどの 
人が、願いが叶うということ 
自体に夢中で 
 

根本的な 
『望みの質自体に目を 
 向けていない』ということ
『自分の喜びが何かが 
 わからない』ということ
『上乗せした、 
 思い込もうとした何かでは、 
 どうにもできない』ということ
 

今までの理解では 
どうにもならない。
マインドを超えた世界が 
ありました。
 

こうした世界に触れ、 
今のわたしがあるのは
やはり『劣等生』だったから。 
に尽きます。
 

わたしが、 
とても中途半端で弱い人間だから、 
辿り着いたのでした。
 

もっと、わたしが 
世間一般にいう、 
強くて出来る人間だったら、 
潜在意識のあたりで 
何とかなっていたかもしれません。
 

今のわたしに辿り着いて 
いないことは、 
想像を絶するほどに
恐ろしいことですが。
 

劣っていることという恩恵。
 

昨今、いよいよ 
マインドレベルの限界に 
来ている人が続出してきている 
気がしています。
秋には、どうしたら良いか 
わからないという人が 
もっと増えるでしょう。
 

わたしは、 
何を伝え、何をしていこう。
そんなことを、まとめて 
あげていく時期に入りました。
 

今日は、1日フリー。 
大好きなBGMを流しながら
自分を見つめてみようと思います。

=======================

わたしたちは【1つ】です。 
 

自らの全ての願いが 
思い通りになったとき 

【他者】という分離感が 今よりも、失われます。 

全てが 自分が創りだしている という認識となるのです。 

そうなったときにはじめて 

これほどまでに 他者という分離を 体験出来たことに。  

これほどまでに 思い通りにならない ということを 体験出来たことに。 

その愛の深さに 気付かされるのでは ないでしょうか。 

今は、例え苦しいとしか 思えなかったとしても 

変化した後に、 どれほどまでにそれが 愛だったのか。を知っていくのです。 

今までがそうであったように、 味わい尽くしたものは終わるからです。 

思い通りにならない世界を 終えていくわたしたち。  思い通りにならないことさえ、 束の間の他者という分離をもう少しだけ楽しんだら 良いのかもしれません。 

カウントダウンは、 もう始まっています。すべてに還る路への。

=======================

【天敵】
 

誰にでも、 
天敵のような存在がいます。それは、心理学でいうと シャドーだったりするのですが、 切り捨てた自分です。 

「あれは、自分じゃないぃT^T」 

と思ったとしても、 何時も何時も自分以外には、 いないのです。 

これは、 同じ原因だったとしても 一見、逆に表現されることが多いので、 自分だと受け入れられないことがあります。 

例えば、 わたしはどちらかというと「自分に自信がないので、  一生懸命 頑張って  なんとか出来る」という方を選んできました。 

(実際は、頑張ったり、 頑張らなかったりどちらもしてきたけれど、 そう思い込んできました) 

そうすると、 イラっとするのは「頑張らない。甘える他者という自分」です 

逆に、 「自分という人間に  自信がないので 精一杯自分を  表現して来なかった  

頑張ったという  自覚がなく  頑張らない自分を  責めてきた人」 

こういう人は、 自分自身に罪悪感を感じて いるので、過剰に 一生懸命になっている人や 活躍している人に苛立ちを 感じます。 

どちらも、 自信がない。というところ 

頑張ってない(と思い込んでる)自分を責めたり 嫌ったりしている点は同じなのです。 

このように、 違いの奥にある同じを見つけることで、  

【あっ 自分だわ (^^;;】と自覚して 受け入れていけたら世界はもっと優しくなるのかも しれません

=======================

【出逢いと別れ】 

いつもいつも、 目の前にいる人は、 

その時々で変化していきました

わたしの出来うる、 精一杯の愛を何時も何時も表現してきました。  

そこには、 癒されない自分が混ざりながら時に、傷つきながらも、  

それでも、 愛するということ自体を やめることなど、 わたしには出来ないのだと 思います。 

離れることが、わたしは  とても苦手な時があって 

それが執着という名で 呼ばれるものであると 知っていても 

本当の自分が望んで 決めていたことでさえ中々思うようには出来なくて。 

変わってきたことは、 離れた人であっても、共にある。という感覚が養われたことです。  

今まで出逢った人の全ては  わたし自身で、 わたしの一部として今のわたしを創りだして くれているのだと。 

そのことに、 深く深く感謝せずには いられません。 

大好きなロマンシング  サガのテーマ。最初に流れるテーマ曲。をききながら、  

これからどんな  わたしという出逢いが あるのかに心膨らませて。

=======================

7/25(土)はマヤ暦では 「時間を外した日」 

特定の月や曜日がなく、 

カレンダーの日付がないスペシャルデーです。 

そんな特別な日である こととは、全く知らずに(汗)(いつも後から、  情報を得るのです。) 

色々な存在の後押しによって、 急な開催ですが 明後日7/25(土)無料特別企画、 ハイヤーセルフ  リーディングLIVEを行うことが決定しました〜♪ 

覚醒の最中、 地球の変化により個々の状況にも変化が 起こっているように感じて います。 

『原因不明の体調不良』『やる気が起こらない』『今している仕事を変えたい』『人間関係を変えたい』『何をしてよいかわからない』『お金の問題』など、色々なことが 起こってきています。 

無料で、対面のイベントを 企画するのは初めてなのですが 

金銭を伴ったお仕事以外に、 ライトワークとして何か、 わたしにも出来ることが あるのではないか。 

実際に、 エネルギーワークに 触れる機会を設けたい。 

という思いで企画させて いただきました。 

ディープなものではなく、 楽しんでいただけるような 企画ですのでご家族や、ご友人など、 お誘いの上遊びに来て いただけたら幸いです♪ 

マヤ歴の時間を外した日。一体どんなことになるので しょうか? 

お楽しみに〜♡

=======================

【役割を知る】 

監督の役割と、コーチの役割と、 プレーヤーの役割。

プレーヤーは、 プレーをすることが仕事。コーチは、プレーヤーを サポートすることが仕事。監督は、 それらをまとめることが仕事。 

これらの役割は、 重なっている場合もありますがそれでも、 【何を喜びと感じるか】という本人の割合によって、 異なってくるように思います。 

プレーヤーの場合、 プレーするためのスキルや能力は 重要になってきます。最初から、 スキルがもの凄く高い人もいますね。 

ところが、 コーチや監督といった場合、 決してプレーヤーとしての 能力やスキルだけではなくて【育てる能力】というのが 必要になってきます。 

この育成者のスタイルも、 その人がどんなプレーヤー なのかで変わってきます。 

例えば、 有名な方でいえば長島監督。あの方は、 プレーヤーとしては天才でした。 

監督としては どうだったでしょうか?もし、コーチをやってみたら、 どうだったでしょうか? 

海外のサッカーでは、 レアルマドリードのモウリーニョ監督など、 プロ選手経験がないけれど名監督になった方もあげられます。 

***************************** 

最近思うのは【育成のスタイルには違いがある】 ということです。 

わたしの好みの育成方法は、 トップダウンのように1人の人が崇拝されるような スタイルではなくて  

1人1人が、 個々の既に存在する素晴らしさに 気付き輝いていくことです。コピーをつくることではありません。 

それぞれがそれぞれの独自の 考え方をもちマイロードを進んで 充実した人生を送って いただけたらと思っています。 

どうして、 プロ選手経験がないのに  名監督になれるのか。 

本人にしか、 本当の理由はわかりませんので、 ただの憶測ですがわたしが思うに、 【出来ない人の気持ちがわかる】 からのような気がします。 

わたしは、凡人です。最初からは、出来ないので、 どうしたら、出来るようになるのか。ということに時間を費やしてきました。 

出来ない。 ということ自体が、 わたしの行いたいことを行うためには、必要でした。 

出来ない。という恩恵。

=======================

これが正しい。あれが間違っている。 

という正誤ではなくて

どれもこれも正解なんだけど 

 

自分にとっては、 これが美しいの! とか自分の好みはこれなの!  

という風に、 美しさや好みで 物事をみる目を養えば世界はもっと 優しくなるんじゃないかな。 

わたしが、 こうして書いているこの記事も  

誰かにとっての好みであり誰かにとっては好みじゃない。 

ですね♡

=======================

わたしは、 人の幸せは比べられないと 思っています。更に、人の不幸も 比べられないと思っています。

 

 

大変な経験か、 大変じゃない経験かも物差しでは計れない。 

そう思っています。 

たいしたことのない問題か、 たいしたことのある問題か 

それを物差しで計ることにも、 とても無意味さを感じます。 

弱い人間か 強い人間かを 決めることにも無意味さを 感じます。 

人は、誰もが、強くて、 誰もが弱いからです。 

誰もがもう、充分苦しんで苦しみを終わらせたい。 とそう願っています。それこそ、何千年分も。 

苦しみさえ、受け入れた上の 体験できるという幸せを 感じながらも  

すべてが愛に気付いていける 幸せを感じながらも  

同時にもう、 終わらせたいと思っている ことも、たくさんあって。 

誰もが、 今すぐに、幸せになっていい。 

だから、 わたしにとってスピードは とても大切なのです。

 =======================
 

最近の色々な出来事を通して わかったこと。 

誰かとの会話の中で、 

自分の思いを知ることが あります。 

 

それは、 他者との考え方の違いによって、 浮き彫りになってきます。 

わたしは、 覚醒者をつくりたいわけ じゃない。覚醒する人を増やしたい わけでもない。 

そもそも、 覚醒者をつくるとか増やす という概念が存在していなくてそれは、サポートする側が 決められることじゃないとそう思っている。 

わたしに出来ることは 来られた方の望みに対して今、自分が出来る最善を 行うこと。 

その人が、 アセンションするかどうかは  その人が決めること。  

アセンションするかどうかに 関わらず、  わたしはその人の幸せを 応援したい。 

様々な選択肢があって、 色々なチャンスがあることを 伝えたい。  

覚醒を望まれる方には、 最善のお手伝いをしたい。  心残りのない、 人生を生きられるよう お手伝いをしたい。 

そんなことを、感じながら。思いが、わたしを動かしていく。

=======================

夏至から、 
また大きく変容したのを
感じています。
 

何かの出来事があった際に
私たちは、 
 

自分自身と向き合うことで
自分を知り、 
変えることが出来ます。
 

何時も何時も
ここからスタート♪

=======================

【向日葵が 
 教えてくれること】
 

わたしたちは生きていて、 
色々な思ったことや
感じたことを、 
相手に直接伝えられない 
ことがあります。
 

直接相手に 
伝えられなかったものは、 
どうなるか。
 

☆ 自分の内側に 
  溜め込んでしまう
 

☆ 他の誰かに愚痴を言う  
  陰口を言う
 

という表現方法になります。
 

ところが、 
この表現方法では 
色々なことが歪んで 
曲がってしまうのです。 

 
曲がってしまったものは 
どうなるかというと、 
どんどん歪んだ現実になります。
 

伝えないのにも理由があって、 
言う勇気がないとか
直接伝えるという表現方法を 
嫌っていたりします。
 

直接伝えることを 
嫌っているのは、 
それで自分が傷ついた経験が 
あるからです。
 

伝え方。にも  
工夫が大切ですが、 
思ったことや感じたことを、 
本人に伝えることはとても 
大切です。
 

時には、 
時間がたってしまって、 
本人には話せない場合も 
あったりしますね。
 

そういう思いは、 
どこかで消化すると良いです。
 

向日葵は、 
太陽に向かって真っ直ぐに 
花をひらかせます。 
 

そんな姿から、 
真っ直ぐに向かう 
勇気をもらいます。 
 

それは、 
本人という自分に向かえる 
勇気なのかもしれません。

=======================

【好きになれなくていい】
 

愛することと、 
好きになるということは 
違います。 
 

愛していても、 
嫌いなところはあるものです。
 

嫌いとは、 
自分が何がしたいのか。を 
教えてくれるもの。 
 

そして、 
自分が嫌っている自分を 
教えてくれるもの。
 

否定して、 
切り捨ててしまったら、 
それが外側に浮き彫りになる 
けれど、 
 

嫌だな。 
と思うことがないと、 
自分が何がしたいのかも
わかりません。
 

嫌いなことを 
無理に好きになろうと 
しなくていいのです。 
 

受容することと、 
好きになろうとすることは 
違うのです。

=======================

わたしたちは、 
完全と不完全の両方から 
出来ています。 
 

何時だって、 
完璧でありながら
何時だって欠けています。
 

欠けているからこそ、 
原動力が生まれ
創造が生まれます。
 

欠けている自分を 
嫌わなくて、良いのです。 
 

そんな自分であるからこそ、 
成長し、 
己を超えていくことに 
取り組んでいくことが 
出来るのですから。
 
 

***************************
 

アンティークカラーの 
ローズが好きです。
 

完璧に純粋さだけでなく、 
少しのくすみが美しさに磨きを
かけている感じがします。
 

シャビーな感じも好き。
そういうお店に行くと、 
テンションが上がります。
 

日本の侘び寂びの心も 
同じように好きです。 
 

光も影も、 
どちらもあるからこその
美しさがあると思うのです。
 

貴方は既に美しい。
そして、 
これから進む先の貴方も 
美しい。

=======================

【出来ない自分ごと愛する】
 

成長し、進化することに 
意識が向いている時 
 

出来ない方に 
意識が向きがちに 
なることがあります。

出来ない自分を感じる 
ということは
既に、出来る自分が 
内在しているということです。

出来るようになる自分を 
体験するためには
出来ない自分を体験する 
必要があります。

既に、何時も何時も 
大いなる愛の夢に抱かれながら
己を知っていくのです。

=======================

今 楽しめることを
目一杯 
楽しんでおくといいよ。
 

以前は楽しかったことが、 
楽しくなくなる
ということは、 
よくあることだから。 
 

楽しめなくなるまで、 
遊び尽くせばいい。
 

人間を楽しもう♡
どんな体験も、 
人間だから出来ることだから。

=======================

義務感からは、 
決して生まれないものが 
あります。 
 

当初は 
自分がしたくてしていたのに
いつの間にかそれが 
義務になっていたなら
 

今の喜びではない 
ということです
 

そんな時は、もう一度
今の自分が何をしたいのか
それを問いかけてみると
 

答えが見えてきます

=======================

依存っていうのは
ひとりでは 出来ません。
 

依存を許す 相手がいるから
出来ることなのです。

=======================

自分の人生という冒険は 
何時だって 独りなんだ。
 

時に 
誰かと一緒になったり、 
別れたり
そうしながら、 
 

自分という冒険は続いていく。

一緒に過ごせる時間の 
キセキを感じながら。 

これから、 
出逢っていく人たちを 
感じながら。

=======================

当初「これがしたい!」と
自ら望んでいたものなのに
 

何時からか
しなくてはならない。とか
させられている。とか
こんなにしているのに。
というものが、絡まり、 
重くのしかかり
 

すり替わってしまうことが 
あるのだと思います。
 

そういった思いが 
出てきたなら、 
全て取り外し
 

もう一度、 
クリアにしたところから
何がしたいのか。
 

さまざまな 
しがらみの解放の果てに 
残るもの。 
 

それは、 
これがしたい。という思い。

=======================

【梅雨明け】
 

朝、目覚めたら  
もの凄く変容していて
突然答えが出ていました。
 

梅雨って、 
何時まで続くんだろうと  
うんざりしていて、 
予想がつかなかったり 
するのですが
 

いきなり、 
明けているもの。
 

人生も同じ。 
 

わたしにとっての、 
梅雨明けの日。
 

ここまで、晴れ晴れとした、 
すっきりな感じになれたのは
多くの存在の愛と 
サポートを受けたことと、 
 

ここ最近、受講したワークの 
多大な影響によります。 
 

古代文明の封印解除、 
全側面の封印解除。
新レムリアンオーロラ。 
新マニフェステーション。
新サイキックサージャリー。
 

まだ、 
自分にやってないけど、 
高次元意識開発も
楽しそう♡

=======================

どれも 愛でありながら
 

自分にとっての幸せ
自分にとっての歓びに感じること
自分にとって 大切な想いを
 

一つ一つ 丁寧に
大切にして いくことは

自分を大切にすること

=======================

知らない時は、 
知らない幸せがある 
 

無い時にしか、 
得られない幸せがある 
 

今だけしか、 
楽しめない幸せがある

何時も何時も、 
今だけのスペシャル

=======================

何もかも 
【好み】で出来てるんだって 
解れば、 
 

正しいというところから
誰かを責めるんじゃなくて
 

自分とは違うなって 
思う感じになるんだと思う
 

全てが、 
自分と同じ人間なんていない
全部同じって、それはコピーだ。
 

ビュッフェレストランで
全部同じものを 
とって食べるのって
気持ち悪い。
 

生き方だって同じ。
いいなって思ったところだけを 
チョイスするだけで十分。

=======================

何を美しいと感じるか。は 
人それぞれ。
 

高尚なものだけの 
混じり気のない美しさを
美しいと感じる人もいるし
 

高尚なものに世俗的と 
されるものを
敢えて混ぜることに 
美しさを感じる人もいる
 

わたしは、後者で、 
事実や見た目ではなくて
何故そうするのか。 
という目的の真意に
美しさを感じるし、 
それを好む。
 

自分にとっての真実を 
生きることとは 
 

自分にとっての美しさを 
生きることに似ている。 
と感じる
 

美しさは、正しさも、 
善悪も超えたところに 
あるからだ。

=======================

ルールや枠がなくて 
自由という性質は
 

他人から見たら、 
非常識と認識される
こともあります。
 

本当は、  
非常識をしていない人は
いないのだけどね。
 

誰かにとっての常識は
他の誰かにとっての常識。
 

ルールや枠がない人は
それが多い場所は 
窮屈と感じるし
 

ルールや枠がある人は
ない人に「破壊された」 
と思うもの
 

そして、 
ルールがないというルールも
あるので、 
これらは 何時もお互い様。

=======================

天照玉命神社にて。
 

昨日全てのワークを無事に 
行わせていただきました。
ありがとうございます。
 

ワークを行っている中で 
感じたこと色々ありますが、 
幾つか書かせていただきます。

各地の神社を巡りながら
他力本願のエネルギーを  
解放したり

自分の本来の力を認める 
ことや、 
出来るということを認める 
ことの恐れの解放を行わせて 
いただきました。

また、過去の経験から  
達成出来なかったという 
未達成感からくる自信の消失。 

これらを浄化し、 
ゼロから、今新たに
何を望むのか。 

そして、今ここから 
叶えたいことに対して、 
自信をもって 
取り組んでいけるように 
サポートさせていただきました。

願いや望みの質。 
ということに関して
『わたしは、 
 これをもっていない』とか
『わたしは、 
 これが不足している』
という不足感や不安。

何を不足としているか、 
シンボルを何にするかは、 
人それぞれですが 

辿り着くところは同じで 
『足りない』という何か。

それは、お金でも、 
人間関係でも、愛でも
何でもそうですが、 

そういった不足感や不安が
軽減されればされるほど、 
純粋な願い。が見えてくる 
ような気が致します。

わたしのシェアになりますが
『誰かの願いを叶えることが、 
 わたしの喜び』であることを、 
改めてじんわり感じておりました。

純粋な願いとは、 
自分らしい愛を表現する。
ということなのかもしれません。

最後に、ご参加くださった皆様 
本当にありがとうございました。

深く深く 感謝

=======================

今回は 
七夕ということで
織姫と彦星が会う日として 
知られていますね
 

日本の神々では、 
瀬織津姫とニギハヤヒが
それにあたるという 
説があります。
 

色々調べてみると、 
ヒミツがわかるかも?
 

今回は、両方の神社と、 
天之川を巡りながら
願いを叶えるワークを 
行わせていただきます。
 

http://matome.naver.jp/m/odai/2136963776710777401

=======================

【何が幸せ?】
 

例えば、1年前と
全く違う意識になっていて 
 

感じ方も考え方も、 
もしかしたら状況も 
何もかも違うとしたら
 

もう、元には戻れないと 
知ったら
 

その時という今が 
いかに貴重だったかがわかる。
 

そういう風には、もう思えない
そんな考え方は、もう出来ない
 

失って、はじめて、 
それもまた体験できて
良かったと感じる。
 

どれも、尊い体験。
先には、 
何が待っているだろうか
 

新たに はじまっていく

=======================

7/7 七夕の一斉ヒーリングを 
行います♪
 

既に、多くの方に 
お申し込みいただいております。
  

今回は、願いを叶える 
ということだけでなく 
 

その質や幸せを許可する。 
ということにも着目しています。
 

当日は、神社巡りの様子なども
お届けします。

=======================

自分の思ってる常識と
他人の思う常識って違う。
 

自分が 
タブーを侵された時は
なぜ?ありえないって 
耳を疑うけれど
 

自分も、 
知らず知らずのうちに
誰かにとっての 
タブーを侵してるんだなと 
実感する今日この頃。

=======================

【承認欲求の種類】
 

承認欲求といえば、 
通常はお金や権威や権力
 

または、 
名声や地位などを求めて
『それがある自分は 凄い』
『そういう凄い自分を 
 認めてほしい』
 

というものですが、 
昨今 そういう形じゃない
承認欲求があるなあと 
感じています。
 

一体どういうものかというと
 

苦しい状況とか、 
苦しそうな人を 
自分でつくりだして
 

『それに取り組んでいる 
 自分は 凄い』 
 

『そういう人を助けている 
 自分を認めてほしい』
というものです。
 

だから、 
お金や権威や権力、 
名声や地位というところには
出ない承認欲求があって、 
 

自分は承認欲求がないと
思い込んでいる場合って、 
けっこうあると思うのです。
 

根本的に欲しているものは 
同じ。 
 

見かけだけでは、 
判断できないこともあるのです。

=======================

【目立つ人】
  

目立っている人をみて、 
いいなあ。
自分も目立ちたいなあって 
思う人へ。
 

目立つって、 
いいことばかりじゃないよ。
そっと静かにしておいても、 
黙っていても
何をしていても、 
目立つっていうのは 
時に苦しいことです。
 
 
例えば、学校の先生が  
何人かを叱ろうとして
代表で、誰かを叱る。
その叱るターゲットにも 
なりやすいのです。
 

ターゲットになりやすい人は
『どうして 自分だけ?』  
となりやすいですが 
 

逆に恩恵も、自分だけ 
受けている時もあるので
目立つその自分を 
悲しまなくていい。
 

良くも悪くも目立つし、  
やり方が派手だったりすると
 

みんなが、 
幾度も繰り返していたことを 
1回行ったら
皆を代表して怒られるということ、 
生きてると、よくあります。
 

それもこれも、全部含めて
目立つ。ということ。
 

そんな性質がある人は、 
その自分を丸ごと
受け止めていきたいね。

=======================

【大変だ。という状況を 
 つくりだしているのは】
 

大変だ。大変だ。
と言うのが口癖の人がいます。
 

大変だ。と言っている人を
助けなければ。という、 
強迫観念がある人がいます。
 

助けなければ。 
と思う何かがあるのなら 
 

それは、 
罪悪感を抱いているから 
かもしれません。 
 

いつの間にか、 
知らず知らずのうちに、 
加害者の立ち位置に立って 
しまっているのかもしれません。
 

大変だ。大変だ。 
という人は 
次から次に大変だ。
大変な状況をつくりだしては 
 

『こんなにわたしは、 
 頑張っている』
と言いたいのです。
 

『大変な状況に立ち向かう 
 凄いわたし』
を見たいのです。
 

どの役柄も、心の奥底では 
好きでやっています。
 

助けなくていい。
 

その時、 
自分から自由になります。

=======================

天才。 
どの世界にもいます。
 

エネルギーに関してもそうで、 
生まれつき色々感じたり、 
わかったりする 
先天性の人がいます。
 

わたしは、後天的。
 

スピリチュアルなことも、 
マインドから、入ってます。
 

だから、 
エネルギーのことが 
感じられない。とか
サイキックなことが 
わからない。  
 

ということでの劣等感とか
そういう気持ちは 
とても良くわかります。
 

上下はないけれど、 
サイキック能力とか、 
そういった見方をしてみると、 
劣等生とも言えるかなあ。
 

そういった場合、出来る限り、 
サイキック能力をひらくように 
サポートします。 
 

でも、 
サポートしたらしたらで、 
エネルギーがわかるように 
なったらなったで
わかることの、辛さも 
同居してきます。 
 

例えば、 
乗り物の密室が辛いとか、 
一緒にいると疲れる人が
出てきてしまうとか。 
 

それでも、 
エネルギーがわかるように 
なりたい。という願いは 
叶えられていきます。
 

全く変化がない。 
という人はいないけれど
サイキック能力のひらいていく 
ペースは、それぞれだから 
 

ヒーラーとして、お仕事が 
出来ると、
本人が思えるほどには、 
すぐにはひらかない場合があって、 
 

その場合、 
もっとも自信を伴えるのは、 
実際お仕事をやって、 
フィードバックをもらったり、 
実践を伴っていくことで 
感覚もひらいていくんだけれど、 
 

より能力をひらいていくような 
ワークをするお金はないから 
出来ないし、 
 

お金がないので、 
今すぐお金が欲しいんだけど、 
お仕事も自信がないから出来ない。 
ということを決める方がいます。
 

同じような能力でも、 
トライしたり、 
もっと能力をひらきたいからと
色々なワークを受けて 
ひらいていったり。
人の選択とは、本当に様々です。
 

わたしが、 
今サイキック能力に関して 
絶対的な自信があるかというと
そんなことはなく、  
 

わからないことがいっぱいあって、 
だからといって
わからないからやらない。 
ということにはならず、 
 

わからない。というのは、 
常にあるものだと思っています。
 

先天性の天才の人との能力差は、
あるものです。次元が違う。
 

だからといって、 
天才の人は超楽なのかというと、  
そんなことは全くなくて、 
天才の苦しさとか、 
出来る苦しさというのがあります。
 

こんな風になったら、
楽になるとか、 
逆だったら、楽だったのにとか
 

状況が変わったら、 
自分の自信のなさと向きあわずに
済むと思ったら大間違いです。
 

どんな状況でも、  
どんなに能力的に上がったとしても、 
 

自信のなさってありますよ。 
不安も沸き起こります。
人間だから、 
揺れることもあります。
 

それでも、自信がなくとも、 
何を選ぶか。ということは、 
自分で決められます。
 

本当は、いつもいつも 
 

何かが 出来ないことは、 
出来ることで 
 

何かが 出来ることは、 
出来ないことを 
 

含んでいるのです。

=======================

【自分だけ、 
 幸せになっていい】
 

もし、そう思えないなら
誰かを(何かを)見捨ててしまう
という恐怖が存在します
 

それは、見捨てないで!
という恐怖と連動しています
 

幸せとは、 
人それぞれ異なるもの。 
 

自分の幸せに 
ついて来れなくても
その人は、 
その人の幸せを選んでるだけ
 

そもそも、幸せが何かって
他の誰かが決めることは 
出来ません
 

どの経験も、尊いもの。
 

皆の幸せを願うことと
自分にとっての幸せを 
誰かが生きることとは 
 

別物。
 

一緒じゃなくていい。
その時、自由になります。

=======================

【大変さを比較する 
 無意味さ】
 

誰かと誰かの大変さって
比べられないよね。
 

それぞれの大変さがあって
どれが軽いとか重いとか
他人が判断出来ること 
じゃないと思うのです。

例えば

あなたも大変かも 
しれないけど
〜さんはもっと辛いんだよ

とか

あなたは 
こういう状況だから
幸せものよ〜 

とか。

こういう風な発言をしたり
こういう風に 
物事を見てる人は

自分の方が大変だ。 
って思ってることが 
あるんだろうなあ。

それぞれの大変さがあって
何が苦しいと感じるかは

人それぞれ。

比較しないで、 
そのままを受け止めることは 
思いやりだと思うのです。

=======================

母である前に 
1人の人間だということ
 

子どもを愛してることや
子どもを大切に思うことと
 

自分がされて嫌なことを 
許すこととは別物。
 

無条件の愛を抱いて
理由なく愛していても
 

嫌なものは、嫌。
 

人間である限り好みが 
違うから 
自分を大切にすれば 
するほど
 

所謂 
良い母親ではいられない。
 

役柄に没頭するなかれ 
 

1人の人間として 
尊重してあげられるのは、 
自分自身にかかっている。

=======================

真ん中に 
誘われていく
 

真ん中であり
わたしという 全て
わたし そのものへと
 

深く深く

広く広く

=======================

唯一 
勝利する方法は
 

己と戦わないこと
 

【不戦】 
こそが真の勝利。

=======================

束縛っていうのは
片方で出来るものじゃない
 

束縛する側とされる側
さらには、 
これらは時に交代しながら
生まれるもの。
 

全ては叶え愛

=======================

尊敬って
無理矢理 
思い込むものじゃなくて
 

内側から 
自ずと沸き起こるもの。

=======================

生きてると
カッコ悪いな!って 
心から思える出来事や
自分に出会うことが 
あります
 

もう、 
本当にカッコ悪くって
恥ずかしくって何処かに
隠れたいくらいの 
情けない自分。
 

それでも、 
それがその時の 
自分であることは、 
間違いなくって 
 

どんなにカッコ悪くても
情けなくても
それが自分なんだ。
 

過ぎ去ったものは 
変えられず
 

ここからどうするのか
それを我が身に問い
 

生きるのみ。

=======================

=======================

いつもいつも
こうなりたい。と願う
自分になるために
 

色々な人が
色々な役で 
協力してくれている
 

出逢いは宝
かけがえのない宝。

=======================

誰かが 
自分に言った言葉は
自分が誰かに思ってる 
思いと同じ。
 

誰かが 自分にした行動は
自分が誰かにした行動と同じ。
 

内容ではなくエッセンスが 
同じなのだ。
 

誰かに、 
その人がされたくないことを
知らずにしていて 
 

誰かに、 
自分がされたくないことを
されて 
嫌だと思っている。
 

重要なのは、 
嫌だと思うことというのは、 
その人それぞれによって 
違うということ。
 

そんなことくらい。
と、自分は思えても、  
相手はとっても嫌だったりする。
 

それは、自分がされた時に 
わかること。
 

何時も何時も 
目に映るのは
自分だということを 
知るのです。

=======================

自分にとっての 
真実を生きることって
とっても大切。
 

メンターなど  
影響力のある人に
自分の知らない 
未知の領域を言われると 
 

その通りにしなくては 
いけない気がして、 
困惑したり 
無理をしてしまう 
ことがありました。
 

でも、それを 
聞きたかったのは自分。
惑わされたのも自分。
無理をしたのも自分。
 

いつも、いつも
自分が自分に試しています。
 

自分がどうしたいのか。
自分の本音を生きて
自分の幸せを生きて。
 

誰かの幸せと 
自分の幸せは違うかも 
しれない。
 

違う。 
ということが 
はっきりわかるのって 
愛だよね。 
 

自分がどうしたいのかが
わかるということだから。

=======================

世界は広い
 

様々な視座と考え方がある
 

自分の目で見て
感じて
何を思うか?
 

山の高さがあると 
するならば
海溝の深さがある
 

上と下はなく
ただ、 
幅を感じられるだけ
 

山は、見つけやすい
登りたいと人を魅了する
 

海溝は見つけにくいが
これもまた 
幅が感じられるものである

=======================

我が人生は
不思議な人生なり。
 

そんな風に 
心から思った。
 

「みんなが幸せに 
 なりますように」
 

と祈りを捧げる。 
 

祈りって、 
どんどんシンプルに
なるんだね♪

=======================

木花咲耶姫と磐長姫の
お話の続きです♪ 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
 

夜が明けて、 
朝日が昇り始めますと、 
辺り一面金色に輝き、 
思わず姫は手を合わせました。 
 

海の水もきらきら光っています。 
「姉姫様、
 いずこにおられまするー。」 
ちょうどその時、雲が切れ、 
はるか伊豆の島の雲見山の上に 
岩長姫が立っていらっしゃる姿が 
見えました。 
 

島の上に浮かぶ様に見えます。 
「姉姫様、姉姫様、 
 お懐かしゅうございます。 
 木花咲耶姫です。」 
と、夢中で手を振って叫びました。 
 

岩長姫もこちらへ手を振って 
おられるようです。 
「ああ、とうとう姉姫様に 
 お逢いすることが出来た。」 
姫はうれしさのあまり 
立ち尽くしてしまいました。
 

突然、ゴーッという地なりがして、 
黒煙とともに炎が噴き上がりました。 
その瞬間、心の中に突き上げてくる 
不思議な気配を感じました。 
 

「私は誰だろう。 
 火の中でお産をしても、 
 恐ろしい火の山に登っても、 
 無事でいられるとは。 
  

 私は水の精だろうか…。 
 私が水の精だとしたら 
 火を鎮めるために 
 神様から授けられたのかも 
 しれない。 
 

 父、大山津見の神様、 
 どうか私にこの大きな役を 
 果たさせて下さい。」 
 

木花咲耶姫はこの国を守るために、 
富士山の頂上の火口の中に、 
身をひるがえす様に 
飛び降りていきました。 
 

渦巻く煙が姫の体を包む様に 
見えたとたんに、 
噴火の炎は消え去り、 
姫の姿は吸い込まれる様に 
消えてしまいました。 
 

木花咲耶姫には 
火を鎮める不思議な力が 
あったのです。
 

神様の時代から 
六百年余りの年月がたち、 
平安時代の初めのころから 
穏やかだった富士山が、 
再び恐ろしい山になりました。 
 

何回も何回も火を噴く山に、 
人々はひたすら山の神を拝み、 
噴火のおさまることを祈りました。 
帝の耳にも届くようになりました。 
 

帝は 
「富士山に位を授け、
 山の神として格を上げて 
 拝んでみよう。」 とおおせられて、 
 

噴火の際に 
富士山の格や位を上げて、 
使者を遣わせて拝みました。 
しかし、噴火は止まることは 
ありませんでした。 
 

恐ろしい山に、 
人々は相談しました。 
「むかし、 
 木花咲耶姫という神様が、 
 御子も火の中で生んだとか。 
 富士山に登ったら 
 噴火もおさまったとかいう 
 ことだよ。」 
 

一番の長老がいいました。 
「噴火がおさまれば、 
 最も美しい里になり、 
 住みよくなるだけに、 
 なんとか神様をお迎えしたいな。」 
 

「ともかくみんなで力を合わせ、 
 木花咲耶姫の魂を 
 神様としてまつって拝んでみよう。」 
 

若者たちも口を揃えていいました。 
里の人はみんな集まって、 
木花咲耶姫の魂を 
頂上におまつりしました。 
 

すると不思議な事に噴火もおさまり、 
桜が咲き、雪解け水が小川に流れ、 
のどかな里になりました。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

木花咲耶姫には 
噴火を抑える力があるのですね♪
=======================

木花咲耶姫と磐長姫の
お話の続きです♪ 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
 

しばらくして木花咲耶姫は、 
姉姫が東の国の方にある島の中に、
一人寂しく暮らしていると 
風の便りで聞き、 
 

姉姫に逢いたいと思い、 
はるばる姉姫を訪ねて旅立ちました。 
東の国に着いた木花咲耶姫は、  
火を吹いている富士山と、 
箱根の山や、愛鷹山などに 
囲まれた所では 姉姫のいる島は 
見えません。 
 

「姉姫様、
 いずこにおられまするー。」 
と声をからして叫んでも、 
姉姫のところへは届きません。
 

木花咲耶姫は、 
火を噴いている一番高い富士山に 
登ることにしました。 
石ころや砂が空から降ってくる様です。 
 

その時、姉姫に逢いたい一心が 
天に通じたかのように、 
どこからともなく一頭の白馬が 
山の上から舞い降りて来ました。 
 

木花咲耶姫の前に止まり、 
「さあ、お乗りなさい、
 早く早く。」 と、 
しっぽを振ってせきたてて 
いるようです。 
姫は夢中で白馬にまたがり 
登り始めました。 
 

しばらく登っていくと 
大きな岩の間に入って動けなくなり、 
行く先も 分かりません。 
馬の目を見ながら、 
木花咲耶姫は思案にくれました。 
 

ふと物声に頭を上げると、 
猿が飛びだしてきました。 
「姫様お手伝いしましょう。」 
 

「ありがとうお猿さん。 
 私をどうか山の上まで
 連れていって下さい。」 
 

「山の上は火が吹き出て 
 行けませんよ。」 
大きな猿がいいました。 
 

木花咲耶姫は 
姉姫の話を猿にしました。 
涙ながらに一心に話す姫に、 
すっかり同情した猿は、 
 

「よし、どんなことがあっても 
 頂上まで行くぞ。」 と、
先に立って道案内をしてくれました。 
 

木花咲耶姫は 
「猿さん、ありがとう。」 と、 
感謝しながらついてきました。 
ところが不思議なことに、 
 

今まで地なりがして、 
真っ赤に吹き上げていた火は、 
姫が登るにつれおさまって 
いったのです。 
 

とうとう富士山の頂上に 
着くことが出来ました。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

木花咲耶姫と磐長姫は 
その後逢えたのでしょうか? 
続きは明日♪

=======================

とっても愚かなわたし。
幾度も幾度も繰り返して。
 

小さい頃、 
もっと大人って 
大人らしいんだろうって
思ってたけど 
 

自分がいざ、 
大人になってみると
いっぱいツッコミたくなる 
くらい愚かで。
 

こころのお仕事をしているけど
相変わらず愚かで弱くって。
人一倍泣き虫で。
 

それでも、 
一歩一歩かもしれないけど
新たな世界が広がっていってる。
 

幾度も、 
自分の弱さに負けそうに 
なりながら
自分の自身のなさに諦めそうに 
なりながら
 

それでも、わたしは 
わたしにとっての真実を
これからも、伝えていく。 
 

それが、 
わたしの生きる道だから。

=======================

迫害された。 
不平等に扱われたという 
過去からの想いが強い人へ。
 

迫害を甘んじていたのは 
自分です。
被害者を選んだのは 
自分です。
 

迫害を 
受け入れないこと
 

不平等を 
受け入れないこと
 

揺るぎなく。
 

それが、  
新たなる路です

=======================

【遠慮を辞める】
 

皆、それぞれやりたい役を
演じたいだけ。
 

それに気を使って生きるのは
もうおしまい。
 

自分が生きたいように 
生きる時 
 

自分の望みを生きる時
 

暗やみを生きるのは辞めよう
それぞれの太陽を生きよう
 

岩戸の扉が開かれる

=======================

腫れ物に触らないように
事を穏便にしようと 
していることは 
 

腫れ物を助長している 
ことになるんだなあ。。。
(⌒-⌒; )

=======================

夜中に ハッと
起きました(⌒-⌒; )
 

起きると同時に 
答えがあることがあります。
そんな寝起きの答え。
 

重荷が重すぎる場合、 
それは誰かの重荷を 
背負いすぎていて、 
 

それは 
重荷を背負ってもらいたい 
他責、依存とセットで 
生まれる。
 

責任感が強い人は 
誰かの分の重荷を背負おう 
とするが、 
それでは解決には至らない。 
 

責任をとるとは、 
誰かの重荷を背負わない 
ことである。 
 

誰かの分の責任を負うのを 
辞めた際に  
1人1人が自分の選択、 
自分の人生に責任を持つこと 
が出来る。 
 

重荷を多く背負うことが 
優しさではない。

=======================

どんなに愛されていても
それに気づけなければ
愛は受け取れない
 

気づきたくないうちは
何時までも気づかない
 

時では、解決しない
量でも、解決しない。
 

本人が、愛を認める。
ということ以外には。

=======================

昨日の続きで、 
木花咲耶姫と磐長姫の
お話です♪

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

ところが、姉の岩長姫は、 
妹の木花咲耶姫とは反対に、 
体ががっしりとして、 
顔もみにくいものですから、 
邇邇芸のみことは 
岩長姫を送り返してしまいました。 
 

父の大山津見の神は、 
姉姫がしょんぼりして帰ってきた 
のを見て、ひどく胸が痛みました。
 

邇邇芸のみことのお使いの者に、 
「私が姉の岩長姫を付き添わせて 
 さしあげましたのは、 
 岩長姫がおそばにお仕えしますならば、 
 天つ神の御子のお命は、 
 雪が降り風が吹いてもびくともせず、 
 永久に岩のようにご無事で 
 ありましょうし、 
 
  
 また木花咲耶姫と一緒にお暮らしに 
 なれば、 
 木の花が咲き栄えるように美しく、 
 永久に栄える様にと 
 お祈りしてのことでございます。 
 

 岩長姫だけをお返しになり 
 残念でございます。 
 御子のお命は、 
 木の花がもろく散るように、 
 はかないことでございましょう。」 
重々しい口調で申し上げました。
 

邇邇芸のみことはその夜、 
木花咲耶姫と契りをかわされました。 
邇邇芸のみことは 
姫をたいそうかわいがり、
楽しい日々が続きましたが、 
ある時、 
姫が邇邇芸のみことの御前に参って、 
 

「私は身重になりました。 
 もうお産をする時になりましたので、 
 尊い神の御子でございますから、 
 大切にお産みしたいと思います。」 
と、みことに告げました。 

 
みことはあまりにお産が早いので、 
「姫よ、それは本当に私の子か、
 私の子ではあるまい。 
 きっと、国つ神の子に相違なかろう。」 
 

「それは 
 なさけないおことばでございます。 
 私が身ごもりました子が、 
 もし国つ神の子であるならば、 
 出産の時、 
 その子は無事に生まれますまい。 
  

 天つ神の、あなた様の子ならば 
 どんな危険なことをしても 
 無事に生まれましょう。」 
といいました。 
 

そして、 
出入り口のない家を造らせ、 
みことのとめるのを振り切り、 
その中に入ると、 
すき間というすき間をぴったりと 
土で塗りふさいで、 
 

「どうぞ無事に産まれますように。」 
と祈りながら、産屋に火を放ち、 
燃えさかる火の中で 
三人の御子を産みました。 
 

ところが不思議なことに 
姫も御子達も無事でした。 
みことは急いでかけより 
「疑ったりして悪かった。 
 どうか許してくれ。」 と 
自分の疑いの深さを恥じて 
姫に詫びました。 
 

この時にお生まれになった 
三人の御子のお名前を、 
 

火照のみこと、 
火須勢理のみこと 
火遠理のみこと 
とおっしゃいます。 
 

その後、立派に成長なさり 
火照のみことは漁が大変得意で 
あったので海幸彦、 
又、山狩りが得意であった 
火照のみことが山幸彦といわれる 
ようになりました
  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
潔癖を証明するのに、火をつけて
子供を産むとは、とっても潔いですね
 

木花咲耶姫と磐長姫は 
その後どうなったのでしょうか? 
続きは明日♪

=======================

さて、本日から 
木花咲耶姫命と磐長姫のお話を 
していこうと思います。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

昔々。
天照大御神から 
「下界に見えるあの美しい国は、 
 お前がおさめる国なのですよ。 
 さあ、すぐに下界に下りなさい。 
 そして立派におさめるのですよ。」 
と命じられた 
天津日高日子番能邇邇芸のみことは、 
高天原から大勢のお供を引き連れて 
下界に向かって、 
どんどん下っていきました。 
 

そして、 
とうとう九州の日向にある 
高千穂の山にお着きになりました。 
そして、そこから都を定める土地を 
もとめて海の方に出ました。 
 

今の鹿児島県にある野間半島の先端、 
笠沙の岬に着いたのは、 
ちょうど朝日が海から昇ってくる時 
でした。 
邇邇芸のみことは笠沙の岬を都と定め、 
御殿を建ててお住まいになっていました。
 

ある日のこと、 
浜辺を歩いていらっしゃると、 
まるで春の風にたわむれる様に 
貝を拾っている、  
美しい娘に出会いました。 
 

「なんて美しい娘だろう、
 まるで花のようだ。」 と、 
お思いになりました。 
さっそくそばにいき、 
お尋ねになりました。 
 

「そなたは誰の娘か。」 
「はい、私は大山津見の神の娘で、 
 木花咲耶姫と申します。」 
 

「ほう、 
 それでそなたに兄弟はあるのか。」 
「岩長姫という姉がございます。」 
話しているうちに、 
みことはますます姫が気に入りました。 
 

「わたしは邇邇芸のみことである。 
 そなたはまれに見る美しい娘じゃ。 
 そなたを嫁にむかえたいと思うが 
 どうであろう。」 
 

姫は恥ずかしそうにうなだれていました。 
「私には何ともご返事できかねます。」 
突然の申し出にびっくりした姫は 
ハタと手で顔をおおい、 
なお、袖の間から赤いほほを隠そうと 
しました。 
「父の大山津見の神に 
 ご相談なさって下さい。」
 

邇邇芸のみことはさっそく 
木花咲耶姫の父、大山津見の神に 
「ぜひあなたの姫を嫁にもらいたい。」 
と申し入れました。 
 

大山津見の神は大変喜んで、 
「それはそれは、 
 おそれ多いことでございます。 
 私には二人の娘がございます。 
 姉の方を岩長姫、 
 妹の方を木花咲耶姫と申します。 
 あなた様はどちらの娘のことを 
 おっしゃっているのでしょうか。」 と、 
お尋ねになり二人の娘を呼びました。 
 

浜辺で逢った美しい娘の木花咲耶姫が 
可憐なほっそりとした姿で、  
みことの前に手をつきました。 
木花咲耶姫が入ってきたとたんに 
部屋の中が明るくなったように 
思いました。 
 

「私が嫁に迎えたいのは 
 木花咲耶姫です。」 
とおっしゃいました。 
 

大山津見の神は喜んで承知しました。 
そして大山津見の神は、 
木花咲耶姫に姉の岩長姫を付き添わせ、 
沢山のお祝いの品を持たせて 
お嫁入りさせました。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
さて、お嫁入りした木花咲耶姫。
この後どうなっていくのでしょうか?
続きは明日♪( ´ ▽ ` )ノ

=======================

どんな人でいたいですか?
 

1つには、 
自分の不幸せに 
目を向けることが出来ず、 
変わらずにいて自分よりも 
誰かが幸せになることを阻止する人
不幸せを願う人
 

2つには、 
自分の不幸せを直視し、 
自分と対峙して、変化し、 
幸せを叶えることを 
決してあきらめない人
幸せを願う人
 

3つには、 
自分の不幸せを直視し、 
自分と対峙して、 
本当は幸せだったということに 
気づく人
幸せだと気付く人
 

これらは、 
折混ざりながら
2と3の割合は、 
それぞれにとっての
個々の最適なコラボレーションで 
構成されています。
 

2だけでは、  
満たされないので 
3の要素は大切です。
それと共に2の要素も大切です。
 

2の要素を極めれば、 
極めるほど1は消え去ります。 
 

何故なら、叶わぬことなど 
1つもないと知っているからです。

=======================

終わりにしたいのに
ズルズル引きずっていることや
後回しにしていることが 
あるとします。
 

本当に終わりにしたいのなら
本気で、それを決めて
実行することです。
 

そうした時に 
新たな道が開けます。
 

全ての可能性がある中で
それを選んでいるのは 
自分自身であると知ることです。

=======================

突出した特性って、 
とっても孤独。
 

でも、 
そうじゃない人からみたら
その突出性は羨ましくも 
あったりするし、 
オリジナリティじゃないと 
満足出来ない自分もいる。

 

いつもいつも
人生とは完璧までに平等なもの。

=======================

全ては 完璧に
全ては 最善に
 

呼吸と共に流れながら
我と歩む
 

全ては、我に在り

=======================

自分にゆとりがあると
 

外側の誰かが怒ったり
外側の誰かが焦ったり
外側の誰かが戸惑っていたり
 

そんなことは
さほど、気にならないものです
 

ゆとりとは、 
軸が中心に定まっていることであり
 

外側の何かが有る無いに関係なく
ゆとりは存在します。
 

心にゆとりを♡
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

って思ってたら、 
予定が変更になって、 
時間にもゆとりが 笑)
のんびりお茶中。

=======================

カウンセラーさん、
セラピストさん
今はこういったお仕事の方が
増えていますね。
 

そういったお仕事を 
されている方に
お伝えしたいなということ。
    

それは、 
《感じてあげる》 
ということです。
 

感じてあげるということは
その人の想いを、 
どれも大切に見て
あげるということです。
 

それは、依存です。とか
それは、嫉妬です。とか
 

1つの答えにカテゴライズ 
された中には、 
答えなどないこともたくさん 
あります。
 

どの想いもあってよくて、 
切り捨てずに 
深く深くみていったときに、 
 

全てをみたときに、 
愛だと知れることもあります
 

人の心は、 
型に当てはめたりなど
出来ないのです。

=======================

【新しい一歩を 
 踏み出せない時】
 

こんな風に変化したい。
新しい一歩を踏み出したい。
 

そんなことを感じていても、 
中々進まない 
手をつけられない。
そういうこと、ありませんか?
 

もちろん、 
変化していけるように、 
色々取り組んでみたり
自分を見つめてあげたり 
することもすごく大事。
 

それと同時に、大切なことは
『新しい一歩を、 
 まだ踏み出せていない自分を 
 許してあげること』
です。 
 

自分が、出来ていないことを 
責めてしまったり 
 

変化できない自分は 
ダメだと思ってしまったり
 

そんな風に思っていると、 
それが重荷になってきて
益々、動きにくくなってしまいます。
 

物事には、タイミング。 
というものがあります。 
 

全てと織り成していくタイミングを 
整えているだけかもしれません。 
 

いつも、いつも、 
どんなときも完璧であることを 
受け入れたとき 
 

むしろ、そういった時こそ、 
楽に一歩を踏み出せるものなのです。

=======================

【無理をやめてみる。 
 ということ】
 

無理をやめてみる。 
ということ。
自分で全てを頑張って 
無理をしなくても 
 

誰かが助けてくれたり、 
フォローしてくれたり
そんな風にして、 
進んでいきます。

無理をしようとしていて、 
それでもやめられないとき人は、 

それが無理である。 
ということをわからせるために
色々な人を巻き込んで、 
事象を起こします。

無理を終わらせれば 
終わらせるほどに、 
楽に生きていけます。

花は、自分を大きく 
見せようとしません。

背伸びしすぎなくても、 
等身大のままで
そのままで充分に 
美しいのだから。

=======================

頭でわかることと
心でわかることは違います
 

思い込もうとしているうちは
不自然で変化はしていません
 

ある状態に自然となっている
というのが、 
 

変化したということ。

=======================

誰かと同じにならなくていい。
ということを受け入れたときに
 

わたしはわたし。
ということを受け入れたときに
 

既に完結している自分と 
呼吸だけが存在している。

=======================

段々、開いてきました♡
 

閉じている時は
怖くて守っているときです。
 

怖い時人は 
様々なレイアーで、様々な状況で、  
様々なことに対して守るものです
 

怖さを感じないように異常に 
コントロール出来ないくらいに 
スピードを出すことも同じ。
 

特に、 
未知の新しいものに対しては
新しい一歩を踏み出せないものです
 

弱くて、脆くて、 
怖がりなわたしですが、 
そんなわたしだからこそ
 

自らの恐れを超えていくことに
意味があるのだと感じています

₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

=======================

いつもわたしは、 
世界に引き出されている
 

こんなことがしたいんです
こんなことが学びたいんです
 

そういう風に求められた時
それに応えるわたしがいる
 

満たされていけばいくほどに
何かを掴みとろうとする動力は 
失われてしまうけれど
 

世界と対話することで
求める人がいることで
 

わたしは活かされていくのだ

=======================

世界は 不平等に
みえることもあるけど
究極に平等だなあって思います。
 

何時だって 
自分に起こることは
全部自分が起こしているから♡
 

必要のないことは、  
起こらない。

=======================

マインドだけで
自分だけで何とかしようと
している人に、一言。
 

自分だけでどうにかしようとか
マインドだけで何とかしようとか
 

潔く、諦めちゃえば、 
楽なのになあ(((o(*゚▽゚*)o)))
 

うふっ 諦めちゃえば?
って言ったら
プライドを折ることになって
怒られそうだけど (^^;;
 

「今までこんなに学んだ自分」とか
「今までこんなにお金投資した自分」とか
 

「今までこんなに努力した自分」とか
「今まで色々な人に教える立場とか 
 提供する立場だった」とか
 

要らないんだよ
 

私もね、以前マインドレベルで 
潜在意識の教える側やってたけど、 
そんなのも全然関係なかったです。
 

エネルギーっていうか、 
根本的な覚醒って 
話ってなってくると
最初は誰でも 
わけわかんない世界なのね。
 

そういう、 
わけわかんない世界だと
自分が優位に立てなくなるから
わからなくなるから、 
それが怖いのもわかるけど
 

今までの自分のやり方
そういうのが、通用しない 
っていうのを認めた時に
 

扉は開かれるんだけどね♡♪( ´▽`)
 

あれ?一言。ってか
喝!みたいに 
なっちゃったかなあ♪
エヘヘ
 

さて、 
今日はカウンセリング講習だ♪
行ってきまーす( ´ ▽ ` )ノ

=======================

覚醒って、変化していくこと 
でもあります。
 

変化したいと 
口では言っていたとしても
心の底から、 
どこまでも変化したがってる 
人って 
どれくらいいるんだろう
と思ったりします。
 

後は、 
ここまでは変化してもいいけれど
ここからは変化したくない。 
っていうラインがけっこう 
あったりするような気がします
 

どんどん覚醒していく人を見てると
腹がすわってるというか、  
覚悟してる人が多いですね。
 

覚悟を生み出すために、 
事象を現実化するケースもあるので、 
能動的に主体的に取り組んでいく 
姿勢が大切なのではないかと 
思います。 
 

能動的に取り組んでいたとしても、 
抵抗は起こりますけれどね。
 

抵抗したり、混乱したり、 
混沌とした時にこそ、 
腹の底から
『絶対こうする』と決めている 
決意の方に、 
物事が動くような気がします。 
 

そして、だからこそ、 
自分が腹の底で 
どんなことを決めているのか。
という 
 

『決意の質』が 
問われるのではないかと 
思うのです

=======================

自分の力だけで立つと 
傲慢になり
誰かに寄りかかっていると 
依存になる
 

1人だけで頑張りやすく 
努力家の傾向がある人が 
「自分だけでは 
 どうにも出来ないことがある」
と委ねる側面も兼ね備えたとき
 

謙虚さと共に生きることになり
 

1人では何もせず依存的で
頼り過ぎている人が
「自分1人でも、出来ることがある」
と自分を発揮する側面も 
兼ね備えたとき 
 

謙虚さと共に生きることになる
 

傲慢さとは、片方ではなく両極。
それに気付いた人は、 
丁度良い自分にとっての
 

謙虚を見つけることが出来る

=======================

世界の景色が変わっていく 
様子を見たければ
 

自分が、真っ先に 
その課題と取り組み、 
超えるしかないのです。
 

また、そこに 
差し掛かっているのを 
感じています。

=======================

人によって
幸せって みんな違うの
 

もう
許してもいいよ
 

誰かにとっての幸せじゃなくて
自分にとっての幸せを生きても
 

自分が課した 
重荷や制限から自由になって
 

自分が自分でいいことを許して
羽ばたいたとき
 

喜びと共に大地に立って 
生きるんだ

=======================

協力する醍醐味。 
ありますね。
 

誰もが 
不完全だからこそ、 
協力することで
達成できることがあります。
 

また、逆に  
1人で行う醍醐味。 
ありますね。
 

1人で行うからこそ、 
自由に本来の自分の本領を 
発揮できることがあります。
 

どちらも、 
どちらの良さがあって
それらは、いつも 
定位置にあるのではなく 
 

基本は個として、確立しながら
くっついたり、離れたり、 
自由に行き来できたときに
 

流動性がある、 
無理のない協力となるのです。

=======================

穏やかで、 
ただ幸せを感じて
在るわたしも
 

情熱的で、変革に挑む
創造的なわたしも
 

不バランスと 
感じていたことも 
何もかもが
わたしそのもので
恩恵そのものだった
 

使いこなせていない 
私がいるだけ
 

使いこなせるくらいに
バランスを整えながら
 

生きている間に 
もっともっと
自分を活かしていきたいな♡
 

自分は自分自身と 
ずっと付き合っていくのだから

=======================

もどかしい時
 

ほんの少しの距離に見える
その距離が、 とてもとても遠く感じる ことがある。 

たった数歩、歩めば 辿り着ける距離なのに、 手を伸ばせば掴めそうなのに、  

歩んでも歩んでも距離が縮まってこないように 感じる。 

善も悪も存在しなくただ、全てのことが在るだけのこの世界で、  

それぞれの好みがあってそれらは個性であり、 変える必要もなく 

だとしたら距離を縮めること自体が必要ないのかもしれない 

その距離感こそが、 調和であり 

お互いを尊重していることを既に現しているのだと

=======================

6月に入った途端空気感変わりましたね♡ 

何事も具体的に 

形付いていく感じ。 

 

具体的に明確性を帯びれば帯びるほどに 

それは、行動へと繋がっていきます。 

外に向っていく時こそ自分を大事に大切にして 

内なる声に耳を傾けながらゆとりをもって楽しみながら歩んでいきたいですね♡

=======================

5月は タイトルをつけるとしたら「本当の自分になる」ために、   様々なことが起こった月でした。 

立ち止まって人生や自分を見直し長いスパンでの自分の生き方を問うことができたように思います。  

6月は5月中に、 自分と取り組んできていれば いるほど、 整理され片付いてきます。  

今まで形にならなくて、 もやもやしていた人も、 手ごたえを感じられてくるでしょう。  

季節は梅雨に突入しますが 迷いが消え、目の前が晴れて 路が開けてくる人が増えてきます。 

個人的なワードとしては「扉を開く」「開花」「国つくり」

=======================

自分以外の誰かを崇拝し盲信している時には超えられない壁があります。 

それは「自分を生きること」 という壁です。   

素直さや、純粋さというのはもろ刃の剣であり 

自分自身に 主軸を置いていないと一生「誰かにとっての正解」を生きることとなるのです。 

誰かにとっての正解は誰かにとっての正解でしか ありません 

内なる自分しか自分にとっての答えを出す ことは出来ません。 

誰かに気に入られるために 生きている時は、 自分を生きてはいないのです。 

どんな自分でもいい。自分を生きてみませんか?

=======================

人生の学校オープンクラスありがとうございました♡ 

写真撮るの遅くなっちゃってみんな帰りはじめた時に 気付いたため先に帰られた方、ごめんなさいぃm(_ _)m 

今日はね。。。「仲間」とか「絆」 を感じた会でした。 時を超えた仲間。 

これから、それぞれがそれぞれの道を歩んでいくときに 

同じ想いを抱く仲間と 同じ時を過ごせていっぱい助けられて心強くて 有難かったです 

「覚者とは、  こうなっていくもの」 

「こうなっていくことが、  覚醒である」 

そういう型が、 苦しみを産んでるのだと思います。 そういう型はもういらない。 

誰も、誰かにはなれないしならなくていい。 

「わたしは、わたし」 

自分を、自分の道を生きていくことでしか幸せを生きることは出来ない。 

ここから。はじまる。

=======================

出来ないこと無理しなくていいよ 

頑張り過ぎて 

重荷を背負わなくていい   

 

自分を先ず 大切にして自分を先ず 幸せにして 

そこから、 花が開いていくから

=======================

6/6(土)にカウンセリングスキル講習を開催します。6/2(火)お申し込み期日となっています。 

聴くという

とてもシンプルでありながら、 シンプルだからこそ 奥深い行為 

<聴いてもらってる>  という信頼感は言葉の使い方や態度や仕草 といったことだけではなく 

カウンセラー側が 発信しているエネルギーの 影響がとても大きいです。 

シンプルであるからこそ、 エネルギーレベルでの対話力 というものを 身につけてみませんか? 

カウンセリングのお仕事を されていらっしゃる方はもちろん、セラピストさん、対人関係の お仕事をされていらっしゃる すべての方に、とても有効なスキルとなっています。 

また、これから、 ヒーリングのお仕事をされて いきたいと思われて いらっしゃる方も、 

エネルギー的に伝授をして いきますので、 その人らしい カウンセリングが使えて、 直ぐに活かしていけるものと なっています。

=======================

 

=======================

自分を受容して統合していくということは 

「皆と同じじゃない自分」

を受けとめてもいく ということです 

 

他の誰かにはなれない。自分にしかなれない。 

どんなに羨ましくても、 他の人にはなれない。 

それを、とことん 受け止めるということです。 

例えばスケールの幅の小さい創造スケールの幅の大きい創造 

どちらが上でも 下でもないけれど自分が一体 何を望んでいるのかは 

一番自分が知っているのです。

=======================

【自分の創造力に  自信がない人へ】 

とある話を聞いて、 

考えさせられました。「今まで、本当に心から望んだ  自分の望みが叶ったことが、  一度もないんです」というもの。 

わたしは、それの逆で今まで、本気で願ったことが叶わなかったことって一つもないのです。 

いっぱいいっぱい 挫けそうになって諦めそうになったり、 もう無理だよって思ったり、  

もうたくさんだって 思ったりしたり、 時に匙を投げて、 逃げ出したくなることでさえ 叶ってきました。 

諦めさえしなければ。 

それは、例えば、 母との関係性。 自分のしたい仕事だけで お金を稼ぐこと。 周りの人との関係性。  

本当に数え切れないくらい 色々あります。 

そこには、 地道な努力があります。エネルギーワークを使用すると本当の意味で変化出来るし楽に進めるけれど、  

他人任せでは 人生は変わりません。 

創造って、 自分を直視することだから。 

反論を恐れず 正直に本音を言うと逆に、自力だけでも 根本的に変わることはありません。 努力だけでもどうにもなりません 

特に、思考だけで何とかしようと している場合。 自分で取り組める限界があります。 

自分が自分を変えると 決めている人が他者のサポートを最大限に 活かしていったときに、 本質的に変化していくのです。 

他者へのサポートをお願いする時に お金がかかるよね。 こんなに投資してるとか。  

でもね、これも正直にいうと、 わたしは本質的な エネルギーワーク系のものだけで、 数百万使ってます。 1000万はまだいってないけど。 

金額が大きくなればなるほど、 結果が出ないポイントでは、 こんなに使ったのに。。。って 内心思ったこともあります。  

でも、そこで言い訳に走って 逃げなかった。続けました。  

時にあまり 変化が感じられないことも あったけど、 自分のビッグテーマに取り組んでいるから抵抗が大きかったり、  

ある時に 一気に変わるためのプロセスとして 必要だったことが起こっていた だけです。 

そして、 それを使えるだけ、働いてます。 循環。大事。 

実現するって、夢物語のままじゃ何時までたっても夢物語なの。 

だから、ある意味、 わたしのところで学ぶというのは 厳しいのかもしれないです 

本人の望んでいるように  変化することをありとあらゆる手段や方法を使ってリアルに実現できることと直視させるから。 

創造力。これは、決して他人事じゃなくて皆あるのです。 

内なる幸せを思い出すために癒し外なる幸せを創り出すために 活かしていけば、  

人生は変わります。

 =======================

どんなに内面が癒されてその人自身が 楽になったとしても 

現状が変わらなければその人の本心としては心の底から 幸せとは思えないこともある。 

心残りという 未達成の思いが、 取り残されているから。 

内なる癒しと、 望みを叶える創造力の両立が真に人を幸せに導く。 

そんなことを改めて、 確信した日。

=======================

 あの時もこの時も 

どの時も

いつも、どこにでも本当は幸せはあったんだ 

未来ばかりみて 見過ごして来ただけで過去ばかりみて 怖がっていただけで 

何も失ってはいなくて何も得たこともなくて 

ただ、わたしが昨日も今日も明日も目の前に映る 

わたしが変わる度に景色も変わる 

決して変わらないわたしと共に愛し合いながら

 =======================

自分にとっての幸せを 生きることって大事。 

こうしなきゃとか

これが正解だからとかそういったところで選んでいると苦しいね 

だれの人生? 

笑われても反対されても誰かとは違う幸せでも 

自分にとっての幸せを揺るぎなく選びとった人が自分にとっての幸せな世界をつくりだせる人 

既にある自分という幸せを世界に現せる人

=======================

脆すぎるくらいに脆いわたしがいます。 

でも、脆いからこそ

同じような脆さをもつ 人のことがわかるのです。 

めちゃめちゃ、全く揺らされずたじろぎもしないのであれば脆いことがわからなくて 

その脆さと、 どう共存していくかなんて話は出来ないよね。 

ウィークは一人で抱えている時はウィークにしかならなくとも 

人と触れ合うことで、 逆の側面も持ち始めます 

外側に、 凄そうな何か。片側だけを 求めているときは凄そうなところだけを 見せている人に惹かれます。 

善も悪を超えた、 内なる自分のすべてを 見ようとしているときは等身大を現している人に、 より惹かれていくのです。 

触れ合いながら。慈しみながら。 

自分が自分に触れていくために。

=======================

全ての事象の発端は全て自分に起因する 

良いと思うことも

悪いと思うことも 

どんなことも例外なく 

納得がいかない事象も酷そうに思える事象も 

自分が生み出している 

全ては、叶え合い何時も何時も 叶え合い

=======================

あれ。。。?^^;というような反応があったり全然違うように見られたりすることってありますよね。 

後は、 人はどんどん変わり行くのに「あの人は、こういう人」という感じで 何時までもカテゴライズされたり。。。 

こういう時、 違うんだけどな〜。^^; とは思いますが、  

見る側とは自分も含めていつも、 自分にとって必要な経験として 受け取っています 

誰もが漏れなくやってますo(^▽^)o 

だから、全然違うなあって 受け取られることは、 今までも起こってきたしこれからも起こるけど 

それでも、 まあいっかな♪( ´▽`)って感じで生きると、楽です 

その時、 「どう見るか」という自由さ自体を許しているからです

=======================

わたしは わたしで良かったなってしみじみとそう感じています 

みんなの成長に 胸をうたれています 

わたしは、 みんなに生かされていてこのお仕事に 活かされているのだと

=======================

様々な資格が 世の中にはあって様々なスキルが 世の中にはあります 

資格やスキルは 活かすものであって資格やスキルが先立っては 本末転倒です 

例えば、 皆が憧れるような何だかとっても凄そうな資格やスキルや職業を手にしたとします 

自信がない人ほど、「その資格があるわたし」という自分に価値を置き、 自分の自信を穴埋めしようと します。 

時に、 憧れの資格を得たことで全てを制覇したくらいの 高揚感を得るケースもあります。 

そういう経験も必要かも しれないけれど、 何処かでそれは打ち砕くことを、 自分が自分に課す時が来るでしょう 

先ず、何よりも「わたし」が 先にあって誰もがわたしをやってるんです。 

〜のスキルがあるわたし〜の資格があるわたしというニュアンスと 

ただの わたしが わたしを生きる時に わたしらしく生き活かすための スキルというのでは、 全然違うのです。 

主導権を我に奪還する時。

=======================

傷つけ痛めつけあうほうが生きてる気がするときが あります 

自分で自分を殴ったら「痛い」ということを感じられるから 

でも、もう痛みを得て自傷行為で生きてる臨場感を 味合わなくても いい時なんじゃないかな 

治りかけのカサブタを 剥がしては  また、剥がして  

痛い。を味わうことを 選んでるのは、  

他ならぬ自分なのだから。

=======================

 

やらなきゃいけないこと。 

これが、 誰かの期待に応えなきゃ 

いけない。ということと 密接に関わっていたら苦しいね。 

期待に応えられない時に 罪悪感を生み出して、  

期待に応えられる自分にこそ価値があるように感じてしまう。 

そうして、頑張りすぎて、 ヘトヘトになるまで 無理してしまう。 

我慢や犠牲と呼ばれるほどに、  

やらなきゃいけない。 期待に応えなきゃいけない と思うのは 

「求められる」ことや「必要とされる感」がたまらなく、欲しいからです。 

それ自体を味わうことが、 最高のご馳走なのです。 

手が届きそうで届かない。 そんな相手に、 求められるまで近づいて頑張って

求められたら、 いつもそれに応えなくては。 と思ったり、 応えられない自分に罪悪感を 抱きます。 

こういった場合、 誰かに求められたり 必要とされていなくても「存在の肯定」「内に全てが在る」既に存在していること自体と 取り組むことで、  

期待に応えたり、 やらなきゃいけないに 囚われたりすることから解放されていきます。    

既に存在して 既に得ている 

自分の存在証明から 脱却する時。

=======================

犠牲の自分を終わらせたいな 

そんな方に 自分で取り組めるセルフケアです♪

犠牲というのは 他者がやった。というところに 立つから生まれるわけで 

そういう事象を引き起こした自分を先ず認めて 

演じてくれた他者にも引き起こした自分に対しても自分を大事に出来なかった 自分も全部丸ごと 

「ごめんね 大好きだよ」って、抱きしめてあげます 

ヒーリング出来るひとはヒーリング込みで♡ 

お試しあれ

=======================

何処にいっても
自分しか現れないから
ある意味、安心したらいいし
ある意味、覚悟したらいいと 
思います
 

常識はずれなことをする 
あの人に感情が大爆発。
 

大丈夫。自分も含めて 
もれなく全ての人が 
誰かにとっての常識外れです。
 

常識とは、 
人それぞれに違うもの
大切にしているルールも 
人それぞれに違うのです。
 

あの人ほど酷くない とか、 
競ってみても無駄です
そもそも、物差しが違うので
物差しは役に立たないのです
 

何か1つの常識に合わせよう
統一しようととするから
 

戦いが生まれます
 

自分も含めて
皆誰もが非常識だと認識して 
いれば、 
そんなに住みごごちは悪く 
ありません
 

何か1つの常識に統一し 
合わせようとする非常識さも 
含めて丸ごとOKにしたら
 

誰かに
自分の意見を賛同してほしい。
そんな自分もいるよね
と許せたら
 

内なる自分は平穏です

=======================

いつも、 
全ては完結していて
 

与える方は  
既に与えられていて
受け取る方は 
既に与えています
 

被害者のこころ。
それは、 
世界に対して求めるこころ。
心の何処かで 
「返してほしい」
と思っているのです
 

それが、積もり積もると
「自分は、こんなに与えたのに
 自分は、こんなに頑張ったのに
 返してくれない」
と、不満が溜まっていきます。
 

それは、 
自分がやり過ぎただけで
無理しすぎてしまっただけで
自分が見返りを求め過ぎている 
だけで
 

何のことはない
いつも原因は、 
自分にあったのです
 

例えば、 
もう離れたほうがいいと
わかっているパートナーと 
なかなか離れられないのは
 

随分投資した 
下がったままの株を
なかなか売り切れない心情に 
似ている
 

損をしたくないのです
元をとりたいも同じこと。
 

完結している時
「返さなくちゃ!」も
「返してほしい!」も 
存在しません
 

その時 人は
「何かをしなくてはならない」
から
 

自由になれるのです

=======================

今朝、瞑想が終わった後
 

「人生の目的は、 
 生きること」
と答えがありました。 
 

目的を既に達成している 
状態がここにあって
既に幸せはここにあって
 

全てがここにあって
 

それでも、 
まだわたしは生きて
生かされているならば
 

宇宙や地球の一部としての
役目をただただ、生きて 
いきたいと、感じています

=======================

とてもシンプルなこと
 

それは
景色が先じゃなくて
意識が先ということ
 

美しさも醜さも
強さも脆さも
何もかも 
既に全部あるのです

=======================

どんどん世界がやさしく 
なっていくのは
自分が自分との戦いを    
やめてきているから。
 

自分にとっての正解は、 
自分が自分で決めてよくて
 

他の誰かは、 
いつもそれをわかりやすく
教えてくれているだけ。
 

戦いにいるとき、 
証拠探しをするよね。
相手が間違っている証拠。
自分が正しい証拠。
 

そのときは、 
どんな美しい文章を書いて 
いたとしても
 

正しくはみえたとしても
エネルギーは、 
戦いのエネルギーを 
出していて、それは、 
自分が出している波動で。
 

それは、 
エネルギーがわかる人には 
全部バレるし
そういうのが気にならなくても、 
それを出してるという事実は
かわらないなあと思います。
 

戦いを終わらせるというのは、 
わたしのテーマの1つにあって
ずっと取り組んできました。
 

先ず今の自分の状態が
実は、戦っているんだという 
ことに気付けて
 

守りたい。恐い。という 
気持ちがあるということに 
気付けて
 

本当に不器用で、 
情けない自分ごと癒して 
愛しながら
 

少しづつ少しづつ 
統合していって
自分自身を受け止めて 
いくことが
 

終わりに近づいていくこと 
なのだと思います。

=======================

今、悩んでいたり、 
ちょっと不調だな。という人へ。
 

半年前を思い出してみて。
半年前の自分って 
どうだった?
 

今の自分が想像ついた?
 

悩んだり、 
上手くいかないなあ 
というのを 
少し、お休みしてみて 
どれほど、自分が変化して 
きたかを感じてみて。
 

随分、変わった自分が 
いませんか?
 

同じように、今の悩みは 
半年後には変わっていて
その時は、その時の 
課題があったりするけれど
 

大丈夫。
 

すべては、 
もっと素敵な自分に 
巡り会うために、 
起こっているから。

=======================

自分の声を無視してると
「わかって!」
って本気で自分自身が
自分に解らせるために
病気や、事象として現すよね。
 

本気だもの。
本気のメッセージ。
 

魂が決めてると、時に
わからせるまで、やるよね。
 

課題とその都度 
向き合いながらも
なんだかんだいって  
大きく路線を外す予定を 
立てる気がない私は
 

大事に至らないために、 
次のことを心がけています
 

☆抵抗しながらも 
 出来ることは全部やる
 

☆メンターの言葉に 
 耳を傾けることを努力する。 
 (サポートを定期的に受ける) 
 

☆なんだかんだいって、 
 全部うまくいくという楽観が、 
 忘れるほど、どっぷり 
 ハマっても何処かにある
 

耳を傾けるって難しいね。 
私も、まだまだ一度じゃ、 
さっぱりわからないんだなあ 
って思います。 
 

でも、 
こういう仕事する側なら 
わかると思うけど、 
今の課題だったり、 
このままいくとこうなるな 
という未来だったり、 
 

魂の声をきいて 
フォローしてるのは 
間違いないのだから、 
それを活かさないとね。

=======================

【どちらも。 
 両方選んでいい】
  

どちらも自分が 
望んでいるもので
どちらか片方に 
選ばなくてはならない
気がして、 
 

悩んだり 
苦しんだりすることって 
あると思うのです。
 

確かに 
片方しか選べない時も
時にはあるけれど
両方ともあきらめなくて 
済むことも沢山あります。
 

どちらも大切な望みなら、 
両方叶えられないか、 
自分に問いかけてみてください。
 

両方を選ぶ!と決めた時に
打開策が見えてくるのです

=======================

新たなわたしは  
また新しい創造をしていって
新たな世界を生み出していく
 

極と極に生きたわたしが、 
合わさっていくのを 
体中で感じる。

真に、極を活かすには、 
統合してのみ使いこなせるのだ
ということも、感じている。

光と闇
強と弱
動と静

そのすべてが、 
わたしの中に際立って 
在りながら
わたしはそれらに振り回されず、 
使えるようになる。

ずっと、 
こんな自分に憧れながら
どこかで、 
自分はなれないのだと  
諦めてきたのだと思います。

会いたかった自分に会えるとき。

=======================

身近な人と 語り合うことで
見えてくることがあります。
 

身近であればあるほど
内容は違えど、 
同じ課題を奥底で抱えて 
いたりもします。
 

それに気付けると、 
一緒に取り組んでいけるね。
 

あなたが、とか
自分だけ、とか
 

そういう 
目線が終わっていって
 

一緒に
  

取り組んでいけるって、 
それはとても幸せなこと。
 

とてもとても 幸せなこと。

=======================

自分がしたくない  
本音を見ることって大事。
 

例えば、 
『したいんだけど、したくない』
ということってあると 
思うのです。 
 

したいなあ。と思ってることの 
中に、したくない。が含まれてる。
 

それを見て見ぬふりをしたり
見ても、 
そうなっちゃうんだろうなと
最初からあきらめていたり。
 

そうすると、 
何が生まれるかというと
不満と我慢が生まれます。
 

しかも、 
続ければ続けるほど、 
それは強くなってきます。
 

そうして、 
不満と我慢が生まれた結果。
『やりたくな〜〜〜い!』 
になってしまう。
 

または、 
自分でこれから何かのお仕事に 
取り組んでいきたい時に
 

したくない。が 
どれほど混ざっているかを 
見るのも重要です。
 

なぜなら、 
したくない。が強ければ強いほど、
行動が起こせません。
 

行動を起こせたとしても
人が来ません。
 

もっというと、 
自分がしたくないから、 
人を呼ばないのです。
 

本音を見ることって、大事。
したいことの中に、 
したくないが 
混ざっていないかどうか。
 

したくない。ということを 
丁寧にみていったときに 
 

『こんな方法もある』とか 
『こういう風なことがしたい』
そんな打開策が見えてくるのです。

=======================

「いつも こんな 
 自分じゃなきゃダメ」
を止めてみる。
 

真面目だけど、さぼってもいい
優しいけど、冷酷でもいい
忙しいけど、休んでもいい
笑ってるけど、泣いてもいい
素直だけど、ワガママでもいい
 

《これが、わたし》
 

そんな風に 
決めていればいるほど
  

もう片方の自分が窮屈になる
 

したいなら、 
どっちもしていいの。
 

どっちの自分も既に許されてる
許してないのは、自分だけ。
罪悪感からの解放。
 

これが、わたし。
そんな形に囚われずに
自由に生きる時。

=======================

自分を大切にすると
より、自分の身体も 
大切にしたくなるね。
 

今までより、もっと。 
大切にしたくなる。
それは、 
食べ物のことかもしれないし
洗剤とか、 
化粧品のことかもしれない。
 

そうして、 
買うモノに意識を向けるのも 
素敵なこと。
 

それと共に、 
自分の身体に触れてあげるのも
とっても自分を大切にしていること。
 

お風呂で、いつもよりも 
長めのバスタイムにして 
丁寧に、身体を洗う。
 

そうして、 
身体はどんな感じか。
こんなところ、 
擦りむいて怪我してたんだな。  
とか
ここは、今日は固いな。とか
自分の状態を知れる。
 

エネルギワークをする前は、 
さっぱりわからなかったけど
身体に、  
いっぱい色々なエネルギーを 
みんな溜めています。
 

封印とか、カルマとか、 
そういう言い方でもいいけれど
受け入れがたかったら、 
感情が溜まってる。という風に
捉えてもいいです。
 

要は、大切なのは、 
実際にそれを体感できること。
 

ここに、 
こんな痛みがあったんだ。
 

ここは、 
こんな風に固くなってるんだ。
 

右半身の方が、重い?
ハートが、寒い?
 

そういうことに、 
1人1人が気付いていくことは
とても大切になってくると思います。

=======================

リーブスの仲裕美子さんの 
記事にすごく共感です。 
 

使命感じゃなく、   
すべきことじゃなく
望むこと、したいこと
とっても大切だと感じています
 

一部抜粋

この「自然さ」は、 
概念を超えるものです。 
 

理屈を超え、不可能なくしながら、 
「生きる」ことに集約されて行く、 
 

私達の神聖なる 
「創造する愛」によって、 
私達は「使命感」を手放し、 
「すべきこと」ではなく 
「望むこと」「したいこと」によって、 
 

この宇宙で自分にしかできない 
神聖かつ創造的な役割を 
結果的に果たして行くことになります。 

創造する愛の覚醒

=======================

ずっと思ってたけど
今日こそ言おう。
 

世間一般の 
「こうしたら、 
 人生楽になる」ことを 
教えてくれる 
ありとあらゆる手法。
 

それと 
「覚醒していくこと」
とは、全く別物です。

覚醒って、   
楽ばかりじゃないの。 

超えると 
それに関しては 
楽にもなっていくけど、 

渦中は葛藤もするし、 
混沌もしたりします。

私も、 
まだまだ全然です。
それと同時に、 
今既に完璧なんだけどね。

=======================

2月に崩壊 着手後
5月まで 
幾度も崩壊に崩壊を重ね、 
葛藤を繰り返してきました。
 

ずっと破片ばかりだったのだけど
それらの全貌が、 
ようやく朧げに見え始めました。

破片が繋がり出しました。

その途端、 
全ての完璧性に感嘆せずには 
いられません

渦中にある人
死んじゃダメだよ
生きてれば、必ずその状態は
過ぎ去っていくから

若い頃は幾度も自殺未遂して、 
幾度も死んじゃいたいって 
思ったけど、 

生きてたから今の私がいます。

そうじゃないと、皆にも
会えなかった。

生きてれば、必ずいいことある。

=======================

自分のこと
待ってあげるって 
とっても大事
 

休むって大事
 

でも、休むってけっこう
コツがあるように思います。
 

まだ、行きたくない
休みたいって
言ってるのを引きずられたら
誰でも嫌だよね
 

そんな時は
心も身体も休めてあげて
 

この時、 
何にもしなくていい。を 
本当に自分に許可して 
あげることが大切。 
 

中途半端じゃなくて
とことん何もしないを 
満喫するまでやり切ってみる
 

その時に
何もしないことに罪悪感や
経済的な不安が湧くなら、  
それも逃さず見てあげて
 

不安があるのに、 
罪悪感があるのに 
何もしてないで
見てみないふりする
というのは 
 

たとえ、
身体を休めたとしても
心は休めてなどいないのです。
だから、
休んだ気がしないのです。
 

本当に休めるというのは
 

何にもしなくても、 
大丈夫とか
 

何にも得なくても、 
全部あるとか
 

何もできない自分だけど、 
愛されてるとか
   

そういう、 
とても居心地の良い状態の 
ことです。
 

上手く休めないと、  
ずっとやる気が起こらなかったり 
するので、 
 

身体と心を休めることができる 
エネルギーワークを提供して 
いこうと思います。
 

今、身体のケアもとても大事。
 

上手く休めると、無駄なく 
動けますし
過剰にエンジンをかけ続け 
ないと動けない 
という苦しい状態からも 
解放されます。 
 

こういうタイプは、 
私もそうなりがちなのですが、 
止まるのが怖いのです。
 

そうじゃなくて、 
ちゃんと止まると
ちゃんと動き出せます。 
適度さを伴いながら発進できます。
 

上手く休めないと苦しくなるので
最初から走らないか、 
苦しくても走り続けるか、 
 

そういうことを 
終わりにしていける時だと 
感じています。

=======================

何もなくなって
全てが何でもいい
 

そこからが
ゼロからが
新しい はじまり
 

何が 本当は欲しかった?
何を求めてた?
 

色んなこと出来る自分?
みんなから愛される自分?
誰かよりも優れていること?
 

それとも 
自分が生きている 
証明だろうか?
 

ぜんぶあるよ 
ぜんぶ無い時にわかる 
答え
 

ずっとあったし、 
これからも。

=======================

光も闇も
強さも弱さも
善も悪も
 

全部あっていいよ
そのままのあなたで大丈夫

これからは、そんなことを
一層行っていくようです

暗い場所に置いてあって
よく見えないから  
醜く感じるだけで 

明るいところに出したら
それは、 
ただ在るだけで
むしろそこに美しさがある 
のだから。

使命とはパラドックスに 
満ちていて 

人一倍臆病で 
怖がりな私だから

「恐れることはありません」

という言葉を発していくことに 
意味がある。

国つくりの 大物主大神様
天の岩戸開きの 天手力男命様

本日から、命を受け、 
お仕事をさせて頂けること 
喜びです。

=======================

創造って、 
忘れた頃だったり
諦めた時に手にすることが 
あります
     

先日ある事象が起こった時に
参加するかしないか
物凄い葛藤があったのだけど
 

どうして? 
って見てみたら
こんな複雑なことになってました^^;
 

1、 
随分前に、 
強く望んだことが叶っている 
のだけど、自分の中では
終わったことなので 
心をもう一度奮い立たせてまで 
興味を抱けない
 

2、 
事象が起こる前日に、 
本当はこうだといいのにな。 
と願ったのだけど、 
かなり先のことだろうと 
踏んでいたので
次の日に叶って早すぎて抵抗
 

3、 
自分が繰り返してきた、 
繰り返したくないパターンに 
なりそうなことが含まれていて、 
同じパターンは 
繰り返したくないという強い思い
 

4、 
自分のスケール感の課題。
これは。。。複雑にもなるよなあ
と納得^_^;
 

どうして、 
鞭と飴を両方混ぜ込んだ
創造するかなあ。。。私ってば 汗)
でもまあ、本当は 
課題こそ、乗り越えたがってる方 
なんだろうね

=======================

自由って
色々な定義があるし
 

人によって、 
様々な捉え方があって
そのどれもが、 
その時々の真実なのだと 
思います。
 

最近、感じているのは  
癒されれば癒されるほど
どちらか片方しか選べない 
ということではなくて
どちらも、 
選べる状態が増えてきて
 

そうすると、これとこれ。 
という相対的な
捉え方自体をしなくなってきて
 

全部選択肢としてありながら
ぽちゃんとした
水たまりの中に佇みながら 
どうしていくか。 
という状態のような気がします。
 

どんどん自由に 
なっていけばいくほどに
選択するのも、 
難しくなってきているような 
気がします。
 

メニューが多いレストランの方が、 
悩むみたいに。 
 

不自由をみんな嫌うけれど
選択肢が少ない気楽さというのも、 
そこには
確かにあるのです。

=======================

他の誰かがおすすめする 
幸せじゃなくて
自分の幸せを生きるって、 
とっても大事。
 

そこが 
ずれてくると、 
我慢や犠牲になって
 

それは、誰のせいでもなく 
自分が心地のよい状況に 
自分を置いていない 
ということなのです。
 

他者が、自分のためを思って 
言ってくれていること。
それもまた、 
自分が見えていない自分に 
取り組めるチャンス。
 

でも、 
それだけをやっていると 
苦しくなります。
 

あの人のせいで。。。とか
この状況のせいで。。。とか
 

そうして、外側のせいにしない 
ためにも
自分の幸せに責任をとることは 
とっても大事。
 

自分の本心はきれいごとでは 
ないものです。 
 

自分の本心を見定めて
自分がどうしたいか。
 

それを知って向き合うことを
他の誰もしてくれません。
 

自分が自分にする以外は。

=======================

世の中のありとあらゆる
幸せな人を見て
 

嫉妬でもなく
羨ましくもなく
 

「お幸せに♪」って
笑顔が心の奥から 
沸き起こってくる人は
 

これからもずっと幸せな人
 

他の誰でもない
自分という幸せを手に入れた人

=======================

色んな自分になって
なったことのない自分になると
不安になったりするけど
 

間違いなく、 
今の自分が一番最高で、 
覚醒のプロセスの 
通過点なんだなあって 
捉えていれたらいいね♡
 

課題が見えたら
「まだ、 
 取り組むことがあった〜♡」
って課題に取り組むことを 
楽しめるといいね♡( ´ ▽ ` )ノ

=======================

【間違ってもいい】
 

何を選ぶのも、 
自信がもてないとき
 

間違うことを、 
失敗することを
恐れているのかも 
しれません
 

本当は 
間違いもないんだけど
 

正しい道を選ぼうと 
してしまって
いるのかもしれません
  

そんな時は 
正解探しをやめて
感じるままに 
動いてみましょう
 

感じるとは、 
感情とは違います。

=======================

覚醒していく人って。
もちろん、 
本人(魂レベルで)が 
決めてるかどうか。
ってだけなんだけど
 

覚醒していく素質が 
あるとすれば
 

『今までの自分にとっての 
 真実を全部捨てて、
 新たな真実を 
 受け入れられるかどうか』
 

ってのは、 
かなり重要だと思われます。
 

今までの概念とか、知識とか?
何回、全捨てしてきたか 
わかりません。 
 

例えば、 
潜在意識のお仕事していた 
ときの概念とか?方法とか? 
 

エネルギーワークを伴った 
お仕事に変化する際に
今までの理屈とか、概念とか。
1個も通用しませんでした。
1個も。です。
 

捨てないと、 
新しいものを拒絶するから
捨てないと、 
はじまりませんでした。
 

恐いよね、 
今までの自分が、 
どんなに頑張ってきたことだとか
どんなに努力してきたこととか、 
そんなことは 
全く無関係なんだから。
 

それが、 
全部無駄になっちゃう。 
とすら思えるほどの全捨て。 
 

そういった、 
知識とか能力とかがある自分 
というところに
自己価値をおいていれば尚更。
 

常に、もう、カッコ悪くって、 
情けない自分だけになることを
許可できるか。
 

すべては 水の泡。
 

それを、受け止めきれるか、 
どうかが 
進化していくかどうかの 
分かれ目。

=======================

いっぱい聞いたこと
「そんなことはもう 
 知ってるよ!」
って思うかもしれません
 

でもね、知ってるだけじゃ、 
終わらないの。 
 

「知るゾーン」と 
「癒すゾーン」と 
「終わらせるゾーン」 
があるのです。
 

知ってから、 
実際に癒していって、 
それで終わらせていく覚悟が 
できます。
 

最初は、 
癒される必要がある自分を 
認めるのってけっこうキツいです。
他人事にきこえます。
 

自分の傷を直視するのって、 
簡単じゃないの。 
強くないと向き合えない。
 

強がって、 
全然平気なんだって 
思いたいものだから。
 

マインドレベルで一時的に 
変化したり
一時的に良くなったように 
見えても、 
 

根本的なところは 
何にも変わっちゃいなかったり 
します。 

 
気休めも必要な時もありますが、 
本当に終わらせていけているか 
どうかは、 
一番自分が知ってるはず
 

どんな世界が 
広がっているのか、 
自分の心はどうなってるのか。 
 

いつも見ているから。

=======================

開放とは
 

切り取ったり
捨てようとしたり
無き者にしようとしたり
 

頭でなかったことに 
しようと 
思い込んだりすること 
ではありません
 

むしろ、直視し、 
内に抱き抱え、許し 
深部まで受け入れたときに
 

開放が起こるのです

=======================

自分の目にしている景色
自分が耳にする景色が
どうなっているか
 

よく見てみると 
様々なことが見えてきます
 

例えば、 
自分にとって嫌なこと、 
自分にとって尊重されていないと 
感じる事象があっても、 
 

当時の私は本人に 
それを伝えられませんでした。
 

勇気がなかったからです。
 

そうして、 
しばらく黙っているのだけど、 
その想いを溜め込んでおくのが 
苦しくて。 
 

そうしたら、 
同じような痛みがある人と 
共感し合える いわば 
「被害者の会」が世界の中に 
現れて(つくりだして)、  
 

あの人ってこういうところが 
本当に酷いよね。っていうのを 
言い合って慰めあってました。
 

これだと、 
世界に歪みが生じるのです。
 

本人に伝えられるように 
なっていけばいくほどに、 
そして 
他者という自分を受け入れて 
自らを統合していくことが 
できればできるほどに
 

「被害者の会」を 
世界につくりださなくなります。
 

その必要がなくなるからです。
他者という自分自身の 
悪口を言う必要がなくなって 
きます。
 

そうなってくると、 
自分の世界から歪みや捩れが 
どんどん消滅していきます。
 

「陰口は、あの人が最初に言った」 
ではなく、 
聞いた。ということは、 
 

それを聞きたい自分がいる 
ということもお忘れなく。
 

いつもいつもいつも
自分が 
世界を生み出しているのです。

=======================

=======================

みんな  
それぞれのペースで 
覚醒していくのですが
自分よりも、 
覚醒が進んでいる人を 
目にすることがありますね。
 

そういった方に 
フォローを受けたりすると
自分の覚醒がどんどん 
進んでいきます。
 

でもね、 
ここでやっかいなのは
『ぜんぶ、同じ』 
『ぜんぶ、平等』 
っていうところと
 

覚醒が進んでいる人と 
自分との差に 
引っかかることがある
ということです。 
 

わたしも、ここは〜。。。
本当に何回も 
引っかかりながら、 
進んできました(汗)
 

何で引っかかるかって 
それは 
自分自身に劣等感だったり
比較意識だったりが、 
刺激されちゃうんですよね。
 

でも、その時って 
完全に分離にいるんです。
覚醒が進んでいる人も、 
自分なのに。 
 

その自分と戦っちゃう。 
もしくは
戦う意識とか劣等感とかが、 
その人といると
はっきり自分の中にみえるのが、 
恐いから、逃げるとか。
 

分離目線をやめて、自分だ。 
って自分に帰ってくると
戦ってたこと自体が、 
『何してたんだろう?汗』
となりますが、まあ、 
飽きるまで分離はやるのかもね。
 

ただ、その遊びは 
そろそろ終わりにする時が 
来ているような気もします。
タイムリミットが来てるというか。
 

逃げてもいいよ〜と 
言いたいですが、 
昨今、自分が自分を逃がさないで 
追いつめる例もみているから、   

 
やっぱり 
能動的に、向き合った方が、 
そんなに大事の現実を創りださ 
なくて済むから、 
わたしはその方が好みかな〜。。。
 

皆が頑なに、守っている 
自分に気付いて
優しく生きていけたらいいね

=======================

どんなに 
聞きたくないことも
どんなに 
起こりたくなかったことも
 

全部全部 自分が 
起こしているだけなのです。
 

世界が先じゃない。
 

内が、先にあって、 
それが映し出されている 
だけなのです。
 

いつもわたしたちは、 
後手後手に回ってきました。
 

それを、 
本格的に終わらしていく時 
なのだと感じています。

=======================

ダイヤモンドと、 
ガラス玉でつくった
よく出来たフェイク。 
 

見極められる専門家が
 

『これが、ダイヤモンドで  
 そっちはガラス玉。
 

 ガラス玉を何個集めても、 
 ガラス玉だから
  

 ダイヤモンドを得たいなら、 
 ダイヤモンドを買うと 
 いいですよ』
 

と言いました。 
 

ところが、 
ダイヤモンドとガラス玉の 
区別がつかないひとは、 
最初はその人の言うことを
信用していたのだけど、   
 

ある時 
『本当にそうなのか?』
と疑いの心をもちました。
 

ダイヤモンドの専門家の 
言ってることが
恐怖で煽っているように 
聴こえてきたからです。
 

実は、 
ダイヤモンドの専門家は 
『良い 悪い』とか 
『善 悪』という 
ジャッジがないところから 
 

『ただ、こうなる。』 
『こういうことが起こる』
という事実を話すことがあるので、 
 

捉える側の意識によっては 
『恐怖を煽っているように』
確かに感じられるのでした。
 

疑いの心をもった人は、 
自分が良いと思ったものが
ダイヤモンドなんだから 
あの人の言うことに
従ってはいけない。と思って、 
 

外にダイヤモンドを
探しにいきました。
 

ダイヤモンドの専門家のことを 
信じられなかったのです。
 

もっというと、 
ダイヤモンドの専門家に 
耳を傾けることを選択した自分を 
信じられなかったのです。
 

何が真実か。 
いつまでたっても、 
くるくると回り続ける 
ループの中にいたいか。 
そこから抜けていくか。
 

それらは、全て、 
個々に委ねられています。
 

どれほど、証拠があっても、  
証拠を見たくない人もいます。 
 

認めたくないのです。 
認めたら、負けのような 
気持ちがして。
 

でも、 
どんな風になっても、 
自分だけは。
自分は、自分をあきらめたりは、 
しないのです。

=======================

世界は、美しく
そして、世界は完璧です。
 

寸分の狂いもなく。
 

この完璧さを、 
信じきれたなら
 

もっと、安心して  
生きていくことが 
出来るのではないか。
 

そう感じています。

=======================

誰かに必要とされなくても
 

必要とされていることを 
証明しなくても
  
貴方が在ることが 既に 
存在していい。という許可 
そのものなのです。
 

状態と許可は同一で 
離れてなどいないのです。
 

山は、誰かに 
必要とされることを 
求めたりしないし 
 

太陽は、 
必要とされていることを 
証明しようとしません
 

在ることが、 
既に表しているので
欲する必要がないのです。

=======================

今、大きな節目を 
迎えている人が
多くいらっしゃるように 
感じています
 

魂が進みたいところまで 
進みたかったり、 
終わらせたいことを 
終わらせていくために 
起こりますが、 
 

抵抗すればするほどに 
苦しかったり、 
ドンと気分が落ちて 
鬱っぽくなっちゃったり、 
体調不良に出ちゃったりします。
 

そんな時は、  
他者のフォローを受ける 
元気もなくなったり、 
やる気が起こらなかったり 
するけど、 
 

むしろ逆で 
行き着くところまで 
行き着いちゃった方が楽です。 
そんな時こそ、 
フォローを受けてみることを 
オススメします。
 

人生における 
自分の大きなテーマや課題。 
それを超えるということでも 
あるので 
 

行き着くまでは 
色々な事象を起こしたり 
感情が湧いたり、葛藤したり
するかもしれませんが、 
 

本当の自分を生きるために 
 

自分が自分に起こす 
愛から起こります。 
 

それに他者は協力してくれて 
いるのです。
 

全ては内に。
愛の元で起こっているのです。

=======================

今ここに在るということ
 

自分の目の前に 
景色が広がっている
ということが、 
既に在る真実
 

自分を映し出す映像が
絶対的なリアルを伴いながら
繰り広げられる祝福
 

鐘は鳴った

=======================

自分にとって、
スケール感が 
大きかったりする課題で 
あればあるほどに
 

それは、別名 
醍醐味という名で呼ばれる

=======================

答えはある日
突然に降ってくるもの
 

幾度も幾度も 
考えても考えても
わからなかったり
混沌としたりしていたことが
 

ある時急にわかるのです

本当はいつも 
太陽はあるけれど
何時までも終わりなく 
雲に覆われているかのように 
思えるもの

どんなに悩んだりしても
答えを得ることを求めれば
雲から晴れ間がさしてきて
青空が見えてきます。

そうして、 
太陽はいつも在りながら
わたしたちを 
照らしてくれるのです。

=======================

努力したのに、 
思ったほど現実に成果が 
出ない。 
 

もしくは出なかった時
こんなに頑張ったのにな。。。 
って、そう思うことも 
あるかもしれません。
 

そうして 
「自分はダメなんだ」 
っていうレッテルを 
自分にはっていくことが 
あります。
 

そんな時、 
努力の向けどころが 
違ってるのかもしれないし、 
 

まだ結果が出てくるには 
時間がかかるのかもしれません。
 

理由は何であれ 
物凄くやり切ったのに
上手くいかなかった時は、 
実はその時は 
「上手くいかない」ことが 
最善なのかもしれません。
 

後から振り返った時に、 
ああ。あの時 
上手くいってたら 
ダメだったんだなって 
 

自分の本当に行きたい 
道には行けなかったんだな 
ということがわかります。
 

努力したことは 
全然無駄にはなってなくて、 
「努力した」自分は 
自分の一部となっています
 

いつも自分は 
自分を見ているもの。
 

いつも頑張っていたら 
息切れしちゃうけど 
 
 
「やろうと思ったら、 
 努力したり、頑張れたり 
 するんだな」 
という自分自身の姿を見れた 
ことが既に美しく、 
 

それは荒野に 
ひっそりと咲いている花が、 
誰に見られたいわけでもなく
花を咲かせるのに似ています。
 

花は、 
自分が花を咲かせた 
ということを 
よく知っているのです。

=======================

変化する 
ということに関して。
 

もの凄く変わった 
自分もいれば
ちっとも変わってない  
自分もいて
 

ちっとも変わってない 
自分を見ると
叫びたいくらいに、 
嫌になっちゃったり
 

こんなに頑張ったのに、 
なんで変われない
んだろうって、
苦しくなったりする 
ことってありますよね。
 

最近、 
そういうことがあって
自分に対して、 
とっても腹がたったことが 
ありました。
 

『いつまで、わたしは、 
 この景色を見るの?』って。
もう、泣き出したいほどに、 
本当に嫌になっちゃったんです。
 

でも、 
嫌がっていては逆だよね。
 

むしろ、まだ、
そういう景色を出現させて
いる自分が在る 
ということを直視して、 
受容していかないと 
終わらないんだよね。
 

無理矢理終わらせようと 
していたなあと反省。 
 

そうじゃなくて、 
ちゃんと 
心の声を聞いてあげよう。
 

ちゃんと 
私を感じてあげよう。
 

そう思って、 
自分と対話しています。
 

きっと、ここから、 
また大きく変わるんだと思います。

=======================

自分の特性、特徴を知る 
ってとても大切。
自分を知れば知るほどに、 
知らない自分が出てきます。
 

最近、 
自分を言葉で言い表す 
としたら
『動』そのものだ。 
と感じています。
 

ここのところ、 
自身の至らなさとばかり
対峙して、 
傲慢さが剥がれたのは 
良かったけれど 
 

謙虚さを通り越して 
自信喪失ぎみだったので
今の自分を、もう一度 
見直してみました。 
 

そうしたら、 
色々新たに自分自身が 
見えてきて
気持ちが楽になりました。
 

至らなさが目についた 
ときとか
自信がなくなったときとか
動き出せないときとか
 

そんな時は今一度、 
今の自分の特性や特徴を 
見てみるのも良いのかも 
しれませんね♡
 

なぜなら、どんな自分でも
今の自分そのものが
 

既に世界にとっての 
価値だからです。

=======================

生きていると、 
不条理なことって
起こったりしますね。
 

どうして?と 
納得しようとしても
出来ないこと。 
 

なんで?と 
理解しようとしても
理解出来ないこと。
 

自らのタブーを侵された時に
人は不条理と感じます。
禁止しているのです。
 

禁止していること、 
してはいけないことを、 
他者が堂々と行ったら
どうでしょうか?
腹がたちますね。
 

今、二元性。 
良い悪いの善悪からの脱却が 
それぞれ起こっています。 
 

そんな時、 
自らのタブーをこえる事象は 
次のようにも捉えることが 
出来ます。
 

☆自分が禁止していること、 
 自分が決めていた枠を 
 超えるチャンス。 

  
 罪悪感の開放。 
 新しい自分として選択出来る 
 チャンス。
 

☆自分と他者のタブーの領域は 
 異なります。 
  

 善意が人を傷つけることも 
 あるのです。 
 自分もまた同じように、 
 誰かにとってのタブーを 
 侵しているのです。
 

主義と主義の間。
主張と主張の間。
中間に入ったこと 
ありませんか? 
 

入ったことあるなら 
第三者からしてみたら 
どちらにも、 
それぞれの思い 
言い分があるなあと 
思ったことありませんか?
 

自分が当事者の時も 
同じことが起こっています。
 

それぞれの思いと 
それぞれの真実があるだけ 
なのです。
 

2極で物事を捉えずに、 
視座を変えていくと、 
新たな真実がみえてきます。

=======================

いつかの今は 
喜びで行っていたことも、 
 

時が経って 
状況が変わってきた時に 
段々喜びよりも 
犠牲と感じるウェイトが 
強まってきたりします。
  

今の自分の声を 
きいてあげてください。
実は、悲鳴をあげて 
いるかもしれません。 
 

今の自分が 
どうしたいのか。
 

犠牲に切り替わったら、 
それは修了の合図で 
そこからは 
責任がとれない範囲 
ということ。
 

起こったことは、 
悪いことじゃなくて
違うステージに進む 
ことを教えてくれる 
合図。
 

嫌だなと思う出来事は 
恩恵で、 
それがあったからこそ 
終わりにすることを決めて、 
次に行こうと思えるのです。

=======================

誰かに否定されて
グッと  
くることがあるなら   

自分がその自分を 否定しているからその景色を見るのです 

自分が自分と戦っているからその景色を見るのです 

自分を 嫌わないであげてください 

自分を 愛してあげてください 

全部好きになれない自分ごと 愛してあげてください 

恐れることはありません 

己の弱さを、脆さを、 許してあげてください。  

自分自身との競争を 終わらせていくのです。 

目に見るものの全ては 自分です。  

自分が 自分を愛することから 全てははじまります。

=======================

変わらなきゃならないことは何一つないの。  

何時だって 

そのままで素晴らしいから。 

でも、 本当に変わりたければ変わるしかないよね。 

みんな頑張ってる。私も頑張ろう。

=======================

自らの絶望はいつの日か誰かの 希望となる 

混沌も苦しみも葛藤も 何もかも自ら超えたものは誰かが、道標がない中を 進んでいく際の道標となる 

覚醒という 見ず知らずの土地に挑んでいく時代における 私の役割。 

また、MAPが広がった。

=======================

アイデンティティーの崩壊。 

今年の2月に、 より覚醒していくために 

「壊してください」と頼んでから、  

ひたすら幾度も アイデンティティーが崩壊して、 今までにないくらいに 自分が壊れ続けているのだけど、 壊れ方が変わってきました。 

以前は受け入れたことのない新しいものが自分の中に 入ってくるとか、  

受け入れ難いタブーを 受け入れていく作業という 感じで、 それが一大事だったのだけど 

今は自分という膜が弾けて、 外も内も全て溶け合って よくわからなくなっている状態。 風船が弾けたみたいに。 

どんなキャラでも、 何でもいいからキャラさえ あれば 「これが自分だ」 と言えるけど、 何にもなくて、どれも不確かで、 掴もうとしても空を切る感じ。  

魔女キャラとか、 闇好きキャラとかお決まりの言われ続けて きたキャラ、 そんなのでもあれば 良かったんだけど、 どれもしっくりこないし、 どれもピンとこない。 

ここのところ その状態に葛藤し仕事も一切しないで 自分と対峙して何とか掴もうと 必死になっていたけど 

掴もうとしても 何も掴めないので、諦めたら、  

何も定まらない自分でも 何だか生きてても大丈夫なんだ ということに気付いて、 自分を定めようとするのを 止めたら、  

根拠のない安らぎが 広がっていました。 

こんな状態は、 生まれて初めてで能動的に「壊す」ことを 覚悟していなかったら、 もっと大混乱なのだろう。  

というくらいに 訳がわからない状態です。 ちょっとゆとりが出てきて それを楽しんでみようと  

今日なら思えるかも。

=======================

叶わない願いがあるうちは願いを 一生懸命に叶えようとしたり叶わないことに落胆したりする 

何をやってもいいし何でも叶うんだけど  

どうするか となると それはそれで、どうするか迷う 

自分の可能性は 多岐に広がっていた。 

多分、昔の自分からしたら 羨ましい悩みなのだろう けれど、 大真面目に悩ましい。 

選択肢の狭さは窮屈さと共に 楽を生んでいるし、  

二元性から脱却していき、 自由になればなるほどに  

選択肢の多さと 自己責任が増してくる

=======================

謙虚さに混ざった 卑屈さと自己否定。  

傲慢を嫌うあまりに 

卑屈さや自己否定が 強くなってはいないだろうか。 

混ざる度合いによってはベクトルが異なるだけで 

謙虚という名の 傲慢が発生している

=======================

自らの使命を 
本気で貫いていく人を 
見る際に 
 

側から見ると、 
時に犠牲なのではと 
思えるくらいのこともある。 
 

側から見れば 
犠牲のように見えたとしても、 
本人がそれに責任をとれて 
いれば問題ないのだろう。 
 

頑張り過ぎたり 
我慢し過ぎたりすれば、 
それは他者への要求となり、 
それを強いることになるし、 
 

だからと言って 
大切な使命を放棄も出来ない。 
その狭間。 
 

何時だって答えが
割り切れればいいけれど、 
割り切れないことだって 
いっぱいある。
 

人が望む 望みの質は様々で、 
困難な人生から楽な人生、 
楽しい人生を生きたいと 
望まれること。  
 

それを望まれる方を心から 
応援するし、尊重する。
 

そして、 
そのフェーズよりも、 
もっと深く自分と対峙して、 
覚醒していく際には、 
楽しいだけではなく、 
 

自らと向き合ったり 
超えたりする要素は不可欠だし、 
根本的解決としての幸せを 
得るには 
自分自身と向き合わないと 
終わらないけれど、 
 

使命だけに生きるのでなく、 
人間として生まれた故の 
人間としての幸せも 
大切にしたい。 
 

というか、むしろ 
使命とその人の人間的幸せは 
切り離すものではなく 
直結しているところにこそ 
完成があると 
 

わたしは確信している。
 

そもそも、幸せの定義自体が、 
それぞれのその時の幸せ 
というように移り変わって 
いくけれど、 
 

覚醒と幸せは別物で 
離れているわけではなく、 
見事に織り成しているところに 
美しさを感じる。
 

課題は超えるためのもの 
だけではなくて、 
 

課題が在るからこそ 
生むことが出来る事象もある。 
課題が解決したからこそ 
出来なくなることがある。 
 

とすれば 
課題自体を憎む必要もない。

=======================

新サイキックプロテクション講習
ありがとうございました♡
 

得たことのない安心感に 
包まれています。 
というご感想をいただきました。
 

このような講習を 
行わせていただくことは 
私にとってとても 
喜びなのだと改めて感じました。
 

いつもの横浜の景色で一息。

=======================

世界にある どんな言葉も
シンプルにしてみたら
 

愛してる とか
愛してほしいの とか
 

愛したいけど、 
好きになれないよ とか
 

愛したいけど、 
わからないよ とか
 

愛したいけど、恐いの。とか
 

そんな感じのことを 
囁き合っている。
 

どんなに言葉が捻れたり 
歪んだりしまっていたとしても
捻れや歪みをとってみたら、 
そんなようなことを言っている。
 

愛し合いたい。 
 

それは、 
どんなに他の欲が消えても
決して消えはしない  
 

わたしの欲望。

=======================

こういう悩みを抱かれる 
お母さんけっこう多いです。 
 

それと共に、 
自分が子供だった時に  
親に兄弟姉妹と比較したら、 
 

自分は愛されなかったと 
思っている人も多いです。
 

愛してるってことと
嫌いってことは違います
 

親も人間で、自分にとって 
得意苦手は同じです。
 

多くの方が、 
罪悪感や愛されなかった 
という苦しみから 
解放されますように♡

http://forestpub.com/archives/52201596.html

=======================

意味がわからない。
ありえない。
 

自らの常識が覆され
不可解な謎があった時に
人は苛立ったり、 
葛藤したりするもの。
 

自分がどうなのか
相手がどうなのか
という目線ではなくて
 

自分と相手の 
両方を取り入れた目線で 
物事を見るとき
 

謎は解けて、 
苛立ちも不平も不満も
 

全てが消え去る
 

理解は魔法。
心を安らげる魔法。

=======================

心が静かで穏やか。
 

嵐が過ぎ去った 
後のような静けさ。
 

何も無いわたしは、 
すべてが在りながら 
 

そうして 息をしている。

=======================

今、人間と人間の 
関係における
パワーバランスの調整が 
行われている気がします。
 

例えば、 
7対3とか 6対4とか
そういった形で、 
形成されていた関係性を
見直す時期にきています。
 

特に、 
3の側、4の側の役を 
演じていた人たちが
 

そのままでいいのか。 
ということを  
問われている気がしています。
 

主導権を握る人と、 
握られる人。 
 

これらは、 
見事な叶え合いの中で
繰り広げられていて、 
握っている人は、 
自覚がないかもしれません。
 

でも、 
これらの根源的な恐れは 
同じ気がしています。 
 

主導権を常に得たがる 
タイプの人間は、 
主導権を手放すと
どうやって人間関係を 
築いたらよいかが 
わからないので 
 

主導権をどうしても 
握ろうとしているし 
 

逆に、 
主導権を握られてしまう 
タイプの人間は、 
明け渡すことで
相手に嫌われないように。
 

良好な人間関係を築ける 
ような気がして、 
明け渡したままにして 
しまいがちです。
 

主導権を明け渡す事を選択 
してきた人たちは、 
それの帳尻を 
どこかで合わせようとします。 
 

相手に報復するか、 
他の何かを勝ち得ようとするか。
 

そうではなくて、先ずは 
<自分が主導権を 
 明け渡さないように>
生きていくことです。
 

パワーを手放していけば 
いくほどに、 
力を抜けば抜くほどに
 

歪んだ関係性から脱却し、 
起こっている事象を 
正確に捉えることができます。
 

コントロール出来ていた側は、 
いらつくかも。
コントロール出来ないことに。
 

主導権を握る側につく 
タイプの人は、 
嫌な事象を他者のせいにしがち。 
 

主導権を握られる側につく 
タイプの人は、 
自責を起こしやすいです。
 

どちらか一方の責任ではなく 
<どちらも、悪くない>
というところに立ったときに、 
 

新たな真実が観えてきます。

=======================

愛おしい人。
 

何もかもが、いとも簡単に 
話もツーカーで通じ合えて
そうそう!と 
相づちをうちたくなる人。
共感を抱く人。
 

そういう人といると楽しいし、 
癒されるし、
時間があっという間に 
過ぎてしまうくらいに感じる。 
 

自己肯定。安心。 
知っている自分の理解を深める。
 

それは 
自分にとって、お互いにとっての 
癒し。
 

愛おしい人。
 

何もかもが違っていて、 
何を言っているかわからない。
理解不可能、 
ありえないの連続の人。
嫌悪を抱く人。 
 

一緒にいて疲れるし、 
腹が立つし、 
顔を見るのも嫌だけど 
 

未知で刺激的で、 
研磨剤のように 
成長させてくれる存在。 
 

自己成長。不安。 
自らの未熟さを改善出来る 
チャンスの訪れ。
知らない自己を愛することへの 
誘い。
 

それは 
自分にとって、お互いにとっての 
成長。
 

これらは、 
どちらか片方だったり、 
両方が入り交じっていたり。
 

そうしながら、道は続いていく。
 

すべてが 愛なのだと 
知るために。

 
=======================

【好転】
 

私の中で 
ねじれていたものが
本来あるべき位置に 
戻っていくのがわかる
 

全てが祝福に満ちていて、 
好転に誘われていく
 

幾度も死に、 
もはや復活できないくらいに 
何もかもが無くなった時
 

人は 
新たな自分という 
生を
得ることが出来る

=======================

セドナから、帰ってきました
 

あまりにも 
色々なことがあって
一言で言い表すのは 
難しいのですが
 

もう一度生きるために
セドナに来たのだと 
感じています
 

自らの未熟さと課題を 
突きつけられながら 
 

存在たちの祝福を 
感じながら
 

新しい時代の幕開けを 
感じながら
 

共に生きる仲間たちの 
愛を感じながら
 

生きていこう!
 

そう感じています。

=======================

全ては自分
そういった言葉は 
溢れているけれど 
 

いざという時に 
本当に自分と
向き合う覚悟のある人は
一体どれくらい 
いるだろうか。
 

苦手な自分と直面した時
顔を変えても変えても
逃げても、逃げても
それは追いかけてくる。
 

例えば、 
心を開けば開くほど
母との関係性が現れたりして
母を通して 
嫌っている自分の側面が見えて、 
愛し抜くと次が現れる
 

玉ねぎの皮むきのように。
 

依存していたから。
というところだけが見えて
離れた場合、 
 

振り出しに戻る。
 

依存させた相手のせいだ。
として、 
他者のせいにするか。 
 

しなかったとしても、 
自立を勘違いして
事象として離れることで、 
解決しようとするか。 
 

それは根本的解決にはならない。
 

そこまで心を許せる相手としか、 
その課題を越えられない。 
 

自分が自分から囚われずに 
生きるには
何処かで誰かと再現ドラマを行い
超えるしかなかった。
 

受け入れがたい自分。
それはそれは手強い。
 

幾度、匙を投げようと 
思ったかわからない。
パターンを理解していても、 
細胞が拒否反応を示す。
 

それでも、私は最終的には
いつも逃げなかったし 
これからも逃げる予定もない。
 

それは、 
自由とは自分自身からの 
自由であり 
 

自立とは、 
物理的に離れることとは 
無関係だと思ってるから。
 

わたしを愛することが
一生続く 
わたしの仕事。

=======================

自分の未熟さと 
浅はかさに嫌気がさす。 
 

完全に倒れたり、 
逃げられたりすれば
楽だろうに、 
そうは出来きれない 
自分の性分を恨めしく思う。
 

他者のせいに出来れば 
どれほどか楽だろうに 

 
残念ながら、 
それは持ち合わせていなかった。
 

しかも 
身体の不調に出すという 
予定も持ち合わせていなかった。
 

芽を出したら、出した回数だけ
わたしは潰されて消えていく
 

楽しさと覚醒は、とても遠い。
 

それでも、そのことに
愛を感じずにはいられなかった。
というか、 
 

愛しかなかった。
 

そういえば、 
小さい頃気が狂った母を見て、 
自分の気も狂ってしまえば 
いいのにと、 
幾度もそれを願った。
 

母の呪詛を聞きながら 
どうして、 
気を狂わすことが出来なかった 
のか不思議だった。 
 

その時の気持ちに似ている。
 

セドナに来てから 幾度 
死んだろうか
 

わたしは、 
わたしに殺されていた。
 

生きる為に。

=======================

形に囚われるな
 

奥にあるものを観た時に
愛が観える
 

失敗も成功もなく
 

全ては必要な方向に
導かれるためのサイン

=======================

セドナ3日目
 

世界との関わりの中で 
感じたこと
 

☆深い悲しみや孤独、 
 深い憎しみを 
 自らが体験したからこそ、 
  

 それを活かすことが 
 出来るのです
 

☆今、種族や様々な違いを超えて、 
 自分の役割を責任をもって行い、 
 皆がマザーアースと1つである 
 ことを感じ、 
  

 共に協力する時です
 

☆多くの存在が祝福し 
 サポートしてくれていることを 
 感じてください。
 

☆スピリット、ハート、マインド
 3つのバランスが大切。 

  
 バランスを 
 それぞれが整えながら、 
 最善な組み合わせによって、 
 進んでいく 
 

 マインドだけで、 
 先頭に立って進んでいると、 
 マインドだけでは 
 どうにもならない局面が訪れ、 
 ハートやスピリットが代わりに 
 先頭に立つ。 
  

 他もまた然り 言い換えるなら 
  

 人間的覚醒と、 
 霊的覚醒と宇宙的覚醒。

=======================

昨夜は、悪夢。 
 

封じ込めていた記憶。
潜在意識と顕在意識の壁が、 
また1つ解き放たれて、 
自分を思い出したのです。
 

自分が高笑いしている場面。
 

セドナで何故か 
ホルスとハトホルのエネルギーを 
全力で注がれ 
 

自らの過去生。
エジプトの時
魔女だった時
アトランティスの時などが
思い出され
 

そして、 
まだ、ある側面において
自分自身を責めて 
許していなかったのだ。 
ということがわかりました 
 

一人立ちに踏み切れなかったのも 
その1つが原因。 
 

自分へ許可を出せなかったのです。
 

過去から解き放たれ
 

わたしはより
自由なわたしを生きていく
 

今日はベルロックへ

=======================

わたしは 
グループというものに 
関わる時。
新たなことを立ち上げる 
ところまでいられる人。
 

スタート。 
軌道に乗せるまでが 
一番多い仕事。
 

例えそれが誰であっても
なりふり構わず、 
その人の請願を生きることを 
現実化の力を使って 
推し進めてしまう。
 

目の前の相手を全力で愛し
その人の願いを叶えるために 
だけに動くのです。 
 

必要な人を 
全力で繋げたりもします
全てが軌道に乗って 
順調だと感じるまでが 
私の役目。
 

無事に立ち上がったら
私の役目は終わり 
という事が解ってしまう。
 

その間わたしは、自分の学び。 
まだ愛し切れていない自分を 
ひたすら愛する。
 

人間のわたしは 
順調になってからが最も 
楽しそうなのに、 
 

そこで去らねばいけないことに 
何ともいえないような 
寂しさを感じながらも、 
 

世界にとっての
「動き」そのものの私は、 
一つの所にはいり 
どまることはなく。
 

新たなところに誘われていく。

=======================

セドナ2日目
 

リーディングを受けて 
個人的に言われたこと
 

☆一人立ちの時です
 

☆あなたは自分の闇を 
 深いと思っているけれど、 
 闇は光でもあるのです 
 

☆人間には色々な 
 役割の人がいます。 
 葉っぱの人。茎の人。 
 種を蒔く人。 
 色々な人がいますが、 
  

 あなたは花です。 
 

 大輪のひまわりを 
 咲かせてください。
 

 貴方が花で在ることで 
 色々な人が集ってきます

 
=======================

セドナ1日目
 

今日の1日
メンターたちの言葉を
私なりにまとめると
 

「血を流し、生れ変わる」
 

「責任をとって生きよ」
 

「自らの価値を知り、 
 お金を循環せよ」
 

「過去を清算し、 
 新たなシステムを 
 つくりだしなさい」
 

「生きる覚悟はあるか」
 

でした。

=======================

セドナからのシェア
 

「我は何をする人ぞ」

=======================

何も知らない 
苦しみもあるけど 
 

何かを知ることで 
生まれる苦しみがある。
 

知らないって幸せなこと
あの時の私を見て、 
そう感じる。
 

だからと言って、 
私の場合
知ろうとせずには 
いられなかった。
 

今日は、何を知り 何を得て
そして、何を失うのだろう
 

決して知りうることの出来ない
という幸せを感じながら

=======================

望む 
ということは   
とても素晴らしいこと。 
 

そうでありながら  
望まない 
ということも  
とても素晴らしいこと
 

自らの魂の望みを  
自覚すればするほどに
 

望みが何なのか、 
全く知らなかったときも
 

ただ、 
魂の望みを生きてきた 
ということを知るのです。

=======================

未来っていうのは
観えても、 
決して楽しいこと 
ばかりじゃない
 

だけど、 
出来事自体に
良い悪いをつけなければ
選択肢が広がる
 

事象は変えられなくとも
自分はどうしたいか
 

チャンスが与えられる

=======================

全て事象は
繋がっている
 

例えそうとは 
見えなくとも
繋がっているんだ

=======================

自分はどうしたいか?
自分はどうするのか?
 

そこが今問われている。
 

他者は関係ない。
今までどうだったかも 
関係ない。
 

自分が 今 どうしたいか。
 

それだけだ。

=======================

【失望】
 

期待が大きければ 
大きいほど失望も大きい。
 

自分を確立する際に、 
自らが他者に 
勝手に抱いていた期待は、 
 

大きければ大きいほどに 
失望の大きさとなり
 

時に全てを揺るがすほどの 
否定と成り得り、 
全肯定から全否定への 
ギャップが起こる。
 

それは、ほとんど 
トランプゲームでいう 
大貧民の革命並みに覆る。
 

これは、良い意味で 
過度に他者に期待をしなくなると 
自分には起こらない。 
 

しかし、 
他者に起こりにくいように 
期待を未然に防ごうと 
自分の至らなさを出来る限り 
表現していても、 
 

全ては防ぎきれない。
 

自分より凄い人はいないと 
解るまで失望のプロセスは続く。

=======================

いつもいつも
自分にぴったりの課題が
目の前にあるわけだけど
 

難しいから、丁度いい。
簡単過ぎると、 
そもそも課題にならない。
 

絶妙に夢中になれるほどの
ものだからこそ、 
面白みもある。
 

そうしてみると、 
なんて面白い時代に 
生きてると思わないか?
 

そして、 
誰もが この世界で
自分という最高の役柄に居る
 

何と言っても
この姿、形、能力の全てを
選んだのは 
   

自分なのだから。 

=======================

欠乏、嫌いですか?
   

極度の欠乏は苦しいから、 
自分を癒し、満たし 
愛することは大事。 
 

でも、もし欠乏が 
一欠片もなかったら 
明日という 
いまは存在しないのです。
 

望めるって凄いこと。
願えるって素敵なこと。
 

望むとは、 
未知なるあなたを 
知ろうとしている証。

 
欠乏とは、 
絶対なる真実の自己への 
 

賛美。 

=======================

『わたし』は 
誰からも習えない。
 

そもそも、 
習う必要もなく  
既に在るもの。
 

習う必要はないけれど、 
自分を知らないと、 
活かせない。 
 

自分を知るって、 
とても深い。
 

ツールは、世の中に 
沢山あって、 
それも素晴らしいけれど 
 

自分自身を活かす人間力を 
身につけていったとき 
 

それは、決して失われない  
 

その人の土台となる。

=======================

全てにおいて 
 

自分よりすごい人なんていないの。
いて欲しい気持ちはわかるけど。
 

それでいて、同時に 
自分よりすごくない人もいないの。
 

わたしがメンターに求めるは
自分が学びたいことを学ぶため。
 

自分よりすごい人をつくって 
崇拝するためじゃない。
 

他者には、 
 

あなただって出来るよ
 

ということを伝えたい

=======================

【興味を抱けないこと】
 

あれがいい
これこそがいい
あの人がいい
とか 
 

一方の点の視座からだけの 
論議。
 

どれでもいいんじゃん
どれも素晴らしいし
それでいて、その人の 
好みや偏りとか全員あるし 
 

裏表どっちもあるしね。
いいところ取りって出来ないし。
 

でもって、 
どれでも良くない。ってのを 
抱くのもいいんじゃん
 

自分の方向性際立って
より自分を知れたんだから。
 

ドライかなあ わたし?
まあ、ドライなのもいっか ♡

=======================

【人と協力するということ】
 

既に完全である私たちは
個の不完全さを見つめた時
 

他者と協力しないと 
成し得ないということを 
知るわけだけど 
 

協力というのは、 
いつもいつも
良いことばかりじゃない。
 

お互いの違いによる 
やり方の違い。 
 

そこに関わる第三者が居ると 
尚更複雑になってくる
 

お互いに相手の苦情が 
寄せられ
お互いにやり方の違いに 
戸惑う
 

時に 
葛藤が生まれたりもするし
そういった1つ1つは 
一見、良いことには 
さっぱり思えないが
それこそが協力の醍醐味 
なのだと感じる。
 

1人では決して気付けない 
視点に気付けるからだ。
 

協力しない1人の自由さ 
ゾーンも楽しみつつ、 
協力を楽しんでいきたいな

=======================

【難しいなと思ったこと】
 

最近、 
私自身がより進化したことで
出来るワークの質が上がり、 
幅が広がりました
 

手を使わない場面も多々あるし
型があるワークではなくて
どんどんオリジナルでやって 
しまっています
 

そうなった際に、 
行ったワークをチャネリングして 
顕在意識で捉えて話すことを、 
あまり行っていませんでした。 

 
チャネリングすると 
チャネリング部分で 
消耗しちゃうから、 
その分出来るワークが 
減るのです。
 

そのように 
スタイルが変わったことに 
お伝えしてはいましたが、 
 

以前のように 
丁寧に説明してくれた方が 
良かったという声がありました。
 

前の方が良かった。 
今の私のやり方に価値を 
感じられないと。
 

難しいな。
マインドレベルで全てを知ろう 
ということを 
手放すということは 
とても難しいことなのかな。。。 
 

マインドレベルでワークの内容を 
全部チャネリングして 
説明していたら、 
一度のセッションで出来る内容は 
限られます。
 

いつもいつも 
その時の最善を行わせて 
いただくことしか出来ない。
 

だから、 
全ての人の求める声には 
答えられない。
 

そんな無力さを感じながら
それでも、 
今、目の前に来られる方に 
私の出来うる最大限を行わせて 
いただく今日。
 

得るということは、 
同時に何かを 
失っているということ 
 

そして、 
まだ得ていない今の自分だから、 
未来の自分には出来ないことが 
出来るのだと感じながら。
 

そうしながら、私は、 
歩みを止めることは出来ず、 
私にとっての最速で進化していく。

=======================

上手くいかない時
「完結」していない場合が 
多いと感じます
 

例えば、 
こんなに頑張っているのに
世界はどうして 
返してくれないの!
と世界を憎んでいたり
 

逆に、 
こんなにダメな私だから 
まだまだ頑張らないと 
世界は返してくれないと 
努力してみたり。
 

世界に対して、 
勝手に借金していたり、 
逆に貸している気分に 
なっていませんか?
 

本当は
「いつも与えているし 
 いつも受け取っている」
のです。 
 

「もらえなかった」
と思っていることがあるならば
 

「与えられなかった 
 ということを既に 
 与えられている」のです。
 

「あんなにあげたのに」
と思ってることがあるならば
 

「与えたという体験を 
 既に与えられている」のです。
 

「あんなにしてもらっているのに
 返せていない」
と思ってることがあるならば
 

「そんなに素晴らしいことを 
 するチャンスを 
 相手に与えていた」のです。
 

一度全部精算してみませんか?
 

「いつも与えられていた」し
「いつも与えていた」 
と知った時に、  
 

過剰に頑張り過ぎたり
過剰に罪悪感を抱いて、  
それに見合った 
自分自身が作った鎖から 
解放されていくように思います。

=======================

ねえ 知ってる?
 

本当に 心の奥の
「わたし」から
言葉が湧き出た時って
 

理由もなく   
涙が出るものなんだ

=======================

無くなってもいい
 

そう思えば思うほどに
そうして力を抜けば 
抜くほどに
 

わたしが現れてくる

=======================

与えることばかりが
愛じゃない
 

与えないことも
愛なんだ

=======================

違いだけに 
フォーカスしているときは、 
真実は見えない。 
 

違いの奥にある、 
同じを見つけたとき、 
真実が観える。
 

この同じとは、 
 

1つであるという
絶対的な真実のこと 
とも言えるし
 

他にも色々あって、 
例えば、痛みもまた 
違うように見えて、 
それは表し方が違うだけで
奥の思いは同じだったり 
するものだ。
 

同じを見つけたとき、 
違う。とか 
わからない。とかいう 
ところに留まらずに、 
 

わたしたちは 
同じ方向を向いていただけ 
なのだと知り、  
 

共に歩くことができる。

=======================

【声を大にして言いたいこと】

今の そのままの あなたそのものが
既に最高に価値がある存在なのです。

あなたは そのままで 素晴らしいのです。

そして、そのように既に完璧でありながら
成長と拡大そのものでもあるわたしたちは
変化し、進化していくのです。

=======================

世の中を歩けば
強風の風に感じるは霊の匂い
 

そうして濃くなる一方で
輝きもまた、負けじと高まり 
際立ちを感じる
 

こんなこと体験出来るのは
人間の今だけ
 

さあ、今日も会いにいこう
わたし自身に。

=======================

幸せを感じるとき
 

それは  
誰かを愛したい  
その愛が 
勝手に溢れてくるとき 
 

それは  
世界から愛されていると  
改めて感じさせられるとき
 
 
どんな形だったかは 
別として 
今までもずっと  
わたしは愛してきたし 
 

これからもそれは 
変わらない
 

どんな形だったかは 
別として
今までもずっと  
わたしは愛されてきたし 
 

これからもそれは  
変わらない
 

形は。 
より今の自分にとって 
相応しい形と成りていき 
 

そうして  
すべてのプロセスに 
愛を感じながら。
 

**********************
 

静止は終了し、始動へ。

=======================

すべてが 
無いときに
全体性が現れる
 

すなわち 愛が。

=======================

劣等感を 
どうにかしようと
思うから、 
何も変わらない。
 

着目している視点が、点。
極だからだ。
 

劣等感が存在している 
ところには同時に 
優越感が存在している。 
 

それを直視して見定めて
はじめて本体そのものを  
丸ごと観ることが出来る。
 

これの方が良い。と言った 
瞬間に
あれの方が良い。という 
世界も生み出している。
 

どこまでいっても
弱さは強みだし、強さは弱みだ
   

個としての 
独自性を確立する際に
自分を際立たせることは大切で 
素晴らしいことだけれど、 
  

他は素晴らしくないという 
視座に陥るとき、 
それは優越感ではなく 
劣等感ということを 
同時に表している。
 

個ということが 
際立っていく際に
あれも、これも、どれも
美しい。 
 

そういった視座を同時に養い 
身に付けることで、 
内なる平安は生み出される。
 

この視座は、 
善悪というような視点では 
捉えられない。 
 

視点からは、 
全体像が把握できていない。 
 

もっとアーティスティックで 
音楽とか絵とかリズムとか舞とか
そういった 
「美」というところから 
それは観える。
 

それは、 
そういう視座を持たない 
人のことも、それはそれで、 
その人らしく美しい 
ということが 
観れるということだ。
 

見事な調和に居るとき
劣等感も優越感の 
どちらも存在しない。

=======================

違いを愛する
 

真にこれを生きる 
というのは
時に簡単なことではありません。
 

違いがあるときに、 
考え方や価値観の違いから
不平等と思えることもあります。    
 

他者をとことん理解した時に
自然と不平等ごと 
受け入れることができ 
 

自分自身が 
理解そのものであるのを 
体験するのです。
 

不平等さを、 
我慢や犠牲と感じるならば
不平等を平等にする方向で 
動くのはとても健全なことですが、 
 

相手が変わらず平行線の場合
自分の責任の元に、 
その不平等ごと受け入れるという
選択も存在します。
 

そして、 
そもそも不平等さとは  
 

一見、 
不公平に見えるだけであり、 
いつもいつも 
わたしたちは平等であること、 
それ以外にはないところを見れると
 

世界を憎む必要がなくなります。
不幸なわたしが存在しなく 
なるから。
 

自分という 
鏡が映し出された世界を見て
醜いと思うか、美しいと思うかは
 

自分次第なのです。

=======================

いつもいつも
全ては愛の元で

=======================

最近、 
独り言を言ってる感が
強い感じがしています
 

誰と話していても
独り言のような感じ。
 

「この人が」「誰が」
という固有名詞だけで 
終わらせる視座に違和感
 

言ったり聞いたりしている 
段階で漏れなく自分の課題でも 
あるだけだから
 

どんどんスピードが増して 
自由度が増していく中で 
何を選択していくか。
 

何でもありの中で、 
どう生きるか
 

それを問われています。

=======================

ひとつ解ったこと。
 

わたしはとても愚かで、 
未熟な存在だけれど 

 
今できる自分の最善を、 
すべてのわたしに
いつも全力で行っていて、 
 

そのことは 
今までもこれからも 
決して変わらない。 
ということ。
 

すべては、 
光と影が同居する 
平等さの中
今までの最善と、 
新たに見えてきた 
これからの最善の狭間の中で、 
 

わたしの葛藤している姿に 
愛を感じると
 

ある方がお伝えして 
くださったことに、
 

己の葛藤すら 
愛おしく感じる 今
 

人間で生きることの 
矛盾を抱えながら
どれをとっても正解ということ 
だけにはならない世界の中で
 

何を表現していても、 
そこに自然と愛を見いだせる 
存在で在りたいと
 

そう感じています。

=======================

行動。から 不行動へ。 
 

外へ動いている状態から 
静止するとき。
 

その時、 
何もしていないようでいて
自分に起こっている状態を 
見極められると
 

その時にこそ、 
最も動いているということを 
知ることができます。 
 

特に、 
行動していない自分に 
否定感がある人は
自分に起こっていることを 
よく認識し  
見定めることが出来れば、  

 
動いていない自分への 
否定は生まれない  
ということを
覚えておくとよいでしょう。
 

それは、例えば 
「やりたいからやる」という 
思いだけで取り組んでいた 
はずだったことが
 

いつの間にか 
「やらなくてはならない」 
というような思いが
混ざってきていることに 
気付いて、過剰の部分を 
削ぎ落としてみたり 
 

やりたいと思っていたの 
だけれど、 
もっと他のことがしたいの
だということに 
気付いてみたり、 
 

惰性で動いていた何かから 
卒業したいのだと知ったり、 
 

新たな何かに 
挑戦したいのだと 
知ることだったりする 
からです。
 

それは、 
旅をするときの経由地に 
似ています。 
 

例えば、 
東京からハワイへ行こうと 
思っていたとして
今、台北の乗り継ぎ地点に 
いるとします。 
 

台北についた時点での気持ちを 
確かめているのです。  
 

やっぱりハワイに行きたいのか。
それとも、 
イスラエルとエジプトに 
行きたくなったのか。 
 

ハワイには行くけれど、 
先にニュージーランドに 
行っておく必要があるのか。 
 

行き先は変わらずハワイ 
だけれど、 
台北で荷物を整理して
少し捨てていくのか。逆に、 
台北で必要なものを買い足すのか。
 

止まったからこそ、 
吟味することができます。 
 

そうして、 
角度や方向を変えたり、 
乗り物を変えたり
荷物を整理したりすることが 
できます。 
 

そしてそれは結果的に、 
方向を間違えたり、 
不足や過不足といったことに 
ならないために、 
自分が無駄足を踏まないために
とても必要なことなのです。
 

そうして 
「静止」しているとき、 
内側がもの凄く動いている 
ことがわかります。 
 

現状と本当に向かいたい 
行き先のギャップを感じて
違う。という思いや、 
その差に、苛立や怒りを 
感じるかもしれません。 
 

苛立や怒りは、 
自分が本当にしたいことを知り
向かいたい方向に進んでいく 
ときの原動力にもなっている 
のです。
 

こうして、動けていない。 
静止のときにこそ。
 

本質である内なる宇宙は 
激動しているのです。

=======================

昨夜 夜中に 
朧げな意識の中。
自分の身体の痛みが 
鮮明にマップのように
見えました。
 

ここも。あそこも。 
そしてそこも。
体中に散りばめられた痛みが
癒されることを欲しているのが 
わかります。
 

どれほどまでに、 
わたしは傷ついて、 
癒しを欲しているのか
体中で感じてみました。
 

普段、 
顕在意識で認識できない領域に
痛みが潜んでいるのです。 
 

いうなれば、 
顕在意識ではなく潜在意識の方に
それはあるのです。
 

これは、 
潜在意識と顕在意識の領域が 
融解すればするほどに、 
認識できるようになってきます。
 

全く痛みがない人など、 
存在しなく
 

もし、 
自分とは関係ない。とか
自分は、痛みなど存在しない。
と感じているのであれば、 
 

鈍感さを使って 
まだ自分の感覚に気付いて 
いないだけかもしれません。
 

昨日の話と、 
矛盾しているように 
思えるかもしれませんが
わたしが話したいことは、 
ポイントで見ると矛盾に満ちて 
いることも多いのです。
 

自らの感覚を研ぎすませて、 
身体の痛みを知ることは
とても大切なことだと 
感じています。
 

ですから、わたし自身が 
癒しを受けなくなることは 
ありません。 
ずっと自分を癒していくのだと 
思っております 
 

ただし、わたし自身が 
提供していくことに関して
それをメインで行っていくか 
というと、 
そうではない感じがあり
 

それが昨日の思いと 
つながっています。
 

新たな痛みを生み出さない  
という予防を 
わたしは行っていきたい 
のです。
 

時間という概念を 
取り払ったとき、 
治療と予防は同じこと 
だからです。
 

そんな渦中において、 
昨夜、わたしは 
わたしにきいてみました。
痛みがある利点です。 
 

そうしたら、 
絆創膏をはってもらって、 
ぽんぽんとしてもらえる
 

痛みの分だけ 
『いい子いい子』 
してもらえる。
あの時の感覚に似た感じを 
得たがっているのがわかり 
ました。
 

潜在的に、 
痛みを同居している 
ということは、 
何処かでその痛みが 
「いい子いい子」 
してもらえることを 
引きつけられることが 
わかりました。
 

それを引きつけられる 
確信があるということは
本当は傷ついてはいない 
ことや、 
 

傷は、 
いつかは必ず傷が癒される 
ということを知っている。 
そんな感じでした。
 

こういう話をすると、 
インナーチャイルドが 
病んでいる。とか 
自分はもういい大人なので、 
「いい子いい子」 
なんて無関係だ。  
 

自分は自立しているから。 
と思われる方も 
いらっしゃるかと思いますが 
 

これは、 
そういったニュアンスや、 
次元の話ではないのです。 
 

わたしたちという存在自体が、 
神の絶対的な孤独から生まれ、 
 

その孤独さをそれぞれが抱えて 
生きているとするならば、 
 

それは生きているだけで 
潜在的に生まれる願望と言っても 
過言ではありません。
 

そうすると、 
皆傷だらけなのも、納得ですが
 

それぞれが、 
本当の自分を思い出し、
 

傷が今ほどにない 
状態であっても
どの自分自身も大切にして、 
優しく思いやりを 
自然と持てれば
世界は変わっていくのでは 
ないでしょうか。
 

そういったことを自覚して 
生きていると
今までつけた分を解消して
 

ここから傷として、 
自分につける必要が 
あるのかどうか
選択していける余地が 
広がる気がしていて
 

それによって、 
今ほど自分に 
傷を課している状態を
終わりにしていけると 
感じています。

=======================

幾度  
わたしはこの人生で死に
 

そして 
生まれ変わっていく 
のだろうかと思う。
 

アイデンティティの 
崩壊と再生。
 

心に嵐が訪れ、 
激しくわたしがわたしを 
破壊する。 
 

そうして、凪が訪れたとき、 
わたしは生まれ変わっている。
 

その度に、 
わたしはよりわたしを知り
静寂の中で 
わたしはわたしに歓喜する。

=======================

凄くバッシングも 
生まれそうな投稿に
なりますが、お手柔らかに。
 

「癒し」について 
疑問に感じるところあり。
 

プロセスの途中で、 
時に癒しが必要なことも 
あるのは凄く解る。
 

でも、 
「全ては自分が創造してる」
の立ち位置に立つと、 
 

どうしても癒しというよりも
「変容」とか、「受容」という
ニュアンスの方がしっくりくる
 

「癒されなければならない 
 ほどに傷ついた」という 
被害者が存在しないと、 
癒しという感じにならないから。
 

分離が激しい段階では、 
癒しでなければ 
受け入れられないけれど 
 

同一になればなるほどに、 
シンプルに変容という 
感じの方がしっくりくる。
 

可哀想な私が存在しないから。
 

地球も同じで、悲しいとか
怒りとか、
見返りを得られなかった
被害者意識が強い 
 

痛みがあるということ自体が
そもそも愛を限定し、  
勘違いしているわけで、 
 

愛を得られていない時など 
一度もない 
というところに立たないと 
本当の意味での解決など 
しないのではないだろうか。
 

そんなことを感じています。
 

セドナから帰ったら、 
「癒さないヒーラー」の 
ネーミングでブログでも 
書き始めようかな。。。

=======================

その時々の真実は
確かに真実なのだが
 

ヴェールが幾層にもかかった 
状態で見る真実とは危うく 
朧げなものだ
 

ヴェールが剥がれる時。
全てのことが繋がってくる。
そうして繋がった先に 
新たな真実が 
浮かび上がってくる
 

ヴェールは、例えば
存在意義を求めること 
からの脱却。
トランスファレンスの 
自覚と解放
 

ヴェールは、例えば
切り離して認めたくない自己
シャドウの自覚と受容
 

ヴェールを取り外していく方法は 
 

【全ては自分が創り出している】
 

【全ての行為は、そこで完結している】
 
 
【全てはわたし】 
 

によって  
取り外すことができる。

=======================

自分にとっての真実を
生きていった時
 

様々なジレンマが起こる 
こともありますね。
ジレンマって 
結構モヤモヤします。
 

ジレンマって。
「自分にとって、 
 譲れない大切なことが 
 2つもある」
場合に起こったりします
 

そんなに大切だと思えることが
世界に、2つもあったのだから、 
 

違う角度から見ると 
幸せってこと。
 

大切なことが何かというのは
さほど問題ではなく
 

大切なことが有ること 
自体に感謝。

=======================

小さい頃から  
謎を解くのが好きで
推理小説を読むのが 
大好きでした。
 

自分の人生においての 
謎の答えを進んでいるような 
気がしています。
 

問いが生まれたときに
同時に答えが生まれていて
 

誰の答えでもなく  
何処に書いてあるのでもなく
自分の答えを体感して、 
生きるのは面白いです。
 

面白いって思えなくなる 
ことも沢山ある中で
これは、面白いって思えて楽しい♡
 

無意味さの中で、 
どんな意味を見つけてもいいけれど 
 

どんな言葉も。どんな行為も。 
何もかもが
ただ『愛してる』って 
囁いていて 
 

何をやってもいいけれど
やっぱり人間としての 
自分の好みがあるから
それをやってくのだと思います。

=======================

いつも 他者は
自分の目線を通して 
あなたを観ているから
 

真実だとか  
本当はどんな気持ちで 
それを行ったか
そういったことは、 
わからないし
わかりようもないのです
 

自分だけは、 
いつも自分を見ることが 
出来て、理解することが 
できます
 

孤独さと 
オリジナリティーが 
同一であるとするならば
 

人は神の絶対的な孤独に  
魅かれてしまうのでしょう
 

触れ合える奇跡を 
慈しみながら。

=======================

覚醒って
蟻地獄みたいだなあって
思います。
 

こういうと、皆 覚醒に 
興味なくなっちゃうかしら? 笑)
 

でも、蟻地獄みたいに 
続くものだと自覚があれば
はやくゴールにたどり着きたいとか
そこに達しようとする苦しさは 
抱くことがなくなります
    

例えば私にとって、 
覚醒は趣味のようなものなので、 
ずっと続ける際限のない  
自己との関わりという感じです
 

覚醒のプロセス自体に 
興味があるのです。
 

課題をなくしたいとか
苦しみを消したいと思っての 
動機だと、 
続けることが出来なくなって 
くるような気がします。 

 
その時々の喜びと 
その時々の課題が、 
ただ在るだけだったり 
するから。
 

そうでありながら、 
超えてくると 
以前と同じ課題や苦しみは 
起こらないというのも事実。 
 

興味の持てることが 
少なくなるけど笑)
良くも悪くも後戻りが 
出来ないです
 

幸せとは、自分を知り、 
体験出来るということの
すべて

=======================

統合していく 
プロセスにおいて
 

誰かという人を通して
受け入れがたい 
自分自身の一側面の
 

悪口を聞く機会があったり
悪口を言う機会があったり
 

もしかしたら 
悪口大会になったり?
悪口言わなかったとしても、 
こっそり腹がたっていたり。
 

そんなことも、
時には起こるけど
いつも自分が聞く必要が
あって聞いてるし、 
その場にいる必要があって 
居るものだとつくづく思う。 
 

自己を受容できず、 
不満があるから起こるの 
だから。
 

統合されていけばいくほどに
そういう場面に出会わないし
自分もそういう場面を 
つくりださなくなってくる。
 

正しい間違ってる 
という世界では
争いしか生まれない。
 

あの人が。
という目線からは 
他責しか生まれない。
 

そこから脱却し 
統合していくのは
自分自身以外に存在しない。

=======================

物事って、本当は
フラットだから
 

自分の想像とは 
違っていて
実際に起こってみると
素敵なことばかりでも 
ないし
 

損だとマインドが 
思ったとしても
そこには 
恩恵も必ずあるもの。
 

だから 
メリットデメリットに 
照準を合わせずに
 

自分の気持ちに正直に 
生きてみる生き方も、 
 

1つありなんじゃ 
ないかと思うのです。

=======================

失うことを 
恐れていては
 

自分が本当に 
やりたいことなど
出来ないのさ

=======================

誰かがいて 
触れ合えるって
凄いよね
 

ずっと 
愛し合ってきたし
これからもずっとそう
 

私自身と

=======================

目の前のわたしに
今出来うる最善を
行わせていただこう
 

今までも
これからも。
 

そんな風に
ただ そんな風にだけ
感じる午後。

=======================

約束って難しいなって 
思います。 
 

その時は、そう思ったのも 
真実なのだけど 
 

今この時になってみれば、 
そうではなくなった。
ということは、 
あることだから。 
 

それが、囚われない生き方。 
流動性ということ。
 

だから、 
約束に縛られる必要も 
ないけれど
 

それが完全に 
なくなってしまうと
何を、どう信じればよいのか 
わからなくなるので
 

関係性を築いていくのは 
難しいですね。
 

この辺り、 
バランスが大事かなって 
思います。

=======================

ドッペルゲンガーのように
自分の他に、 
もう一人自分がいたら、 
どう思うでしょうか?
 

そんな目線で 
自分を見てみると
自分に対する他者の反応に 
大共感出来たりします♡ 笑)
 

もし、友人とか、家族とかに
自分がいたら。 
 

独自色強くて、 
話し出すと止まらないから、 
時に聞くのが面倒臭く 
頑固だから困る時あるけど、 
 

ユーモラスで頼りがいがあって、 
未知の世界に導いてくれそうで 
一緒に過ごしていて楽しいかな。
 

もし、自分が 
自分のメンターだったら、 
同じ立ち位置に立ってるので
気負わずに、気取らずにいられて 
 

自分では気付けなかった視点を 
教えてもらえて、 
色々な情報を教えてもらえて、 
話し易くて、親身になって、
いつも、全力で 
愛してもらえて嬉しいかな。 
 

でも、 
フレンドリーな感じなので 
友達になりたいと感じるけど、 
友達にはなれないので、 
金銭を伴うところに葛藤が 
起こることが時にあるのかも。
 

自分が自分のライバルだったら。
 

一言で言うと最悪かな 笑)
正論過ぎて一つも穴がなく、 
隙がないところが、 
めちゃめちゃムカつくし、 
 

努力して達成していく人なので、 
その裏の努力が見えないと、 
いつも要領よく 
良いところを持ってっちゃうって 
感じがするし、 
 

全てにおいて 
スピードが速いので 
追いつけない感じがする。 
 

群れるのが嫌いで 
個別行動多く、 
いつも注目を浴びてる。
ああ。。。やっぱり最悪 笑)
 

どのポジションに 
わたしを立たせるかで、 
わたしは誰かにとっての 
最高にも最悪にも成った。
 

みんなは、 
自分がもう一人いたら
どう思う?

=======================

喜びは 
自分を教えてくれるが
 

混沌と苦しみの中からしか
見出せない自分がある
 

漆黒の闇の中でしか
瞬く星が煌めかないように
 

夜にならないと
視えないものがあるのだ
 

すなわち、 
喜びという昼は
自分そのものの明るさを知り
 

混沌や苦しみは
自分の輪郭を教えてくれるもの
 

混沌と苦しみを嫌うことなかれ
 

苦しみを嫌うところに 
苦しみがあるのだから

=======================

好きと嫌いは同じ。
他者のものとしている 
ところが。
 

愛するとは、 
自分にあるという感覚と 
共に在ること。
 

愛し合うとは
お互いに自分の素晴らしさを 
祝福し 
 

受け入れがたいところを、 
自分のものとしながら 
受け入れていくプロセス。

=======================

大好きだらけのひと。
それは居心地がいいですね
 

でも、 
自分自身を広げるには
大好きだけでなく 
 

大好きの中に 
大嫌いが混ざってる人
この人が一番 
自分を成長させます。
 

何故なら 
愛そうと努力するから
そして、自分自身では 
受け入れられなかった 
自分自身を 
その人を通して、 
愛していけるから。
 

課題も同じ。
課題を浮き彫りにしてくれる 
相手は、最大のチャンスを 
与えています 
 

情けない自分も感じるかも 
しれないけど、 
心を開けないと 
課題として見れないものです。
 

情けなさとは、 
ずっと抱えてきた 
自分の問題と向き合える 
という合図なのです。

=======================

貴重さ。
 

本当は、今の自分の状態が 
一体どれほど貴重なのか 
知っていたのだと思うのです。
 

過去の自分は。
 

あれほど望んだ状態に
今なっているというのに。
 

でも、その状態が 
当たり前になって
未来という欲望だけに 
目が向けられたとき、 
 

今の素晴らしさが 
色褪せてしまうのだと 
思います。
 

そして、 
自分だけで成し得たという
錯覚という傲慢さに立ち 
感謝を忘れるのです。
 

今という時の 
尊さを感じながら
自分の未熟さを感じながら
未来の創造を楽しみたいと 
思います。

=======================

恐怖が解放された時に
離れていくもの
 

見返り 期待 依存

=======================

マザーテレサのことばが
胸に沁みる
 

いつもいつも
自らの行為だけで
完結しているのです。
 

愛するというところで。
終わっています。
 

それが全てなのです。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

人は不合理、
非論理、利己的です。
 

気にすることなく、
人を愛しなさい。
 

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをした
と言われるでしょう。
 

気にすることなく、
善を行いなさい。
 

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に
出会うことでしょう。
 

気にすることなく、
やり遂げなさい。
 

善い行いをしても、
おそらく次の日には
忘れられるでしょう
 

気にすることなく、
善を行い続けなさい。
 

あなたの正直さと
誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう
 

気にすることなく
正直で誠実であり続けなさい。
 

助けた相手から
恩知らずの仕打ちを
受けるでしょう。
 

気にすることなく、
助け続けなさい。
 

あなたの中の最良のものを
世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。
 

気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい。

=======================

さあ。 
宇宙元年のはじまり。
この時期に 
ロケットスタートしてみる?
 

ドラゴンと共に 
自由自在に人生を謳歌し 
躍進したい人はこちら♡ 

=======================

3/27に  
カウンセリングスキル講習を 
行います♡
リクエストをいただいており、 
残席1名様です。
 

-考えるカウンセリングから 
 感じるカウンセリングへ-
 

聴く。
とてもシンプルでありながら、 
シンプルだからこそ奥深い行為。
 

目に見える、 
耳に聞こえる動作としては
シンプルであるからこそ、 
それ以外の側面。 
 

エネルギーレベルでの 
対話力というものが 
とても現れやすいのでは 
ないでしょうか?
 

わたしたちは、 
普段会話を行う際に 
与える影響力は
言語の部分だけではなく、 
エネルギー同士で対話している
部分がとても比重が多いのです。
 

聴く。という 
沈黙の行為の中で
エネルギーレベルで 
対話をすればするほどに
見た目では関係ないレベルでの 
共感や安心感が生まれます。
 

この講習では、そういった 
エネルギーレベルでの 
対話力が行えるように、 
能力をひらいていきます。 
 

また、 
カウンセリングを行う際の 
基礎、エッセンスを 
お伝えしていきます。

=======================

誰かにとってのタブーを  
わたしが自然と行っていて。
 

そして、 
その人がそれを観たときに
そのタブーをしてもいいんだ  
って思えること。
 

それをすることを許せること。
 

それは、 
自由になっていくってこと 
なんだなあって思うのです。
 

そして、 
わたしも、同じように。
誰かにタブーを広げて 
もらっていて。
自由になっていってます♡
 

愛だよねえ♡

=======================

心地良いものだね。
気に入られようと 
しなくてよくて
 

期待に答えようと 
するのでもなくて
 

ただ 感じたことを 
お互いに言い合える 
仲ってのは  

 
幸せ♡

=======================

真に自立することとは。
 

サポートを 
受けないわけでもなく
協力をお互いに 
しないわけでもおなく 
 

頼りすぎて、 
自分では何もしない 
わけでもなく 
 

期待や、 
評価を感じることなく
 

愛し合うことなんだ。 
 

同じ木の。花同士で。

=======================

人生は、冒険そのもの。
どんな冒険をするかは、 
人それぞれ。
 

1つの町で留まる人もいれば
色々な町や、森や、 
海を観に行く人もいる。
 

名残惜しさという 
愛しさと共に
また、新たな場所に旅立つ。
 

いつでも何でも出来る。 
という創造力と共にあるとき、 
今を存分に楽しめる。
 

変えたかったら、 
いつでも変えられる。
という自由と共にあるから。
 

逆に、何でも出来る。という
創造力と共にないとき、 
今を存分に楽しめない。 
 

変えたくても、変えられない。
という不自由さも選択できる 
自由が世界にはあるから。
 

さて、 
ここからどうするかな。
この冒険は、 
いつでも、身一つ。
ずっと共にあるのは、 
わたし自身。

=======================

1つ
とても確かなことは
 

いまのわたしが
最も本質的なわたしで
最も温度が高いわたしで
最も愛に満ちているのだから
 

景色もまた
それに連動する以外には
見当たらないのです。
 

愛してるよって
世界が囁きかけて
 

その度に 
わたしはわたしを
思い出すのです

=======================

自身の誓願を生きれば 
生きるほどに
もっと自身の本質の誓願へ
もっと深い自身の中心へ
誘われていきます。
 

今までのわたしは
オリジナリティに満ちた 
社会的リーダー育成。 

 
宇宙的視座に富んだ 
カウンセラー、 

 
ティーチャーの育成。 
 

高次元意識に拓けた 
自立促進型ヒーラーの育成。 
 

次世代型の自由自在な 
生き方の提唱等を行って 
きました。
 

これからは、 
そのレイヤーも行いつつ 
恐れを解放して参ります。
 

私のように実現力 
行動力のあるタイプの人は、 
一見恐れとは無関係に見える 
かもしれません。 
 

ガンガン仕事も出来る 
感じのタイプ。
けれどもそういう 
タイプの人は、 
裏に恐れがあるのです。 
 

承認欲求も 
愛を欲して甘えるのも、 
元を辿れば同じこと。
 

外に過剰に求めることを 
終わりにしていくには、 
どちらも恐れ自体の解放が 
必要なのです。
 

幼稚園の時、 
わたしはミッション系の 
幼稚園に通っていました。
病気でお休みしている間に 
決まっていた 
アドベントの劇の役は 
天使の役。
 

わたしの台詞はただ一つ。
 「恐れることはありません」
という台詞でした。 
 

恐れの意味すら知らずに、 
その台詞を幾度も幾度も 
繰り返し、 
実際にその役を舞台で 
行った際に 
とても崇高な気持ちに 
なったのを覚えています。
 

その役を行うために 
わざわざ恐れが物凄く多い 
肉体を選んで 
そこから脱却していくことを 
自身に課したわたし。 
 

自身のこの誓願は  
随分前から知っていたし 
目の前には、 
私にぴったりの最高のツールが 
用意されていたけれど、 
中々実行するところに行き 
きれないでいました。
 

ようやく。ここに立てた。
自らの恐れを超えて。
 

シンドラーのリスト
レミゼラブル
 

わたしのバイブル。
 

時は来たり。

=======================

恐れているときとは
自分ではないものが 
世界にあると思っているか。 
 

自分が創造していないと 
思っているか。 
 

自分は創造できないと 
思っているか。
 

つまり、  
責任をとっていない 
状態なのです。

=======================

覚醒って
自分以外の全てを失っても  
いいって常々思えないと 
していけないなあと 
つくづく。
 

ちょっと覚醒して、 
スピリチュアルの仕事で 
影響力もって稼げる 
ということと、 
 

覚醒していくって 
いうことは全く別モノ。
 

それを自覚して 
仕事に向き合うといいと 
思います。 
 

そうじゃないと、 
稼げるような現状を 
失いたくなくなるものだから。
 

いつも、 
すべてを失ってもいいと 
思えているかどうか。 
 

そもそも、 
景色を所有することなど
出来ないのだけれど。

=======================

こだわりを捨てたとき
新たな道が見えてくる

=======================

人生の学校
オープンクラス 
ありがとうございました〜♡
 

来てくださった方々の 
お話の重なり具合が 
半端なくてとっても
楽しかったです♪ 
 

お写真撮るのを忘れた 
ことだけが残念( ; ; )
 

随分笑いが多い会でしたね♪( ´▽`)
 

このテーマって 
幾らでも話すことがあって、 
お時間が過ぎるのが 
あっと言う間で 
話し足りなかったので、 
 

同じテーマで内容違うもの。 
次回4月は 
好きなことばかりして、 
ありのままを生きているだけで 
世界に愛されてしまう人の 
ヒミツPart2を4/26に 
行わせていただきます♪
 

お楽しみに♡

=======================

恋愛や、他の誰かに甘えて 
愛が欲しい。という気持ちと 
 

お金や、権力や 
地位や名声を得て、 
認められたい。という気持ちは
 

異なるようにみえて、 
元を辿れば同じ。 
 

どちらか一方に 
ハマっている間は、 
逆側はニセモノのように 
汚らわしく、そして、 
自分と同一とは観えないもの。
 

元を辿ったときに観えてくる。
そんな感じの話もしてみようかな。。。

=======================

朝起きたら、 
わたしが知りたかった 
様々な答えが降り注ぐように、 
一気にわたしに届きました。
 

今日はオープンクラスの日。
このことまで、お話するんだなあ。。。
 

二元性は消え去り
すべては愛の元に。

=======================

一生懸命 
努力して努力して  
自分を取り繕って
そして時には無理をして 
生活をしていく人生から
 

好きなことばかりして、 
ありのままを生きているだけで
世界に愛されてしまう人生へ
 

人生の学校3月オープンクラス。 
明日3/15(日)です。
次回は、4/26(日) 

かなり日程的に間が空きます。
 

ご縁のある方に届きますように〜♡

=======================

ドラゴンマスター講習、横浜。
皆様からお申し込みをいただき、 
3/31 残席1名様です♪ 
 

春分から、一気に 
スタートしていく今年。 
 

何かをはじめていくには、 
絶好の時期です。
ドラゴンと共に、 
躍進されたい方どうぞ♡

=======================

お金の制限があって、 
何でも好きなことを 
出来ていなかったときは
 

何でも好きなことが 
出来るようになることが 
当面の目標だったりします。
 

自分が喜びと感じる仕事をして
そういった仕事をしながら、 
好きなことが好きなようにできて
好きな人たちと愛し合えたら 
どれほど幸せだろう。
そんな風に思うものです。
 

我慢を沢山してきたなら
ワガママだったり、 
贅沢をするというのは
とても大切なことです。
 

そうして、 
どんどん制限がなくなり
自由に生きだしていって 
満たされ、
お金というところに 
囚われないで生きるように 
なっていったり 
 

自分の承認欲求が 
満たされてくると
生き方自体が、 
少し変わってくるように 
思います。
 

色々やりたかったことを 
やり尽くしたり
どんどん当たり前に 
出来るようになっていくと
 

<量より、質>
<大きさより、質>
に興味を抱いていくような 
気がします。
 

例えば、仕事であったら、 
お金に対して 
不十分と感じているときは、 
とにかくもっとお金自体が 
欲しいと、 
そう思うものです。
 

しかし、充分になってきて、 
承認欲求自体も
同時に満たされてくると、 
規模ということだけで
動くことはなくなっていって 
いきます。
 

あんなに沢山欲しがっていたのに
そんなに量はいらなかったと 
気付いたり
 

規模は、自分に見合った規模で 
楽しいと思えるかどうかが
重要であり、 
 

自分にとっての 
最善を考えるようになります。
 

わたしは、 
今 何がしたいだろう。
ということが、 
より鮮明に重要になってきます。

=======================

良い人間になろうと 
するんじゃなくて
 

『自分が自分らしく 
 生きること』
 

そうしていったときに
自分にも世界にも 
優しくなれるんだと
そう思うのです

=======================

成長が、進化が 
ストップするのは
『自分で出来る』 
というところばかりみて
傲慢さと共にあったとき 
なのだと思います。
 

さすれば、 
進化とは常に己の 
『未熟さ』を見続けること 
なのです。 
 

出来るほうの自分を見て、 
自分の成長と自信を感じる 
ことは素敵なことですが、 
未熟さを見ることを 
失ったとき、
進化路線から外れます。
 

特に、 
自分が提供側に立ったときに、 
未熟さを見たくなかったり
未熟な自分を誰かに知られたく 
なかったり、 
 

そんな気持ちが
湧いてくることはあるものです。
そうして提供するだけになるか、 
逆に受け続けるだけに留まるか。 
 

そうではなく両方 
同時進行で行うことが 
重要になってきます。 
 

けれど、これを本当に 
実行している人が 
どれほどいるだろう。
と思います。
 

なぜなら、 
わたしたちはいつも、 
『出来る人間』というところに
価値があると教え込まれてきた 
のであり、 
 

例えば 
ビジネスシーンにおいても、 
出来たり出来なかったりする 
ことを現すのは、 
簡単なようでいて、 
難しかったりするからです。
 

わたしは、教える立場も 
行っていますが
同時に、とても未熟で 
知らないこともたくさん 
あります。 
 

真面目で成長意欲の高く 
スピードを兼ね備えていますが
時に傲慢さに立ちやすい 
傾向にあり 
 

そういったところで、 
いい意味で、 
自分自身を信用していません。 
 

何でも自分の力で 
成し遂げようとする自立心は 
バランスを間違えると
 

他者には頼らず、 
何でも自分でやろうとする 
ということであり
偏った自立になりやすいのです。 
 

対策としては、 
必ずメンターのサポートを 
定期的に必ず受けるように
しています。
 

逆に言うと、 
自らの傲慢ささえ、 
克服すれば
マイロードから大きく外れる 
ことはないとも知っています。
 

未熟さは、 
自分の成長余地を教えて 
くれるもの。 
 

そして、 
未熟さを見つめることが 
できれば
 

誰かから、自分は 
自分の想像を絶するくらい 
とても愛されていて
見守られながら、 
 

こんなにも宇宙から 
愛されているのだと
感じることができるのです。
 

他の言葉で現すならば、
『感謝』が沸き起こるのです。
 

感謝とは、 
傲慢の中では生まれず。 
 

未熟さを感じたときに 
生まれるのです。

=======================

何処かに 
いきそうになっている 
わたしを
 

わたしは、こっちだよ。 
って導き 
 

こっちだよ。 
って導かれていた。
 

わたしよりも、 
より世界がみえる人に 
導かれながら 
 

わたしもまた、 
わたしがみえる世界を伝える。
 

暗がりの中、 
彷徨っている自分への伝言。

=======================

3/11 
 

生きる。を教えてくれる日。
 

死を見ずして、 
生きることなど出来ない。
 

死というのは、 
二元性の極みだ。とそう感じる。
 

だとすれば、 
本格的に二元性を終わらせて 
いけばどうなるか。
ということも、自ずと解る。
 

どんな風に誰かに笑われようとも
二元性を終わらせることに 
私は本気で
 

これからも、 
わたしを、世界を 
解放していくのだ。と思う。
 

統合、解放、自由、再生
 

そして 愛。

=======================

これでもか。
というくらいに、 
幸せが訪れてきています。
世界に愛されまくっちゃって 
おります。
 

こんなにも幸せ。。。(*´∇`*)
幸せになる秘訣は、 
とてもシンプルです。
 

『自分自身の幸せを 
 最優先に選びつつ、 
 すべての自分の幸せを願うこと』
 

嫌いな人。とか  
許せない人。とか。
そういう人も、 
すべては自分なのです。
 

許す、許せない。 
というときに 
よくご質問をいただく 
こととして。
 

どうしても許せない。 
そんな自分を 
責めてしまう段階のときは
先ずは、 
責めてしまう自分ごと 
許してあげてください。 
 

その自分さえ受容できるように  
なってくると、 
次に進んでいきます。 
 

責めてしまう自分ごと 
許してあげられるようになったら
他者に見ていた、自分を受容、 
統合していくとよいです。 
 

マインドだけでは 
どうにもならないことが 
多いので、こういうときは
受容、統合系のワークと共に 
行うと、もの凄く相乗効果が 
あります。
 

自己受容統合ワーク。 
その方が受け入れられない  
自分を受け入れていくことが 
できるので、大好きなワーク。
 

そうして、 
純粋に幸せを願えれば 
願えるほどに。
それは、 
いつも自分にかかっていて。 
 

あんな酷いことをした 
あの人は不幸になればいいと 
呪えば呪うほど
それも、いつも自分に 
かかっているのです。
 

桜の木の一部の、 
桜の花びらが、 
他の桜の花びらと触れ合うように。
 

いつも、いつも、 
すべてはわたしとの対話。

=======================

良いか悪いか。
そういうのとは、 
全く関係のないところで。
 

自分に与えられているのは
ただ 愛なのだ。 
と感じらるかどうかは
自分にかかってるのだと 
思うのです。
 

全面良好に思おうと思えば 
思えるし
 

全面悪くとろうと思えば 
いくらでもそうも見えます。
 

そして、良いか悪いか。  
というのは
さほど問題ではなく、 
 

自分に与えられたことが 
愛だと観えたときに、 
新たな道が開けていくのです。

=======================

どうしたら良いかは 
わかっていて
後はやるだけ。
 

そんな正念場。 
超え時に
もし貴方がいるとしたら
 

どちらにしても
何を選択しても
世界に愛され 
祝福されていること
 

そして、 
後悔のない人生を 
生きることを 
応援している存在がいること
 

それを思い出して 
感じていただけたら 
 

幸いです。

=======================

すべてのことが出来なきゃ 
いけないと思うから
悲劇が生まれる。
 

何でも出来なくたっていいの。
出来ないことと、出来ること。
得意なことと、不得意なこと。
 

出来ないということ 
そのものに、いかに、
魅力が含まれているのか
みんな見ようとしない。
 

出来ないということを 
見つめれば
出来ることが際立ってくる 
というのに。
 

出来る自分のところだけ 
切り取って 
愛されて一体何になる? 
 

それは、自ら 
ありのままの自分を 
世界に愛されるチャンスを
つぶしているということ。
 

すべての自分 
といったら出来たり、 
出来なかったりする 
というのは
誰もがよく知っているのに。
 

裸の王様のような、 
嘘に彩られた世界は、 
終わっていくだろう。 
 

醜さと弱さと脆さが 
伴っていたとしても
それが真実であれば、 
 

そこに 
愛という美しさを 
見ることができるだろう。

=======================

飽きっぽいって 
人が多いので 
 

以前 大共感した 
リーブスの仲さんの記事をシェア♡ 
 

以前は、こんな傾向のある 
自分を責めてました。
でも、今は大好き笑) 
 

世間一般でいう 
ダメ人間まっしぐら笑)

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=845845322133529&set=a.137003329684402.41014.100001242069896&type=3&theater

=======================

やり切ると 
次に進みます。
どんなことでも。
 

飽きちゃったり
ほとほと、もういいや〜。。。
ってなると、 
本格的に変化を望みます。
 

だから、何事も 
全力でやり切ることです。

=======================

新 女神の覚醒ワーク。
 

受講された方から、 
嬉しい声を沢山いただいています♡
今月、リクエストをいただき、3/15。
オープンクラスの前に 
もう1回東京代々木で開催します。
 

4月はセッションと 
オープンクラスのみで、 
エネルギーワークの講習は行いません。 
 

新 女神の覚醒ワーク。 
はやく受けられたい方は、 
3/15の講習を受けられてくださいね♪
 

新 女神の覚醒ワーク
http://spiralvortexcollege.com/

=======================

女性が。とか  
男性が。とか 
 

そんな風に、 
男女として分けて話すのは
あまり好きではないけれど。
 

女性以上に、男性が
『恐いんです』とか
『本当は、出来ないところも 
 あるんです』とかを
 

世間に公表するって、 
すごく勇気のいること 
だと思います。
 

なぜなら、それは、 
タブーとされてきた  
ことだから。 
 

強くあらねばならない。とか
全部出来ねばならない。とか
 

そうして、 
一部を切り捨て、 
一部だけで生きることを
美とされてきたから。
 

時代は、等身大。
すべてが在って 
美と感じられていく時代。
 

*************************
 

等身大を表現する
好きなことばかりして、 
ありのままを生きているだけで
世界に愛されてしまう人のヒミツ 
 

表現力 実現力 人間力  
3つの力をパワーアップして 
世界を謳歌しよう! 

=======================

今まであったものが 
失われる危険がある行動を
人は中々起こせないものです。
 

それは、外側という 
景色であったとしても。
 

リスク回避を、 
自然ととろうとします。
 

例えば、個人で 
クライアントさんが 
ほとんどいなかったり、 
いても金銭面でまだ不十分 
だったとします。 
 

そうしたとき、 
誰かに紹介したり 
つなげるということは
とても恐いことなのです。
 

わたしの世界にとっての 
役割の1つとして
『つなげる、コネクト』 
という役割があります。 
 

この役割で、わたしは 
幾つもトラウマをつくり
役割だとは知りつつも、 
以前は大嫌いでした。
 

なぜかというと、いつも 
『この人は。。。この人と
 繋げるといい』とか 
 

『この人は。。。この人と 
 会わせなくちゃ』
というのが、わかることが多く。 
 

繋げて、立ち会うと 
『自分は用なし』と 
なってしまうケースが 
かなりありました。 
 

つまり、つなげ役をしたら、 
用済みであり、 
繋げた人同士で盛り上がって、 
わたしはそこに居られなく 
なるのです。 
 

会わせているときに、 
もう、これで終わりだと 
いうことが直感でわかった 
ときなどは
安堵感と共に、 
寂しさを感じていました。 
 

つなげると 
孤独になってしまう。 
という恐怖。
 

そんな自分の役割は 
『損』だと思っていました。 
 

しかし、よく事象をみると、 
わたしがその役目を 
行えば行うほどに、その後 
更に出逢うべき人に出逢い
 

わたしもまた、 
必要なところに導かれていって
新たなステージが開かれていた 
のです。
 

わたしは、いつもいつも
『目の前の自分』に、 
必要な人やチャンスを与えて
いたのでした。『自分自身に』
 

沢山のチャンスを誰かに 
与えた人は
チャンスを自分に与えていた 
のです。 
 

いつもいつも、わたしたちは
与えたようでいて、 
既に受け取っていました。 
 

いつも、 
自分に対して行っている 
こと以外にないからです。
 

『損』など 
一度もしたことなど、 
なかったのです。
 

そもそも 
『景色を掴むことなど、 
 出来ない』のですが
 

掴もうとすればするほどに、 
一定のところまでは拡大しますが、 
そこから停滞するか衰退します。 
 

逆に景色を手放せば 
手放すほどに、 
進化していきます。
 

水が滞ると澱み、 
流れると清さが増すように。
循環すればするほどに、 
流れてくる水量が増えます。
 

全ては我に在り。を生きられるか。
 

繋げる、コネクトの人は、 
失うという恐れ。 
 

その課題を超えたとき。
繋げていく役割を喜びとして 
生きることができるでしょう。

=======================

【好きなことばかりして、 
 ありのままを生きているだけで
 世界に愛されてしまう人のヒミツ
 

 表現力 実現力 人間力  
 3つの力をパワーアップして 
 世界を謳歌しよう!】
 

2015【人生の学校】オープンクラス 3月
のご案内です♪
 

https://www.facebook.com/events/374875912684312/
 

【日時】 
日時は、対面とSkype 
3つの日程からお選びいただけます。
 

2015/03/15 14時30分~16時30分 (対面、東京代々木)
2015/03/19 21時30分~23時30分 (Skype)   
2015/03/22 14時00分~16時00分 (対面、九州 熊本)
 

【場所】 
☆対面2015/03/15 対面、東京代々木
代々木駅から、徒歩1分。
詳細の場所は 
お申し込みいただいた方に 
お知らせします。
 

☆対面2015/03/22 対面、九州熊本
熊本市電 花畑町駅下車 徒歩5分 / 
熊本市電 辛島町駅下車 徒歩5分
詳細の場所は 
お申し込みいただいた方に 
お知らせします。
 

☆Skype それぞれの場所で
 

【主催】 
Aya 人生の学校  
http://spiralvortexcollege.com/
 
 

【代金】 
¥4,000 
(ネットで、こちらのイベントの 
 シェアをしていただいた方は 
 3,000円です。 
  シェアは、フェイスブックでも 
 ブログでもどちらでもかまいません。)
 

春めいてきましたね♡
春分のあたりから、 
新しい流れがはじまります。
スタート。です。 
 

1月2月は、どちらかというと 
準備期間のような感じ。
本格的なスタートが 
はじまる時です。
何かをはじめていくのに 
絶好の時です。
 

本当に創りだしたい世界を 
創っていくときに
『表現力』
『実現力』
『人間力』
この3つの力は、 
とても重要になってきます。
 

そこで、今回はこの3つの力。
マインドレベル 
エネルギーレベルの両方から
パワーアップしちゃって 
いただこうかと思います〜♪
 

ドラゴンたちも
『もう、好きなこと 
 自由にやっちゃいなよ♡』
とやる気満々ですので、 
ドラゴンたちの協力を得ながら
じゃんじゃん枠を外していきます♡
 

アハ♡ 楽しそう〜♪(独り言です 笑)
 

最近、わたし自身も 
自分の能力が解き放たれて 
きているため、よりパワフルで、 
より変容が大きいかと思いますので 
 

変わっちゃってもいいです♪  
という方どうぞ。
 

より、スケールアップした自分。
より、自由に溢れた自分。を
創造していきませんか?
 

以下の方に、特におすすめです。
 

************************
 

*もう、苦しい人生とか飽きました
*もう、ささやかな幸せとか、 
 妥協する人生に飽きました。
*もう、マインドで沢山学んでも、 
 どうにも上手くいかない人生に 
 飽きました。
 

*いよいよこれから 
 スタートしていく感じがしている
*スタートしていきたいんだけど、 
 何かが自分を押しとどめている
*スタートダッシュしていきたい
 

*人生、もっと楽しみたい
*固定観念を壊してほしい
*稼ぎたいけど、 
 死ぬほど無理して努力して 
 頑張るとかは嫌なの。
 

*自分の人生、自分の幸せは 
 自分で決めたい。
*共感力はあるけど、 
 人に合わせすぎて疲れました。
*何か行動していきたいのだけれど、 
 行動までうつせない。
*全く新しい自分になりたい
 

*どうしても叶わない願いが 
 あるとか、飽きました
*等身大の自分を表現していきたい
*ひっこみじあんの自分を終わらせたい
*自分がかつて、挑戦したことの 
 ないことをしてみたい。
 

*人目を気にせず、 
 自分を存分に表現したい。
*もっと、本当の自分は素敵なのだと 
 何処かで知っていてその自分と、 
 今の現状が折り合わなくなってきた
 

*一気に、現実を加速させたい。 
 現状を一変させたい。
*変化をしていくことが恐い
*こうなりたいという現実を加速したい
 

*幸せに満たされた毎日を過ごしたい
*自由な人生を生きたい
*覚醒していきたい

=======================

【人生の学校  
 コース受講終了のお知らせ】
 

2015年 3月末をもちまして、 
現在のコース受講の全ての
新規受け付けを一旦 
終了いたします。
 

その後、 
コース受講につきましては、 
キャンセル待ちをいただき
人数に変動があった場合のみ、 
新規で受け付けをさせていただく 
形とします。
 

コース受講希望の方は、 
おはやめにお申し込みください。
 

コース受講は、 
個人セッションを 
月に2回取り入れ
1人1人に丁寧に寄り添い、 
総合的なサポートを提供させて 
いただくことによって 
確実にそれぞれにとっての進化を 
実感していただける 
リーダー育成の場です。
 

このスタイルの欠点としては、 
1人1人に丁寧に 
寄り添える反面、 
私が他のことに時間を使えない 
というところです。 
 

今後は、 
全体的にお話させていただく 
機会を増やしていこうと 
考えているため、 
 

人数的にコース受講の 
新規受け付けを 
3月末で終了させていただく 
こととしました。
 

スピリチュアルリーダー、 
スピリチュアルティーチャー
その他 
   

新しい世界を創りだしていきたい。
人々を先導して導いていきたい。
 

世界におけるリーダー志望の方は、
この機会にご検討くださいませ♡

=======================

【頑張れない自分を 
 責めてしまう人へ】 
 

頑張れない自分を 
責めてしまう人が
頑張れたらどうなるか。。。
 

時には 
頑張れて凄いねって 
評価されることもあるけど、 
自分では大したことないと思って
 

時には 
頑張ったのに 
さっぱり認められず 
評価されないこともあって、 
こんなに頑張ったのに 
認められないだと苦しむ。
 

ん。。。?
あ、あれ?
あれれ?
 

【頑張ろうが、頑張らまいが
 何だかどっちにしろ、不利】
っぽくない〜? 
圧倒的に不利だよねえ?
 

ここから脱却するには 
どうしたらいいの? 
  

世間一般では 
「頑張らないでみる」
ってのが流行ってるけど、 
それで解決する時もあれば 
時に 不十分。
 

何故なら、 
頑張らない自分っていうのに 
意識を向けることは、 
同時に 
頑張る自分に意識を向ける 
ことでもあるから。 
 

相対と罪悪感を生み出している。
 

だから、 
頑張るか。頑張らないか。
というモノサシごと捨ててみる
基準をそっくり変えてみる。
 

新しい基準は、 
 

自分がやりたいかどうか。 
 

頑張ってようが 
頑張ってなかろうと、 
どっちでもいい。 
 

自分がやりたいことを、 
すればいい。
 

自分が、 
やりたかったんだから。
それが理由。
 

その時、責める理由ごと消える。

=======================

ねえ? 知ってる? 
 

自己否定って、 
被害者になろうと 
しているんだって。
 

誰を加害者にするのかと 
いうと、 
 

こんなダメな自分をつくった 
世界が相手。 
 

そうして、 
世界を憎んでいるの。
 

今の自分に必要そう?

=======================

ねえ? 知ってる? 
 

被害者意識って、 
復讐しようとしてるん 
だって。 
 

何にかって、 
自分の創った世界に対しての 
復讐。 
 

そうして 
世界を憎んでいるの。
 

今の自分に必要そう?

=======================

ああ〜♡
なんか、幸せだなあ〜♪
 

愛を広げていってくれる 
人たちに囲まれていて。
 

恐怖は連鎖する。 
そのことを幼少の頃
嫌というほど、 
全身で感じとってきました。
 

繋がれた恐怖を、 
また自分も繋げるのか。
そこから生まれた復讐と、 
恨みと、憎しみと。 
呪いと絶望。 
 

人間のありとあらゆる、 
最も重く醜い感情を受け
わたし自身もそれらと一体化し、 
 

復讐のために何年も 
毎日自ら命をたつことだけを 
願いながら 
絶望の中にいました。
 

そういった、 
人間のありとあらゆる 
負の感情という感情を
全面的に味わってきました。
 

わたしには、 
選ぶ権利がありました。 
 

このまま復讐に囚われ、 
世界を、そして 
自分を破壊させるか。 
 

自分のところで 
恐怖の鎖を断ち切り 
終わらせて、 
自由と喜びを手に入れるか。
 

今でこそ、 
わかることですが
わたしは、幾度も、 
様々な人生で 
前者を選んでいます。
 

そうして、世界を
わたしを壊してきました。
 

幾世にも渡って、 
超えられなかった課題を 
超えられるか。 
 

それが、 
今回の人生でもありました。
 

今回は、わたしは後者を選び
そして、自らが 
鎖を断ち切るために、 
ありとあらゆる手段と方法を 
手にしてきました。
 

鎖を断ち切り、 
愛を広げていくために。
 

自分のところで、 
連鎖を終わらし
新たな自分を生きることは 
できるのです。
必ず。
 

そして、 
終わらせば 
終わらせるほどに。 
 

愛が自然と広がっていくのです。

=======================

愛はね、 
刺激的じゃないの。 
 

だから、 
刺激を求める人にとっては
素敵なものに思えないのです。
 

それよりも、 
少し刺激的な要素の方に惹かれる。
刺激的っていうのは、 
分離要素が強いということ。 
 

表裏がないエネルギー 
というのは 種類もないし
飾り気がないのです。
 

全ては愛でありながら。
 

愛そのものの 
エネルギーの話。

=======================

自分の香りを変えると 
他者の香りが 
どんなものだったのか
はじめて気付きます。
 

同じ香りのときは、 
同化しちゃってて 
気付きません。 
 

違う香りに 
自分が変化した時に、 
あの人も実は同じ香りだった 
のだとわかるのです。
 

例えば、依存の香り。
例えば、孤独の香り。
例えば、恐れの香り。
例えば、寂しさの香り。
 

香りってことに 
しておいてるけど、 
匂いといっても過言ではない 
それらは
 

自分がそれらの香りを 
出さなくなればなるほどに
他者にある 
ということが、 
より強烈にわかります。
 

ここ最近の変化により、 
わたしが今までよりも格段に
 

依存の香り。
孤独の香り。
恐れの香り。
寂しさの香り。
 

では 
他者を引きつけなくなって 
います。
この香りが欲しい人には、 
物足りないだろうと思います。 
 

その代わりに、 
サイキック能力が大幅に上がり
覚醒要素や存在感が増して 
いるのを感じています。
 

そんな風に 
変化をしていく自分に喜びを 
感じながら。 
 

すべては私にとって 
世界にとって良い方向にしか 
いかないと確信しながら。

=======================

私の道の1つの道が 
完全に断たれました。
 

断たれたというと、 
一般的に良くないことと
認識されるかもしれないけれど
そういうことではなくて
 

違う見方をすると それは
『行くべき道がより定まった』 
とか
『やるべきことがより定まった』 
とも言えます。
 

かねてから、 
望んでいたことに対しての
1つの道が断たれたことによって
 

わたしはその道への期待を 
捨てて辿り着きたい到着地点へ、 
違う方法を見つけるとか 
つくりだすということに 
シフトしていくのです。
 

そして。それこそが  
わたしの辿る道ということです。
 

人生、生きていれば 
断たれるということは
経験として起こってきます。 
 

例えば、 
わたしは勤めていた会社の 
経営が上手く行かず
数ヶ月で終わります。 
と言われたことがありますし 
 

大学の受験では、 
5つ中1つしか受かりませんでした。
笑い話にしてしまっていますが、 
ゲームショップのアルバイトを 
落とされたこともあります
 

これらは、 
一般的には悪い事。とか  
失敗。と捉えられることですが、 
 

いつもいつも、
それらがあったからこそ  
わたしは自分の本当に 
進むべき道を進めてこれたのです。
 

断たれたように見えるけれど、 
本当はやる必要のないことを
やらなかっただけに過ぎず、 
 

わたしはいつも必要な人と 
出逢い、 
より私が真理の奥へ誘われて 
本質的なこと。 
自分の誓願を生きることが 
できるように 
進んできただけでした。
 

それは今も同じ。
 

より、私が私らしく  
わたしの成すべきことが 
成せるように
世界が働きかけているのです。 
 

今までもこれからも。

=======================

これから
益々、景色は 
自分要素が強まります
 

類は友を呼ぶ的な 
要素が強まり、 
より、カラーがはっきり 
してきます。
 

寂しがりやの人には、 
寂しがりやの人が来て
 

やる気がある人のところには、 
やる気がある人たちが来て
 

慎重な人のところには、 
慎重な人たちが来て 
 

もっと愛をちょうだいの人 
のところには、 
もっと愛をちょうだい 
という人たちが来る
 

周りに集まっている人や
集まっている人の変化を見れば
自分がわかります
 

より、 
誤魔化しがきかなくなります。

=======================

長野ドラゴンマスター講習
ありがとうございました〜♡
 

日本各地に 
ドラゴンマスターが 
誕生していくのが 
楽しくって仕方ない 
わたしです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 

自由と喜びと共に 
躍進していっちゃって 
くださいませ〜♪
 

真田幸村の像で写真をパチリ。
 

今、帰りの新幹線。
だんだん、リアル水曜どうでしょう
化していく私 笑)

=======================

ホンモノってのは
見る側の 
意識レベルによって 
見え方が異なる。 
 

だから、 
意識レベルによっては 
つまらないものや、 
ニセモノに見える。
 

豚に真珠、猫に小判。
その価値が 
わからないものには
ガラクタに見えるもの。
 

ホンモノを  
見極めることが出来る
目をもったものだけが
 

ホンモノに 
辿り着き得ることが 
出来るのだ。

=======================

これをやってるから、 
あれはできない。 
じゃなくて
これも あれも  
やれることをやってみる。
 

そうじゃないと、 
結局のところ
自分のやりたいことなど 
出来ないのだと思うのです。 
 

自分の創りたい未来など 
創れないと思うのです。
 

あれができないことを 
これのせいにするくらいなら
 

素直に、 
『あれができないんです。』 
ということを
素直に認めたほうが 
状態としては良い気がして 
います。
 

言い訳したくなる理由の 
3大理由は
 

『お金』
『時間』
『人』です。
 

言い訳を外してみて 
見つめてみる。
そうすると
その奥に潜んでいる、
 

『自分が出来ないと 
 思っている何か』とか
 

『自信がないので、恐い』とか
 

『自分がしたくないと 
 思ってる気持ち』とか
 

『自分に幸せの許可が 
 出せていないんだ』とか
 

『自分は変化することを 
 恐れている』とか
 

『自分はやりたくなくて、 
 人にやってもらおうとして 
 依存している』とか
 

そういう 
自分が観えてきます。
 

そこを観ないと、 
何も変わらないし、 
はじまらないのです。
 

わたしは、 
最近、ある関わっている 
仕事において、 
個人的な自分の仕事が忙しい 
から、あんまりできません。 
 

というのを 
自分自身の言い訳にしようと 
している自分に気付きました。 
 

でも、それやめました。 
忙しいという 
『時間』が出てきた時点で、 
 

本当の理由じゃないから。
 

本当の理由を見つめて、 
自分と向き合ったときに。
 

変化が起こります。

=======================

ここに生まれることを  
創造したわたしたちが
世界を感じられることが  
既に奇跡ならば
  

大いなる孤独から 
生まれた夢で  
紡ぐ物語は何だろう
 

1つ言えることは、 
ロールプレイングゲームよりも
マンガやアニメよりも、 
 

もっと現実の方が
ファンタスティックで、 
ミステリアスでミラクル 
であることは間違いない 
ということ。
 

目を見開き  
開眼していくほどに。 
わたしに秘められた 
わたし自身の謎が 
少しづつ解けていく
 

メサイア、フェニックス、222
 

この世界で 
わたしが何を行っていけば 
良いかは
世界が教えてくれていて 
 

わたしと願いと 
世界の願いが織り成していき 
 

世界と呼応し、 
世界の吐息を感じながら
わたしは、 
わたしを創りだしていく

=======================

ぐんぐん進んでいったり
拡大していく流れになって 
いるときほど
 

『基礎』と『守り』
は重要なのだと 
思わずにはいられません。
 

特に、今日は、 
守りに関して色々な 
メッセージをいただいていて
 

わたしは、 
一般向けにワークを 
行っているから
自分を守ることに関して、 
やり過ぎということは 
ないのだなと。
 

そうして、 
守ろうとしてくださる 
存在の愛を胸に
出来ることからやっていこう! 
と思っています。
 

受講生になっていただくには、 
必ず同意書にサインをして 
いただいているのですが、 
 

受講生のみならず
これからは、 
伝授とか、講習の時にも 
同意書にサインを 
いただこうかと思います。
 

一手間が、 
きっと私を守るんだ。
 

そして、 
きちんと守る在り方で、 
存在しているわたしを観ている 
受講生の皆が、 
 

自分の仕事のときに
自分をしっかり守ることに 
つながるんだと。
 

今まで、全く 
何の問題も起こったことが 
ありませんが、 
 

こういったことは
万に1つ 億に1つが、 
全てを破壊することに 
なりかねないからです。
 

それを起こさないために、 
わたしが出来ることは何だろう。
しっかりと考えて、 
予防をしようと思います。

=======================

エネルギーワークを
受ける側の時の私の心構え
 

「何か特別なワークを 
 してもらったら、 
 変われるかもしれない」
 

というスタンスでは、 
頼みませんし
ここがぼんやりしている時は、 
大抵却下されます笑)
 

「こうなりたいので、 
 こんなワークをやってくれ!!!」
 

というように、 
自分が先ず先に望み、 
決めています。
 

ワークが先じゃないの。
自分が先。
 

効果がよくわからないものを 
受けることもあるけど 
 

それを受けると決めたのは、 
わたし。

=======================

私は、 
一部の側面において
自らの孤独に 
恋をしていたのだ。
と、そう感じています。
 

寂しさや孤独を埋めるために
誰かと関わるなんて、 
弱い人間だ。
 

そんな風に思うことが 
あるならば、それはきっと、 
まだ自らの孤独と、 
そして自分自身と向き合って 
いないのだと思います。
 

孤独と深く向き合えば 
向き合うほどに、 
絶対的な孤独とその弱さが 
自分にも在ると知り、 
 

それを表す人を 
自分自身を 
笑ったりは出来ないからです。
 

孤独を受け入れ
自らを癒していけばいくほどに
自らが眺める景色もまた、 
孤独から解放されていくのです。
 

孤独からの解放とは、 
外に求めるのではなくて 
それは、むしろ自分しかいなく、 
全ては内にあると知ること
 

私は、 
もう恋はしないでしょう
しないというか、 
出来なくなりました。
 

これからは
「愛をしよう」 
と思います。

=======================

人生の学校オープンクラス  
ありがとうございました〜♡
 

パズルみたいに、 
色々なことがつながって 
解けていくような
面白い回でした♪
 

ディープなのも、 
色々エネルギーレベルで 
出来る領域が増えて
濃くて楽しいかも〜♡
 

みなさま、 
ありがとうございました。
次回のオープンクラスは  
3/15です。お楽しみに〜♪

=======================

どうなるかわからない
何が起こるかわからない
 

それは、 
怖くもあるけれど
ドキドキ スリル感があって
それはそれで楽しいね
 

でも、 
飽きてきちゃったら
スリル感は楽しめなくなる
 

マジックの種明かしのように
トリックがわかって見る 
マジックはつまらないけど
 

種明かしがわかっている人 
じゃないと、 
マジックをやる側には立てない
 

そんな感じだね。人生。

=======================

人生の学校 
2月オープンクラスは
Skype、対面共に、 
満員御礼となりました。
ありがとうございます♡
 

3月のオープンクラスは 
3/15に開催予定です。
 

3月は  
『表現力、実現力、人間力』 
について行っていこうと 
思っています。

=======================

いつかこうなるといいなと 
願った  
今という時を叶っている夢を  
生きていた
 

そうして叶っている方の夢が 
いつからか 日常になって 
 
 
変化した自分が いつからか
当たり前の自分になっていって
新たな夢を生み出して
     

そうして時は 
移り変わっていくけれど
 

今という時の貴重さを 
今という景色の尊さを
一番知っているのは 
 

このような自分で在ることが 
当たり前じゃないと 
一番知っているのは
 

他ならぬ。私自身。
 

すべての体験はギフトであり
愛が、身を以て 
わたしを教えてくれる

=======================

実現力のある人は
「強い人」って 
見られるけど
 

ぜんぜん 
そんなことないの。
ぜんぜん 
強くなどないのです。
 

みんなと同じように、 
変化の際には怖いし、 
ビクビクもするのです。
 

そうでありながら
怖いんだけど
やってみる!って 
ことを選んだだけ
 

結果がどうかはわからない 
けど、
やってみた!という事実が 
 

新たな自分を創り出して 
いくのです。

=======================

創造力の強いものとは
どれほど破壊力があるか
ということと同じです。
 

もっと言うと、 
どれほどに
「自分は何も持っていない」
というところに 
立ち続けられるかという 
ことでもあり
 

その対極は、維持です。
 

破壊を怖がらないこと
怖くっても 
それを選び取らないこと
 

それが、加速のコツです。

=======================

全てを失う覚悟が 
あるものが
全てを得られる
 

なぜなら、 
全ては我に在り
 

ということを
知っているのだから

=======================

怖い時
掴もうとしたり
握ろうとする
 

離しても、 
側にあるものはあるし 
 

握ろうとしても、 
去るものは去るのに。
 

そして、 
とめどなく
わたしの変化と共に
 

わたしが 
わたしを通過していく

=======================

【媚びるということ】
 

媚びたい 
という衝動は、 
恐れから起こっている。 
 

恐れは、 
分離によってしか 
起こらないので、 
 

その時 
私たちは同時に 
創造力も失っている。
 

気に入ってもらおうと 
することも同じ。 
 

過剰なサービスも同じ。
 
 
どちらが原因か
内か外か?
 

いつも答えは内側であり
 

未熟さに満ちた最新の自分が 
最高の自分である。

=======================

大好評の、 
新 女神の覚醒ワーク 
伝授講習のご案内です♡
 

ドラゴン&女神。 
最強説も流れております(笑)
 

3月に、 
横浜と熊本の2開催で 
行っていきます♪
 

ご興味のある方、ぜひ〜

=======================

人生の学校 
2月オープンクラスのご案内です♡
 

今回はぁ〜。。。 
ディープでございます(笑)
恐れを解放されてもOKよ! 
って方しか、来れません。
 

ですので、ディープ好きな人。
恐れを解き放って 
人生をもっと自由に
創造していきたい方どうぞ♪

=======================

最近、細かい設定とかに興味がなくなってしまっています。

目標設定→達成 はとても得意なところではあるのですが
目標自体が。
アンカリングがささっているところが、非常にシンプル。

長ったらしいことなど何もなく。心の中でそのシンプルな
ぴくりとも1ミリも動きそうにもない、アンカリングだけが、わたしを誘う。逆にいうと、その他のことは、何でもいい感じ。

グングニルという曲がありますが、自分のテーマ曲の1つに
感じる1曲♡ 

これから、何かをはじめたいとか
自分のやることをやっていきたいとかいうひとは
きいてみて♡ ここで聴けます

http://musicpvmw.blog86.fc2.com/blog-entry-1653.html

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B06659

=======================

こういった、 
お仕事をしている方で
 

<今までいた  
クライアントさんの一部が、 
急に辞めていなくなった>
というのは、よくあることです。
 

1つには、 
そういうクライアントさんに 
対して接することが 
喜びじゃなくなった場合に、 
自分が終わりにすると決めた際に。 
 

1つには、 
新しくなる際に。 
 
そして、これらは同一で
終わりとはじまりは、 
いつも同じであり
呼吸のように、新たな創造性を 
創りだしているのです。
 

だから、 
新しいことを望む際には、 
一部失う覚悟が必要です。 
 

覚悟さえしていれば、 
その景色を見始めたときに
一体何が起こっているのか、 
見定められるから。
 

見定められれば、恐れは生まず、 
新たな創造性が訪れてくるのを、 
やることを行いながら待って 
いられます。
 

これと、似たようなお話で、 
お金のお話もあります。 
 

わたしは、お財布を 
盗まれたことがあります。
当時は、 
お金の巡りが良くありません 
でした。
 

そして、 
少しづつ巡りが良くなっていく  
兆しがありました。
 

その時に 
<ああ。。。これで私は 
 お金の巡りが劇的に確実に 
 良くなるな>
というのが、わかりました。
 

なぜなら、ありとあらゆる 
わたしのお金のカルマごと
その人が、 
持って行ってくれたことが 
わかったからです。
 

要するに、 
貧乏神が去っていったのが 
わかったのでした。
 

そして、 
実際にそこからお金の巡りが 
大きく変化しました。
 

きっと、 
<お財布を盗まれる> 
というのは、 
世の中一般的な事象としては、 
良くないこと。として 
捉えられているかもしれません。 
 

クライアントさんの一部が辞める。 
ということも、 
どちらかというと良くないこと。 
として捉えられているかも 
しれません。
 

けれど、物事をよくみて、 
起こっていることを知れば
それが、果たして 
本当に悪いことなのか。 
がわかるのです。 
 

案外、そうでもないこと。 
多いですよ。

=======================

今までさっぱり 
恐怖を感じなかったことに、  
恐怖を感じたとしたら
 

例えば、 
一歩踏み出す自分に躊躇したり、 
怖さを感じたりしたとしたら
 

それは、弱虫になったのでは 
なくって、 

 
自分自身を感じてあげること。
自分のあらゆる感情を 
丁寧に見てあげられるように 
なった。
 

自分を大切にしてあげられる 
ようになったってことだよ♡
 

恐怖を感じる自分を 
受け止められる状態になった 
ってことだよ♡
 

弱い自分を観れること 
 

わたしには、 
むしろそれこそが 
強さに感じるのです。

=======================

訪れたものに対して
珍しく、全く興味が湧かない。
ということがありました。
 

ただ、ふつうに興味がない。
そんな風に思っていたのだけれど
そこには、けっこうな秘密が 
混ざっていたことがわかりました。
 

興味が湧かなかったのは、 
仕事での新たな取り組み。
話されても、すすめられても、 
全然意欲がさっぱり湧かず、 
テンションが上がらないのです。
 

誰か他の人がやればいいのに。 
わたしやりたくない〜
と他人事にしか聴こえない。
テンションが上がらないものを 
無理に行う気も起きなかった 
のですね。
 

ところが、 
幾度もすすめられるうちに、 
それは昔一度、 
すっごくやりたかったときに 
断られた内容であるということが 
絡んでいたことを思い出しました。 
 

とにかく、もの凄くやりたいと 
意欲が湧いていたときに
当時は、(違う人にですが) 
断られたのでした。 
 

それで、 
わたしはとてもがっかりして
とってもやりたいことができない 
情けない自分を感じるのが 
辛かったので 
 

どちらかというと 
<こんなたいしたことのないツール>
という風に、 
ツール自体の価値を下げて 
位置づけたのです。 
 

要するに、当時のわたしは、 
そのツールを見下すことによって 
バランスをとったのです。 
 

それが引っかかっていたのでした。
 

当時、 
わたしは自分にさっぱり 
自信がありませんでしたから
<それをやる資格がない自分> 
ということを 
受け止めきれなかったし 
 

諦めきれない思いを 
どうにか断ち切るためには、 
そうするのが一番だったのですが、 
 

結局のところ、 
時を超えてわたしの
<それが、とってもやりたい!> 
という願いは叶っており 
 

自分がさっぱり興味を失い、 
忘れたころに訪れたのでした。 
 

そのツールの 
重要度もわかっており、 
価値を今でも下げている必要も 
なくなったことが、 
わかったときに、 
取り組む意欲度が変わったのを 
感じました。
 

こういうのって、今回はほら、 
ツールでのお話だったけど
人とか、 
特に恋愛とかでも体験したこと 
ありませんか? 
 

わたしは、あります(笑)
わたし本人は、 
いっぱい人をフッてきたとしても 
フラレることが気に入らないため。
フラレると、ふん! 
たいしたことのない男だわ!って
いうことにしたことがあります。
 

本当はね。。。 
フル側フラレル側って 
ないけどね。。。
 

そのときは、 
そうする必要がある場合もある 
かもしれないけど
 

いつまでも、 
その思いをとっておく必要は 
ないのかもしれませんね♡
 

自分自身との、和解。です

=======================

ドラゴンマスター講習の 
お知らせです♡
 

最近、すごく感じることは、 
ドラゴンマスターになられた方。 
 

誰でも、自分の波はある中で、 
自分の課題が上がってきた 
ときでも、以前よりも、 
底が落ちきらない感じになるし、 
 

逆に好調なときはガンガン 
どこまでも行く感じになる
♡ 底力♡ というのを 
拝見しております。
 

3月は、なんと  
長野と熊本と東京の3開催。です。
 

特に長野方面、九州方面の方。
次の予定は未定ですので、 
対面で受けられたい方は 
この機会に。
    

また、東京も4月は 
お休みさせていただきます。 
 

次の開催は 
5月となる予定ですので
はやく受けたい方は、 
3月に受けられると良いかと 
思います。
 

2015/03/04(水)長野県  
         上田駅 徒歩7分 
         13時00分~14時30分 

2015/03/23(月)熊本県  
         市電健軍電停 徒歩7分        
          13時00分~14時30分 

2015/03/29(日)東京 新宿  
         14時00分~15時30分

=======================

恐怖の割合が高い
ということは 
 

「理由なく 何かされちゃう」
という意識があるということで
 

全ては引き付け合い 
であるのに
「何かされちゃう」という 
恐れがあるということは
 

自分が原因であることを忘れ
 

それだけ、 
責任逃れをしていると 
いうことなんだな
 

怖いのは、自分にないと 
錯角しているということ
 

恐れの解放とは、すなわち
責任をとる
 

ということなんだなあ。。。

=======================

おはようございます♡ 
 

新たな時がはじまっていく 
心地を感じながら。
 

いつかの自分にとって 
興味のあることは
いまの自分にとって 
興味がなかったり
 

いつかの自分にとって 
楽しかったことは
いまの自分にとって 
楽しくなかったり
 

そうして 
自らの喜びというのは 
流れるように
変化に変化を重ねていきながら
 

終えたものや興味のないもの、 
人、場所から去り 
移動していくものなのだと 
思います。
 

去るということに、 
罪悪感を感じたり、 
寂しさを感じたり
逃げていると感じたり、 
悲しみを抱いたりしたことも 
あったけれど
 

いまは違います。
 

わたしは、  
わたしの喜びを選択したことに
 

わたしは、そこでのわたしの 
学びを終えたことに歓喜し 
 

触れ合い、 
関わった全ての人へ 
自ずと静かに 
感謝が沸き起こっています。
 

そうして、 
関わった全ての人たちに 
よって形作られた
わたしと、わたしの思いは  
ここからまた先へ歩んでいくのです。

=======================

人生の中で
もうやりたくないゲームが
あったとしますね♡
 

例えば、  
どっちが勝つか。ゲーム
どっちが残りどっちが去るか。 
ゲーム。 
誰が1番になるか。ゲーム。
 

ありとあらゆる人生の中で 
散々やり尽くして飽きると
 

「勝っても負けても 
 どちらにしても、負け」
ってことがわかってきます。
 

私にとっての、唯一の勝ちは
「そんなゲームはやらん」 
とゲーム自体をやらない 
ことです。 
 

自分自身と争わないことが、 
私にとっての勝ちなのです。
 

完全勝利で、得られるものは
安らぎです♡

=======================

人の行く先、つまりは未来が
こういうお仕事をしていると
みえることがあります。
 

それで、それが例えば 
物凄く困難な道である場合
本当にこのまま進みますか?
と問いかけをしたり
 

他の様々な道の選択肢も 
ありますよと 
可能性を見せていったりする 
のですが
 

困難な道であっても 
本人の魂が望んで 
経験したがっている場合。 
絶対的に決めている場合。 
 

本人もそれを(困難であることを) 
何処かでわかっていながら、 
突き進んでいくものです。
 

その姿を拝見する度に
私たちは魂レベルでは、 
楽か楽じゃないか。 
という選び方をしていないなあ。。。 
 

楽が良い。 
とマインドは思うものですが、 
魂はそういうところに立って 
ないなと 
感じずにはいられません。
 

どんな経験も経験として、 
したいのです。
 

その一方で、 
「どっちでもいい」 
っていうような選択肢の、 
流動性が高いフェーズも多く、 
 

そこは誰かに 
サポートしてもらって、 
自分では見れていなかった視座や 
選択肢を広げることによって、 
 

自分にとって好ましい状況を 
創りあげていけることも多々 
あります。
 

困難な道を進むと 
本人が決めている場合は、 
 

わたしにできることは、 
冒険に出かける前に出来る限りの 
バリアを張って、 
薬草とか、癒すアイテムや 
閃きポーションとか、 
気付きのアイテムを渡しておく 
ことです。 
 

何処かの時点でそれが使えて、 
スムーズに冒険ができるように。
 

いつも、私って 
ロールプレイングゲームの 
セーブポイントみたいだな 
と思います。 
 

皆自由に人生を冒険してく中で、 
回復したり、 
もう一回MAPを見直したり、 
自分を超える攻略を建て直したり、 
 

新しい魔法を入手したり、 
次のボスの情報を得たり、 
スキルアップしたり、 
それでまた旅に出て行くから。

=======================

自己否定感が強いほうだ。
という自覚がある人へ
 

「自己否定が強い 
 私ってダメな人だ」 
という風に陥りやすいけど
 

よくよく冷静になってみると
 

「自己否定感が強い。 
 ということは あれれ。。。? 
 否定の方へ偏ってるので、 
 自分が思ってるよりも、 
 常に自分って素敵ってこと 
 なのかも?」
 

そうなんです。
自己否定が強いってことは。
自分が思ってるよりも 
実際の自分が常に素敵って 
ことなのです♡
 

素敵だとは思おうが思えまいが
関係なく、 
どちらにしろ素敵なのです♡
 

自己否定が強いって
 

自分の素敵さを 
いっぱい知ることが出来る 
余地をもってる人
 

そういうことなんですよ♡

=======================

昔、ボードゲームで 
世界旅行ゲームというのが 
ありました。
 

世界各地を巡っていきます。
世界各地を巡って一番はやく、 
最終目的地に到着した人が 
勝ちというような 
ゲームだったかと思います。
 

それで、そのゲームには、 
ルーレットだけじゃなくて
カードをひく要素があって、 
カードの中に 
<全員出張>っていう 
カードがありました。
 

そうすると、今世界の 
どこにいるかとは関係なく
世界中のどこかに飛ばされる 
のです。
 

今までやってきたこととか、 
全然無関係になりますね。
一生懸命コマを進めてきていた 
としても、もの凄く遠いところに 
いっちゃったりとか、 
 

逆に世界中のどこか。といっても
すぐ隣の街に飛ばされる場合も 
あったりします。
 

今、そんな要素が強いかも。 
と思います。
自由度が増していて、 
学びの速度がはやいですし
<もう、これ、飽きた。やーめた!> 
って決めると、終わりになります。
 

満足というのは、 
<自分が、もう充分だ> 
と決めることにあるので、 
2年間なのか。10年間なのか。 
1週間なのか。
という時間は、関係ないのですね。
 

また、量も関係ないです。
一口食べて充分であれば、 
一口で終わりだし、 
1皿なのか10皿なのか、 
それも自分で決めれる感じ。
 

達成しているか、 
達成していないかも関係ないです。 
 

目標自体が、 
そもそもない場合もあるし、 
目標があったとしても
それを達成できないからといって、 
次に進んじゃ行けないという
わけでもない感じ。
 

本当に学び尽くして、 
飽きたことって、幾ら続けようと
しても、無理で出来ないものですね。
 

さて。。。出張先はどこかしら?♡

=======================

今日も、また 
セッションにセッションを重ね。
その後、 
サイキックプロテクション講習を 
行わせていただきました♡
ありがとうございました〜♡
  

<個人的な最近の世の中の見解>
 

エネルギー的な変動が激しく 
全体的な流れとして、 
すごくばらつきがあるように 
感じております。 
 

好調な人は、 
どんどん好調で順調に。
課題がある人は、 
課題がむき出しになり
やすいです。
 

だから  
<他者と比べることを  
 しないほうが良い>
です。
 

もともと、 
比べる必要なんて 
ないというか、 
比べられないし
誰かと比べてない人は、 
この記事は不要なんだけれど
 

自分を確立していなかったり 
する状態で
この時期に、誰かと比べる。 
ということをしていたら大変かも。
 

<自分のペースで> 
<自分にとって大切なこと>を 
進めていってください。 
そういった意味では 
外側の景色と連動しない 
感があったり 
 

皆との一体感が感じられない 
かもしれません。 
 

終わった感。終止符が打たれる 
ように感じることもあるかも 
しれません。 
 

もしかしたら、 
<何にもしないこと> 
というのが、 
自分にとっての最善かも 
しれなかったり、逆に 
<超頑張り時で、行動を起こす事> 
っていうのが、 
大切だったりします。 
 

表現が楽しくて 
仕方ない人もいたり
好調で出来る限り進める 
ところまで進んじゃいたい 
感じの人もいます。
 

共通していえるのは
<他者がどんな状態で、 
 どんな感じかに関係なく、 
 自分にとって  
 今したいことをしていく>
というように、 
 

内側に意識を向けて、 
何をしたがっているか
よく耳を傾けることです。
 

それは、 
ちょっと前の自分とは 
違っているかもしれませんが
今したいことをしてくださいね♡
 

<課題がむき出しになって、 
 大変だなあって感じてる人へ>
 

どんなことも、 
必ず過ぎ去ります。
それが続くわけじゃないですよ♡
どんな状態や、 
どんな状況であっても 
必要で起こっています。
 

よりよい状態に 
変化していくための、 
プロセスです。
 

<順調な人へ> 

春に向けて、やれること、 
どんどんやっちゃいましょう♡
<外側に向けて、表現する> 
ということを 
1歩進めてみましょう♪
 

1歩とは、  
 

<今までの自分の限界を突破する> 
ということです。
 

それは、 
スケールかもしれないし、 
新しい方法かもしれません。

=======================

人は自らを 
追い込まないと 
わからない時がある
 

病気になって、 
はじめて自分が無理を 
していたり
我慢をしていたり、
自分を大切にしていなかった 
ことに気付いたり
 

誰かと別れて、 
はじめてその人の美しさや
その人がくれた愛や
その人との時間が 
 

いかに貴重で愛おしかったのか。
ということに気付いたり
 

大切なことは、 
いつも<今>に凝縮されていて
 

それでいて、 
その時にすべての<今>の 
謎を解くことはできなかった。
 

いつかの未来に、 
いつかの今の謎が 
紐解かれていくのだ。
 

幾度も繰り返してきた  
争いと戦い
 

これらのことが、 
本当にわかるのは
本当に みんながわかるのは
一体 いつなんだろう
 

どうしようもなく、 
取り返しがつかなくなるまで
全てを失い、 
二度と手にすることは 
出来なくなるまで
 

それまでは  
わからないのだろうか
 

他の誰かがいる 
ということ自体が
 

既に あなたの願いを  
叶えている奇跡なのに

=======================

「表現力」
「実現力」
「真実を見抜く力」
 

これが、 
癒しと共に
重要となってくる力。

=======================

人生は、一見 
不平等に見える。
 

しかし、それは、2極。 
というところの視座から 
みればの話。
 

例えば、 
寄り添うことが愛だ。 
と偏っていれば
 

寄り添うことの方を 
愛として感じて、 
放っておかれることを
愛だとは感じなかったりする。
 

そんなことは全然なかった。
 

放っておかれて、 
1人の時間があたえられる 
ことによってしか
育まれないものがある。
 

例えば、 
創造力、自立心、成長力、 
独創性、生き抜く強さ。 
 

これらは、むしろ 
放っておかれることによって 
育まれる。
 

育成者として、 
どのようなスタンスである 
ことが、最善だろう。
といつも、頭を悩ませるところ。
 

それは 例えば  
<プラモデルをつくる>
というお題があったときに、 
完成しているプラモデルは
これですよ。 
ということだけしか与えられず 
 

説明書も、プラモデルのパーツも、 
何もない状態から 
プラモデルをつくるのは、 
途方もなく難しい。
 

だからといって、 
パーツはもちろんのこと
説明書まで用意しておいた 
ところで
 

さらに、 
パーツをとりはずしたり、 
組み立てまで一緒に行って 
しまうのでは 
 

『その人が説明書を理解し   
 組み立てる』
という能力がいつまでたっても、 
養われない。
 
 

プラモデルの場合。
完成。ということだけが、 
重要なのではない。
だったら、 
プラモデルなどにせずに、  
最初から組み立てられている
商品を買えばよい。
 

『プラモデルを 
 自力でつくれるようになる 
 能力を育むプロセス』
が重要なのだから。
 

手伝い過ぎると、 
手伝った側ばかりが 
更に組み立てがはやくなり 
出来るようになるだけで、 
これでは人が育たない。 
 

人が育たないケースは、 
大抵、これが多い。
 

逆に、 
苦手そうなところの 
フォローが全くなければ
そこで、ずっと 
詰まってしまうので、 
見極める力が大切。

=======================

HP 大分整えました〜♡ \(^▽^)/
 

画像とか、 
皆さんの感想部分とか
これから整えていくところも 
あるけれど。 
 

ひとまず、 
納得いくところまで出来た。
ふぅ〜♪  
文章整えるの大変だったけど、 
スッキリした♡
 

どんな人なのか。
何をしてるのか。
何を大切にしてるのか。
どんな思いがあって 
それをしてるのか。
 

という必要最低限のことは 
伝わるかな。
 

伝えるって大事。
知らないと、 
どんなに素敵なことができた 
としても
誰も知らないままだと、 
どうにもならないから。
 

別に、 
もの凄く営業めいたことを 
する必要はないのだけど 
 

ただ『こうなんですよ』。 
という事実を伝えることは大切。
 

表現ということを 
行うということは。
 

自分の内側と対峙することでも 
ありますね。
 

さて、ちょっと動いていくかな♡
 

(画像は、 
 フェミニンな感じではありますが、
 BGMには、ドラゴンクエストを 
 きいております 笑)

=======================

サイキックプロテクション講習の 
ご案内です。
 

といっても、またもや、 
ご案内が遅くなり
15日までのお申し込みですが。。(;゚∇゚)
 

既にリクエストの 
お申し込みをいただいており、
残席2名様となっております♡ 
ご縁のある方に届きますように♪
 

************************
 

喜びに生きる。 
ということが 
大切と知りながらも
 

自らの喜びが何かを認識自覚し、 
それを実際に生きている人が 
どれくらいいるでしょうか。
 

多くの悩みとして、 
喜びに生きるということが大切と 
知識としては知っていることが多く、 
 

色々それに対して、 
マインドレベルで学んだり 
取り組んだりしてきていた 
としても、 
 

やりたいことが 
ぼんやりしていたり、 
他者の期待や 
他者の要望に答えているのか、 
それとも自分の喜びなのか
ラインが曖昧だったり、 
 

求められると、 
どうしても断れずに 
やり過ぎてしまったり。。。etc
 

<そもそも、これは喜びなのか。 
 喜びじゃないのかということ 
 自体がはっきりしない。 
 曖昧である。わからない。>
 

というケースはとても多く、 
中々進めない。 
といったことがよくあります。
 

リーブル  
サイキックプロテクションでは、 
 

プロテクションとして 
ネガティブなエネルギーからの 
影響をブロックし 
 

他者とのバウンダリーを形成し、 
ストレス要因のエネルギーから 
自分を守るだけでなく 
 

バウンダリーを形成することによって 
『自分にとっての喜びが何か』 
ということがわかるような状態を 
エネルギーレベルで形成していきます。

https://www.facebook.com/events/1550328681908947/?ref_dashboard_filter=calendar

=======================

在ることが 
問題じゃないんだよ。
在るのは、みんなもれなく、 
在るんだから。
 

問題になるとしたら、 
それを受け入れられず
受け入れられないので、 
それを活かせないことに 
あるのです。
 

どんな特性も、 
受容することで 
活かせるようになります。
 

スイッチがオフになってる 
ところから、オンにして
いい感じの加減で、 
活かせるといいね♡

=======================

やりたいことを  
実際にやると
スッキリします。
 

だから、実際に 
行動にうつしてやる。 
というのは
自分にとって、 
もの凄い癒しなのです。
 

エネルギー的な癒しも 
しながら、 
実現することで 
得られる癒し。 
 

両者が兼ね備えられる 
ことで、 
最も相乗効果があるのだと 
感じずにはいられません。

=======================

ご機嫌な一日が 
今日もはじまる。。。♡
今日という日を 
存分に楽しんじゃおう〜♪
 
 

*******************
 

観たかった景色が 
観られるようになったのは
わたし自身が変化したから。
 

観たかった景色は
落とし合い、蔑み合い、 
憎み合う、 
過度な競争ではなく
 

お互い、本音を 
主張し合いながらも。
主張と主張が時に異なり 
ながらも。
 

むしろ、その違いから 
多様性が生まれて、 
学びが生まれて
尊重し合い、育みあい、 
フォローし合い、 
高め合える仲間。
 

そういう仲間たちと 
共に在ること。
 

この景色が 
観られるようになるまでに  
弛まぬ努力があったし
 

今なお、 
一歩一歩、 
一言、一言。
わたしは、わたしに問いかけ、 
わたしは、わたしを超える。
 

その度に、 
わたしはわたしを体感する。

=======================

世界に 
愛してるよって言ったら
 

大好きだよ と 嫌いだよ  
という声が聴こえた
 

嫌いだよっていう声が 
聴こえなくなるように
いっぱいいっぱい努力したり
耳を塞いだりしたことも 
あったけど 
 

嫌いだよという声が 
全く聴こえなくなることは 
ないし
なくす必要もないんだね。
 

嫌いだよっていう声は
もっと愛したいと 
願っている声だから 
 

もっともっと 
自分を愛したいって 
言ってる声だから

=======================

人生の選択の際
 

A→A
B→B
C→C
D→D
 

となるような時も 
ありますね。
どれかを選択したら、 
結果は変わってくる。
というような。
 

ところが、人生では
 

A→E
B→E
C→E
D→E
 

というように、 
何を選択しても Eにしか
ならないというゾーンが 
あったりします。
 

この場合、 
先にEが決定されているので
それ以外の余地が存在しない 
のです。
 

この場合、 
Eにならないようにしようと 
思って 
幾度も選択肢を変えてみても  
無駄です。
 

なぜなら、最初から 
Eと決まっているから。
 

さて、Eの部分に 
当てはまりそうなものは  
何でしょう? 
 

それぞれ、考えてみると、 
面白いかもしれませんね♡

=======================

少しづつ少しづつ  
整ってくる
少しづつ少しづつ  
形になってくる
 

努力は  
わたしを裏切らない
例え無駄だったと 
思えたときですら
 

わたしそのものとなって  
わたしの糧になっている
 

頑張り過ぎる人生を 
送っていた人は
まあ、世の中のほとんどの 
人がこれに当てはまる 
わけだけど
 

そうすると、 
振り子が逆にはたらいて  
 

努力をやめて頑張らない  
無理しない人生を 
生きることの大切さを学ぶ
 

スピリチュアルを学んで 
いる人は、 
 

こうしてまずは、 
頑張り過ぎの人生から脱却 
することが多い。
 

楽してもいいんだよ。
ということを知るために。
 

バランスを知るために。
 

頑張らなくても愛されるんだよ。
ということを知るために。
 

しかし、楽とは何だろう。
 

楽とは、 
いつかの自分が 
自分の100%を超えて、 
120%になって
 

120%だったのが、 
また自分の100%になって 
という風に
成長してきたところがあるから
 

その余地があるから
だから、70%で稼働していても、 
充分に色々出来る自分で 
ありながら、楽と感じられる。
 

だから、 
とても逆説的なのだけれど 
 

本当に、楽だなあ。 
と感じられる人生を生きる 
ことができるのは
 

どこかで、 
努力して頑張ったことが 
ある人。といえる。
 

コントラストの醍醐味。
底を知っている人は 強い。
 

無理して、愛されるために 
頑張りすぎる人生ではなく 
 

楽しいし、面白いので、 
自分を超えていくことに 
チャレンジして
 

心地よい努力と共に充実した 
人生を生きていったとき
 

喜びに満ちあふれて 
行動しているとき
 

努力は、苦痛ではなく 
快である。

=======================

1日、1日を 
後悔のないように 
生き切っていきたい。 
 

後悔のない1日が、 
後悔のない人生を 
創りだしていくのだから。
 

後悔のない。ということ。
それは、 
自らの選択に責任を 
とりながら
 

未熟さと無知さの 
大地の上で
昨日よりも今日の 
自分のほうが 
 

ほんの少しだけ 
成長できている自分を 
体感し 
 

ほんの少しだけ 
何かを超えることができた 
自分を体感し 
 

ほんの少しだけ 
自らの弱さと脆さを愛する 
ことができたり 
 

ほんの少しだけ 
世界からどれほど愛されて 
いるのかを知ったり 
 

ほんの少しだけ 
自らの美しさが観える 
ということなのかもしれない。
 

そうしながら、 
人は今日も神を体験している。

=======================

人は他の誰かの喜びに
    

『その人自身が 
 いかに喜んでいるか』
というところに惹かれます。
 

だから、先ずは自分が 
楽しんじゃうこと。
とことん、 
自分が楽しんじゃうこと。
 

自分が  
めっちゃ楽しんでればね。
そこに 喜びの波動が 
生まれるのです。
 

誰かを喜ばせることなど 
できず、ただ、 
自分が喜びにあったときに 
他の誰かが、 
それを奇跡的に共鳴したり 
共感し合うことが 
起こったのです。
 

だから、 
他の誰かを喜ばせようと 
頑張らなくていい。
誰かの機嫌をとろうと 
しなくていい。
 

とにかく、 
自分を喜ばせていればいい。
 

他の誰か。というのは、 
人だけじゃなくてモノ。 
に置き換えられるかもしれない。 
 

他の誰か。というのは、 
人だけじゃなくて  
外側 すべて。 
に置き換えられるかもしれない。
  

スピリチュアルを学んでいると
『こういう言葉を言うと。。。 
 こうなる』とか
『こういうことを思考すると。。。 
 こうなる』ということを 
 

気にして、湧いてきた感情を 
消し去ろうとするケースが
よく見受けられます。
 

確かに、言葉や思考は 
影響するんだけど、 
それを気にして
本音を消し去ろうとする 
行為自体は、
 

言い変えるならば 
『外側に、機嫌とってる行動』
だってことに、 
気付いていけたらいいよね。
 

例えば、お金とか。
『こういう言葉を使ったから、 
 お金が入ってこないのかも。。。?』
 

これって、 
お金に、気を使ってるよね。 
機嫌とってるよね。
 

外側に機嫌とっても、 
何も起こらないのです。
機嫌をとるなら、 
自分の機嫌をみることなのです。
 

ワガママって思えるくらいに、 
自分の喜びに生きて
他のモノの機嫌は、 
もう、とらなくていいのです。
 

そうしたときに。
色んなことが、 
上手く回りだします。
 

でも、何が自分にとっての 
喜びかわからない人、 
ホント多いよね。
喜びのラインがぼんやりしてる。 
 

喜びのラインがぼんやりしてる 
ってのは、 
犠牲とか我慢とか
そういうことが、 
自動的に起こりうる可能性が 
ある状態だということ。
 

で、これを、 
頭でどうにかしようと 
してみても、 
どうにもならないです。 
 

エネルギーレベルから 
変えていかないと。
 

だから、人生の学校では  
サイキックプロテクション 
っていうエネルギーワークを 
ベーシックサポートで入れて 
います。
 

大抵、2〜3ヶ月で、 
自分が本当にやりたいのか、 
やりたくないのか。
自分にとっての喜びが何なのかが、  
はっきりしてきます。
 

正直なところ。
みんなやっちゃったら 
いいのにね。って思ってます。
これは、自分が取り扱ってる 
ワークのすべてに言えること。
 

最近、 
面倒くさいことが益々、 
苦手になってきていて
 

『わかる人にはわかるから、 
 好きにやってればいいかな♡うふっ』
ってのが、より強まっているため、 
 

私って今よりワガママな感じ満載?
になっていくのかも?(笑)
いいものはいい。としか 
言いようがないものだよね 
としみじみ。。。
 

やりたいことやっちゃって、 
生きたい自分を生きて
人生を謳歌してる人たちを 
眺めているのが、わたしの喜び。 
 

それは、 
同時に内側に向かう旅であり、 
カルマから脱却したところ 
からの創造ということでも 
あります。
 

そのために必要な 
現実化、実現化、加速の力は
表裏一体の闇として 
眩く煌めきながら我の内に在り。 
 

闇は休むことなく 
新たな夢を紡ぎだしていて
紡いだ夢が今日も折り重なる。 
誰かと誰かの夢が。
 

さあ。。。一緒に  
素敵な夢を楽しみましょう♡

=======================

【無料ということ】
 

無料って、とっても 
お得な感じがしますよね♪
エネルギーワークも、 
今は沢山の 
無料ヒーリングがあります。 
 

他には、 
セッションの時間を 
無料で延長してもらうとか。
いっしょに長い時間居て 
もらったとか。
 

これは、 
お得なのかというと、 
意外とそうではない方にも
発動することがあります。 
 

それは、 
自分が同じような仕事を 
しようとした側。
提供しようとした側で 
発動するのです。
 

たくさん無料で 
受け取っていればいるほどに。 
 

<お金で循環しない> 
<それはお金としては無価値>
という流れを生みますから、 
自分もお金を得る。 
ということに抵抗が生まれます。 
 

自分の時は、お金を得て、 
誰かからもらう時は無料。
そんな風にできる人なら 
良いのですが、 
 

自分は自分のことを
一番みているもの。  
 

なかなかそうは 
いかないことが多いように 
思います。
無意識にバランスをとろうと 
する人がほとんどです。
 

ですから、 
<自分の仕事に、 
 きちんと対価を得る>
ということの特効薬は、 
 

<きちんと、 
 金銭を伴って、払う>
ということだったりするのです。
 

わたしは、 
このことに気付いてから、 
ある時からは、しっかりと。
お金を払う。 
相手に対価を払う。 
ということを行ってきました。
とにかく払いました。  
 

払う。ということが当たり前。 
だから、受け取れるのです。
 

払う。ということが 
当たり前でないから、 
受け取れないのです。
 

でも、大抵  
この逆をやろうとします。 
 

<お金が入ってきたら、 
 払います。> 
となることが多いのです。
 

無条件の愛を受け取るには、 
無料のところでないと 
無条件さを感じられない。 
という場合もありますので、 
それが必要なときもあるのですが、 
 

提供する側。となろうと 
しているときに
無償で何かを得ようと 
し続けることは、 
 

自分で自分のお金の通路を 
閉めることになります。 
今まで無償で受けていた分が
ひっかかってきます。 
 

<無償で得られる価値のもの> 
ということを
どちらにも、現すからです。 
 

そして、 
<無償でちょうだい>と 
言っている自分が
目の前に沢山現れてくるのです。
 

甘える。ということに、 
区切りをつけることができるのは
自分だけです。 
 

甘える部分と甘えない部分の 
バランス。
 

既に金銭的に、 
自由になっている人が  
この状態になるのと
 

金銭的に、まだ不自由さを 
感じている人が 
この状態になるのとでは
困り具合が違ってきます。
 

こういうことをみると、 
一見良さげに思えることでも
ネガティブ要素もあるのだ。 
と感じずにはいられません。
 

こうして、わたしは、 
いつも、無条件の愛を 
無償で提供することで生まれる 
存在の肯定力を育むことと。 
(わたしは、愛される存在なんだ。 
 ということ) 
 

無償で与えすぎると、 
相手が仕事として活躍することが
難しくなるのを知っていますので、 
 

その加減が、いつも 
もの凄く難しいなあ。 
と感じずにはいられません。
 

流れ的に、 
(わたしは、愛される存在なんだ) 
というところが育まれ、 
高まってきていて、逆に
 

お金とか、 
仕事とかという課題が 
高まってきていると感じるので、 
バウンダリーをもう少しあげて、 
 

セッションの時間なども、 
決めた時間で整うことができる 
ように、 
 

より一層 
そういう流れにしようと
思います。

=======================

さきほどの続き。
 

もう一つ言うならば、 
学ぶ側か、提供する側か。
どちらか一方の方が 
楽なのです。
 

学んでいるときは、 
至らない自分を。
未熟さの方だけを見つめて 
いればいい。 
 

逆に、 
提供するだけの場合は、 
自らの素晴らしさとか、 
才能とか、価値とか
出来る自分の方だけを 
見つめていればいい。
 

両方するというのは、 
 

至らない自分が 
常に同居しながら、 
 

出来ない自分を 
常に感じながら、 
 

それでいて、 
自分のできることも 
見つめながら  
 

より、等身大の自分を 
表現していく。ということ。

=======================

こういうときに。
こういうとき 
だからこそ。
 

自分が喜びで決めたことの 
方を貫き通せるか。
後から沸き起こった 
不安からの選択を選ばないで 
いられるか。
 

揺れている人は、 
内なる自分のあたたかさを 
感じてみる。
 

ゆとりがある人は、 
コツコツ一歩一歩 
やることを、ただ、やる。
 

わたし個人的には、 
状態が安定しているため
こういう時に、 
地味にコツコツ一歩一歩 
進めることを進めています。 
 

そういう努力が、 
後で実を結ぶことに 
なるのだから。
 

あとね、全体的に、 
物質面に関しての不安が 
増大している感じがします。
特に、お金。
 

バランスがとれていないと、 
お金は循環しないよね
 

************************* 
 

●女神の金運ワーク● リバース抜粋
http://misakiaya.exblog.jp/20330225/
 

この地上で生きている 
多くの方が、 
今より もっと多くの 
お金を持つことを 
望んでいます。  
 

でもそれらが叶っている人は 
ごく一部です。
何故なら一口に 
「お金がたくさん入ってくる」とか 
「金運が良くなる」と言っても、 
 

実はその実現には 
多くの要素が必要で、 
ただ何もせずにいるだけで 
お金がたくさん入ってくる 
方法など存在しません。 
 

お金が入ってくる流れを作るには、 
少なくとも以下の要素の実現が 
不可欠です。
 

・感情も含め、 
 エネルギーの循環とバランスが 
 とれていること 
 

・多くを受け取り、 
 同時に多くを与えられること 
 

・愛と喜びを放つ存在であること 
 

・自己の喜びとしての 
 表現方法があること 
 

・喜びによる 
 他者への貢献ができること 
 

・不安のために 
 ただお金を持つことだけを 
 求めないこと
 

************************* 
 

わたしが思うに、 
けっこう偏ってる場合って
あるように思います。
 

よくお話することですが 
『学んでそれを自分で活かすこと』
ができる能力と、 
 

『学んだことを活かして、 
 誰かに提供すること』
ができる能力って、 
 

別物。
 

それと、どうしても
『色々な能力を更に得ている 
 未来の自分がやれること』を
見がちだけど、 
 

それだと、いつまでたっても、 
未来の自分って
素敵そうにみえるものなので。
 

自分という人間は、 
今既にあるのだから
今持っている材料で 
提供してみることが大切で
 

提供しないと、わからない、 
成長できない、学べない事も
たくさんあるのです。
 

あの能力を得たら 
やろうループにハマると、 
いつまでたっても、 
提供に至れない場合もあり。
 

厳しい言い方かもしれないけど。
今の時代、 
自分の癒しと同時に、 
自分の超えたことを提供すること。
 

それを、同時進行できるか 
どうかにかかっていると思います。

=======================

困る暇もないくらいに、 
救済措置が入る。 
 

途方にくれる暇もないくらいに、 
愛で満たされる。
 

以前のわたしは 
『助けて』って言えなかった。
どんなに苦しくても、 
誰かに助けを求めることが 
できなかった。
 

今は、 
助けが入ることを信頼している。
     

世界にどれほどまでに  
愛されているかを
ひしひしと肌に感じながら。
 

そんなとき、 
感謝は自ずと沸き起こる。
そして、沸き起こった感謝が。
わたしを動かしていく

=======================

どうにもならない 
かもしれない。 
と思えるときですら
どうにかなった。
 

どんな体験も、 
わたしに必要であれば 
起こるし、 
学びきったことは
もう起こらないのだろう。
 

それは、 
かつて好きだったけど、 
今はもう 
ときめかない相手のように
夢中になることが 
出来ないからなのだ。と思う。
 

または、 
かつて良くきいていたけれど、 
今聴くと、時代遅れすぎて
聴きたいと思えない 
歌のような感じだったりする。
 

揺らぐ感情が起こると、 
またそれをやりたいのかな? 
と問いかけてみる。 
  

そうすると、 
やりたいほどではなかったり、 
それほどのめり込むことが
できない。 
ということがわかったりする。
 

そうして、選択をする。
 

自分にとって、 
必要なことかどうかは
今の自分が決められる。
 

そうして、不安という、 
心の揺らぎを感じられることも
いつしか、喜びに変わる。 
 

まだ、それに対して 
不安を感じるということが 
できたのだから。

=======================

全体的に、不安感が 
高まっているのを感じます。 
 

先日の事件の件も 
あるだろうけど、 
それだけじゃなくて
色々なものが吹き出して 
きている感じです。
 

************************
 

<揺らいでいる人へ> 
 

自らの不安に 
巻き込まれないでいられるか。
スパイラルに入るか 
入らないか。というのは 
こういう時のことを 
言っています。
 

不安は消そうとしても 
消えるものではないので
なくそうとしなくても大丈夫。 
 

状態が、不安定な時は、 
センタリングをして、 
切り替える。
戻す。という感じで 
内なる自分とつながる 
ことをすると効果的。
 

あとは、 
あんまり揺らいでない人と 
接することで
本来の自分を取り戻すことが 
できます。
 

不安からか、喜びからか。
 

何を選択するか、 
それはいつも自由です。

=======================

あのときの、 
そんなにも情けない 
自分がいたからこそ
次にはそれを 
選びたくない自分がいる
 

あのときの、 
そんな愚かな 
自分がいたからこそ
次にはそれを 
選びたくない自分がいる
 

あのときの、 
そんなちっぽけな自分が 
いたからこそ
次にはそれを 
選びたくない自分がいる
 

そうして いつもいつも 
どんなときも  
あなたはあなたを育んできた。
 

育む。ということは、 
今よりも過去に 
情けなさや愚かさや  
ちっぽけさを
見ることができる。 
ということだ。 
 

それを見ずして、   
成長した、発展した、拡大した
自分を見ることはできない。
 

蝶は幼虫とサナギを経て 
はじめて
空に舞うことができる。
 

すべては、 
今の自分に成るための。

=======================

わたしは  
美で動いている。
そう感じることがある。
 

常識とか、 
一般的な概念とか、 
正しいか正しくないかとか
良さそうか悪そうかとか、 
そういったこととは 
全く無関係で 
 

わたしが美しいと感じるか 
美しくないと感じるか 
というところで 
基準が設けられている。
 

だから、 
他の人からみたら 
何でそちらを選ぶのか。 
というのは 
全く持って不可解だったり 
することも多く、 
 

理解されないことが多い事に、 
もの凄く納得がいくし
わたし自身ですら、 
理由なく動く自分に、 
不可解さを感じることもある。
 

色、カラーで  
物事を捉えていたりするので、 
両極端な正解、不正解という 
主張自体に興味がなく、 
 

どちらが正解か不正解などは、 
正直どうでもよくなってしまう 
ところがある。 
 

正解か、不正解かなどは、 
誰が決めるのかというと、 
自分以外になく 
 

どちらかというと、 
どんなに素晴らしい意見で 
あっても、  
 

正義を振りかざした瞬間に、 
それ自体が色褪せて 
醜くうさん臭く感じる。
 

逆にみんなが毛嫌いする 
ようなことであっても、 
 

自分にとって
そこに美しさがあるのであれば 
選ぶし、 
 

整ってきれいなもので 
あったとしても、 
胸を打たれるような情熱が 
沸き起こらないとつまらない。 
 

どんなに難関と思えることでも、 
必要とあらば 
それを超える方を選択する。
 

これらは、 
全く一貫性がないように 
みえるけれど 
 

唯一、 
一貫性があるのは  
美と自分が面白いと思えるか 
どうか。によって 
構成されているところ。
 

みんながくだらない。 
というレイアーに、 
面白さを感じられるので
 

あれば、それは才能だし、 
面白いと思えるうちに、 
旬なうちに 
実際に体験して、 
やってしまったほうが、 
面白いのだ。と思う。
 

以前はあんなに 
面白いと感じていたことも、 
今はどうしても面白いとは 
感じられないことは、 
沢山あって。
 

だから、 
今面白いと感じられることを 
1つ1つやってしまおう!
とそんなことを思った。
 

自らの美的基準と共に。

=======================

責める相手をつくりたいと 
おもわないとき
 

責めようとする材料も 
同時に生まれない

=======================

必要のない苦しみは 
与えられない
 

必要のない痛みも 
与えられない
 

苦しみも痛みも 
自分自身がそれを、 
 

感じる必要がある 
時だけ感じるものなのです

=======================

お風呂に入ってたら
人生の学校
Skypeと横浜クラスで話す
おおまかな内容が決まりました。 
 

その時々で変わるけど 
基本は一緒。
 

今回の内容って、 
完成されてるので 
これだけで何回も 
セミナー開けそうだけど 
私のことだから、 
今回限りだろうなあと思います
 

2015年をどう生きて 
いきたいですか?

=======================

少しづつ、少しづつ、 
春が近づいてくる
 

先に見えてくるで 
あろう景色が
美しいであろう 
ということも知りながら
 

今の景色の美しさも 
感じずにはいられなかった
 

例えば、 
私は以前のようには 
色々なことに興味を抱け  
なくなってしまった。 
 

昔の方が 
色々なことで楽しめた。 
どうでもいいことが多くなった。 
 

それは、どんどん 
そうなっていく一方の 
気がしている。
 

人によって、 
楽しいと思える、 
喜びと思えるレイヤーは 
違っていて、 
それはその時々で 
移り変わっていく。
 

今の喜びと感じることを 
抱きしめながら。 
 

季節は移り変わっていく。

=======================

目の前の課題が片付く 
ことって大事。 
 

目の前の課題とは、 
人によって異なるけれど
お金と仕事だったり、 
人間関係だったり、様々。
 

目の前の課題が 
片付いていない場合、 
誓願が観えたとしても、 
その方向へ力を注ごうと 
思っても、中々注げない。
 

逆に、課題が目の前から 
片付いていく方向になって 
いけばいくほどに、 
そこへ注ぐ動力が必要 
なくなってくるから
誓願へ進みやすい。
 

お金と仕事の課題は、 
自己価値だったり、 
愛の循環だったり、 
表現だったり許可だったり、 
そのあたりの総合的なことに 
なってくるし
 

人間関係の課題は、 
許しとか、受容と統合とかに 
なってくるけど
これが、まあ。。。 
一筋縄ではいかないなあって 
思います。
 

あとね、 
本質的なものがわかる目を 
養うことも大事。
そうじゃないと、 
何が良いかが見極められない。。。
 

総合的に整えていかないと、 
どこかで行き詰まる。
そんな感じがしています。

=======================

白か黒か
丸かバツか
 

心の絵とは
そんなどっちか一方だけで 
描かれているものばかり 
じゃない。
 

人によって、 
絵の具を混ぜて一色にして 
描く人もいれば、 
そうじゃなくて、 
何色もの色を混ぜずに 
そのまま使ってキャンパスに 
描いている人もいる。
 

他者は好き勝手に言うけれど
自分は、自分の絵をよく見て 
全ての色をみてあげられる 
といいね
 
 

全ての色を 
そのまま見るだけで 
癒されるということは
よくあることなのです。

=======================

等身大で行えないと 
苦しくなる。
 

知ってることは知ってるし
知らないことは知らない 
 

わからないことは 
わからないって
言えると楽だね。

=======================

この1ヶ月。
 

わたしの中で 
大きな原動力の切り替えが 
起こっていて、 
 

それがようやく昨日の 
熊本でのオープンクラスの 
前に完了しました。
  

原動力の切り替えとしては、 
2つ大きな理由があって
 

1つには、 
自我の欲望がある一定の 
ところまで満たされたためです。 
 

欲望の原動力を主体として 
動けなくなったのです。
 

これは、収入とか住まいとか 
環境とかが、整ったからで
自分の望んでいる状態、 
環境にあるので、 
 

それを動力源の主体としては 
活かせなくなりました。
 

2つには、 
わたし自身がかなり癒された 
ためです。
 

目の前の自分を癒す。 
いつかの自分を癒す。
というところに対しての思いが、 
今までのようには、 
強く湧きおこらなくなったので、 
 

それを原動力として動くことが 
難しくなりました。
 

そうして、 
空っぽの状態でありながら、 
お仕事の依頼は増え続け
1月の収入は過去最高益と 
なりましたが、 
 

かつての自分が 
あれほどまでに渇望していた 
お金への興味も、 
前のように抱けなくなっている 
自分を感じました。
 

我欲の欠落。ですね。
 

そういえば、今月に入って、 
今のわたしにとって必要のない 
我欲を解放してもらう 
ワークを、お願いして行って 
もらったのでした。 
 

その効果が、 
尋常じゃないくらいに 
発動しているなあ。。。(笑)
 

我欲の欠落というと、 
一見良さそうに聴こえる 
かもしれませんが、 
 

今までの人生 
ずっとこれを背負って 
生きてきましたから、 
自分が自分じゃないみたいに  
感じるし、 
我欲が強いという自分が 
大好きだったようで、 
 

新たな自分の 
アイデンティティを 
受け入れるのと同時に、 
新たな原動力が生まれてくるのを 
じっと待っている状態でした。
 

新たな原動力は、 
今までもあったけれど、 
奥にあって、 
今までは目立っていなかった 
静かな原動力で、 
静かではあるけれど 
揺らぎがない感じがしています。
 

それは、幼い頃、 
精神疾患の母が 
病状が重くなる度に
『どうか ママの病気が 
 治りますように』
と神に祈っているときの、 
そういった祈りの思いに 
似ています。
 

全ての体験は、 
個々の選択なので、 
病気は治す必要はないことも、 
 

治らなかったら、それが 
完璧であり、苦しみですら 
愛のコントラストの一部で 
ありながら。 
 

人間であるわたしは 
愛する人が目の前にいて 
苦しんでいたら 
祈らずにはいられないのだと 
思います。 
 

祈りの内容は 
幼い頃とは違っていて、 
言葉にすると 
こんな感じなのだと思います。
 

「もし、 
 この苦しみを終わらせたいと 
 本人が望むならば、 
 どうか最善の手段と方法が 
 その人の元に届けられますように。」
 

必要な人のところへ、 
必要なものを届ける。 
 

わたしはその方法と手段。 
自らの祈りそのものとして 
生きていくのだと。

=======================

コンディションには、 
波がある
海の満ち干きみたいに。 
 

そうした 
大きな流れの中で、 
波がいったりきたりしている。
 

全体的な流れがあって、 
その中で更に 
個々の流れがある。
 

それは、わたしたちが 
バイブレーションだからだ。
波が起こらないように  
一定にしようとしても 苦しい。
 

波を受け入れ、 
現状の自分の状態を知ることで  
自分がどうしていけば  
良いのかがわかるし、 
 

先々の見通しがついていると、 
不安のループにどこまでも 
陥ったりはまることもない。
 

不安というのは、 
疑いから生まれる。
 

信じようとする心が 
沸き起こったとき、 
 

大抵それは疑いの心が 
芽生えているからで
 

そういった、 
疑いが沸き起こることすら、 
その時々で受容していくことで、 
いつの日かその件については、 
信じようともする必要が 
なくなる時が来る。
 

信じようともしなくなった 
ときには、 
それがスタンダードに 
なっていて
 

別のことで、 
課題が生まれている。
 

何でも可能なわたしたちは、 
可能の枠をどこまでも、 
広げていっている。
 

だから、 
波をなくそうとする必要はなく、 
波に逆らう必要もなく
今の状態の中で、出来ることを 
行っていくことが大切。 
 

絶好調とはいえないときに 
撒いた種が、 
 

いつの日か育って 
花を咲かすものだから。

=======================

人生の学校♡ 
熊本オープンクラス
ありがとうございました〜*\(^o^)/*
 

自分を大切にしたい
自分の真実を生きたいと 
感じている人が増えて 
きているなあと 
ひしひしと感じました。
 

どんどん自由に楽しく 
創造的に生きていけたら、 
楽しいよね( ´ ▽ ` )
 

九州にドラゴンマスターも 
誕生したので、 
今後が楽しみです♪
 

なおこちゃん、 
企画のサポートと 
美味しいお料理までご用意いただき、 
ありがとうございました♡
 

皆様、寒い中 
足を運んでいただき 
ありがとうございました♡

=======================

いよいよ明日、 
九州入りいたします。
実は、人生で九州って 
はじめてのわたし(;゚∇゚)(ドキドキ)
 

人生の学校 
オープンクラス1月は
九州熊本と、 
神奈川桜木町、 
Skypeの3開催にて 
行っていきます。
 

最近、 
ひしひしと感じることは、 
マインドレベルでの理解での
限界を感じていたり、 
 

もっと本質的な効果のある 
エネルギーワークを 
求められている方が、 
とてもとても増えてきている。 
ということです。
 

1から10まで順番に 
1つも飛ばさずに行くのを 
楽しむのもよし。 
 

1から10まで一気に 
ダイレクトに変化するのを 
楽しむのもよし。
 

どちらを選んでいくことも、 
自由なのですが
 

エネルギーワークを伴って 
本質的なところに 
アプローチをすることで、 
ダイレクトに変化することを 
許可できると、 
 

創造の幅や選択の幅や 
スケールが広がるように 
思います。
 

2015年、 
どんな道を描いて 
いきたいですか。。。?

=======================

愛し通す男の人って 
カッコいい。 
 

迷わない人はいない。
迷ったり悩んだりして 
 

そこから、 
何を選び取るのか。

=======================

最も醜く
最も弱い自分を 
受容しきったときに
 

最も美しく
最も強い自分が顔を出す
 

自らの醜さを見るまでは
自らの美しさのほんの一部 
しか知らないということ

=======================

相手の状況や 
心情を理解することも 
大切なことだと思うけれど 
 

気づかってばかりいては、 
自分の本音を 
押し込めることになって 
自分の想いを抑圧してしまう 
ことになる。 
 

相手の都合に関係なく
シンプルに
「自分が、今、 
 何をしてほしいか」
を、言えることって大事。
 

大事なのに、けっこう難しい。
 

シンプルに要求できない場合。
要求されることが苦手 
だったりする
されたくないので、自分も 
できないのだ。
 

さらに、 
要求されるのが苦手な場合。 
断るのが苦手だったりする。
 

奥が深いな。と思うのです。

=======================

どんな特性も
その人が自分のぴったりの 
立ち位置にたったときには 
 

最高に活かせる 
素質となるように出来ています。
 

だから、どんなエラいひとに 
(または尊敬している人にさえ)
直すように、 
正すように言われたとしても、 
直さなくていいのです。
 

そのままの自分のその特性が、 
そのままで才能となる場所が 
あるからです。
 

そして、もし 
その場所が何処にもなかったら、 
自分でつくればいいのです。

=======================

好きなことをして
好きな仕事をして
好きなところに住んで
好きな人と一緒に過ごして
 

そうして 
好きなものに 
囲まれていたとしたら
次に何をしたいと思う?
 

もっとこうしたい。 
ということが何もなかったら
次に何をしたいと思う?
 

本当に満足していたら
次に何をしたいと思う?
 

その時、 
自分は何をするだろうか?
 

求める人から  
世界の声に答える人へと
なっていく というのは、 
 

そういうことなのだ。
と感じる今日この頃。

=======================

ふう。。。(;゚∇゚)
今日やろうと思ったことは、 
ひとまず終わったぁ♡
 

日々の積み重ねが観えて 
くるのは、少し後のこと。 
 

頑張りすぎる必要は 
ないけれど、 
自分の今できることを
無理のないように、1つ1つ 
行っていくことも大切。
 

その1つ1つが、 
いつの日か自分が立っている 
場所を創り上げていく。
 

やりたくないときは 
しなくていい。 

 
しなくてはならない。
というところから 
無理して動かなくていい。 
 

それと同様に。 
やりたいのだけれど、 
不安もある。という場合。 
 

もちろん、癒してみたり、 
動けない原因と向き合ったり 
するのだけれど 
 

不安に対して 
全く不安がゼロになる 
必要はなくて。 
むしろ 
それを超えていくこと。
 

超えるものがあって、 
その時、わたしたちは 
超えていく自分を体験できる 
のだから。

=======================

前に進み出した。 
 

今日から 
新しいフェーズに入った。 
 

まだ、本来の 
スピード感までには 
至らないけれど
もう、やるしかない。 
 

それ以外の方法が 
存在しない感じ。 
 

育みは終わり、 
一歩を歩めていく時。

=======================

あなたがいてこそ  
わたしがわたしを 
表現できる。 
 

あなたがいてこそ  
わたしはわたしを 
感じられる。
 

あなたが  
わたしを待っていて。
そこに いてくれるから。
 

だから わたしは 
歩いていけるんだ。

=======================

本日は 
女神の覚醒伝授講習でした♪
 

1月は、 
以前からいただいていた 
リクエストのみで 
行わせていただきました♡o(^▽^)o
 

本当の意味での 
受容と愛に満ちていかれ、 
 

女神として 
輝いていかれる皆様を 
眺めさせていただき、 
喜びに満ち溢れました♡
 

2月は一般募集もしようと 
思ってますので、 
ご興味のある方はお問い合わせ 
くださいね〜♪
 

というか。  
講習を行えば行うほどに。 
皆様の変化をみればみるほどに 
講習をやりたくなってきます。
 

世の中に、 
もっと女神を 
増やしたいなあって。 
 

そうしたら、 
もっと自分を 
大切にする人が増える。 
  

もっと 
愛に包まれているのを 
感じて生きる人が増えるなあ。。。♡
 

ありがとうございました♪

=======================

自分のことを 
一番よく 
みているのは自分。
 

誰かを例え  
ごまかせたとしても  
自分はごまかしきれない。
 

逆に。
自分にとっての真実を生き。
自分にとっての愛を 
生きてさえいれば。
 

誰かがどうする。 
ということは関係なく
自分が どう在ったか。
ということだけが 
真実として煌めくだけ。
 

そこを 
揺るぎなく生きることは
とても気持ちが良い事だ。
 

なぜなら、それは 
自分で決めることが 
できるので
誰かの影響は関係なく、 
 

ただそこには 
自由が存在しているから。
 

どう在るか。は 
いつだって、自由だった。

=======================

自分のことを 
受容していけばいくほどに
他者という自分も受容していく
 

そうしたら
あまり心が騒ぐことがないので
 

結局のところ、 
一番心地が良いのは  
自分なのだ。
 

居心地が良く 
いられるかどうかは
いつだって、 
自分にかかっているのだから。
 

誰のためでもなく  
自分のために。
 

自分を愛していけるといいね。

=======================

こころが開けていれば、 
信頼し合っていれば
 

物事を全て一緒に共有したり、 
正直に開示できる。
隠し事のない関係性が築ける。
 

そんな風に 
思っていたところがあって
 

事象によっては、 
時には、黙っていたり、 
開示しないことがある
ということを 
否定していたときがありました。
 

今思うのは。
確かに、そんな関係性を築ける 
ことは素敵だけれど 
 

物事、そんな二元性というか、 
どちらが良いというのはなくて。
そんな単純なものでもなく。
 

事象によっては、 
それを受け止めきれるだけの、 
度量があるのか。 
 

その人が受け止めきれそうか 
どうかを見極めて、 
 

それを伝えた際に 
苦しみが生まれないように 
していたことがわかりました。 
 

愚かな自分を隠そうとしている 
だけがクローズアップして 
いたけれど、
 

それだけじゃなかった
 

信頼しているかどうか。 
ということと、 
伝える伝えないは無関係。
 

言うのも愛。
言わないのも愛。
 

そのときに、 
選びたい愛を選んでいくだけ。

=======================

同じ。と思えるような 
経験であっても
実際は全く違うことがある。
 

経験自体が違う場合もあるし
それを捉える自分の意識が 
違う場合もある。
 

だから 
何かに対して、起こる前から 
ネガティブだと決めつける 
必要もなければ、 
ポジティブだと決めつける 
必要もない。
 

起こる必要な経験が 
起こってくるのだろうし
必要なければ起こらないだろう。
 

そういった意味では
自分ができる最善を行いさえ 
すれば。 
 

後は、 
すべてを委ねるって大切。
 

それができないと苦しいし
不安が多少沸き起こったとしても
 

委ねて信頼がもてていれば、 
内には温かさと 
平安があるものだから。

=======================

あの場所まで行ったら。
悲しみや苦しみから 
解放されるかもしれない。
課題が解決するのかもしれない。
 

そう思って、 
その場所に辿り着いたとき。
 

確かに、 
今までと同じような悲しみや 
苦しみは抱かなくなったし、 
同じような課題は 
存在しなかったけれど
  

新たな課題が目の前にあった。
 

あの場所まで行ったら。 
わからないことが、 
色々わかるようになって
答えが出ないことの答えが、 
出るのかもしれない。
 

そう思って、 
その場所に辿り着いたとき。
 

確かに、 
今まで問いかけてきた答えは、 
既にあったし、 
答えそのものに、 
自分がなっていたけれど
 

簡単に答えが出ないような 
問いかけが目の前にあった。
 

生きていると、 
課題や問いかけがなくなる 
わけではないので 
 

むしろ、 
課題や問いかけがある状態を 
受け入れること。
課題がある。ということ 
自体を嫌わないで 
なくそうとしないこと。
 

それが、 
課題をなくそうという 
苦悩から解放される術 
なのだと思う。
 

そして、課題や問いかけ。
それらは新たなわたしの 
一部となって
わたしを創りだしていく。

=======================

人によって  
幸せで手に入れたい 
と思う経験は
 

別の人にとっては  
不幸で訪れないでほしい 
という経験
 

『幸せそう』 
に見える経験は  
そう見えるだけであって
片方ということはなく  
 

いつも  
すべてが内在している。

=======================

目が冴えてきた
思考が明晰になってきた
 

休む時は休み
動く時は動く
 

休むのに飽きる時がくる
しっかり休めば休むほどに
 

動くと 
もっと動きたくなる 
フェーズに自然と入っていく。
 

やっぱり 
仕事をいっぱいすると
楽しいので、ピシッとするね。 
 

あんまりいっぱいの 
長期休みは 
旅とかならいいけど、 
 

合わないなあって 
いつも思います。

=======================

彷徨ってる旅人がいた
何処にいけばよいのか 
迷っていた
 
 
旅人は楽園を探していた。
 

わたしは指を指した
「あそこに行けば 
 求めている世界への 
 扉がありますよ」
 

でも、扉は一見 
扉に見えなかったし
扉まで、どう歩いてよいのか 
旅人にはわからなそうだった。 
 

心の奥で楽園を求めつつも、 
それよりも旅人は 
直ぐ目の前にある木を  
どうしようか。 
ということに夢中だった。
 

そこで、私は 
道案内をすることにした。 
霧が深くて、旅人の視界は悪く、 
 

私の言葉を。声を。信用して 
進んでみる以外になかった。
 

扉の前にきたらきたらで、 
それが扉なのだ。と観える 
必要がある。
 

それは、 
静寂の心で見定めなければ 
見えなかった。
 

その扉は、 
鏡のようになっていて
自らを映し出すから、 
 

自分を映し出しては、 
ニセモノだ。
そういって 
去っていく旅人も続出した。 
 

自分を愛することが 
出来なければ 
鏡は悪魔のようにも映る 
からだ。
 

最近、 
ひしひしと感じることは
「扉」そのものと 
「道先案内人」
とは役割が違うし、 
 

必要とされる能力も 
全く違うということ。
 

道先案内人スキルを 
十分手にして、 
案内を楽しもうと思う 
今日この頃。

=======================

体調を崩したり、 
体調に変動がある方が 
多い気がしています。
 

身体が休みたがっているとき
少し身体が弱っていると 
感じた時は 
 

それ以外に、他に理由がなくても、 
休ませてあげること。
 

やることがいっぱいあった 
としても同じ。
 

のんびり。大切。
 

身体が休みたがっている。 
ということが理由とならない場合。 
 

悪化して、 
休まざろえない、 
正当な理由をつくりだすものです。
 

逆に、少しの体調の声に 
正直に答えて、 
よく寝て身体を休ませると、 
回復するのがはやいです。

=======================

エネルギーが、 
わからなくたって
素敵な志をもっていて、 
人間的に魅力的な人は 
いっぱいいます。
 

それを充分に知りつつも、 
それと同時に、今の時代
やはり感覚を研ぎすまして、 
自分を知り
エネルギーを体感していく 
ことは大切だと感じています。
 

五感を研ぎすまして 
いくことは大切だけれど 
 

この先、今よりも、 
さらに感性が高まっていった際に
それが、世間一般に対する、 
精神的優越に浸る手段や 
特別意識を抱くための道具として 
使うだけとするならば、 
 

能力は諸刃の剣となり
剣で自らを傷つけることと 
なるのでしょうね。
 

自信を能力というもので 
埋めようとしているとすれば
それはいつまでたっても  
埋まりません。
 

自信とは、 
能力では満たされるものでは 
ないからです。 
 

むしろ、何も持たず、 
何もない、何も出来ない自分 
というところでこそ
 

己が観え、 
真の自信は培われるのです。
 

能力がひらかれていった際に、 
その能力をどう活かすか。
というのは結局のところ 
その人次第なのだと思います。
 

わたしは、 
後天的にサイキック能力が 
ひらいていったタイプなので
エネルギーがわからない人の 
辛さが心からわかります。
そして、望めば感性は高まる 
ということも。
 

エネルギーがわかる、 
わからない人がいるわけではなく
 

ただ、感性を閉じていて 
ひらいていないだけなんだ。 
ということ。 
 

望んで、適切な対応をすれば 
(マインドで願う。だけ 
 とかではなく、適切な 
 エネルギーワーク等で 
 実際にひらくことに 
 アプローチする) 
 

現状よりも、 
必ず感性は高まっていきます。

=======================

昨年の冬至くらいから、 
ずっと温かな土の中で 
何かを育んでいるような感じ。 
 

まるで、孵化する卵を 
温めているかのように、 
愛おしく抱きしめている。
 

土の中なので、 
まだ何も見えない。
色も形も香りも。
 

暗闇の中、 
手探りで触れられる 
感触だけが、 
その確かさを表している。 
 

表に目に見えて 
現れてくるのは、 
きっと春頃なのだろう。
 

自らが種の状態であるとき。
何もしていないと感じたり
進んでいないとか
そんな風に感じるもの。
 

そう感じる時期は、 
今でも時々訪れるけれど、 
 

以前と変わったのは、 
そんな時期を、 
そんな今の自分を 
楽しめるようになったこと。 
 

最小限のことをしながら、 
時期が来るのを 
待てるようになったこと。
 
 
休む自分を好きになったこと。
無理しなくなったこと。
 

創造性はこういう時にこそ 
育まれているのだろうと 
思うと、わたしが一体、  
何を創り出しているのか。 
 

わくわくする。

=======================

今年は「協力する」 
ということがキーワードに 
なってくると感じています。
 

ここでいう 
わたしがお話する協力とは、 
今までの協力という 
ニュアンスとは少し 
異なっていて、 
 

言葉の意味として、 
協力とは 
「力を合わせて事にあたること」 
というように、 
 

1つのことに向かって 
力を合わせることであった 
ように思います。
 

ところが、一見、 
1つのことには向かって 
いないように思えるくらいに
バラバラであったり、  
違う方向性を指している 
ところに、 
 

今まででは 
見いだすことができなかった 
共通性を見いだしたり
 

力を合わせるというよりも、 
力を補い合うといったように
 

強さだけではなく、 
むしろ弱さを自覚し着目した際に 
今までとは違った関係性が 
築けるものです。
 

そうした際には「頼る」 
という行為はとても大切に 
なってきて 
 

頼るという行為を 
依存的ではなく、 
責任を伴った形で頼ることが 
大切になってきます。 
 

それは、 
この人に任せることを 
選んだのは、自分。 
 

この人に頼ると決めたことは、 
自分。 
 

というように、 
選択に対して自己責任を 
とれることです。
 

金銭的なものが 
発生した際にも同じです。 
 

「払ってそれを得るとした自分に 
 責任がとれるか」 
ということが大切になってきます。 
 

選択に責任がとれる 
ということは、 
自分が必要と思えば金銭を伴って
必要な関係性を築くし、 
 

逆に必要ないことは 
しっかり断れる。ということです。 
 

しっかり断れる。 
ということが確立していれば、 
勧められることに恐怖を抱きません。 
 

逆に、自分のことも 
しっかり適度性をもって、 
アピールすることができます。
 

また、良好な協力関係を 
築いていく際に、 
個として確立していきながら
自分を知ることは重要です。 
 

そして協力し合うことによって、 
自分という存在を深く知っていき
自分1人では決して 
創りだすことができないものを 
クリエイトしていくことが  
できるのです。
 

このような協力関係を 
築いていくには、 
自分の力を見せつけたいとか
自分が活躍したい。達成したい。 
とか自分の素晴らしさを 
見せつけたい。 
 

という 
自分主体の生き方では築くことは 
できません。  
 

人を信じるこころや、 
弱さも含めた等身大の自分を 
表現することや 
 

世界が自分にもたらす「ラッキー」 
を楽しめるかどうか。 
にかかっています。

=======================

先ほど、最後の打ち合わせが
終わり今年のお仕事を終了させて
いただきました。
 

多くの方と出逢い、
そして愛し合うことが
できた一年だったと感じています。
 

そして、皆様の喜びを肌で感じることが
できた一年でもありました。
 

自分の今年の一年にタイトルをつける 
としたなら『基礎』という言葉が 
ぴったりです。
 

この人の元で学んでいきたいと思える 
指導者
この人たちと一緒に世界をつくって 
いきたいと思える仲間たち
この人たちの応援をしていきたいと思える
リーダーたち 
 

お仕事的にも、息子の学校に関しても、
土地にしても 
すべてにおいて、基礎をつくりあげ、
そして内面的にも統合に力を入れて、
地盤を整えた年でもありました。
 

来年は、
『発展』の予感がしております。 
すべてにおいて拡大したり
さらに深まりながら広がっていく
予感がしております。
 

引っ越し後、 
中々落ち着かないところもあり、 
業務的に最小限のことしか 
行っておりませんでしたが、
年明けから徐々に始動していきます。 
 

業務連絡的なメールのご返信に 
関しては、元旦の夕方から再開し
セッションは5日から再開する 
予定でおります。
 

皆様と出逢えて、本当に感謝です。 
ありがとうございました。
そして、来年も 
どうぞよろしくお願いいたします。 
 

************************
 

今一度、石井ゆかりさんの
大好きなホロスコープのこの内容を読み 
感慨にふけっております。 
 

「クリエイティブな活動」は、
「正解」のない世界で、自分なりの 
答えを出し、
その答えによって外の世界に 
なにかをつくり出し、
あるいは実現する活動です。
 

これは一見、
自分一人の世界だけで完結しそうに 
思われます。
実際、人に見せずに自分の 
プライベートな世界だけで、
クリエイティブな活動を楽しんでいる 
人もいます。
 

でも、ある見方をすれば、これは必ずしも、
創造的活動がちゃんと「完結した」とは
言えないところもあるように思います。
 

たとえば、 
ある人が1枚の絵を描いたとします。
この絵を多くの人が馬鹿にしましたが、 
たった一人だけ、
「この絵は、自分のために書かれたものだ」
と感じました。
 

このとき、この絵の「創造性」は、
一つの完結を見たと言える気がするのです。 
 

一方、 
誰もその絵を気に入ることがなかったなら、
その創造性は、作り手たった一人の 
心の中にしか顕現しません。
それでよし、とすることもできますが、
何となく物足りないものが残ります。
 

これは「他人の機嫌をとれ」という意味では 
ありません。
創造性はあくまで、自分の内なる要請から 
生まれるものだと思います。
 

でも、そうした、人のご機嫌取りではない、
ひたすらな「内なる要請」が、
全くの他人の心に強く響き、
時には「この絵は私のために描かれたのだ」
とさえ思えることがあるのは、
いかにも神秘的なことです。 
 

このことは決して珍しいことではありません。
マーケティングに寄らず、
誰の作為にも寄らないものに、
突然大勢の人が夢中になることがあります。
 

大人気を博しているアーティストがいて、
そのファンは皆
「あのアーティストの本当の良さは、
自分だけにしか解らないのだ」
と信じていることさえあります。
 

2013年後半から2014年前半にかけて、
貴方は愛と創造の世界を生きています。
 
 
この「愛と創造」は決して、
貴方の心の中だけにとどまり、
貴方だけを充足させるようなものでは 
ありません。
 

この時期の「愛と創造」は、
前述のような「受取手」が確かに存在する、
真にクリエイティブな活動だろうと思います。
 

貴方の愛や創造性はこの時期、
他者や外界としっかり、
魔法のような結びつきで結ばれています。
 

自分が不意に恋した相手が、
自分のことを同じように
好きになってくれるなどというのは、
ほとんど奇跡のような事柄です。
 

でも、前述の
「一枚の絵画と、
 それを自分のためのものだと思った人」
の関係のように、
お互いに恋しあう奇跡は、たくさん 
実現しています。
 

「奇跡」だなんて大袈裟すぎると
思われるかもしれませんが、
考えれば考えるほど、
創造性や愛が、他者によって 
「受けとられる」ことは、
実に不思議な出来事です。
 

2012年頃から、ごく専門的なこと、
あるいは非常に高度なこと、
精神的な高さを目指すようなことを、
学び続けて来たのではないかと思います。
 

人間的に鍛えられ、キャパシティを拡げ、
今までよりも多くのことを深く理解する力を
得てきたはずです。
 

でも、これらの体験にはどこか、
「現世」とは離れたところが 
あったかもしれません。
 

上へ上へと目指し、山の頂点に達したとき、
その裾野に広がる町の美しさを見て、
はっとする人も多いと思うのです。
 

2014年後半から2015年前半にかけて、
こんな物語を歩むことになるかも 
しれません。 
すなわち。
 

仙人になることをめざして 
高い山に登ったひとが、
修行を積んでめでたく仙人になりました。
仙人としての力を得たところで、
この人はこの力を何に使うべきか、 
とくと考えました。
 

山の上から、 
人々が住む街や村を眺めながら、 
仙人は
「この超人的な力を、あの人々のために使おう」
と思い決め、やおら山を下りて、
市井に交わって生きたのでした。
 

2012年頃から 
貴方が積み重ねて来た知識や経験を、
これから「誰のために使うか」が、
2014年後半からのテーマとなっています。
 

仙人のように「超人的な力」
とまではいかないかもしれませんが、
ここまでに貴方が培った力を、
必要としている人々がいることに、
この時期、気づかされると思います。 
 

人を助けたり、サポートしたり、導いたり、
あるいはその他様々なニーズに応えるために、
貴方はこれまでいた場所から少し低い場所に、
下りていくことになるのかもしれません。
 

心から充実できる新しい役割が、
そこで貴方を待っているようです。
 

年の後半からは、
「愛においてできること」
「愛する人のためにできること」
を模索する時期に入ります。 
 

ただ「尽くす」というイメージではなく、
真に相手の人生に益することとはなにか、を、
色々な面から考えていくことになると思います。
 

また、自分で自分を生かす力についても、
考えさせられることになるかもしれません。
愛する人のために何ができるか、を考える時、
まず、自分が自分の足で立っているかどうかが
問われます。
 

自分の足で立つということは、
必ずしも、
「人に頼らない」ということを意味しません。
 

そうではなく、責任持って人に頼り、
自分の意志で自分を充実させて
生きることができるかどうか、が
問われることになるわけです。
 

「愛についてこの時期、
 かつて夢見た以上のことを教えられるだろう」 
 

私たちは「愛」というものに 
限りない夢を描きます。 
 

守ってくれる力、  認めてくれる力、 
世話してくれる力、 甘やかしてくれる力、 
充たしてくれる力、 望みを叶えてくれる力。
 

そうした力が全部集まって、
「愛」ができているだろうと想像します。
 

でも、実際のところ、
愛の世界は そうしたものとは 
かけ離れています。 
 

努力しなければならないこと、
自分と戦わなければならない場面、
リスクを負う覚悟、
愛の周辺にあるものを理解し 
受け止める胆力。
愛の夢とは正反対のシビアな世界が、
そこに待っています。
 

クリエイティブな活動もそうで、
多くの親が「アーティストになりたい」 
という子供を引き留め、反対します。 
お前が思うような楽しいだけの世界ではないよ、 
といさめます。
 

それでも、愛し、創造することには 
意味がある。
 

2014年が終わる頃、
貴方はそう考えているだろうと思います。 
 

愛の世界に「現実に」あるものを
くまなく味わって、
そこに「夢見た」ものを遙かに超える
力強いものを、この時期、
手に入れることになるからです。

=======================

傲慢さにたつことがあるなあ。。。
って自覚している人へ特効薬。
 

1、自分だけで頑張る頻度を減らす
2、出来ない自分を表現してみる
  (弱さを表現してみる)
3、頼り上手な自分を表現してみる。
 

<すごくない 自分でも 愛される>
 

ただ、生きているだけで。
ただ、存在しているだけで。
 

それだけで愛されている自分を感じたときに。
自然と、謙虚さは沸き起こるのです。

=======================

どんなワークができるか。とか
どんな資格があるか。  とか
 

それも、素敵なこと。
それも、素晴らしいこと。
 

でも、人として。どう在るか。
そこは 誤摩化せない。
例え、少しの間繕えたとしても、
バレるだろう。
 

素晴らしいワークが出来たとしても 
人として尊敬できない人のところでは 
わたしは学ばないし、学ぶ気もない。
 

わたしのところに来られる方は
このワークをしている人だから。
ということで来られる方は、 
ごくごく少数で
わたし。に惹かれてくる人がほとんど。
 

何かのワークを習った。とか
何かの資格を得た。とか
それを活かすというところだけで留まり
自分の立ち位置を確保していない人は、
どうしても狭い世界で、
奪い合いや嫉妬の世界を創りだす。
 

逆にいうと、自分がどう在るか。
ということと真摯に向き合って
世界にとっての自分の立ち位置を知り。
<自分> という人を発揮さえしていれば。
 

何をしているかとか。 
どんなことが出来るのかとか。
そういったこととは、関係なく
あなたを必要とする人が目の前に訪れる。 
ということ。 
 

そこを発揮できるように、 
その方の才能を育てながら
実際に人生をクリエイトしていくのを
サポートするのが、 

 
わたしの喜び。 
わたしの仕事。

=======================

先ほどの続きのつぶやき。
 

謙虚さって、
自らの傲慢さを熟知していれば
いるほどに沸き起こるもの。
 

そんな風にわたしは感じています。
 

傲慢さが消えるわけじゃなくて、 
なくなるわけでもなくて。 
 

それがある私なんだなあ 
っていうことを、 
いかに自覚し、認識できているか。
 

わたしは、傲慢に陥りやすいです。 
 

でも、
傲慢に陥りやすい自分であることを 
知っていれば。
傲慢自体を否定したり、 
恐れることにはならないと思うのです。 

=======================

素直さと謙虚さは
これからの時代、
特に際立ってくる才能だと思う。
 

これらが高い人は、才能も伸びやすく、 
覚醒していきやすく、進むペースがはやい。
 

それに加えて、
自らの愚かさや 
自らの至らなさや、
癒されていない自分を見つめ
受け止める強さをもっていれば、
 

鬼に金棒だと思う。

=======================

わたしが自分で自覚している感じでは 
お仕事、つまりセッションで、 
そんなにびっくりするくらい いつも、
厳しいスタンスに立つわけではありません。
 

人によっては、全然厳しいことを
言われたこともない人もいます。
自分からそれに向き合える人は。特に。
 

でも、いつも いいよいいよ。って 
甘やかして、マインドの言うこと 
ばかりをきいているだけなのであれば、 
わたしである必要もないのだとも  
感じています。
 

特に、最も厳しくなる際は
その人の正念場。だとわかる時。
 

超え時。
 

そういうときは、好かれよう。とか
継続して続けてもらおう。とか
そういうのがありませんので、 
その人に対して
 

全力で愛する言葉を発します。
 

愛するってことは、 
気持ちの良いことを言い続けるって
こととは違うのです。

=======================

美しいだけじゃない
脆さも 弱さも 醜ささえ
 

それで いいよ
そのままでいいよって
 

ただ、愛するだけで
人は変わる。
 

色んなテクニックやスキルも
あればあるほど便利だけど、
根本は愛せるかどうか。 
 

ただそれだけ。  
 

愛することができるのは、 
自らが癒されているかで 
温度が変わってくる。
 

全てを受け入れてもらえる存在があることを
体感することで、
自分もそれを受け入れようとしてみる。
 

見つめて 受け入れていくことで
その特性を活かすことができ始める。 
 

ずっと抑えてきた、 
自分自身の一部のスイッチを入れて
 

自分を生きて愛されていく景色が
創り出されていくのが観える。

=======================

自分が癒されていけばいくほどに
自らの傷の深さを知る
 

そして、もっと驚くことは
身近にいるあの人が、または、
自分にとって深い関わりがある 
あの人が現在どんな状態かという  
実状。
 

感覚が研ぎ澄まされれば 
研ぎ澄まされるほどに。
痛みを感じずにはいられない
 

確かに、自分自身の状態はこの先、
益々、楽にしかなっていかないだろう。

 
でも、他者がどうするか。は
他者が決めること。 
 

私が出来るのは、
コミットしてくれた人に、
心からのサポートをさせていただく 
ことだけ。 
 

命綱なしで、自分独りだけで、
今の世の中を生きるなど、
私にはとても無理だけれど、
その選択だって、世の中全てあり。
 

とてつもなく、世界は自由だった。

=======================

来年は、さらに、
言ってることと 
その人自身のエネルギーが
一致していることを見抜く人が増える。
 

等身大なのか、 
良くみせようとしているのか。
ということもわかる人が増える。
 

逆に、等身大でいればいるほどに  
愛されるという現象にもなってきて、 
この辺りは 今までの逆の経験となっていく。

=======================

あれもこれも、それも。
 

幾ら達成し尽くしても
し尽くしても
得られないものがあります。
 

それは。
存在としての自信。
 

むしろ、何もしなくても 
情けないほどに何も出来なくても
 

愛される 
という 確信。

=======================

エネルギー的に癒されてきていたとしても、
マインドが協力するかどうかとは、
別物。
 

マインドの協力と、
エネルギー的な癒しと、
経験から生まれる動機とが揃って
 

人生がつくられるのです。

=======================

人からみると、鬱陶しかったり
遠回りにしか見えない
その人の特性は、
 

実はその人が 本当の役割を知り
立ち位置に立った時には
才能となるのです。
 

宇宙には無駄がないのです。

=======================

わたしも、そうなのだけれど
自分の力だけで、
がむしゃらに生きてきたタイプは
誰かに頼る自分を好きになれない。
誰にも頼らずにやっている自分のほうが
好きだったりする。
 

ところが、むしろ、それを終わりにしたときに。
安らぎが訪れる。
 

出来ないことがある自分でも
どんな自分でも
 

ただ、ここに在るだけで
愛されてしまうわたしを体験しはじめる。
 

そして、等身大で生き
愛し愛されていく人生を生きる。

=======================

最近、わたしから離れていく 
わたしの欠片
 

*霊障を外したくない人
*これ以上、進化したくない人
*同じパターン、ループに
 はまったままで停滞したい人
*達成が欲しい。
 自分の力を誇示したい人
(自分だけで、何かを達成したい人)
 

現状が、どうというのは 
さほど問題ではない。 

むしろ、どうなっていきたいか。
という強い意志。 

 
それが 未来を創りだすのだ。

=======================

知らないことは 知らないし
わからないことは わからない
 

一番どうにもならないのは 
 

自分は充分わかっている。
という風に思い込んでいるケース。
 

わからないっていうのは、
自分の今までやってきたことが
通用しなくなるということだから、
失うことが恐ろしく感じる。 
 

それでも、知っているという
プライドを捨て去れるかどうかが
次のステージへ進む鍵となるのだ。
 

すべてを知っているという
傲慢さを手放したとき 
 

新たな路(未知)が現れてくる

=======================

例え 同じ景色だったとしても
全然違う経験をしていて
 

不安も連鎖するけど
喜びも連鎖するから
 

だから 
どんな世界を生きるかは
より自由になっていく
 

自由という選択の責任を感じながら。

=======================

とってもシンプルなことだけど
「諦めさえしなければ、願いは叶う」
っていうことは、私にとっての真実。 
 

泥臭くっても、
欠乏が多分に同居していたとしても、
諦めさえしなければ願いが叶わなかったことは
一度もなかった。 
 

ただし、自分に関する願いに関してのみ。
他者は、他者の選択、自由がある。
 

わたしは、自分の喜びを。
幸せを揺るぎなく生きるけど、
 

みんなはどうするのかな?

=======================

感覚を研ぎすますって大切。
 

研ぎすますことによって生まれる
ネガティブな側面もあるけれど
(例えば、色々な場所の波動が
 重く感じたりして大変など)
 

例えそうであったとしても。
それが実状ということなのだから。 
 

目をひらき、五感を研ぎすませば 
実状がみえてくる。 
 

そうして 直視し、知ることで 
わたしたちは これから
どういう風に向かっていったら 
良いのか、
何をつくりだしていったら 
良いのかを
はじめて考えることができるのだ。
 

逆に言えば、 
何も知らず、何も感じず、
何も見えていない状態では
見えていない中で創りだされたものに 
過ぎない。
 

見えるということは、
どれほどまでに自分が傷ついて 
いるのか、
その傷が隠されてきたのか、
観ないふりをしてきたことに
気付いていくことでもある。
 

鈍くなったのであれば、 
それなりの原因がある。
鈍くすれば観る必要性がない。 
自分も、他者も。
 

今一度、目を。 
そして感覚を拓くとき。 

=======================

ドラゴンマスター講習を終えて。
 

その後、皆様に
「これだった」とか 
「これを望んでいた」とか
「人生の集大成」というような 
言葉をいただき、
じんわりと喜びを感じています。 
 

今までマインドレベルで頑張って 
苦労してきた人は、 
ようやく辿り着いたと感じられる方も 
多く。 
 

それはもちろん、 
新たなる始まりでもあります。
自由と喜びに満ちた、
この講習を行わせていただくことは
私にとっても深い喜びです。 
 

今回、講習の日程がつまっていて、
受けてくださった全員と写真が 
とれなくて残念だったけど、 
そのうち会えるような感じの方 
ばかりだったのでそのうちに。
 

多くの方が、今 
マインドレベルでどうにもならない。 
という壁を感じはじめていて。 

 
または、 
ヒーリングを行ってきたとしても、
もっと本質的で根源的なものを 
求めていると感じています。
 

必要とする人に届けていきたいな。
 

人は誰でも自由と喜びと共に 
生きて良いんだってこと。 
 
 
胸の温かさと共に 
生きていいんだってこと。
 

みなさま ありがとうございました♡

=======================

人のペースは 様々。 
 

誰かと比較していないか。
確認すること。
 

進む時はちゃんと進むように
なっているから
焦りすぎないこと。
 

力を抜いて リラックスすること。
しっかり メンテナンスの時間を確保すること。
 

私がどんなに忙しいときにも
欠かさ行っていることは 次のことです。
 

☆ よく寝る
☆温泉に行く
☆ぼーっとする自分だけの時間
☆マッサージなどボディメンテナンス

=======================

願いがわたしを生かしている
 

いつの頃からか。
わたしは わたしの個としての 
願いがありつつ。
 

そして「誰かの願いが叶うこと」自体が
わたしの願いになっていった 
 

今まで たくさんの願いが叶えられ
そして まだ叶えられない  
願いに生かされてきた
 

無限に生まれる願いこそが
わたしが この世界に  
生きている正体なのだろう
 

誰の願いも、叶わなくていい。 
充分だ。と 思えるだけではなく  
その状態になったとしたら         
 

わたしは ここには居ないのだろう
 

それはもしかすると  
いつでも、
既に叶えられていたことを知る。 
ということなのかもしれないけれど。
 

今日もまた 願いに生かされながら
生きていく

=======================

人生の学校 
大阪ありがとうございました〜♡
ランチの時の写真と、
夕飯のお好み焼きをのせたのには 
理由があって。
 

ドラゴンマスター伝授は、
楽しく気分はウキウキだったのですが
その後のセミナー後は、 
写真をとる感じではなかったのです。
 

今日は、涙の日。
 

こんなに、みんなが泣いた 
セミナーは、はじめてかもしれない。
 

悲しみや孤独を解放していく日だった 
のだと感じています。 
 

目の前のわたしとわたしは出逢い 
 

孤独を知ったものだからこそわかる
触れ合いを感じていました。
 

初対面とは思えない
再会を感じさせる みなさま方
ありがとうございました。感謝♡

=======================

成功談だけ切り取って、 
美しくみせるのではなく、
 

喜びも、葛藤も、そのすべてを
在りのままに表現すること。
 

こう在りたいと思う。 
 

手を伸ばしても届かない
高嶺の花になどなりたくはなく、 
そこら辺に たくましく生えている
雑草でい続けたい。 
 

泥臭い人間臭い、人間としての弱ささえ、
輝きであり、 
 

その全てと共存しながら、
癒し癒されていくことに真摯に向き合うのが 
自分スタイル。

https://tabi-labo.com/58417/kurikiword

=======================

自分のできること。と 
自分のやりたいこと。は違う。
 

今日は、お仕事を一件断り、
一件は保留にしていただいた。
 

断るときって、 
『何が自分にとっての愛だろうか』
という迷いもあるし 勇気がいるもの。
 

もしかしたら、
未来の自分はできるかもしれない
高度な技術が必要とされること。
 

もしかしたら、
過去の自分なら対応できたかもしれない、
手間がかかること。
 

でも、いまの 自分にとっては。。。
 

こうして、今の自分の範囲を知る 
ってことは大切だし そこを見誤らずに、
等身大の自分の喜びを生きることは大切。
 

結果的には断ったとしても、 
こういった出来事自体は、 
決して無駄ではなくて。
 

例えば、手間がかかることに関しては、 
時間がある人に 
「こういうことで、ニーズがある」 
ということを伝えられることになるし 
 

高度な技術や 世間一般的に認められる
必要があることに関しては、 
未来のわたしが向かう先につながっている。
 
 
より、自分のやりたいこと。 
自分の喜びの許容範囲を 
知ることができた 一日。

=======================

朝から、大阪行きに関してのお話。 
        

もうすぐになってまいりましたが、 
なにげに告知をしていなかったかも? 
と気付いたので、 
お知らせさせていただきます。
 

今回は、大阪、Skype、新百合ケ丘 の  
3開催です。
 

毎回、毎回、来られる方によって 
様々な彩りとなり
その時々に必要なことが集まっていると 
感じずにはいられません。
 

今年最後のオープンクラス、 
楽しみにしていてくださいね♡
 

【人生の学校】 
 
    2014 12月クラス  緊急ミッション 
    潜在意識に松明を灯す!~思考の壁を突破せよ!
 

【日時】 

    日時は、対面とSkype 各3つの日程からお選びいただけます。
 
    2014/12/07 13時00分~15時00分(対面)
    2014/12/14 14時30分~16時30分(対面)
    2014/12/11  21時30分~23時30分(Skype)それぞれの場所で
 

【場所】
    
    ☆Skype それぞれの場所で
    ☆対面2014/12/07 大阪府 天満橋から徒歩6分
     エル・おおさか 
     天満橋へは、新大阪から約20分です 
     詳細の場所はお申し込みいただいた方にお知らせします。
     ☆対面2014/12/14 神奈川県 新百合ケ丘駅から徒歩2分。
     新百合ケ丘トウェンティワンホール
     新百合ケ丘は新宿から30分程度です。
     詳細の場所はお申し込みいただいた方にお知らせします。
     
 
【主催】 
     Aya 人生の学校 http://spiralvortexcollege.com/
  

【代金】 
     ¥4,000
     (ネットで、こちらのイベントのシェアをしていただいた方は
      3,000円です。 シェアは、フェイスブックでもブログでも
      どちらでもかまいません。)

 
2014年12月の人生の学校は人生の学校12月クラス
緊急ミッション  
潜在意識に松明を灯す!~思考の壁を突破せよ! です。 

 
その時々に集まった方たちに必要なことを 
自由にお話していきます。
 

こんなことが当てはまる方におすすめです♪
 

なぜ、沢山学んでも、 許せた状態にならないの?
なぜ、沢山学んでも、 感謝が自然と湧いてこないの?
なぜ、沢山学んでも、 怒りや悲しみが消えないの?
なぜ、沢山学んでも、 争いが絶えないの?
なぜ、沢山学んでも、 自分に幸せを許せないの?
なぜ、沢山学んでも、 現実がなかなか変わらないの?
なぜ、沢山学んでも、 お金が自由にならないの?
なぜ、沢山学んでも、 やりたいことが見えてこないの?
 

潜在意識、スピリチュアル、自己啓発、 
瞑想、スピリチュアルの本
ヒーリング、アファメーション、etc…..
 

様々なところで学ばれていても、
もしあなたが望んでいるような 
人生でないならば、
または望んでるような心の平安からは
かけ離れていたり、
無理矢理思い込もうとしている 
何かがあるならば
 

沢山のことを学ばれてきたとしても
実は 更にそこから先に秘密があるのです。
  

変わりたくない方は、
このセミナーは必要ありません。 
 

変わる必要がないと感じているならば、
それも1つの答えだと思いますし
それをわたしは尊重します。
 

すべては完璧で、すべては愛でありながら。
そこから、何を選びとっていくかという
未来を創りだす力は 他の誰でもなく、
あなたの内にあるのです。 
 

すべては完璧である
充足と肯定と共にあるもの
 

それは、成長と拡大です。 

 
そして、成長と拡大こそが、クリエイト。
創造していく要素となり、 
変化を生み出していくのです。
 

変わりたくない人は
本当に現実が変わってしまったり、 
変化速度がリアルに速まりますので、
来ないでください。 
 

人生の学校受講生が実際に
自分自身や現実が変わる体験を 
されています。
 

その秘訣が何かを体験してください 
 

*スムーズな人生を歩みたい
*自由と喜びが自分の中で大切なキーワード
*こうなりたいという現実を加速したい
*幸せに満たされた毎日を過ごしたい
*見て見ぬふりをしてきた、
 チラ見をしてきた部分と向き合いたい
 
 
*自由に創造していきたい
*覚醒していきたい
*母親が、自分の幸せを心から望んで 
 くれなかった。
*スピリチュアルなことに興味がある
*ヒーリングをしてもらっても、
 エネルギーがあまりわからない。
*理解しようと努力しても理解できない人がいる
 
 
*自分の課題は、表現である。 
 と認識している
*感じる能力を今以上に上げたい
*人生を、制限なく存分に楽しみたい
*新しい仕事や新しいことをはじめていきたい
*マインドテクニックは一通り学んで、 
 その次を探している
*いつも、やりたいことに対して 
 制限されてきた気がする
 

*仕事をもっと発展させたい
*エネルギーワークを体験したことがない
*お金のことで悩んでいる
*パートナーシップ、
 もしくは男女関係で悩んでいる
*自分がこれから向かいたい方向性のことで 
 悩んでいる
*家族、両親との関係性で悩んでいる

=======================

みなさま おはようございます♪

あまりの忙しさに、招待メールを送るだけとなっておりました
ドラゴンマスター講習のご案内をさせていただこうと思います。
 

東京は、満席となりましたので 
受け付けを終了させていただきますので
大阪のご案内となります。
 

2014/12/7(日)   大阪 天満橋から徒歩6分で講習を行います。
 

明日 14時までにご入金いただける方限定ですので、
急ではございますが
大阪での開催は、次回は未定となっておりますので、 
ご縁のある方に
届くといいなあと思います(^▽^)/

=======================

みなさま、本日は
人生の学校のオープンクラス
インテグレーション〜創造力の復活
へのご参加ありがとうございました♡
 

共通するテーマが、わかりやすく、
濃く出ており、そこに対して 
わたしが行えることを精一杯 
行わせていただきました♪ 
 

今回も、
それぞれにとって必要な理解や 
エネルギー的な変容を受けとって
いただけたと感じております。
 

1人1人丁寧に対応したいという思いが
勝り、予定していたお時間を超過して
しまったこと、お詫びいたします。 
 

そして、次回に活かしていきたいと 
思います。 
このくらいの人数ですと、 
お時間的に最低、2時間半は
とっておいた方がいいんだな。 
というのも良くわかりました。
 

本日感じたことは、 
加速を求められている方が 
多いということ。 
 

そして、覚醒に対しても、
もう色々整ってきていて 
準備万端という感じで 
ご自身の誓願を生きていくことを 
求められている方が多いというのを
感じました。
 

それをサポートさせていただくことは、 
わたしにとっての 
心からの喜びであることも、 
改めて深く感じさせていただきました。
 

子どもをもつ母親のこと等、 
社会的な課題なども 
見えた会でもありました。
 

共に、今を生きてくださり
ありがとうございます。
 

そして、出逢って叶え合ってくださり 
ありがとうございます。
 

心からの感謝♡
 

*****************************
 

次回のオープンクラスは
12月クラス  緊急ミッション  
潜在意識に松明を灯す!~思考の壁を突破せよ! です。 
 

2014/12/07 大阪  13時00分~15時00分(対面)
2014/12/14 神奈川 14時00分~16時00分(対面)
2014/12/11     21時30分~23時30分(Skype)
となっております。
 

実は、まだご案内できておりませんが、
同日にクリスマスコンサートとして
クリスタルボウルの演奏もありますよ♡

=======================

クリスマスソングを聴きながら
ひたすら、メール対応(笑)
 

自分も含めて、
みんなの様子をみていると
色々な学びがあって。
色々な生き方があって。
 

どんな決断も。 
どんな選択も。 
どんな学びも。
 

自分にとって、最善なことしか 
起こったことがないし
これからも、ずっとそうなんだ。 
ってこと。 
 

変化したいけど、  
したくないのも含めて。
 

自由になりたいけど、
なりたくないのも含めて。 
 

愛されたいけれど、 
愛されたくないのも含めて。 
 

よくね、スピリチュアルを学んでると
不安からではなく、 
わくわくから。 とか言うじゃない。 
 

それも、まあ確かに
その通りなんだけれど。
 

例え、不安からしか選べないときが
あったとしても
 

大きな視座から みたときは、 
それすら、完璧でしかないってこと。
 

すべては 意のままに。 心のままに。

=======================

排除は、争いと憎しみと悲しみ、 
新たな抵抗や問題を生みます。 
 

受容によって、 
課題は終わりの鐘を告げるのです。
 

幾度も幾度も、わたしたちは 
外側の誰かという 
自分の一側面を現すシンボルを 
排除しようとしてきました。
 

北風と太陽の、北風のように。
 

同じことを繰り返すのは、 
もう終わりにするとき。
 

そう感じています。

=======================

本日は雨の中、けいこちゃんのサロン企画。
ほっこりお茶会へのご参加ありがとうございました〜♡
 

あの〜。。。全然ほっこりしてなくって
ごめんなさい笑) ほっこりは最後の5分だけだったよね。
 

ビシッとお茶会って方がピッタリでした(^^;;
それぞれにとって必要なことを受け取って
いただけたかなあ〜♪って思っております。
 

あと、エネルギーを実感して 
変化を楽しんでいただけた姿を拝見し、喜びを感じました。
 

そして、やっぱり時代は 
統合を求めてるなと切に感じました。
 

皆様、本日はありがとうございました♡

=======================

こころが  
喜びに満ちているとき
訪れた課題は、 
未来の自分が出来ることへの 
挑戦と喜びとなる
 

そんなことを感じる朝。

=======================

事実は小説より奇なり
というけれど、わたしの場合、
それをそのまま生きてる気がします。
 

今日、何件かセッションや 
ランチを食べた方とお話した際に
この話が世の中の役に立つの?
ときいてみたら、 
役に立つ。というので。
 

えっと、長いです。 長いですので、
読みたい方だけ読んでくださいませ 
 

あっでも 
『女性としての幸せ』とか
『母と娘』とか 
『幸せを揺るぎなく選びとる』
ってところが、キーワードの人は 
読んでみてくださいませ〜
 

さてさて、
ちょっと話してみようかなと思います。 
 

わたしって、秘密めいたところが 
好きだったけれど、
まあ、あんまりそんなことを気にしている 
場合でもないと思うしね。 
 

あまりにも、現実離れしている風にも
きこえると思うから
もし、そうとしか思えなかったら、 
素敵な作り話だと思ってください。 
 

それと、呪いとかダークな話満載なので、 
苦手な人は読まない方がいいです。
 

白雪姫とか、シンデレラを思い出して 
みてください。
わたしの場合、あんな感じをリアルに 
生きてます。
 

今、現時点でわかっているところまで、
進んでいるところまでのお話です。 
 

母とわたしは、 
過去生からの因縁をもってきています。 
しかも、ありとあらゆる人生のどこかで 
わたしも母も魔女でした。
 

しかも、黒魔術方面もやっていました。
 

わたしのことを知っている人は、 
わたしがとてもパワフルなことを
知っているかと思いますが、 
母は、わたしどころではありません。 
 

私×1,5倍〜2倍といったところでしょうか。
ですから、彼女の魔力はもの凄く強力です。 
 

自分は今、ドラゴンマスターなので、 
そこでようやく対等というか
影響を受けずに済む。くらいな感じです。 
 

そんなことから、わたしは幼い頃、 
ずっと呪詛を聴かされて育っております。 
特に母の状態が悪かったころは、 
ずっと呪詛を呟いていました。 
 

もちろん、当時は意味不明な言葉としか 
わかりませんでしたが、
とても恐ろしげで、わたしは家に居たいとは
思えなかったものです。
 

母にわたしは 
ある時決定的な 呪いをかけられました。 
 

正確にいうと、わたしもやりあっていたので 
お互い様でもありますし 
それに、わたしが、今回の役割の一つとしては 
『自由、解放』というところにありますから、
 

そのためには、
まず 母にわたしが呪いをかけてもらい
それを実体験として解くという
必要がありました。 
 

そうすることで、
わたしが本来の役割が行えますし、 
皆を解放していけるからです。 

 
ですので、母は協力者でもあります。
 

さて、どんな呪いかというと、 
『幸せになってはいけない』 
というのと
 

『異性、男性において。
 本当に自分の好きな感じの人とは
 結ばれない』 
というものです。 
 

なんとまあ、白雪姫っぽくないですか? 
毒リンゴとまではいかなくとも 
呪いがかかっているわけです。 
 

実際には、毒リンゴのように 
可愛らしくもなんともなくって
ちょっと刺激的かもしれませんが、 
例えば、どんな感じでかけられたかというと
 

低学年の頃、 
真夜中に突然母に全裸にされた上に、
局部に向かって
『おまえは、男の子じゃないから、
 わたしの子どもではない!…etc』 
みたいな感じで呪いを浴びております。 
 

わたしは、わけもわからず、 
恐くて恐くて泣きじゃくっていた
記憶があります。 
 

こんな感じで、わたしの幼少期って、 
かなりハードです。 
 

虐待といっても 
様々な質があるかと思いますが、 
ただ叩かれるとか。蹴られるとか。 
そういった感じというよりも、 
もの凄く陰湿で深い闇に満ちております。 
 

そして、その呪いは、
わたしのハートの奥に、 
栓みたいな形状を伴っていました。 
 

要するに、何が言いたいかというと、 
呪いは夢物語でも何でもなくて、実在します。 
エネルギー的に、本当に在るのです。 

 
ある時、自分はこの呪いが 
かかっているのではないか ということを、
本で読んで見つけたときから、 
エネルギー的に実際に呪いが解放
されるまで数年かかりました。 
 

離婚をした理由としては様々ですが、 
こういったことも色々複雑に 
絡み合っているのです。 
本当に自分が好みのタイプとは、 
相思相愛になれずに
そんなに好きではない感じの人と、 
つき合ってきたように思います。
 

それがなぜなのか。。。  
呪いの存在を知るまでは、
色々マインドで何とか頑張って
みようと思ったり、 
潜在意識とか、書き換えテクニック
とかで何とかしようと思ったりもしました。
 

でも、
そんな上辺でどうにかなるものでは
なかったですね。
 

さて、ひたすら、己と向き合い、 
様々な協力の元、わたしはついに
『自分にかかった母の呪い』を完全に  
エネルギー的に解くことに成功しました。
 

その時、完全に終わったとわかりました。 
実に、今年の9月のことです。
 

呪いが完全に解けたけれど、 
その後、恋愛に関しては 
一歩を踏み出せずに おりました。  
 

でも、仕事や家族に関して、 
どんどん好調になっていくにつれて
穴が空いたようになっている恋愛に関しても、 
一歩を踏み出そうと思い
11月、ようやく重い腰をあげてみました。 
 

ここからが、 
あんまり公表したくなかった感じのこと
なのですが(笑)
とても気軽な感じ、まだね、
彼氏とかじゃないんだけど
つい最近、一緒にご飯を食べたりする 
ボーイフレンドができたのですね。 
 

それは、今まで わたしが一方的に 
好きにはなったとしても
向こうからは相手にはされなかったような 
タイプの方です。
後ろ姿で、あ、この人だ。
って解ったんだけど
わたしの本当に望んでいたような
感じの人です。
 

わたしは、自分自身が超えてきたこと。 
自分が変わったので
目の前に現れる男性の質が激変したこと。 
そして呪いが解けたことを心から
実感していました。
 

で。ぶっちゃけ、昨日わたしは  
その方と初デートをしておりました。
なんというか、一番ドキドキして
楽しい感じの時ですよね。 
 

で、本当に楽しかったのですが、 
その日幾度も母から着信が入っていました。
でも、何となくとりたくなかったので、 
とりませんでした。
 

そして、今日になって、母と話をして、 
霊障をつけてしまったのがわかったのです。  
 

わたしが見てきた  
母がつけてきた ありとあらゆる
霊障の中では、 
軽いのが1、重いのが10でいったら
3〜4程度という感じでした。
 

母はもの凄く直感力に優れ、 
わたしのちょっとした嘘を 
しっかり見抜くのが得意です。 
 

わたしは本当のことを言うと 
(わたしが私の幸せを話すと)
『そんなことはやめなさい』
と怒られてきました。 
 

そして、本当のことを言わずに 
隠すか嘘をつくと
『おまえは、うそつきだ』 
と怒られるのです。
 

どっちにしろ、怒られるのです。 
多分、気に入られるためには
母の言う通りに、 
「幸せじゃない、可哀想なわたし」 
というところを
実践する以外ないのでしょうが、 
 

幸いなことに
わたしは全く聴く耳を持たずに
生きてきました。
 

母と、わたしは 近年、
許し合い、愛し合って。 
母と娘ということを取り戻してきました。 
特に今年北海道に帰った際は、 
それを本当に楽しめました。 
 

というか、数日前までは、 
本気で娘の幸せを願う、母の姿がありました。
 

母の良好な感じが急変したのは、 
ちょうどわたしが 
エンジェルシャーマンを入金した
タイミングでもあったりするし、 
それは、ちょうどわたしに 
ボーイフレンドができた頃と一致していて、 
 

私を心から愛する母の心に 1つだけ 
まだ許せないものがあるのだということが、
よくわかりました。  
 

わたしが、 
女性として真に幸せになることに
関してだけはまだ許せないところが、
母の心の方に深い部分であるのだ
というのがよくわかりました。 
 

それを感じたとしても、 
わたしの方にある呪いは 
完全に解けているので
もう、新たに呪いがかかる感じは 
全くしませんでした。 
 

母が、わたしを愛してくれている 
ということしか信じられませんでしたので
恐れはありませんでした。 

 
ただ、幼少のときを思い出して、 
こんな感じだったんだ。
ということを感じて、 
その時に怖がっていた自らを癒しました。 
 

こんな感じのって、大人でもキツいのに、 
子どものわたしはどれほどまでに、 
キツかったろうな。。。と労りました。 
 

今霊障で苦しんでいる人の気持ちを、 
今一度理解するために、この事象は
必要であるというのも感じています。 
 

シャーマンのお仕事をやっていく上での 
わたしの気持ちが固まるからです。 
 

今は、このままでは、母が辛そうなので、 
母の対応と、母の方に残っている
過去の遺跡をなんとかしなければ。 
そう感じています。 
 

現在は、この物語は、ここまで。
 

わたしは、多くの女性が抱える 
『母から、
 幸せを願われなかった女性たち』
の呪いを解放していくのが
大きな1つの役割です。 
 

そのためには、先ずはわたしが、 
先陣を切って、憎み合いから脱却し、
母を完全に許し(自らを許し) 
自らの呪いを 全ての側面から
終わりにして 
 

わたしが、実際にすべての側面において、 
幸せになっていく姿を現すことだと
思っています。 
 

そして、
霊障で苦しんでいる本人はもちろん、 
その家族への思いは 
絶大に共感するため 
それを行わせていただくことは、 
苦労を超える喜びがあるのだろう。
そう感じています。
 

長かったですね。 
お読みくださり、ありがとうございます。

=======================

階段の踊り場は
十分に 喜びを満喫すること。
 

そこでの喜びが
次に来る課題へと
向かう活力となるから。

=======================

自分が向かう先がみえる。
 

折り重なっていけばいくほどに。
そこへしかいかない自分がみえる。
 

なぜか、障害者や、知的障害者
精神障害者といったところが 
シンクロしている。
 

おまけに、先日まで、
最高潮に状態が良かった 
母の状態が急激に、悪化したことを  
朝の電話で確信した。 
 

自分のことしか話さず、 
わたしの言葉が真っ直ぐに届かない様子。 
 

原因というか、理由は、とても明白で、 
一度すっきりと外した霊障。 
違うパターンのをつけてしまったのである。
最大限、今行えることは対応はしたけれど
霊障に関する、早急な対応をしなければ。 
と思う。
 

一刻もはやく、 
シャーマンエンジェルにならないと
マズい感じがしている。
あと、リーブル版のでもいいから、
オーロラ鍼を取得しないと。
この講習も早急に申し込まなければ。
 

とってもとってもつけてしまうのであれば
わたしが、なんとかするしかなかった。
 

霊障にかかると、声が全く違う。
だから、そのときは、 
わたしは母の声をきくのが、苦痛になり
母の声をまともにきけなくなる。
 

今回、これだけ敏感になっているので、 
幼少の頃から母の声をききたくないと
思っていたときの感じを思い出して 
再認識する。 
 

精神病の、多くが実は霊障だと言ったら
わたしの頭はおかしくなってしまったのか。
と世間一般ではいわれるだろうか。
 

そう思われる可能性があることは、 
充分に知りながら。 
 

わたしは、それを伝えるしかなかった。
なぜなら、それがわたしにとっての 
真実なのだから。
 

補足。
ちなみに、この後、 
もう一度電話がかかってきたので
状況を確認するために、対応している際に
本人がこういっていました。
「喉の調子がおかしい。変でしょう?
 声ががらがらになってしまっていて。
 自分じゃないみたい。」
「いつから?」
「4〜5日前から」
 

自分じゃないみたい。変だな。 
というのに関しては
流石に感じてはいるようですね。 
 

こういう時は、その場でいくら愛を届けようと
話そうとしても
わたしの言葉をすべて、 
霊障がシャットアウトするので入りません。
 

まるで、大きな壁があって、 
それに大きく左右されている感じ。
言っていることとか、聴けない感じとかの 
すべてが 霊障の影響だと見極めることが 
できれば、 その奥にある、 
母本人の思いを見定めることができる。
 

すなわち、この場合。 
 

母がわたしに言いたいことは  
どんな言葉であっても ただ1つ 
 

『Help 助けて』  
と言っているだけだということを。

=======================

癒しの分野で、 
プロとして活躍したい人
仕事として、行っていきたい人
成功したい人に  
ぜひ読んでいただきたいと思います。 
 

自分のことは、一番良くみているのは、 
自分です。 
 

その自分が、 
自分のエネルギーワークや仕事に 
不安を抱いていたらどうでしょうか? 
 

クライアントさまへの対応に 
不安を抱えていたら
人を呼ぶわけがないのです。 
自分が。です。
 

エネルギーワークを習い立てであっても
スーパービジョンを定期的に受けることで
プロとして、活躍していかれる自信がつきます。 
 

そうすると、自分がクライアントさんを 
呼ぶことを許可しますから  
創造の展開がはやくなるというのも 
納得なのではないでしょうか?
 

どの仕事もそうですが、 
夢物語で終わらせず
自分の本当に行いたい仕事で、
ご飯を食べていくということは
決意と覚悟が必要なのだと、 
わたしは感じています。

癒し分野で成功するために①

=======================

スーパービジョンという考え方。
セラピストさん、
カウンセラーさん、 
ヒーラーさん
 

自分の仕事の質について、 
ちゃんと向き合った方は
必ず、それが自分の自信につながると 
私は思っています。

=======================

昨日の逆。
 

わたしは、  
すべてが完璧だと思っています。
そのままで、完璧だと思っています。 
 

何もしなくても、存在しているだけで 
愛そのものです。 
 

そして、すべてが愛だと思っています。 
 

それは、半ばドライとか冷酷だという
評価があってもおかしくないくらいに。
そういう一面があります。
 

すべてが 完璧だと思っていますし
すべてが 愛だと思っております。 
 

命の営み、流れを尊重しておりますので
生死に関わることですら、 
例えばアセンションに関しての見解も
そういったところがあります。
 

統合や覚醒という言い方でも良いですし
自らが受け入れていない自分を愛していく 
という言い方でもよいですし、 

 
自らが観ていなかった闇を受け入れる 
という言い方でも
癒されていない自分を癒していく 
という言い方でも
 

受け取りやすいところで  
きいていただければ 
良いかと思いますが。 
 

こういった今の時期に重要なこと、 
必要なことを どうして言葉をかえて、
多くの方が伝えているのか。
 

すべては愛なのに。。。?
 

その思いが一体どこからきているのか?
そこに触れてみようかと思います。
 

中には、そこまで深い洞察をもたずに、 
他者を助けてあげる自分に
陶酔している人もいるかもしれません。
 

ここでいうのは、そうではない 
場合についてです。
 

例えば、わたしが昨夜、呟いた中に
 『 愛が十分に 行き届いていないのです。』
という一文があります。
 

これは、見方によっては、 
何言っちょるんじゃ?この人は?
となります。
 

「全部が愛なのに〜愛の一部しかとらえていない!
 愛を限定している!この人はニセモノだ」
とか
 

「すべて起こりうることは、必然なのに、
 この人はそれを受け入れてないんだな」
とか 
 

「マインドの理解は重要でしょ?
 エネルギーだけ優先する気?」
とか 

人は見方によって、どうともとれるもの。
何とでも思おうと思えば思えるものです。
 

しかし、そこで言いたいのは
『そんなことは 百も承知』 
ということです。
 

ひとりノリ突っ込みみたいになってますが
そんな評価がくることは、想定の範囲内です。
 

わたしの尊敬するメンターたちにも
同じことが言えます。
尊敬するメンターたちも、 
それぞれ思ったことを表現していますが 
 

大前提として  
すべてが完璧だということは 
よくわかっているのです。
 

わたしも、そこが、わからなかった 
ときがあって
そういった表現のすべてが、 
欠乏があるように思えていたことがあって
アセンション的な話のすべてをうんざり、 
うさん臭く感じていました。
 

でも、それは自分にもある欠乏を直視し
自覚していなかっただけにすぎませんでした。 
 

わかっているからこそ、 
そして自分の欠乏を直視しているからこそ
その欠乏に対して、真っ向から向き合い、
 

『今、この時点で 出来ること、今伝えられること』
という創造を大切にしているのだということです。
 

言葉というものは、 
あやふやで。あいまいで。
どちらからか、一方から話した段階で 
もう一方に穴があきます。 
 

なぜなら、真理というものは 
とても矛盾しているからです。
 

立体的に捉えていなければ、わたしの話は
昨日言っていたことが、今日は違っていて 
今日言っていたことが、 
また明日には変わっていて
 

何の脈絡もない、一体何が言いたい人なのかすら
よくわからないかもしれません。
 

それは、画像のように、球体があり
そこのどこからスポットライトを 
当てるかによって異なります。
 

それでも、伝えてみようと思います。
わたしの真実を。
 

お読みくださり、ありがとうございました♡

=======================

わたしは、とても微力だけれど
無力ではないのだと感じています。
 

大海に ポツリと佇む 
一滴の水のように。 
 

皆さんも同じように、たった今
この時点において 
どんな状態かに関わらず、 
無力ではないのです。
 

もし、協力してくださる方がいたら、 
どうか協力してほしいのです。
 

愛が十分に行き届いていないのです。 
別の言い方をすると、 
 

自らの愛の源泉が
凍ったままの人がいるのです。 
 

マインド(思考)の糸を一生懸命解いて
バラバラにしたとしても、
凍ったままでは、氷は溶けないのです。
 

氷を溶かす唯一の方法は
愛です。
 

温度なのです。 
 

自らの愛の源泉が凍っていた場合、 
自ら沸き起こる愛を体験するには
他者の愛のエネルギーによってしか
溶けることはありません。 
 

凍ってしまっている栓を溶かさないと、
沸き起こるものも 沸き起こらないのです。
 

マインドでいくら理解しても
実際に温度が変わらないと、
どうにもならないのです。
 

私は数年前。
潜在意識のお仕事をしていました。 
プロとして。です。
潜在意識のこと、心のことに関して 
当時から答えられないことはないほどに 
プロフェッショナルでした。 
 

でも、答えられるかどうかは
温度とは全く関係ありません。 
 

ストイックに内観したとしても
温度を伴っていないものは 
氷を溶かすことにはなりません。 
 

今ではハッキリと断言することができます。
 

マインドで理解を積み重ねることと
実際に氷を溶かすこととは 別なのです。
 

どうして、このタイミングで
こんな話をするのか。 
察しのよい皆さんなら 
想像がつくのではないでしょうか?
 

行き詰まっている人がいるならば
知らせてあげてください。 
 

そして、あなたがもし、
スピリチュアルや潜在意識を勉強しても、
行き詰まっているのであれば、
自分には計り知れない領域が あるのだと。 
 

どんなに学んできたかとは関係なく 
自分だけでどうにかできないことがあるのだと 
謙虚さを思い出すことです。 
 

愛のエネルギーを 実際に体験し、 
氷が溶けていく人が一人でも多く
増えますように。 
 

願いを込めて。   
 

心に響いた方は、シェアをお願いします。

=======================

ヒーラーとかエネルギーワーカー
っていうと 世間一般では
「癒し人」ということで、
『回復』をイメージする人が
ほとんどだと思います。
 

実際に、回復というところも 
1つ大きな役割だと思いますが
わたしが行っているところは、 
主にはそこではありません。 
 

ロールプレイングゲーム。 
やったことある人だとわかるんだけど
王道な感じのところで、ドラクエを出しますが、 
あそこに出てくる魔法というものには、 
色々な魔法があったかと思います。
 

例えば ホイミ という魔法は
体力を少し回復する魔法です。
もう少しいっぱい一度に回復できると ベホイミ。
全回復するのは、 ベホマ。とか色々あります。
 

みんなが、
ヒーラーとかエネルギーワーカーっていうと
まず、イメージするのが、これですね。
弱ってる人が 回復。 
みたいなイメージが強いです。
 

しかし、
他にも魔法っていっぱいあるんですよ
 

例えば、
マホカンタ という魔法は 
自分のまわりに魔法のバリアをはり、
自分にかけられた呪文を
すべて跳ね返す。だし。
 

スクルト  という魔法は  守備力を上げる魔法。
バイキルト という魔法は  攻撃力を倍にしたり
ピオリム  という魔法は  素早さをあげます。
シャナク  という魔法は  呪いを解く魔法
 

更には、ドラゴラム 
唱えた本人が竜と化し 炎や吹雪を吐きまくる 
とか
ギガジャティス 
味方全体にかかっている あらゆる呪文の効果を
消し去る とか(これ欲しい笑)
 

こんな感じで色々在るのですね。
 

そして、
人生の学校で使用しているエネルギーワークは
実際にこういった効果に匹敵するような
効果のものが存在します。
 

通常のヒーラーとかをイメージすると、 
わたしという存在は
イメージしていたものとは、 
全く違った感じになるかと思います。 
 

なぜなら、例えば、今のわたしの担当は、
必要に応じて ホイミ を少しと
シャナク で呪いを解きながら、
スクルトピオリムバイキルト をかけまくり
さらには、ドラゴラム って感じが
ぴったりなのですから。
 

こういった魔法が使えるようになっていくのは
楽しいものですが
 

<自分は一体、何の魔法を使うのが得意で、
 自分そのものを現しているか> 
 

ということを知り、
その自分を認めていくのが大切。 
 

ベホマラー とか、
かけられるタイプの人に憧れていたけど
『綾ちゃんは、回復タイプじゃないよ』
 って ある時言われた(笑)
 

一致していればいるほどに。 
自分を受容すればするほどに。 
得意分野をただ、やって、 
楽しんでいればいい状態になります。
 

そして、得意分野を突き詰めていくとね。 
1人だけではどうにもならないことを知るのです。 
 
 
得意分野を突き詰めるってことは、不得意分野を
突き詰めるってことと同じ。 
自分の弱さを直視するってことです。
 

仲間が必要だということを思い知るのです。
 

人はね、弱いからこそ
助け合うっていうことが出来るんだよ。
愛し合うってことが出来るんだよ。
 

こうして、パーティーをつくっていってるのを 
感じています。
この世界で、リアルに、仲間たちと共に、 
冒険をしていくんだ。
 

色々な個性の人がいて、 
色々な才能をもっていて
 

びっくりするくらい行動力があるかと思えば
時にすごくデリケートだったり 
真面目だったり  
負けず嫌いだったり
知的だったり  
おっちょこちょいだったり  
努力家だったり 
 

みんなみんな愛おしい わたしそのもの。 
 

そして。愛するということを  
決してあきらめない人たちと共に。
 

どこかで、わたしを待ってる人がいる。
その思いが今わたしを動かしている。
 

もちろん曲はRPG ♡  
シンプルでいてとっても深い曲です。
歌詞も最高♪→http://www.uta-net.com/song/145480/

https://www.youtube.com/watch?v=Mi9uNu35Gmk

=======================

先ほど、ドラゴンマスターの講習に
興味があるとお問い合わせを
いただいた際に
 

「1時間の講習で、86,400円なんですか?(°_°)」 
とびっくりされました。
準備ワークはトータル6日間なんだけどね。
 

ああ。やっぱりね。。。
昨日の伝授講習受けた人は、おわかりのように、 
要するに世間一般では
その反応が至って普通のように思います。
 

そこで、ちょっと説明を入れようかと。
 

リーブスやその他人生の学校で使用している 
エネルギーワーク、
私はリーブスの人間でも何でもなく、 
自分がそのエネルギーワークを良いと感じるので、 
使用しているに過ぎません。
 

どこにも属しておりません。
 

先見性の目があるのは、
我ながら自負しているところあり。
 

部外者だから 言えることだけど
私が思うに、個人的には 
世間一般にあるエネルギーで、 
現時点で これより優れているものを知りません。 
 

これは、私の主観であり、 
私の真実としての意見ですが。 
    

例えるなら、ドラゴンマスターなどは、 
自動更新型であり、 
自分のエネルギーの変容と共に
バージョンアップしていきます。
 

型をつくって流せば、 
それは広めるのに効率がよいですが、
時代は激変。
変化速度が著しいのに、 
ポケベルをずっと持っていることに、 
何の興味も私は湧きません。
 

iPhone3、
iPhone4、
iPhone5、
iPhone6 と 
常に進化していくスタイルのものに
興味があるのですね。
 

人生の学校で使用している
エネルギーワークは、 
こういったエネルギーワークを
厳選しているし、 
しかも本質的で核心的なものしか 
取り入れておりません。
 

ですので、やった感、
達成感を得られるようなもの。
びっしりマインドで講習をすることで
変わった気になるものとは、随分乖離しているし、
 

時間を多くやった方が凄いという風に
時間に囚われている人には向かない。 
 

だから、これを価値と捉えられる人は、 
全員じゃなくて、万人受けしないと思ってます。
 

それでも、マインドで何とかしようと
することに限界を感じているゾーンが
増えてきているのも感じていて、 
これからもっと必要とされるものだとも
感じています。

=======================

自分にとって厳しい環境に
身をおいたことがあるからこそ
 

その後楽と感じることが多くなる。
 

自分の成長を追求して 
苦労して努力をした 
体験があったからこそ
 

色々なことが出来るのが
当たり前になって 楽を感じて
生きることができる
 

努力をし過ぎていた場合
今時代の方向性は 全体には
楽に向かっているけれど
 

「どちらかが 良いのではなく
どちらもあったからこそ」
 

今の自分が在る と知ること。
 

その時に 極、ポイントではなく
全体、愛を観ることになるのです

=======================

すべての項目
すべてのジャンルで
 

1つも 漏れることなく
もう、幸せになっちゃってもいいかなあ 
って思えてます
 

残してた課題に足を踏み入れていく
人から どう思われるとか 
そんなことは どうでも良くて。
 

私が ただ 幸せで喜びを感じる
人生を 揺るぎなく選び取っていくことが。
 

変わりゆく自分にとっての幸せを
存分に味わっていくことが
すべての幸せにつながると信じて。

=======================

許す
ということ。
 

これは、今世のわたしの人生の
大きなテーマの1つでもありました。
 

これは、わたしの実体験に基づいた 
わたしの真実ですが 
わたしは、母に 
呪いをかけられていました。
 

呪いといっても、気のせいとか、 
空想の話ではなく、エネルギー的に 
それは確かに 存在していて、 
わたしの中にあったのです。 
 

そのことが薄々頭でわかってから、 
実際にその呪いを解くまでに
更に気の遠くなるような長い年月を
要しました。
体感は、ほとんど 何百年レベル。
そう感じるほどに長く感じました。
 

しかも、その呪いを解く鍵は。
『すべてを 許す』  
ということが 鍵でした。 
 

ということは、もちろんですが  
例え呪いをかけられたとしても
それを『呪いをかけられた私』
という目線だけで捉えていては
決して解くことができませんでした。
 

幸せを許可すること。 
 

それは、他ならぬ自分のために。 
 

だから、もう 
憎み合うことのすべてを終わりにすると 
揺るぎなく決めることでしか 
終わりにすることは出来ないのだと 
思います。
 

許しに至るまでの経緯の中。 
他者からされたこと。
と捉えていては、超えられない壁があり 
 

わたしは、
『それは私が望んだことであった』 
というところまで
辿り着く必要がありました。
 

呪いを自らにかける などということを、
マインドにとっては想像を絶する
ことではありますが、 
 
 
『人は自らに課しているものによってしか
 自分を縛ることはできない』のです。
 

わたしの役割の1つは、 
解放であると確信しています。 
ですから、 
自由と解放が大きな目的の1つとなって 
います。
 

そのためには、
自らが先ずは絶望の淵に立ち、
ディープな制限や枠や不自由さを体験し
そこから脱却して解放することでしか、 
身を以て体験することでしか
世界に解放を届けることは
できなかったのです。 
 

その目線で見たときに。 
その役割を行えば行うほどに。
つまり、今 という時を 
重ねれば重ねるほどに。 
とてもはっきりとわかりますが 
 

『母は、わたしの人生の最大の協力者 だったのです』
 

許せない自分がいて、
それさえ責めているのであれば
先ずは許せない自分を  
許してください。 
 

でも、ほんの少しでも
許したい気持ちが芽生えてきたなら
他者のことも 自分のことも  
 

許してあげてください。
 

それが幸せへの路なのです。 
 

なぜなら、許すということは、
自分が幸せになることへの許可だからです。

=======================

本日は、ドラゴンマスター講習でした♡
5名の方が、ドラゴンマスターになられました♪
 

もうね。。。皆が輝いて
自由自在に生きていかれる姿を 
拝見できて、ひたすら幸せでした。
 

もっともっと多くの方に 
この講習をお伝えしたいなって思ったし
喜びと共に生きていく時代だなあって 
改めて感じています。 
 

ドラゴンマスターを教えることは
自由と解放と実現がキーワードの 
わたしにとって もの凄い喜びに 
溢れるものだということを実感しました。
 

次回はの募集は、 
東京 12/9(火) 
大阪 12/7(日) 
に開催決定しております。 
 

あまりの忙しさに、募集ページなどは 
まだ用意できておりませんが
受けられたい方、 
楽しみにされていてくださいね♡
 

本日、受講された皆様が  
益々輝かれていくことを 
楽しみにしております♪
 

ありがとうございました♡ 
 

***********************
 

ドラゴンマスターとは?
 

リーブスインスティチュート 
仲裕美子氏によって 開発されました。
龍に繋がってパワフルに
自由自在な人生を送りたい人達のための、
安全で確実に龍と繋がるイニシエーションです。 
 

伝授後は、繋がった龍に導かれ、 
どんどん覚醒して行きます。 
いままで覚醒の邪魔になっていた
様々な困難が解消し、 
覚醒に向かって猛進する感じです。 
 

ドラゴンマスターは、非常にパワフルな
以下のワークを修得します。
 

ドラゴンオーラ
 
プロテクションとも言える、 
独自のオーラをまとうようになります。 
このオーラ内に入ってくる者や波動、 
状況の全てに対して、龍が働きかけ、 
マスターにとって最善の状況を作りだします。
 

ドラゴンヒーリング
 
カルマによる障害を超えた、 
効果と結果をもたらす、非常にパワフルな 
ヒーリングです。 
ドラゴンの力を持って、 
希望する人を対象にできるようになります。
 

ご興味のある方は、
フェイスブックでメッセージくださいませ♪

=======================

あるところに キャンディー屋さんが
ありました。
 

キャンディーを、
通常1本300円で販売していました。
時々、300円で2本販売していました。
 

さらには、稀に 無料で
キャンディー食べ放題をやっていました。
 

購入者は2パターンに分かれました。
 

1、定期的に食べることを重視。 

お金を払ってでも、定期的に 
いつも食べようと考え、 
お金を払う時と半額のときと無料のときも、 
キャンディーを食べにいきました
 

2、無料の食べ放題だけ行くようになるタイプ

ところが、 
2の日数が増えてくるに連れ、 
1の人たちの中には、お金を払うことが 
段々アホらしくなってくる人が出てきて、 
お金を払うのをためらう人が出てきました。
 

2の人たちは2の人たちで、
無料で食べられることがスタンダードの 
心地になってきましたので、
それがもっと当たり前になるように 
無料の日を増やすように求めはじめました。 
 

お店の人が できない と言うと、 
お店の人が 意地悪をしている  
と思いました。
 

キャンディー屋さんは、 
そのうち誰もお金を払って食べにこなくなり、 
無料の列だけが増えていきました。
 

無料の本数は限られていたので、 
そこには争いが生まれました。
 

皆はキャンディーをもらえて
幸せだったでしょうか?
 

そうではなく、不満だらけでした。 
無料でもらえなかった日があったことが 
腹立たしかったのです。
 

このように、物やサービスは
「当たり前」が、どのラインか 
ということが、とても大切で、 
あまりにもバラつきがある場合、
方向性は平等に向かいます。
 

この場合、無料のラインに落ち着きました。
 

当たり前の幅が広すぎると、 
不安定と不平不満が生まれます。
 

不平不満とキャンディーが
美味しいかどうかとは、 
一切関係がありません。
 

適度な価格と平等なサービスは、 
安定と感謝が生まれます。
 

キャンディー屋さんは、その後
どうなったでしょうね。。。?

=======================

宝石を宝石と感じるとき。
 

それは、 
その宝石を見る目をもっているか
 

それが、宝石だよと信頼できる人に
教えてもらったときです。
 

それ以外は、石ころです。
  

価値を価値と感じたときに。
人は対価を払うもの。
 

価値と感じられないものに、 
対価を払うことはできません。
 

どんなに素晴らしい宝石であっても
そこが上手く通じない限りは
ごく一部の人にしかわからない 
宝石であり 石ころのままなのです。
 

使用説明書がない、 
取り扱い説明書のない 電子機器。
 

使い物になりません。
     

わたしは、エネルギーにおいて、 
目に観えないものだからこそ
どんなものなのかを説明することは  
とても大切だと考えています。
 

マインドで丁寧に説明することは、 
わたしにとって愛なのです。

=======================

失敗しないように
 

という考えから生まれた
行動は、慎重に満ちていて
重くブレーキとなります
 

失敗するか 成功するか
それを意識した段階で
実は、失敗も生まれています
 

失敗も成功もなく
全部正解で完璧だ 
というところから生まれた行動は、 
軽く 喜びと 創造性に満ちています。
 

世界の完璧を感じるかは
世界の信頼につながり
自分の信頼とつながっているのです。

=======================

たった1つの
たったこれっぽっちの
ほんの少しの
 

そんな風に思えることが
人生を変えることもある
 

大きいとか
小さいとか
 

もし、そんな風にみえたとしたら、 
頭でみているから。
 

ロングスパンで人生を眺めたときに
どれほどまでに、1つ1つの欠片が
大切な欠片であったのかを知るのだ
 

特に、勇気というものは。
景色のすべてを覆すほどの
大きな力をもっている。
 

不安があるからこそ
人は臆病だからこそ
 

勇気が生まれる瞬間を
その尊さを感じることができるのだから

=======================

自分が自分の役割の 
中心の中心に立てば立つほどに。 
 

自分しか出来ない 
というところを行えば行うほどに。
 

わたしという 人間は 
1人しかいない。
ということを思い知る。
 

まるで、宇宙にたった1人で 
佇んでいるかのように。
 

絶対的な孤独が深まることと 
共存することでのみ 
世界においての 
自分の存在価値は高まる。

=======================

いつも 何かと何かの狭間。
何かと何かの間にいたような気がします。
 

そうして、どちらの気持ちも理解し、 
両者の違いを理解しては
両者が解り合えなくて、争ったり、
離れたりすることに哀しみを抱き
その理解ができるのが自分だけである 
孤独を感じてきました。
 

その役を、ある日。
それが、わたしで。
それが、世界においての理解という 
わたしで。 

これから先も、ずっとそうなのだ。 
ということを受け入れてからは
それを活かすということを、能動的に
選びとってきたけれど
やはり、時々孤独。
ということを感じることがあります。
 

わたしは、自分がどんな使命で 
どんな目的で活動を行っているか。
これから、どうなっていくか。 
ということをつづったものがあって。 
 

今年の春に
人生の学校を受講された方においては、 
それを送ったことがあります。 
そこに、
<役割、特性>という項目があって。 
こんなことが書かれています。
 

*二元性から立体 立体の角度や回転  
 ミクロとマクロ
 いのち本来の動きを総合的に伝えていく
 変換能力を発揮する
 

*インディゴとして  
 社会に新しいシステムを創りだしていく 
 実現力のある人たちを導き
 実際に社会に新しいシステムを創りだす 
 サポートやプロデュース、企画をする 
 

*五次元と三次元的な人 両者を理解し、 
 両者から理解されることで  
 その狭間を埋める架け橋となる 
 

*恐れを見つめ
 自らの闇と立ち向かい超えていく 
 勇気と愛と視座の提供
 

こうして、振り返ってみると、
書いた項目が何であったかは
すっかり、忘れておりましたが、
どれも取り組んで実行しているようです。
 

これらは、
わたしのこころに刻み込まれている 
わたしそのものだからなのだと思います。
 

この中の、五次元と三次元的な人  
両者を理解し、両者から理解されることで 
その狭間を埋める架け橋となる  
ということにおいて。 
それをまさに行っているわたしですが
 

ある物事が起こったときに。
三次元的な見解と高次元的な見解とでは
全く異なるものであったりします。
 

例えば。
わたしは、わたし自身の霊障が濃かった時。
自分がセッションを受ける立場において。
霊障に関する、文章がまともに読めない。
という現象が起こっていました。
 

それだけでなく、抵抗がもの凄くて。
電話が幾度も切れてつながらなかった上に
会話がとぎれとぎれになってしまいました。
 

三次元的に、一般的に考えれば
電波が悪い。となりますので
自分が電波が入りやすそうな場所に 
移動していましたが
幾度も移動した結果。
相手が電波が悪い場所にいる。ということで
そのときは、終わりました。
 

霊障がない場合においても。
抵抗による、電話繋がらなくする、切る。
というのは この一回に限らず、
幾度か、あります。
 

未だに、抵抗が激しいと
何らかの現象を起こして
繋がらなくするし、切ります。
Skypeでは、繋げなくて、 
普通の電話にしてもらったことも
多々あります。
 

文章がまともに、読めない
という事実に気付けたのは。
<霊障が外れた後>であるという
パラドックスがありました。
 

霊障に関する文章において、
読めていなかった。 
ということを体感したとき。
 
 
自分が自分と思っているものが、 
どれほどまでに危うく、不確かで
自分が思っている事象というものが、 
どれほど表面的な一部でしかないのか
ということを思い知りました。
 

以来、 
「自分の頭では、どうにも、解りえない 
 計り知れないことがある」
ということは常にこころのどこかに 
置いてあります。 
 

事象というのは、 
常に同時創造であるということも。 
 

それは、自分が自分の思考ということを、
疑える体験をしたことがあるからです。
 

そういえば、間といえば。
冷静と情熱の間という映画があったっけ。
チェロが流れる曲が好きだったなあ♪

=======================

すべての罪は許される
自分が許したときに
 

すべての幸せは訪れる
自分が受け入れたときに
 

憎しみと絶望と哀しみしか
観えないときですら
真っ暗闇に包まれたときですら
 

光が一筋も観えない暗闇の中
見失わなかったものは 
 

わたしのいのち
 

いのちがあるというそのことが
わたしを生かしていました。
 

生きている
そのことが
既に あなたを現しているのです。
 

あなたは、すでに  
愛される価値があるのです。

=======================

先ほどとは逆の視座から。
 

エネルギーワークは、
受け取れないと、不安定になるので
相手の許可と、等価で行うのが 
最善だとわかりつつも。
 

わたしのように、幼少の頃、
無償の愛を注いでもらっていない人。
交換条件的な愛しか体験したことのない人。
 

つまり、 
<無償の愛とは何か> 
<無条件に愛されるとは何か>
ということを体験していない人が
実体験として、それを体感するのは 
実は、等価外のところで最も体験しやすく、 
実感しやすいのです。
 

わたしがそうだったように。 
単なるお金との交換だけでは
<仕事だからね>という感じでしか 
捉えられないところあり。
 

わたしには、これが必要だった。
不安定さを伴ってでも、 
無条件で愛される体験そのものが。
 

誰かが、その枠を超えて愛してくれている。 
ということを体験することで、 
わたしは何も出来なくても、そのままで
愛される人間なんだ。 
ということを強く実感できたのです。
 

こうすると、どれも愛でしかなく。
そして、自分が必要とした、 
その時々に応じた愛を 
ただただ、いつも受け取っているのだと
いうことをしみじみと感じさせられます。
 

どちらが、愛か。 
なんて簡単なものではなく
『どれも愛だから』
だから、その時々で、 
自分が何を選択していくか、迷うし、 
悩むんだ。
 

実体験ということも重視するわたしは、 
これもよくわかっているので
間をとるだろう。と思われます。 
 

つまり、エネルギーワークにおいての
無償提供は今まで通り
無償で提供できるワーク以外は
一切行わないし、 
特にディープな件に関しては 
それに見合った対価をもらい 
 

エネルギーワークとは関係ないところで 
無条件に愛する ということを
何か他の形でしていくという感じ。

=======================

無償で何かを提供するということは
とても素敵なことだと思います。
 

ただし、 
エネルギーワークにおいて
無償で行える範囲なのかは、 
とてもよく検討してから行う 
必要があって、 
それは自他を大切にすることで
安全性を重視していることなのだ
ということを改めて感じてきました。
 

一斉ワークなどで、 
無料で行っているものは
その辺りの安全性を考慮して 
つくられています。
 

そうではなく、個人的な場合。
無償でも、かなりのことが受け取れる
場合もあるかもしれませんが、  
 

権限がないのに 
ディープなワークをすると
行う本人の負担ももの凄いだけでなく、 
他者もちゃんと受け取れないので 
もの凄く不安定になるのだということ。 
 

不安定になるので、対価以上の 
必要以上のところに触れることは
それはむしろ、弱さなのだということ。
 

それは、本当に自分の見てきた、
体験してきた景色、実体験に基づいて、
その通りだと思っています。
 

それだけでなく、
一方通行でなにかを行うということは
自分の行っていることに価値がない
ということを世界に現している
ことになるので、 
そのままだとそういう状態が現れて
くるのだとも思います。 
 

わたしは、このあたりのお金に関して。
いつもギリギリのラインにいるような
気がしています。
安価で行いたい気持ちと、
きちんと受け取れるラインと。
自分の喜びと。
 

でも、自分の状態や、行っている内容が
変化していくにつれて
どうしても、安価だけで対応できない
ことも出てきていて
それは、必要で起こっている 
ことなのだともわかるのだけれど
頭を悩ますところでもあります。
 

例えば今日は、 
クライアントさまをもたれている 
プロの方に対してのエネルギーワーク等の 
アフターフォロー部分に関しては、 
通常のセッションでは対応が不可で 
スーパービジョンを通して行う 
必要性を感じてきました。 

 
安価のままで行ってあげたい気持ちと葛藤。
 

確かに、そうだよね〜。。。。。
このあたり、超えていかなくちゃなあ。。。

=======================

等身大の自分の思いを 
そのまま表現することの大切さを
ずっと伝えてきました。 
 

わたし自身もさらに
自らが等身大になっていくように
日々自分を見つめ、 
努力をしつつ 表現してきました。
 

近頃、周りを見渡すと  
今の自分の気持ちを
そのまま表現している  
素敵な文章たちに 
囲まれてきているように思います。
 

そういう文章って、 
すっと入ってきます。

 
文章って深いですよね。 
 

自分を出せるかどうか。 
ということにもかかってくるから。
 

そして、周りにどう思われるのか。
ということと、向き合わないと 
等身大の自分の気持ちって
書けないのです。
 

みんなの文章を読むのが 楽しみ〜♡
いい感じ いい感じ♪

=======================

幸せじゃない人は 
怒りをバラまく
 

ことばでは上手くまとまって 
綺麗にも見えるのだけど
怒りがもの凄くって  
エネルギーがもの凄くって
 

そういった文章は  
どんなに素晴らしいと言われ 
影響力のある人の文章であっても、 
ただ、痛みだけを感じる。
 

もうすぐ、そういったことが  
きっとバレていく。
本当の自分が良くも悪くも 
バレていく。
 

癒されていない人の言葉なのか  
癒しに取り組んでいる人の 
言葉なのか 
 

もっと多くの人が  
そこで読むようになるのだろう

=======================

嫌っているところは
実は 素晴らしいところ
 

欠点も長所も   
全部同じところにあって
1つの同じものから 
成り立っているとわかったとき。
 

また1つ また1つ
自分を愛していくのです。
 

受容と統合へ向かうプロセスの中で。
 

あなたの そして わたしの 
素敵なところをたっぷりと
堪能させていただき 
ありがとうございます♡

=======================

そのときの他者の最善を願って。
 

わたしは、マインドレベル、 
エネルギーレベルだけでなく
<実体験として>  
アンカリングをさすのが得意です。
 

つまりは、現実化です。
 

実体験というのは、 
もう疑いようのないものですから
その経験があったこと自体は
変わりません。
 

最もウィークポイントとなっている
ところにオセロであれば、
角に白を置くのです。
 

真っ黒に埋め尽くされていた
オセロ版であっても
角に白を置いた途端、
<絶対無し> というところの 
<絶対> が外れてしまいます。
 

実体験して、
絶対が取り外されちゃったら
ゆとりが出て、軌道にのります。
 

だから、誰もそんなことまでは
絶対しなさそうなことまで詰めて 
実行をサポートするのが好きです。 
 

頭が良く働くのは、
時にデメリットになりますが
こういう風に 望む方向へ、 
戦略的に実体験としての
一歩も押し進めることになるので 
とても重宝しています。
 

そして、 
それぞれがご自身のつくった枠から 
解放されて自由に羽ばたいていく姿を 
眺めるのは。 
 

自分がつくった自信のなさから 
解放されて等身大のご自身を 
生きられていく姿を眺めるのは。
 

わたしにとって、最高の景色で、 
最高の喜びなのです。

=======================

自分の幸せを  
揺るぎなく選びとること。 
 

自分が幸せでない人が、
他者を幸せにすることなど 
出来ないのだから。

=======================

食べ飽きた 果実は  
食べられない。 
 

いつも、今食べたい果実しか 
食べられない。 
 

どの経験も。どの経験も。。。
飽きる。ということがあるから。
 

やりたくないことには 興味が湧かず
喜びに沿ってないと 行動が伴わない。
 

それは 
自分に正直だということだけれど
終わるたびに、 
果実には 旬と賞味期限があるのだ
ということを思い知る。
 

今 美味しく食べている果実だって
いつまた食べ飽きるかわからない。 
 

そう思うと、 
「純粋に喜びを感じること」
が今、存在していること自体に 
喜びを感じずにはいられない。
 

今ある幸せを 抱きしめていこう
今ある喜びを 味わっていこう
 

未知の扉をひらいていこう
 

観たことのない景色に
胸をときめかせながら

=======================

金の斧  
という話を知っていますか?
 

木こりが鉄の斧を 誤って
川の中に落とし困っていると、
ヘルメス神が現れた。 
 

ヘルメスは川から金の斧を拾って 
木こりに聞く。 
「お前が落としたのはこの金の斧か?」
木こりは正直に答えた。 
「いいえ、違います」 
 

ヘルメス 
「では、この銀の斧か?」 
木こり 
「いいえ、違います」 
 

ヘルメス 
「では、この鉄の斧か?」
木こり 
「はい、それが私の斧です」 
 

すると ヘルメスは三つの斧を手に言った。 
「正直者のお前には、この二つも与えよう」
 

木こりは金の斧と銀の斧を貰った。
 

後日、
この話を聞いた別の木こりが 
同じように川の中に わざと鉄の斧を落とした。 
 

すると再びヘルメスが現れた。
 

ヘルメスは金の斧を手に木こりに聞く。 
「お前が落としたのはこの金の斧か?」
木こりは即答した。 
「はい、そうです」
 

するとヘルメスは、たちまちのうちに  
木こりの前から姿を消した。
結局、木こりは 
 

金銀どころか  
鉄の斧すらなくしてしまった。 
 

**************************
 

これって、本当だなあと思うのです。
 

世の中には、煌めいて美しそうに 
見えるものは色々ありますね。
 

誰かが食べてる料理の方が 
美味しそうに見えることがあるように。
人のもっている才能がステキに見えるように。
 

そうして、人の持ってる才能を羨み 
自らという存在に自信を失っていきます。
 

しかし、
どんなにステキそうに思えるものが
目の前に現れたとしても
「自分の」斧。 
それを一度なくしたとしても 
  

それが大切なのだ ということを
忘れずに生きていると
金の斧と銀の斧という豊かさの象徴は  
後からついてくるのです。
 

自分の斧は 替えがききません。
 

自分が自分で在ること。  
自分の本来の才能を開花させること 
 

そうして生きたときに、 
すべてがついてきます。 
おまけみたいに。
 

おまけ目的で生きる時代は終わり。
 

自分を生きる時代。

=======================

白極まれば黒と成り
黒極まれば白と成る

=======================

ひとつひとつ 
一歩一歩
 

つながっていく 
 

外側は ざわめきも  
あるものだ
 

わたしがわたしらしく  
生きていても
全ての人が  
わたしを受け入れるとは限らない
 

だからといって  
何か良くない評価があったとしても
もう わたしは わたしを  
見失わないだろう 
 

ざわめきに耳を傾けていると 
わたしで在り続けることはできない
 

わたしは わたしで在ろう
 

わたしは わたしを生きよう

=======================

111の今日。
新たなスタートと共に。 
 

新しくはじまっていくことは
もしかしたら 今までより 
グローバルなことかもしれない。 
そんな気がしている。
 

***********************
 

なんのために 生まれてきたのか
 

誰でも一度は考えたことがあるだろう  
この問いかけ 
 

自らの答えがある人
見つけている最中の人
どんどん より深い答えを 
知っていっている人
 

その答えは  
他の人が出すことはできず
自分で見つけるしかありません。
 

いつの日だったか。
幼い息子に、わたしはこの問いかけをして
あっさりと。 躊躇なく 揺るぎなく 
答えてくれたことがあります。
 

「愛するため」 
 

また、そういうことは、 
人にきいたことがない私でしたが
(そもそも、こういったことを
 他者にきく事自体が
 自分のポリシーにあっていないので)
 

そんなわたしが たった一度だけ、
人にきいたことがあります。
それは、自分でもう答えが出ていたから。
 

最初で最後のその問いかけに、その人は。
「人間としての愛」
そう 答えてくれました。
 

大好きだった 祖父の遺言。
「綾、すべては 愛だったんだよ」
と言い残しました。
 

大事なところで 大切な人に  
いつも わたしは 愛という
ことばをいただいていて、 
それでいて 愛が何かというのは
体験し、感じていく以外に他なかったように
思います。
 

愛って 何だ? 
 

それを知るには 生きるしかなかった
 

愛を知るには ただ生きるしかなかった。
 

苦しく感じるときも、
絶望の最中ですら
神などいないのだ
としか思えないような時ですら
 

ただ 生き続けるしかなかった。
 

そうして いま
手に掴めるものなど 何一つない 
この世界において
自らの内側に 確かな手応えを感じながら
 

新たな一歩を奏でていく

=======================

幸せを許すこと
 

何年も 何十年も  
幾千年もの 時を経て
 

それには 終わりにすると  
決めること 

徹底的に 幸せになる自分を  
許可すること 
 

幸せにならないことを  
許せずに拒むのは他ならぬ  
自分なのだから
 

コントラストの反対側を 
体験したとき
いつも幸せで  
 

すべてが愛だったと体得する 
 

完全なるわたしたちは  
欠如する必要があった 
 

この世界で  
補い合うために  
 

願いを叶え合うために
 

愛し合うために

=======================

他者は変えようとしても  
変わらない 
 

どんなことをしても 
変わらないこともあるものだ 
 

一緒に変わっていく人もいるだろう
離れる人もいるだろう 
それは ペースの差であったり  
魂が何を望んでいるかによって 異なる
 

他者に行っているようにみえて
いつも それは自分に行っていた
 

終わりにすると決めるのは
いつも 自分
 

大切なのは
自分の喜びを見失わないこと
 

コンパスの針は、刺さったままで
はじめて 円を描くことができる
 

針を抜いてしまったら  
コンパスはコンパスでは
なくなってしまう
 

自分の喜びを中心にして  
円を描いたとき
それは 奉仕や献身と呼ばれる
 

コンパスの針を抜いてしまったとき
それは 犠牲と呼ばれる
 

どんな円でもいい
誰かと一緒じゃなくてもいい 
 

自分らしい 円を
みんながそれぞれに描いていったとき
 

世界は 変わるだろう

=======================

未来を描ける わたしたちは
自らの進んでいく路を  
眺める目をもっている
 

路が定まっていないときは
路が定まっていない苦しさがある 
 

自分の進む先を 行く末に 
懸命に目をこらす
 

路が定まっているときは
路が定まっている苦しさがある 
進むしかなく 
やることをやるしかなかった 
 

未来が観えるというのは  
楽しいことばかりではなくて
そうすると 何とも受け入れがたい
ところに進んでいる自分がみえて。
 

そうすると 進みたくもあり  
そして全く進みたくもなかった。
 

それでいて 進むしかなかった。
 

今の幸せを
今がどれほどに幸せなのかを 
噛み締めながら
 

大切に 大切に  
今日という日を送ろう

=======================

はじめの一歩
 

たった一歩  
その一歩が一番重い
同じ一歩でも  
0から1と1から2では
全然重みが違うもの
 

思い描くものは  
100とか1000とか
10000000000000とか   
 

そんな風に 
スケールの大きなものを描いたとき
今の自分の一歩は 
とてもとてもちっぽけにみえるもの
 

場合によっては「ほとんどゼロ」 
って思えるかもしれない
 

だけど それは 植物が種を破って
太陽の元へ出てくるときのように。
 

固い殻を破って 出てくる小鳥のように
 

確かなる一歩なのです

=======================

何かがはじまる
 

出し惜しみしてると 終わらなくて
全部出し切ることで 新たなものが生まれる
 

だからといって
終われば課題がなくなるわけではなく 
はじまれば楽しさだけで 
埋め尽くされるわけでもなく
 

いつもいつも 
課題と喜びが同居していて
それでいて   
お題が少しづつ変わっていった
 

小説でいうと、 
〜の章 とか 〜 編 とか
そういう区切りのように移り変わっていく
 

いつの日からか
どこかに辿り着けたなら幸せである 
というのではなくて
いまがいかに 
既に幸せであるのかを感じていた 
 

あの時の思いと いまの思いが
すべてすべて  つながっていた
 

あの時 あれほどまでに 願ったものは
すべてすべて 手に入れていて  
既に叶っていた 
 

むしろ、自分の想像以上のギフトを 
宇宙はプレゼントしてくれた
 

だから 今思い描いているものも 
いつの日か 必ずわたしは体験する
それ以外のことが思いつけなかった
 

そうして
今という幸せを感じながらも
新たな世界を創りだしていくことを 
やめることはできなくて 
変化していくことをやめることは
できなくて 
 

今日もまた 新たな一歩を踏み出していく

=======================

あの〜 もう明日の話ですが。
 

人生の学校オープンクラス 10月
愛と理解 宇宙とわたし を開催します。
    

急に来られたくなった方もいらっしゃったようですが。
 

お申し込みいただいた皆様
明日 お会いすること、
楽しみにしています♪
 

ではでは おやすみなさい〜♪

=======================

世界に心を向けていくことは
とても素敵なこと 
 

そして 心が外に向く時こそ
家族との関係性も大事にしようと
意識を向けることは とても大切なこと
 

両親や兄弟と、どのような関係性を
育んでいるだろうか
パートナーや、子どもとどのような
関係性を育んでいるだろうか
 

愛し合ってる? いがみ合ってる?
 

自分の最も近い存在と 
とても思えないような
家族であったとしても
 

自分の最も近い存在と  
とても思えないような
家族 だからこそ。 なのかな。
 

そんな受け入れがたい自分を
または家族にとっての
受け入れがたい人の役をする自分を
 

影を。闇を。
 

いつの日か
愛おしく そう とても愛おしく
どれほどまでに それが絶大なる  

 
愛であったかを 知っていくのです。

=======================

これは愛じゃないって
感じることがあるならば
形じゃなくて  
形を形どっているものたちを見てみて
 

何かが 形をつくっている
形をつくっているものは  
何だろう
 

もし そうして見ることができたとしたら
そこには 何が隠れていて
そうしたら 何が見えるだろうか
 

万華鏡のように
同じ瞬間は二度とない
それでいて いつも同じものが
そこにあった 
 

**************************
 

小さい頃、万華鏡が好きで
ただひたすら ふっては眺め  
ふっては眺めていました。 

小さいながらも、
二度と同じような模様にならない 
その一瞬に  
とても重みを感じていたように思います。
 

今のわたしをつくりだし、
理解をおしすすめるもの
そのヒントは 
こうした 独り遊びの中で 
培われてきたようにも思います。

=======================

解ってきたこと 
それは 人、それぞれ  
自分の行動の動機が起こるメカニズムや
動機を見る視座が異なるってこと。
 

わたしは、 
あれも これも それも 
感情や動機は1つではなくて  
乱立した動機が色々あって
行動に至っていくタイプ。
 

多い、少ない という順番を
あんまりつけていなくて
乱立していて、 
これもあれもそれもあって これをした。
という感じのニュアンスで捉えています。
 

絵でいうと、
このマーブリングの絵のように
1色にせず このまんまを
自分の感情として捉えています。 
 

どの色も大切に ある ということを
みています。
 

ところが そこに順番をしっかりと
つけている人は
そこの1番突出している感情が 
動機なのです。
 

もしくは、比べることもなく、
最初から超シンプルに
動機が1つしかない人もいるようで。
 

そうすると、絵でいうと、 
このマーブリングの絵を混ぜて 
どんな色になるかの結果のところから、 
1番強い動機が何であったのか。 
というところをみるのですね。
 

そうすると、そこには食い違いだったり
言語の違いが生じてくるのですが 
 

その違いだとわかれば 
 

なるほど この人から見てみたら
確かに その色になるだろう 
という風に捉えられるので
自分の中に 違うということに対しての
怒りが沸き起こらなくなりました。 

 
そう思うんですね。というような
投げやりな感じも起こらなくなりました。
 

だって 確かにその人からしてみたら  
そうなんだもの。
 

わたしは、わたしらしく  
同じような心模様の人。 
わたしと同じようなマーブリング的な心の方に
あれもそれもこれも あるね。って 
そういう見方で心模様を現して 
 

そのままであっても良いこと。
 

そのままを受け入れられることを 理解を
提供できたらいいなあって思いました。

=======================

心をひらくのが
恐いときがあります
傷つくのが恐いのです
 

生きてきた中で 
約束を破られたり 
裏切られたり
 

そんなことを繰り返してきて
もう 絶望を感じたくないのです
 

そうして 疑うことを覚えます。
 

絶望を感じたのは
他者に期待しすぎたのです
 

自分にとって
大切なことを主張するのは大切ですが
それを守るかどうかは  
 

相手が決めること 
  

その時は 確かに守ろうとか
歩み寄ろうと思ったとしても
後に気持ちが変わることはあるのです。
 

変化していくのは 自分と 同じなのです
 

自分が その約束に対して 誠実であるか
変更があったときこそ  
 

誠実さが問われます
 

どうなるかはわからないけれど
今一度 話し合うことが大切なのです。
 

出来る 出来ない に関しても同じです。
 

出来そうだなと思っても、
やっぱりやってみたら
出来なかったとか やりたくなかったとか 
出来なくなった ということがあります。
 

やってみないと 
出来ないことが わからなかったのです
やりたくなかったのだと わからなかったのです
 

チャレンジしようとしてくれたこと
そのことが 既に  
誠意を示してくれているのです
 

同じように  
自分も約束を守れなかったこと
相手の希望に添えなかったことが  
あるかと思います
 

もし  
そんな自分に罪悪感を抱くことがあったら
もう許してあげてください
 

守り抜くことだけではなく
歩み寄り 努力をするところに  
 

既に愛はあったのだから

=======================

誰かに 賞賛や肯定されたとき
それは 今の自分の美しさを  
世界が教えてくれたのです
 

誰かに 叱咤や否定されたとき
それは 自分の伸びしろと可能性を  
世界が教えてくれたのです
 

不動でありながら
無限の可能性という両方の矛盾の側面を 
兼ね備えているわたしたちは 
 

常に 今にしかない 美しさが在りつつ
常に 未来への 可能性を秘めているもの
 

それは 紅葉が紅葉という木であることは  
変わらずに 葉の色が 変わっていくように
 

もし、賞賛や肯定を受け取れず  
否定を嫌う何かがあるとすれば 
自分が 自分を肯定できていないから 
起こります。
 

自分を真に肯定してあげることが
できるのは 自分以外に 
いないのです。

=======================

何が愛と感じるかって
それは 人様々
 

何が価値と感じるかって
それも 人様々
 

チューリップの歌って
あか しろ きいろ
どのはな みても きれいだな 
って歌うけど、どうして人間は 
あかとしろときいろが
戦ってるんだろうって
 

不幸になったらいいと
願うものたちではなく
世界を今よりもよくしよう
地球や人みんなが幸せになったら いいな 
という共通概念がある 
 

同じチューリップ同士であっても戦う
どれもきれいなのにと
そんな悲しみを抱いてきた
 

きれいってのは 決して
上辺だけのことを言ってるんじゃなくて
弱さや醜さと同居しながら  
そこには美しさがあると思ってる
 

同じ弱さも醜さも脆さも
それは 全部  
わたしにもあるのだから
 

そうして 決めたこと
それは 誰かの評価に関わらず
わたしは わたしが素晴らしいと感じる
チューリップみんなと
つくりたい世界をつくっていくこと
 

他の人が どうするかは わたしは知らない
許し合わないままかもしれない 
 

やっぱりお互いに色々あるのかもしれない
あまりにも違いすぎると  
一緒にはいられないのかもしれない
 

他の人のことは 他の人が決めること
 

わたしがしたいことは
どの色もすてきだねって  
チューリップたちを眺めていって
あんなに素敵なチューリップがあるよって
みんなに知らせていくことなんだろうな
 

そして 自分の美しさを知らない
チューリップたちに
こんなに綺麗ですよ
って知らせていくことなんだろうな

=======================

全部愛だと感じながら
個としての自分を知り
愛していける喜び
 

自らの恐怖を超えていく毎に
一歩一歩 一つ一つ
わたしは、またわたしを
 

深く深く 
広く広く 
愛していく

=======================

終わらせたくない何かが
あるならば、 
それは許したくない何かが
あるのです
 

許したくない何か
それは 何でもいいよ
 

でも、
「自分から」終わらす以外の方法は 
ありません。
  

大負けの気分な気がするかも 
しれません。 
 

でも、それでも 許したとき
世界は変わります。
 

終わらせたくないという
気持ちがもし、湧いてきたら
 

怒りや悲しみといった
過去の感情がある自分ごと
許すのです 
 

そして、今の自分に必要かどうか
選び直すのです。

=======================

誰かに行っているようで
それは いつも自分に行っていた
 

誰かに言っているようで
それは いつも自分に言っていた
 

自分にお話してるんだね
 

秋だな〜って感じる 木々と空 
 

今日はどんな自分を 
知っていくだろうか

=======================

世の中に素敵な人は 
いっぱいいます
素敵を学ぶことって 
楽しいですよね
 

これから個が益々 
際立ってくると感じています。 
 

誰かになろうとするのではなくて
誰かに期待された自分でもなくて
 

ただ、自分を生きることが
とっても大切だと思うのです

=======================

ネズミの嫁入り  
というお話があります。
 

簡単にいうと、
じゃんけんみたいなものかな。 
 

比べてみても、 
どれにも弱点があって
どれにも強みがあって。
 

世界って、こういう目線でみると  
みんな同じ。 
 

どれが一番いいかを 競ったり
もし主張が正しさとなって
争いになったとしたら
 

それが戦争を生み出してきたのだと
感じている。
 

同じなんだけど、 
この世界に生きているとしたら
どんな役をやっていきたいのかは自由で。 
 

だとしたら、 
自らの真実や喜びに沿って 
生きていくことが大切だと
感じています。
 

ネズミの嫁入りのお話

http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/02/15.htm

=======================

わたしには 
わたしという存在以外は
他に何もなかった
 

人もモノもお金も立場も
それは すべて
わたしではなく 
誰かと一緒に描いた 
願いの結晶たち
 

とても臆病で恐がりなわたしは
あまりにも はやいスピードで
外側の景色が移り変わっていくのが 
時々恐くなって
流れに身を任せるのが 
恐ろしく思えるときすらあるけれど
 

終わっていくものは  
学び終えたものであり 
 

はじまっていくものは  
体験したいと願ったものであり 
 

わたし自身が変わっていくと  
それらは変わりゆくのは
とても自然なこと
 

わたしという存在は、
いつもどこにいても 起爆剤のように
着火剤のように  
誰かのスタートダッシュを押し進めてしまう 
 

ポンっと背中を押す役目。 
もっとも力を要するところ。
 

特に組織形成においては、 
一番はじめの立ち上がり。
いつも組織をつくるところに
立ちあうこととなる。 
 

そこにわたしの存在が大きく関与する。
 

そして わたしがその役目を
やり切り終えると 次の場所へ誘われる。
 

そして、その間 真面目なわたしは
関わる人と全力で学び愛し合い
わたしはわたしに必要なことを学び 
多くの恩恵をうける。
 

ポジションが変わりゆく その度に
何ともいえない 卒業の気分になり 
せつない気持ちになる。
 

ああ、ここは もうわたしが居なくても
大丈夫だなとわかり、終わりだとわかる。 
 

終わりだとわかったとき、 
それは疑いようもない感覚なので
自分に嘘はつけない。 
ここからが一番盛り上がって楽しそう
と思えそうなときに、 
 

わたしはいつもそこにはいない。 
 

嵐のように訪れ  
風のように去っていく旅人のように。 
 

濃いキャラクターなので、 
一時の関わりであっても忘れ去られることは
あまりないけれど(笑) 
 

ありとあらゆる状況が
パーフェクトなまでに揃って、
わたしはそこには同じ立ち位置では
居られなくなる。
そのような設定をしたのは、
それも自分なのだけれど。。。(笑)
 

それでも、昨今は 完全に去るとか 
終わる関係性ではなくなってきていて
必要なときに 適度な距離感の元に
構築していく時代になってきている。
 

星々が くっついては離れるように。
 

大きく変化する際に 恐いときは
何も失うものはないのだと
こころを ゼロポイントに戻す。
 

わたしには 
わたしという存在以外は
他に何もないのだと

=======================

どこに向けているか 
誰に向けているか
スポットライトが当たる部分と
当たらない部分があるもの。
 

最高に質は良いが、
高い高いと言われ続けてきた商品。 
生産者と販売者と購入者がそこにはいた。 
 

高いと感じるその商品は、
その商品自体に
正当な価値を生み出していた。 
 

価値を生み出すというのは、
それで生活できる人が増える。
その業界自体が反映し、
仕事として成り立つ。 
販売者のこともよく考えられてつくられていたのだ。
 

しかし、購入者が高い高いというので、 
生産者は新しい商品を生み出した。 
つまり、いかに安く提供できるかという 
購入者目線に立って 商品をつくりだした。
 

そこには 
多くの人が買えるように。という
愛があった。
 

実際に商品はつくりだされたが、 
今度は販売者の中で 
色々な批判があった。今までよりも質が悪い。
あまりにも商品が安過ぎて、 
その商品が売れたとしても仕事にならない。 
 

購入者は購入者で、 
いかに生産者が苦労してその価格にしたのかが
わからなくて、 
その値段通りのものだと思った。
 

本当に、その価値を知るもの であれば 
信じられないような価格なのに。
 

何をしても、どんなことをしても。
愛がいつも そこにあったとしても
そのとき、その立場、好みによって、 
様々な批判は生まれるもの。
 

価値基準は、 
求めるものによって 異なる。
 

だれかの意見に 
耳を傾けないわけではないけれど
立場や好みや価値基準をよく知ること。 
 

出来れば、 
価値基準が偏っていない人の意見を
取り入れること。 
 

目利きとは、
すべてのジャンル、総合的な項目において
自分の好みに捕らわれずに、
価値をみている人だと思う。
 

何かに偏った目線、 
自分の好みで物事をみていては、 
目利きにはなれない。
 

他者の基準の違いを理解しながら。
それは カラーの違いであると
理解しながら。 
 

自分らしく
自分の価値を見失わずに
いられることが大切。

=======================

過剰にフォーカスされるのが恐いと
感じるそれは  
受け止めきれていない わたしで
わたしにもあるもの
 

気にしすぎてしまうところがある
一面は 誰でももっているもの 
 

自分の自信のなさが反映する 弱さ
それは わたしも 同じこと
 

それを こころのどこかで
まだ 許したくなかったのだろうな
 

許せない それらは 全て
 

自分自身に対して 
許せないというだけなのに

=======================

どんな出来事も よく見つめると
わたしが向かうべき方向に
向かうための 
進むべき路を 進むための
追い風になっている
 

例え そうとは思えないときですら
いつも追い風しか発生していなくて
 

宇宙はわたしを全力で応援していた
 

自分が何者か
すべてが愛である中で  
どう生きたいかを
 

逆にいうと  
どう生きたくないかを
すべての存在が身を以て  
教えてくれていた
 

自分が成していきたいことの
スケール感に恐れを感じながら 
それでも なお 進んでいく
 

マイロードを

=======================

エネルギー的な
根源的な深いアプローチを
することは大切だと思います。
 

それと同様に  
たった一言の言葉が
その時のその人にとって 
深く深く響くことがあります。
 

こうしてメッセージを書いているのも
読んだだけで とっても 楽になりました。
という方がいらっしゃるからです。
わたしにとってのライトワークなのですね。
 

どれが愛か 何が価値か
 

それは 
その人それぞれによって異なるけれど
 

わたしは エネルギーも言葉も
どちらも大切にしたいなと思うし
 

わたしが喜びを感じることを
ただ ひたすら 
おこなっていくだけだと感じています。

=======================

「どうして。。。?」
答えが出ないような  
そんな問いかけを 人生の中で
幾度もしてきたような気がする
 

言葉に言い表せないような 
深い悲しみを感じながら
 

そうして その度に
わたしは その問いかけの答えを  
その後の人生で知った
 

もっと正確にいうと
問いかけの 答えそのものに なった
 

わたしが 今 行っている1つ1つは
そんな 1つ1つの結晶
 

新たな悲しみを感じること 問いかけ
それを 感じている
 

いつものように
わたしは いつか  
その悲しみの答えとなっていくのだろう

=======================

PEACE
 

というキーワードが 来ている。
 

違いを愛すること
それは わたしの誓願の1つ。
 

わたしが伝えられること。 
わたしがみてきた世界のこと。
愛することへの視座形成。
 

わたしが まだ学び中の課題のこと。
苦手な他者。 
つまりは愛しきれていない自分。
 

そんな中に PEACE は
散りばめられていて
いつも争いの最中にいた  
もしくは 狭間にいた
わたしだからこそ  
伝えられる何かがあるのだと感じています。
 

昨日から そんなわたしに
映画をすすめてくださった方がいらして
タイトルは
「ガンジー」と「プラトーン」です。
きっと、今のわたしに必要な映画なのだと
思います。
 

今日は、お仕事お休みで 
まったりしてました。
これからガンジーをみます♪
 

楽しみ♡

=======================

どんな味の人生を生きたいですか?
 

甘いの しょっぱいの 
辛いの 酸っぱいの。
しょっぱいのが続くと
甘いのが食べたくなったり
ずっと酸っぱいのが好きだったり
 

人生いろいろ。
人生はいろどりみどり選べる
ビュッフェみたいなもの 
 

食べ放題とかで、もの凄く食べ過ぎて 
もう二度と見たくないってくらいに
食べ尽くした食べ物は
もう いいなあって思えると思うのです。
 

それは、自分が知っているので
嘘がつけません。
その食べ物は、
もう見ただけで吐きそうだと思ったら、
食べようと思いません(笑)
 

人生も同じで 
誰かにとっては 興味津々で 
味わいたいものであったとしても
自分が飽き飽きしたものには 
手を出さないもの。 
 

どんな味かわかっていて  
食べたくない味のものには
手を出さないものなのです。
 

今から 新たに選び直せるとしたら
どんな味の人生を味わっていきたいですか。。。?
(あ、わたしはもちろん 
 甘〜いのを希望です ロマンス♡)

=======================

どれもこれも
愛なのだけれど
 
 
自分は 
この愛の表現が好きなんです
 

あの人は 
あの愛の表現をしたいのね
 

っていうくらいの
ニュアンスで生きられると
とっても 楽です
 

それが 調和に向かう
1つのルートだと思ってます

=======================

誰かのために
やっているようにみえても
 
 
そこに満たされない自己のために
やっているのが混ざると 
そのやり取りの違和感を 第三者は 
敏感に感じるものです。
 
 
第三者とは  
その課題から脱している人  
もしくは脱した人
 

渦中の人はみえません。
 

一生懸命 演者となりきっているときは
それが みえないものです。
 

誰もが傷をかかえていて。 
誰もが自分のみたいように みている。
 

そんなあやふやで曖昧な世界で
何が真実か 

 
それは 外側の誰でもなく 
己のこころが 知っています。

=======================

刻々と世界が変化して 
個が際立っていく中
 

自分が自分らしさを 
見失わないでいられるか
 

自分を 生きていけるか
 

無理ではなく
何者かになろうとするのでもなく
 

等身大の自分を

=======================

やり切ったり
終わったりすると
次に進みます
 

疑いようもない 
自分にとっての真実
 

終焉と幕開け
 

やり切ると 終わるのです

=======================

すべてが最善にいっていると
思い込もうとすると 
思えませんが
 

本当に最善なのだと
理解すると
感謝が沸き起こります。
 

感謝は、
どこかからとってつけるものではないので
無理矢理 発生させようとしても
窮屈なだけです。
 

宇宙と自分の立ち位置を理解し、 
愛を感じたときに
どれほどまでに愛されているかを知ります。
 

その時、ただ、自然と 
沸き起こってくるのです。

=======================

意図とコントロール。
 

意図は大切だけど、 
コントロールになってしまうと
苦しいですね。 
 

思いや、願いが強いのは、 
それは現実創造をしていく
動力源なので良くも悪くも、
思いや願いが 強い。というだけ
 

わたしは、
現実創造力思いや願いが強いので、
それがネガティブにでると
外側をコントロールする力となってしまう。 
 

コントロールのエネルギー。 
あれはキツいですね。
される側にたつと、
本当に苦しく感じます。
 

あっちに向いている人を 
こっちに向かせるくらいな感じに 
ぐいっと、無理矢理
ひっぱられるようなエネルギー。
もしくは、
ぐっと握られるようなエネルギー。
 

わたしの特性そのものなので
自分の課題として強く認識しています。
 

最近感じることは、意図して手放す。
という言い方をよくするけれど
自分の中心がずれていない
ポジションの状態にあればあるほど
 

意識が外側ではなく
内側に向いていればいるほどに、 
意図で終わるかコントロールとなるか
というところが分かれるというところ。
 

ですので、手放せるかどうかは 
そもそも自分を見失っていなければ
容易にできることなのだとも思います。
 

例えば、 
コンパスの針をさしながら 点を書くのと
コンパスの針を抜いてしまって 
点を書こうとしてるのとでは 
全然違いますね。
 

自分の中心というコンパスの針を抜くと、 
うまくいかないという現実をみます。
 

コントロールに至ってしまうのは、 
握りしめようと
力を入れなければならないほどに、
<それが叶わない> という方を、
心の奥では そちらを信じている 
ということです。
不安だから、そうするのです。
 

自分が全てだとして  
信頼して生きれば生きるほどに
ぎゅっと握りしめるのではなくって 
 

「肩をポン♪」 
ってするような 意図ができるし
それは力が入っていないから 
あっさりと叶い
そうなってしまっているもののように 
思います。
 

わたしも日々学び中♡

=======================

そこに愛があるかどうかが
見れないときは
見る角度とズーム調整をずらしてみる
 

カメラのピントを合わせるみたいに
顕微鏡のピントを合わせるみたいに
双眼鏡のピントを合わせるみたいに
望遠鏡のピントを合わせるみたいに
 

みるものの大きさや角度を考慮しながら
調節していったとき 
 

ずっと在ったのだと 知る
 

なかったのではなく  
見る術を知らなかった
 

ただ それだけなのだと

=======================

本当に伝えたい言葉は
何でしょうか?
 

相手と話しているときに、
本当はこんなことが 
いいたかったことではない
ということってありますよね。
 

そんなときは、 
相手に負けたくない 悔しさとか、 
情けないから 言えないとか 
そういったことが優先になっているから 
言えないのです。
 

自分の本当の気持ちを、 
出来るだけそのまま表現できるように
一歩一歩なっていきたいですね。
 

わたしも、日々学び中♡

=======================

「今のあなた」
を待っている人がいる
 

過去のあなたでは 役不足で
未来のあなたでは 役過多で
 

今のあなたをちょうど良いと感じる人が
今 あなたを待っている
 

どこかから引っ張ってくるのでもなく
足さなければならないものは  
何ひとつなくて
 

等身大の いまの あなた そのもの
 
 
あなたが今 既に手にもっている  
その花が
 

それが 価値なのだから
=======================

痛みを溜めるタイプと、 
まき散らすタイプがいるかと思いますが
 
 
溜めるタイプは
まき散らすタイプが嫌いで。 
まき散らすタイプは 
溜めるタイプが苦手で。  

 
自分の方法の方がマシだ。と思ってたり
する発言をきくことがあります。  
 

どちらも、真実だと思いますし、 
自分に合う方法をとられているのだから、 
良いかと思います。
 

個人的にはどちらも変わらないと
思ってます。
 

まき散らした相手は、それも自分だから。
傷つけた相手は、それも自分だから。
自分の利益のために、他者を傷つけることを 
本当の自分が傷つかないわけはないし。
 

だからといって、
我慢出来ないほどに 
溜め込んでしまった場合
自分でコントロールできない時もあります。 
不可抗力的な。
 

それは、それほどまで、 
自分の器が痛みでいっぱいだった
ということです。 
それほどまでに 傷ついている 
ということです。 
 

そうすると、器が痛みでいっぱいの人が 
世の中にいっぱいいるのがみえてきます。
 

自らが痛みを癒して 超えれば超えるほどに
器がいっぱいいっぱいではない
状態になってきますから
そうすると、 
 

表現するのか、
自分が自分の痛みを
抱きしめて 解決するのか 
選びやすいように思います。

=======================

痛みや悲しみ。 
その尊さを感じずにはいられません。 
 

痛みや悲しみを終わらせ、 
生み出さないための答えと成りて 
生きようとする 多くの方の姿も。
 

誰かにとっての真実は、 
他の誰かにとっての真実ではないから、 
完全に防ぐことはできないし、 
不可抗力であり、 
それらが生まれないわけではないけれど 
 

すべては自分がつくりだしていて、 
己の内側が誘因していることを 
多くの方が自覚すれば、 
 

痛みを無自覚に連鎖させることは 
減っていくのだと思います。

=======================

孤独って深いですよね。
 

「自分は何者か」 
というのを最も、感じられるのは  
他者との違いが浮き彫りになって 
孤独なときだし。 
 

自分を生きたのは
自分しかいないので
当たり前の気もするけど。
 

そもそも、 
分離という遊びがなければ 
孤独という感情を感じることも
できません。 
 

孤独があってこそ、 
つながりという奇跡のような遊びを 
することができます。
 

いつも理解されるわけでないからこそ、 
共感できることの、 
言語が通じることの喜びが
際立つのでしょうね。

=======================

何かの事象において
 

自分のせいだと思うから 
自己嫌悪に
他者のせいだと思うから 
他責になるのです。
 

どれもこれも 同時創造 
 

お互いの幸せの違いや好みの違いや
それぞれの痛みや恐れが共鳴して
起こったのだと解ると
 

怒りや責めることから、解放されます。
 

理解は 魔法です。

=======================

わかるってのは
「これだ」というのと
「これじゃない」というのと 
両方あります。
 

どちらも、
定まってきているのです。自分が。
誰かとの対話の中で 自分を知るのです。
 

ピッチャーとバッターのように。
 

最初からホームランじゃなくていい
空振りやゴロがいっぱいあって
ヒットが生まれます。
 

自分にとってのヒットがわかったら
どの球を打つのが得意か
どうしたらホームランになるか
練習してください
 

そして、 
バッティングセンターだけでなく、 
実際に試合に出てみてください。

=======================

不完全な自分 
 

だからこそ、 
他の誰かと 愛しあったり 
育みあったりできる奇跡が
目の前に広がっている

=======================

あんなことは 誰でも出来るわよ。
わたしだって 思いついたわ。
 

言う側ではなく、
そう言われる側の人間になりたい。
アイディアだけならば、
幾らでも人は思いつくものだ。
 

しかし、それを本当に 
実行できるとなると 
ぐっと減る。
 

実行出来るかどうか
というところにこそ
沢山の課題が積まれているのだから
 

つまりはそれを超えられるかどうか  
というところに違いがある。

=======================

大抵、最高のひらめきは  
パッと沸き起こるもの。
 

その後に、 
ざわざわマインドの不安が
沸き起こる。
 

ひらめきを選ぶか?  
それともマインドの声をきくか?
 

すべては 自分に委ねられていた。

=======================

自分がやってやった感 
という傲慢さは、  
誰かのためにやったという
自分に価値があるということを 
欲しているから生じる。 
 

上下関係者を 
自分の内で勝手につくっている。
 

情報も同じ。 
自分の発信したものを 
誰かに与えている。 
という感覚がわたしには合わない。
 

共鳴している。 
というニュアンスがしっくりくる。 
その人の内側にあるもの以外 
響かないし、 
そもそもみないのだから。
 

やってやってるというのは、 
すなわち、そうでもしないと 
自信を保てないので、 
そうするのであり
根底は 劣等感と分離感が 
そうさせているだけ。
 

与えてるのは、同時に 
与えさせてもらってると自覚すること。
 

提供者よりも、 
共鳴者としたほうが
しっくりくる今日この頃。

=======================

もし  素敵な人!  
と崇める人がいるならば
それは 適度な距離感から  
少し離れて 花を眺めているからだ
 

近寄れば近寄るほど  
その花には刺もあるのだと知るだろう
 

完全を求める人は 花に近寄って、 
刺をみたときに
期待はずれで去っていく
 

「こんなはずじゃかった。」
己の失望を知るために
 

そうして 理想という  
自分にとって相応しい
新たな完全な花を追い求め 飛び回る
 

適度な距離のままでいれば  
見なくてすんだのだけれど
だからと言って 憧れを抱くものに  
近寄りたいという気持ちは消えず
そんな矛盾を抱えながら  
失望に歩み寄る
 

近寄って去る以外の方法としては
刺がみえたときに、その刺ごと
愛せるか。 にかかっている。 

美しい花であればあるほど  
触れようとすると 刺がささる。
 

それでも、歩み寄るか。 
遠くから鑑賞するか。 
 

すべては 歩み寄るほうに  
委ねられていた

=======================

222を超えてゆけ 
 

ありとあらゆる  
二元性を統合し
 

絡まった糸を解き  
己を解き放ち  
自由を生きよ
 

真実を 見つめたとき  
恐れは去りゆく
 

すべては 愛の元に
 

*****************
 

自分自身へ向けたメッセージ。

=======================

とある お家に
出来るひとと 出来ないひとが 
住んでいました。
 

出来るひとは 頑張り屋さんで  
何でも挑戦して 一生懸命で 
いろいろなことができました。 
 

できるのだけど、 
もっとできるように頑張りました。
少しくらいのことは我慢して  
強いふりをしていました。
 

出来ないひとは 
ぐうたらで 甘えん坊で 
誰かに何かをやってもらうこと
ばかり考えていました。 
 

できるのだけど、自分ではやらずに 
もっと甘えました。
少しくらいの才能は才能と思わず  
弱いふりをしていました。
 

ふたりは お互いが大嫌いでした。 
 

ふたりのお家には ときどき  
美しい天使が遊びにくるのですが
その天使が、 
なぜ相手のことも愛するのか  
さっぱりわかりませんでした。
 

出来るひとは  
出来ないひとなんか 何もしなくても  
もう充分甘え放題甘えているのに、 
なぜこれ以上 愛されるのか不思議でした。
 

とっても不平等だと思っていました。
 

出来ないひとは 出来るひとなんか  
何もしなくても もう充分活躍して 
素敵なのに、 
なぜそれに加えて愛まで得ているのか 
不思議でした。
 

とっても不平等だと思っていました。
 

ふたりに共通するのは  
相手のことを 羨ましく感じていたことです。
 

自分の方が 惨めだから  
より天使に愛されたかったのです。
 

天使は 出来るひとと 出来ないひとの 
様子をみて 魔法をかけました。 

 
1年間  
お互いの身体を入れ替えて 交換して 
お互いをしってみることで 
状況がかわると思ったからです。
 

出来るひとは 出来ないひとになって  
出来ないとは  
なんと 不便なことかと思いました。 
 
 
出来ないというのは 
とても惨めな気持ちで  
自分がダメなような心地です。 
そこには 屈辱がありました。 
 

何も出来ない自分のことも、 
天使は愛してくれましたが
出来ない自分ということが 苦しくて  
それどころではありませんでした。 
 

以前の自分が羨ましく感じていたような  
素敵な心地ばかりではありませんでした。
 

出来ないひとは 出来るひとになって  
出来るとは 
なんと 苦しいことかと思いました。 
 

出来るというのは 頼られるばかりで、 
頼れませんから 
自分で何でもすることが多くなって 
しまうのです。 

 
そこには厳しさがありました。 
何でも出来る自分のことも、 
天使は愛してくれましたが
休みがないほどに忙しく働いていて  
それどころではありませんでした。 
 

以前の自分が羨ましく感じていたような  
素敵な心地ばかりではありませんでした。
 

さて、一年が過ぎて ふたりは  
元に戻りたいと思いました。 
 

どちらにも、喜びも苦しさもある 
ということが、本当にわかったからです。
 

出来るひとは  
何でも自分で行うのではなく  
誰かに頼ったり 甘えたりする喜びを 
覚えました。 
 

出来ないひとは  
何でも誰かにやってもらうのではなく  
自分でチャレンジして 出来る喜びを 
覚えました。
 

出来ると 出来ないに  
差があるわけではなく
お互いに適度に  
頼ったり 頼られたりしながら  
助け合って生きていこうと  
そう思ったのでした。
 

************************** 
 

こんな感じで 今回は 
絵本風に書いてみましたが  
楽しんでいただけましたか? 
わたしって、絵本が大好きです♪

=======================

愛が巡る
どこまで 巡っていくのだろうと 
思えるほどに
 

見返りのない無償の愛は  
自らから離れていったように思えても
それは 本当は離れることなどできなくて
決して途絶えることがない 
 

見返りがなければないほど  
期待という気持ちが湧かないから
それはギフトとして  
まるでプレゼントとして 
空からふってくるように感じる
 

見返りが強いとき  
それは本人の愛する能力が 
劣っているわけではなくて 
 

ただ 愛されなかった思いが  
傷があるだけ
愛してほしかっただけ
それほどまでに 深い 深い  
傷があるだけ
 

だから 傷を癒していけばいくほどに 
少しづつ 見返りを求めない自分がいて
それでも 時々見返りを求めたりしながら 
 

そうして純粋な状態に自然と還っていく
 

もし 他者に 絶対的な愛をみたとしたら
 

それは 自分自身の欠片
 

自らにないものは 映らない

=======================

愛を欲している自分を 
嫌わなくていいのです。
 

提供する側に立っていて、 
いっぱい愛を送る役目を
していたとしても、 
疲れちゃったりして  
自分も癒されたいなって 
思うことってあると思うのです。 
 

わたしもね、癒されたいなあって 
思うことありますよ。
自分癒し大切。
だから、自分が癒される側の 
シチュレーションも自分でちゃんと創ってる。
 

例え、すねちゃったり、 
意地悪な自分を感じたり、 
自慢げだったり
色んな自分をもし感じたとしても、 
それでいいのです。
 

エネルギーを感じるようになれば
なるほどに言葉だけじゃなくて、
その裏に潜む本当の思いが
伝わってきます。 
 

そうすると、世の中には一見 
素敵そうに見える表現であったとしても
「わたしって凄いでしょ?」とか 
「愛してほしいのです」
と言っていることって  
いっぱいあるのがわかります。
 

それと同様に、 
自分の言葉や表現や行動に、 
それが現れることもありますよね。 
 

そうしたとき、ああ、そうなんだね。 
って受け止めてあげて
そこから、どうしたいのか。を
 

今、新たに選んでいけるといいなあって
思います。

=======================

すごく不平等だなあ。 
と感じるところがあるとすれば
 

そこに自分の価値が潜んでいるのです。
 

だれかよりも 不平等なくらいに  
何か自分の特性が秀でているのです。
 

例えば、わたしの場合だと、 
理解。 
 

その不平等さを受け入れて、 
自分の価値を知っていったときには
不平等さとは、もはや感じないのです。
 

理解されることよりも、 
理解することが圧倒的に多いということは
どういうことか。  
 

それによる影も光も抱きしめたときに、 
等身大の力を発揮することができるのです。

=======================

どんなに 努力しても  
嫌われる人には嫌われる。
 

何にも  努力せずとも  
好かれる人には好かれる。
 

とことん、やってみてわかったのは
好かれようとしたり、 
折り合おうとする努力は
努力しても 徒労に終わるってこと。
 

もし努力するのなら
愛されようとすることに 
エネルギーをさくより
 

愛することにエネルギーをつかおう。
 

なぜなら、愛することに関しては
自分ひとりで出来るから
 

無限に限界を突破して、 
広がっていくことが出来るから。

=======================

さて、表現してみようかなあ〜 
って思って、 
他者の目を気にせずに自分の思いを
表現してみようって思って、 
そのまま言ったり書いたりすると
 

どんなに解りやすく 
自分の思いを表現してみても、 
色んな反応があります。 
 

ぜんっっっっっぜん こりゃあ
自分の真意が伝わっておらんな(^◇^;) 
ってこともあったりします。
擦りもしてない。みたいな。
 

お前の言ってることはニセモノだから、 
だから私はわからないのだ。 
というような優越感のエネルギーを交えて 
わからないと言われることすら 
あるかもしれません。 
 

人は、自分の方が上でこの人は下だと 
勝手にランク付している場合、 
下と思ってる人の言葉には、 

 
耳を傾けられないものです。
 

それで いいよ。
解る人には 解る。 
解らない人には 解らない。 
 

解らないというのは、 
今は守りたい何かがあるのだから。
 

解らない人に合わせようと努力しても、 
いつまでたっても解らない。
だからそれで、 いいのです。 
 

理解出来るかどうかは、 
様々なプロセスとタイミングと 
理解できうる許容範囲の広さによって 
異なるのです。
 

今の自分にとっての真実を 
そのまま伝えたときに、 
それを価値としてくれるひとも 
必ずいるのだから。

=======================

誰かと 違うから 
際立っていく 
 

そうして己を知っていく
 

全てが愛と知りながら
自分という1つの愛の欠片を 
体験しながら
 

そうしながら、 
全てと織りなすハーモニーは 
いつも完璧だった

=======================

争いがない世界に生きたいなあって 
思ってる人。
 

今から、どんなときも、 
自分の内に
争いを生み出さなければいい。 
 

とてもシンプルなこと。 
 

その人の生き様が そのまま世界になる。
 

ただ それだけ。

=======================

信じようとする気持ちの奥には
疑いが潜んでいる
 

疑いがない状態とは
 

望むものと一体となり 
当たり前の感覚で、 
そこにフォーカスしない時。
 

人によって信じたいことは 様々。
当たり前も 様々。
 

それらは、経験によって異なる。

=======================

閉ざされていること。 
 

鎖国ってのは、自由を奪われてきた 
という見方もできるし
ある意味守られてもきた。 
という見方もできる。 
温室的な要素として。 
 

バリアをはられていることを、 
どちらに受け取るかは 自分次第。
 

小さな世界にいたことで、 
守られてきた恩恵を。
それを見逃さずにいることができるか。
 

鎖国という言い方をしたけれど  
ありとあらゆることで、
それを垣間みることができる。
 

例えば、ペットとかね。 
野生で生きるとはどうなのか。 
ペットだったらどうなのか。 
ペットを飼う側の 
あの時に抱く感情はどんなものか。
 

近い未来に、 
日本人だけでなく、外国人も日本で 
自由に働ける環境になったら、 
どうなるだろうか。
 

地球もまた、 
もし、鎖国状態にあったところから 
開放していくとすれば、 
そこから自由になるということは、 
どういうことだろうか? 
 

温室では体験したことのない、 
厳しい雨も、突風も。 
 

自然とは、 
どの要素も入ってくるということだ。
 

自由の表面だけ捉えて、憧れ、 
欲していないか。 
 

自由の裏側を 厳しさを抱きしめて
それでも、自由がいいか。
 

すべては意のままに。

=======================

昨日、久々に混沌として
いっぱいいっぱい 世界の闇を 
受け止めたら
そうしたらね。  
 

この世のすべてが切ないほどに 
眩しく煌めいてみえた。
 

すべては愛だよ。 
って言葉。
この言葉が どこまでも 
深く深く響いてくる。
 

そうなんだね!って  
わたしが理解した 
 

この言葉は、際限なく  
一体どこまで深く深く 広く広く 
わたしに 教えてくれるのだろうか。

=======================

「病気を見ずに、人を見ろ!
 人が人を治すんだ。」
  

大好きな 
ドクターコトー診療所のことば。
何が正解か不正解か  
何がその人にとっての幸せかとは
その人が知っていて、 
 

他の誰にも決めることが出来ない。
というのが、わたしの価値観。
 

その人がアセンションするか 
しないかですら、どちらでもいいと
思っています。 
したいなら、それに向かって 
応援はするけど、それだけで 
事を進めていくわけではありません。
 

進化していくことだけが 
重要なのではなくて 
 

誰かが決めた幸せではなくて 
 

その人にとっての幸せな人生を 
それぞれが生きる。 
ということ。
 

わたしのスタイルって、 
このあたりの感じが揺るぎなく  
一本筋が通っているんだなということを、 
今一度強く感じています。

=======================

〜崖に咲く花〜
 

わたしって、変なところがあって
楽な路と、険しい路があったら  
いつも楽な路ばかりではなく
 

「ここは、自分にとって 
 学ぶべきところが多いな。。。」
と解ると、 
険しそうな方を自覚しながら 
行くこともあるのですね。
 

マインドでいったら、 
損得感情でいうとあきらかに損を
選びとるというような。 
 

崖のように課題が積まれている 
ところを自覚しながら、いく感じです。
 

それは、 
崖を登る事でしか見ることのできない、 
崖の中腹にしか咲いていない美しい花を 
見ることができると知っているからだけれど
 

まあ、よくも幾度も 
挫折しかけるなとしみじみ(笑)
 

これは素晴らしい。 
という美しい花を活かすためには、 
その崖を登るしかなく。
 

ただし、 
リタイアラインはちゃんと決めてあって、 

 
わたしがわたしでなくなってしまう 
ことを強制されたりして、 
自由じゃなくなったときは、 
いくら美しい花があると知っていても、 
降りると決めています。
 

なぜなら、それは 
わたしの喜びとかけ離れていて、 
様々なゾーンの理解に長けていて、 
他者に歩み寄ることが得意なわたし 
であっても、 
自由を失った時、 
 

自分自身という花が枯れるからです。

=======================

知らない時は 
知ることへの憧れを
抱くもの
 

しかし、
奥深く知っていく 
ということは  
 

気楽さを失う ということだ

=======================

美しくなろうと努力して 
清貧を選ぶか。 
 

すべてを受け止め抱きしめて 
豊かさを選ぶか。
 

自分の幸せ=お金  
が結びついているか
 

それとも、 
自分の苦労=お金 
となっているのか。
 

奉仕なのか、犠牲なのかは、 
 

自分が豊かであるかどうかなのです。

=======================

人生の学校オープンクラス
ありがとうございました〜
 

これって最後に撮ったから 
途中で帰っちゃった方や、 
帰らなきゃいけない方など 
お写真に映らなかった方が実は今回 
いっぱいいるのですけど、 
その場を共有してくださった皆様
全員に言いたいです♡ 
 

同じ時を共有してくださり、 
本当にありがとうございます。
 

お金と豊かさ 競争からの脱却 
というテーマでしたが、 
話す必要のあることを色々 
話させていただきました。
 

随分リクエストが多く、 
倒れるか倒れないかのギリギリの 
ラインだったかも?(^^;; 
 

最後などは、 
ライトワークレベルでしたが、 
それでも、けっこう 
受け取ってくださる感じだったので、 
変わりたいという皆さんの意気込みと 
決意が凄かったからこそ、 
できたように思います。
 

皆様ありがとうございました♡

=======================

純粋な 愛なのか 
 

不安という自らを守る 愛か
 

どんな行為も、 
根源を辿ればすべてはそこに行き着き
 

守ろうとする必要がないと 
知れば知るほどに
 

愛されようとする必要がないと 
知れば知るほどに
 

ただ、存在として。 
愛として。  
我として 
呼吸していくだけ。
 

問題と呼ばれるものは大抵、 
自らが愛であることを見失い
 

外側にフォーカスし過ぎているか、 
ミクロに物事を見過ぎるところから 
生まれる。

=======================

完全な人などいないと 
知ることです。 
 

完全を人に求めることが 
そもそも違っています。
 

どんなに素晴らしく感じる人であっても、 
自分の課題や傷をかかえながら
そうしながら、 
今できる最善を行っているだけです。
 

他の誰かに神を求め、 
過度な期待を抱けば、 
それはいつの日か
失望に変わるだけ。
 

不完全な今が既に完全である 
と知ることです。

=======================

マイナススパイラルに
落ちるのがはやい人は
はやさを持っている人です。
 

ですから、逆転したときに 
同じように自らのスピードを使って
今度は、プラススパイラルに 
活かすことができます。
 

マイナスもプラスもありませんが、 
ここでいうマイナスとプラスとは
 

自分の本当に望んでいない方向性と、 
こころの奥から望んでいる方向性
という意味合いで使っています。

=======================

愛を不平等に感じるときは
何かを特別に愛と感じていて、 
別の何かを愛と捉えることが 
できていないのです。
 

愛の形に捕らわれているのです。
 

どれもこれも愛なのだ。 
という視座からみたときに
自分がいかに愛されていること。
そして平等であるということが 
真にわかるのです。
 

天秤にかけて、 
不平等さを感じているときは
その天秤が、 
 

自分の色眼鏡だと知ることです。

=======================

いつも好かれるとは限りません。 
 

嫌われ、憎まれ、虐げられることも 
あるかもしれません。
相手の気持ちは、いつも 
相手が決めること。
 

でも、唯一決めることができるのは  
自分の気持ち。
 

誰かを愛することに、 
理由など必要ないのです。
そうすると、 
相手が自分を嫌っているからというなどの
理由があるからといって、 
自分も同じように嫌うとか、愛さないと
いうことにはならないのです。
 

愛は、自分がそれを望むのであれば  
等価交換でなくて、構わないのです。 
 

自分のことを嫌いな人ですら、 
自分が愛したいと感じたら 
 

愛してもよいのです。

=======================

もし、誰かの傷が 
クローズアップして気になったなら
それは ただ 自分の傷と 
相手の傷が触れ合って 痛かっただけ。 
 

自分に傷がないときは、 
痛いとは感じないのです。
 

時に 悲しくなるほどに残酷なことを 
受けることもあります。 
 

でもそれは、相手も自分も 
それほどまでに傷ついていただけ。
 

傷だらけで一生懸命防戦している人を
どうして憎んだり 
責めることができようか。
 

それは いつも、わたしなのに。

=======================

賛否両論あるだろうと思われる 
つぶやき。
その時々のプロセスによって、 
意見がわかれるところ。
 

スピリチュアルを学んで 
実践していく際に、 
ある一定のところまでは  
好奇心が優先したり、 
マインドの願望が実現していく感じが 
楽しいと感じるので、 
自分から学びたがるし進みたがります。
 

ある一定のところからが 正念場。 
 

楽しいことだけではなく、 
自分と向き合うのは辛いこともあります。
それでもやるのか。 
もっと緩いのんびりした路も 
残されているように思えるのにも関わらず。 
 

ありとあらゆる自分を受け入れ 
自らの闇をみていくことでもあるのに 
それでも進むのか。辞めるのか。
 

楽になりたい、楽しくなりたいと 
思ったのに、辛いことも出てきたとき
どうするか。が問われます。
 

わたし個人的には、 
何とか続けているけれど  
幾度も辞めたくなりました。 
数えられるものではないくらいに。
 

自分と向き合うとは、 
楽しいことだけじゃないです。
だからといって、 
苦しまなければ幸せになれないと
言っているわけではありません。
 

1つ思うのは、 
路は一方通行であるということ。
 

どちらにしても後戻りは出来ないのだから。

=======================

愛されていると 
深く深く知った人は
愛されようという動機から 
動きません。 
 

愛されているのに、 
無駄な動きをしようと思いません。
    

愛されようと頑張らなくなると
 

ただ、愛するだけが残ります。

=======================

人にとって価値と感じるゾーンが 
存在する。
そのゾーンでなければ、 
どんなに素晴らしいものであっても
価値と受け取れないわけだから、 
それはその辺に転がっている
石ころと同じ。
 

一般的なクレームとは、このゾーン、 
領域から外れたときに起こる現象。 
 

相手が欲しかったものとは 
かけ離れているということ。
 

ダイヤモンドとわかる人が、 
その価値を受け取れる。
だとすれば、 
何を提供しているのか。ということを 
事前に丁寧に伝えることは、 
受取側を尊重する行為。  
 

エネルギーという 
観えないものであるからこそ、 
事前に伝えることが必要なこともある。
 

すべての人が、わたしの価値を 
価値と受け取れるとは絶対に思えない。 
 

だからこそ、わたしは 
わたしの提供するものを価値として 
受け取れる人に対して提供しつつ、 
 

違うゾーンの人たちと共に協力して 
手と手を繋ぎ合っていかなければ、 
多くの人に愛は届かない。
 

そのために必要なのは、 
自分の立ち位置を確立することと
どのゾーンも、 
どこが優れているとか劣っている 
ということではなく 
 

同等の価値があると知ること。

=======================

所有欲が人を縛る
決して所有などできないのに。
 

どうして、所有したがるのか。
 

それは、 
自分に価値がないと思っているから  
自信がないから 
 

外側に価値があると思っていると
誰かを何かを所有したくなる。
 

逆に全てを手放していったとき
何も失われず いつも在ると真に知る。
 

在ると真に知ったとき、 
執着や依存や嫉妬や所有から
自分自身が開放される。

=======================

「限りがある」ように思えるとき。
それは、宇宙と自分という視座で 
捉えていないからです。
 

自分で枠を設定して、 
その目線で見ているから限りがあるのです。 
 

宇宙と自分という視座から 
物事をみているとき枠はありません。 
溢れているのがわかるからです。
 

それには、宇宙においての、 
世界においての
自分の役割、立ち位置を知ること。
 

自分をよく知り、理解すること。
 

それが、本来の自信を取り戻し、 
あらゆる制限から脱却していくために
大切なことです。

=======================

自分だけでどうにかしようと 
頑張り過ぎの傾向にあった人。 
 

逃げずに自分と向き合ってきた人。
どんどんリラックスして 
力を抜けていけばいくほどに
楽になってきますね。
 

世間では、 
頑張り過ぎの傾向にあった人に 
向けてのメッセージが
けっこう多くなっているかな。
 

頑張らなくていいよ。って。
 

そういう自覚のある方、 
まだ力が入ってるなという人は 
どんどんリラックスされていくだろうし、 
他者を頼りながら、 
世界と呼応すればするほどに、 
スムーズに事が展開していきます。
 

そして、そうなってきたら  
頑張り過ぎだった傾向の人。 
今度はそこから、 
自分だけでやり抜いてきたその行動力、 
実行力が活かされてくるときがきます。
 

自分では、ほとんど息をして 
生きているだけのような感じなのに、 
さっぱり力を入れていないのに。
 

人にとっては、凄いと感じることを  
自分は普通に何気なく実行できて 
しまっていることに気付きます。 
だから頑張りすぎてしまった過去は、 
全て無駄ではありません。
 

それは、例えるなら  
スポーツジムにおいてある、 
ウォーキングマシーンの負荷のようなものです。
 

負荷をかけていた時期があるからこそ、 
負荷なしで歩いたり、 
自転車を漕いだりしたときに、 
何もしていないかのような感覚になるのです。

=======================

わたしは、一過性のブームで 
流されてしまうようなことだけを 
提供したいわけではないのです。
 

その時々の自分のブームは大切ですが、 
それを超えた普遍的な
その方の人間力を培っていく 
サポートがしたいのです。
 

それぞれのツールは 
本当に素晴らしいですけれど、 
ツールだけに頼りすぎないことが 
自分を生きるということです。
 

能力とは、身につけたり、 
取り付けたりするものに 
心を奪われがちですが、 
 

それだけではなくて、 
その方そのものに在ったもの。
それを輝かせ 発揮していくことの 
素晴らしさ。
 

内側にこそ 
オリジナリティがあるのです。

=======================

朝はやくに起きて
色々思いを馳せる
 

個人的な課題や 問題と思われること 
だけにフォーカスしているときは
その時々の辛いことがあるけれど 
 

段々、それだけに捕らわれなくなって 
くればくるほどに
生死や人類、宇宙といったような 
テーマの重みが増してきている
 

アストロクリエーターを受講して
益々 個の課題に捕らわれなくなった 
感覚があり そうすると、 
以前の自分の悩みの気楽さが 
羨ましく思える。
 

未来の自分の役割、立ち位置と、 
今の自分の役割 立ち位置の違いを 
感じれば感じるほどに  
今のわたしの仕事。 
今のわたしが成せることの価値を 
噛み締めずにはいられない。 
 

今のわたしを必要としてくれる人が 
目の前に来てくださる奇跡に感謝しながら。
 

今の自分が出来ることと出来ないことを 
しっかり自覚し協力体制をとっていくのは 
素晴らしいことだけれど 
未来の自分が行うフェーズに関しては 
頼りすぎるのではなく
自分で出来るようにならないと、 
困るのはわたし自身。
 

そうすると、 
出来るようにならないと 
困りそうなことは沢山あって、 
それにはひたすら学ばなくてはならず
自分の未熟さを痛感すると共に、 
果てしない。
 

外側に意識が多く動いているときに、 
誰かと自分を比較をして
嫉妬とか羨ましいとか、 
そういった感情を抱くことの
辛さもあるけれど 
 

誰と比べるわけでもなく、
向き合うべきところは
自分が成すことと、 
自分しかなくなってくると、逃げ場がない。
 

そうして、思いを馳せながら。
今日も、様々な出逢いと共に。
一日が流れていく

=======================

認められたくて
誰かに必要とされている自分を 
感じたくて行った行為は
愛したというよりも、愛されたかったから
 

元を辿れば 愛されたかったから
 

求める行為は、 
シンプルに求めるだけではなく 
様々な表現があるのです。
 

動機の純度は 
愛されたいから という動機が 
薄れていくことによって高まります。
 

エネルギー的な癒しと、 
既に愛されているということを
マインドの協力の元に理解することと、 
愛されていることの実体験。 
 

この全てが兼ね備わってこそ 
氷は溶けていき 
 

本来の愛を発揮していくことができるのです。

=======================

小さな池から大海へ
 

いつも、世界は開かれていて
どこへいくのも、何をするのも自由。
 

誰かにとって、こちらよりも
あちらの方が価値がありそうに
思えるのは、 
 

自分が向かいたい方向性や 
経験してきた順番の違いや 
そこから得た  
それぞれにとっての真実があるから。
 

本当はどこへいくのにも、 
何をするのにも、同等の価値がある。
 

わたしが、誰かに対して、 
どれが一番素晴らしいかを
決めることはできない。 
 
 
幸せも同じ。 
 

ただ、わたしにとっての真実が  
わたしと共に在るだけだ。
 

そうして、わたしが 
わたしにとっての真実と共に
呼吸をしているとき、通りかかった誰かが
 

自分にとっての真実を思い出していく。

=======================

1日通して。
 

すべてが愛である と知りながら、 
終わりにしたいことを終えて
 

今の自分が体験したいことを 
揺るぎなく決めていくことの大切さ。
 

それを強力に知ることは、 
嫌だと感じること。 
 

自分の体験であろうと、 
他者にみようと、嫌なものは嫌。 
 

それがあってこそ、 
「何が自分は本当にしたいか」 
がはっきりわかる。

=======================

愛されている人。
 

最近、つくづく思うのは 
愛されている人というのは
 

『愛されていると 
 解っている(自覚している)人』
であるということ
 

愛されているかどうかというのは、 
実際に愛を与えられているかどうか
ではなくて、 
与えられている愛を受け取ることで、 
はじめて成立する。 
 

多くの場合、受け取り拒否をしていたり、 
自分が愛されているよりも
他の誰かのほうが愛されていると 
錯覚することからねじれていく。
 

その場合、いくら与えられても無駄である。 
 

飢餓状態は、 
ブラックホールのようなもので、 
量の多さは無限に必要である。 
 

沢山与えられたかどうかではなく、 
沢山既に 与えられている。
愛されている。ということを 
<自覚>する能力を培うことが
 

愛されている人をつくりだす
ということだ。
 

受け取れる才能が、 
愛される人を創りだすのであり
受け取れるかどうかは、 

 
<どれもこれも愛である>という愛として
受け止められる視座の形成と 
 

<愛されないわたし> 
ということのメリットを捨てられるかに 
かかっている。  
 

愛されないわたしでいることで 
得する事があると、 
いつまでもやめられない。
 

感謝も同じ。 
 

感謝は無理に思い込もうとするもの 
ではなく、湧いてくるものだけれど 
 

その場合も、 
これほどまでに宇宙に愛されている。 
とこころから解る事で 
自ずと湧くものだから。

=======================

何かを失ってしまう。という恐れ。
 

そこから開放されることは
自由を手に入れるということだ。
 

失うことの恐れが、 
様々なものを 生み出す。 
 

何かを失う恐れは 時に
妬みや嫉妬 そして、
排除を生むだろう 
 

何かを失う恐れは 時に
怒りや悲しみを 生むだろう
 

「我はここに在り」
 

それ以外のものの全ては、 
自らを流れていくもの 
 

捉えようとしても、 
決して捉えることはできないと
真に体得したとき
人は 自由になるのだ。
 

自分自身からの。

=======================

10/3 にリーブスの仲裕美子さんが、
「あなたを開く、愛と光の無料一斉ヒーリング」
を開催されます。
 

個人的に、これから益々
1人1人が丁寧な選択をすることが
大切だと思っています。 

皆が 真の自由意志からの選択をして
本来の創造性を取り戻していくこと。 
 

それはわたしの願いです。 

 
そんなときに、現れたこの企画。 
多くの人が 
このヒーリングを受け取って
いただけますよう願っています。

第一回 あなたを開く、愛と光の無料一斉ヒーリング

=======================

今日は一日
どんな素敵なことが
起こるのだろうと
胸がときめく。
 

わたしが わたしらしく
在るだけで
皆が 自分を思い出していく。
 

自らと対話をして
己を知り 愛していく日々。

=======================

「損」と思えるところに
自分の価値があります。 
 

活かしていけばいくほど、
恐れに立ち向かって
いけばいくほど、 
 

自分らしく生きることが 
出来るのです。

=======================

主張は 
極まれば極まるほど
違いが浮き彫りになり
対極を構成する
 

個が極まっていくほどに、 
乱立した主張が争いを引き起こす。 
 

自らが取り込まれるわけでもなく、 
従うわけでもなく、 
 

影響を与え合いながら、 
自らを失わずに、 
他者の主張を尊重し理解することが 
できるか 
 

調和の要になることができるか
主張と主張の狭間に立つことが
出来るか
 

それがこれからの時代において 
大切なこと。 
 

自分の軸をもち、 
内側に争いが起こらない視座を 
形成すること。
 

自分がそう在り続けたとしても、 
他者はそれを理解しないかもしれない。 
そこに大きな悲しみがあったとしても、 
自分はそう在る ことができるか。
 

自分はいつも 自分を見ていた

=======================

本当に伝えたいことは何か。
 

わたしはこれを読んで 改めて
私にとっての真実が何か
ということと、 
伝えていくことの覚悟を感じました。
 

また、どんなに尊敬する 
メンターの言葉であっても、 
その主張を多くの人に広げなければ。
という概念を捨てました。 
 

何故なら 
どんなに素晴らしいものであっても、 
それはわたしにとっての真実ではないから、 
 

どう頑張っても 
ニセモノの言葉になるからです。
 

わたしは、
わたしにとっての真実だけを
伝えていこうと、そう思いました。

*****

真の表現者は常に、自ら表現するものへ一個人として全的責任を持ち、リスクを背負う。その背水の覚悟こそが、痛ましいまでの創造者としての圧倒的な孤独な運命の自覚こそが、個人という枠を超えて他者に届く祈りのバイブレーションとなるのである。

誰かが唱えた真実の棒読みは残念ながら、宇宙的真実の体得ではなく、その人が外から導入した観念と一体化しているにすぎないことの証なのだ。

ダンデス・ダイジ

=======================

一緒にいて
楽しいと感じる人と喜びを感じる
人生を生きていきたいな♡
 

自分の時間を 
そうではないことに注ぐ場合、 
それも自分の一部を知り、
認めて愛して超えて、 
そうして視野を広めることにはなるけれど、 
 

それぞれにとって最善のペースがあるから、 
自分が学び終わったと感じたら、 
次へ進むことを選んできたし、 
これからもそうするのだと思います。
 

そうしていると、 
不思議と心地良い人が集まってきます。
 

今のわたしに合う人が
今のわたしと話が通じる人が
 

わたし自身が集まってきます
 

呼吸のように 
一部に新鮮さと流動性を携えながら。 
 

お互いに進化し 
育みあいながら共に成長する関係性に 
感謝しながら

=======================

何でこの人こんなことするんだろうと
疑問に思うことがあるならば 
 

多くの場合 自分も同じことをしているか、
同じ課題を違う表現で出しているか、 
もしくは抑圧しているだけです。
 

外側を変えても何も変わりません。 
 

暴力等から身を守る等、 
時には自分を大切にするために 
外を変えることも大切だけれど、 
 

真の安息は内側に在ります。

=======================

偏った見方をしたければ、
幾らでも そういう景色を
見ることができます
 

あばたもえくぼ
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
 

対義語だけれど
偏ってるってことに関しては
どちらでも、同じこと。
 

聖人も極悪人も 
フォーカスに偏ったメガネが 
つくりだしているだけに過ぎず、 
 

あまりにも偏った眼鏡を
かけ続けている人は、 
そうでない人とは話が合わないし、 
心から共感しあえないかな。。。
 

そういった、視座の違いが
多くの離別を産んでいるとしみじみ。

=======================

誰かが行っていることで
凄いなあ。
大変そうで私にはとても出来ないし
全然やりたくないと思うことが
あります。
 

わたしも、
大変な仕事ですね とか。 
大変な役割ですね
と言われることがあります。
 

誰かからみたら、
わたしがしていることも、
そうなのだろうと思います。
 

どのことにも、 
ポジティブもネガティブも 
同居しているから
大変な側面を切り捨てるわけには
いかないけれど
 

それでも、
やりたいと感じること
自らの魂の仕事には、深い喜びがあって 、
 

その喜びは決して表面的な
浅はかなものではなく、 
自分自身の体験からの
真実を表しているのです。
 

この世界に対して抱く 
自問自答の答えとして
答えと成りて生きているのです。

=======================

純粋無垢、無知さ 
 

私にとって、その特性は
何処かで憧れだったのだと思います。 
でも、ある側面において
純粋さとは 最も残酷でもあるのです。 
 

欲深さから出る
残酷性とは種類の異なる
残酷さがあります 
 

例えるなら パンがないなら
お菓子を食べたらという 
マリーアントワネットのような
感じでしょうか。 
 

このように、物事の特性は 
ある視座からみた場合、 
最も白いものほど 黒を秘めており、 
その逆もまたそうです。 
 

いかにも黒っぽいことが
黒であるよりも、 
最も白いものの黒は 
 

本人が自覚していなければいないほど、 
人を傷つけてしまうのでしょう。

=======================

センタリング大事。 
 

自分の中心を見失わないでいられるか。
自分が全てを創造しているという
立ち位置に還ることが、
不自由からの 脱却。 
 

中心を見失ってつくられる
関係性は 依存。  
同時に過保護が依存を形成している。 
 

中心を見失わないでつくられる
関係性は 共存。 
適度な距離と自立を促す厳しさが 
 

共存共栄を形成する。

=======================

平等って
人によって感じ方や
大切にしているものが違うから 
難しいね
 

そういった意味では、 
自分の平等の価値と
一致しているところで、
本来の平等さを感じられるのであり、
そうでないと、得られないのだろうね
 

誰かにとっての不平等な感じこそ、 
平等だと信じてる人もいるし。
 

そういった意味では、 
この世は不平等。 
 

唯一、
創造性だけは 平等に与えられている。

=======================

長所は短所
短所は長所
 

一つの側面からみたら
魅力的だけど
違う側面からみたら
面倒だったり、 
つまらなかったりするもの。
 

誰しもが
その脆さを抱えながら。
いいところ取りを辞めて
両方を抱きしめて
生きていくのだろう

=======================

朝から、何だか仕事モード。
地獄谷に来ました。
 

こないだから、火山の火口とか
熱い所に導かれている。
 

大島のエッセンスを
ここに繋げるんだったようです。
 

温泉に入ってのんびり♡

=======================

自分が不幸だと思ってる人がいた場合、 
その中にも色々な在り方が在りますね。
 

自らを幸せにしようと努力する人。 
 

不幸の中にも幸せを見つけようとする人。 
 

コントラストの両極の
どちらもが幸せそのものだったとして
幸せという概念ごと変えていく人。 
 

本当はずっと幸せだったと
知っていく人。
 

それぞれのプロセスによって 
その時々に様々な考え方があるけれど
 

1つだけ、ハッキリしているのは
不幸せな自分と釣り合いをとるために、 
幸せな誰かを 落とそうとする行為。 

 
これは、自らの幸せから
最も遠のいていくのだということ。
 

他者はいなく
全ては自分にかかるのだから。

=======================

恐怖に向かっていく。
という時なのだと感じています。
 

何が、自分にとっての恐怖か
というのは人それぞれ。 
 

隠していたことを、 
両親に正直に言うことだったり
恋人に、本音を言うことだったり
人それぞれ。
 

わたしも、もれなく 
恐怖に立ち向かおうと思います。 
 

それは、わたしが 
<どの場所でも 例外なく> 
わたしにとっての、 
真実を言い続ける ということです。

=======================

己から沸き起こる怒りを
しっかりと受け止めて
あげたいなって思います。
 

怒りは
「それは、あなたの
 したいことじゃないよ」
って教えてくれているのだから